国立大学の職員でしたが今春退職しました。
退職金の計算を退職手当規定に法り計算しましたが、送られてきた支払明細書と金額が合いません。
明細書の方がかなり少ないです。人事課に尋ねてはっきりさせたい気持ちと波風をたてる恐れで揺れています。
大学の退職金計算は信用できると考えてよろしいのでしょうか?今まで退職金額に異を唱えた方はおられるのでしょうか?
解らないことは調べたり、尋ねたりして解決しようと提唱してきたのに、すっかり会社人間です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>今まで退職金額に異を唱えた方はおられるのでしょうか?


の回答は持ってませんが

>人事課に尋ねて
まずは経理担当じゃないかと。凡ミスの有無、算出根拠の名前くらいそこで確認できるでしょう。
で、「こういう手当てがあるはず」な項目でも見つかったとしたら次のステップへ。

>信用できると考えて
人のやることですから間違ってる可能性はゼロではありません。
まぁいいか、と済ませられるならそのまま受け入れとけば波風立たないし
納得いかないなら何らかの形ででも伝えて確認するしかないでしょう

>解らないことは調べたり、尋ねたりして解決しようと提唱してきたのに、すっかり会社人間です。
意味不明。

組織は複雑で1職員がすべての情報を得られるわけではないし得たからって意味を正確に
理解してるとも限らないし取り扱いも同様
つまり全部自分でやろうってのは簡単なことじゃない、ほぼ不可能、って事です。
わからない、知りようもないことは尋ねる。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。おっしゃる通りです。私の人生も限りが近づいたので、ささっと疑問を解決します。結末をお知らせできないのが残念です。

お礼日時:2017/04/20 23:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q退職時に退職金をいただきました。改めまして同じ会社に正社員として雇用となりましたが退職金はいただける

退職時に退職金をいただきました。改めまして同じ会社に正社員として雇用となりましたが退職金はいただけるのでしょうか?

Aベストアンサー

退職前の勤続年数は無関係になり、再雇用時ゼロから積算された勤続年数に基づいて、会社の支給規定に則って支給されると思います。

Q今春退職する65歳男性です。退職後、週3位でバイトをしたいのですが、フォークリフトの免許を取っても、

今春退職する65歳男性です。退職後、週3位でバイトをしたいのですが、フォークリフトの免許を取っても、この年では中々職は無いものでしょうか?
特に運転初心者だと無理だろうと友人からは言われてます

Aベストアンサー

フォークリフトの免許は簡単に取れます。
でも使うとなると無理があります。
私は平成4年に取得し現在に至りますが結構奥が深い。
しかも週3回でフォーク乗りたいってのが無理です。

Q退職金がない会社への就職

いつもお世話になっております。大学4年就職活動中の者です。
ある専門店での内定をいただいたのですが、その会社には退職金がありません。私はお金より、やりがいだ!とは思っているのですが、やはり働くのなら一生その会社で頑張っていきたいと思っており、悩んでいます。説明会では退職金がない変わりに実力主義で給料に反映されると聞いたのですが、給料が高そうには思えません。どちらかというと低そうです。
退職金がない会社はどうなのでしょうか?矛盾しているかもしれませんが、様々な意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず退職金とは何かということを考えますと、それは
1.永年勤続の功労に報いる
2.給料の後払い
3.退職者の老後生活の保障
というような性格を持つものです。

もともとは1の性格が強く、それによって従業員の忠誠を求める為のもので企業側の恩恵の様なものでしたから、退職金制度を作るも作らないも企業の自由でした。もっとも、一度その制度を作れば企業の勝手に廃止したり、退職金の減額はできません。しかし、2の性格もあることを忘れてはいけません。松下電器では1998年入社の社員から従来型の退職金(給与後払い)と退職金部分を給料に含めて支払う方法とを入社時に選択できる様にしています(現在では60%程度の社員が後者を選んでいるそうです)。

また、多くの企業では勤続年数に応じて退職時の給料の何ヶ月分を払う(40年勤続で40~60ヶ月分ぐらい?)という制度になっており、この為に現在のデフレ下で企業は退職金支払いのための積み立て負担の重さにあえいでおります。

その結果、退職金制度を改革したり、従業員を一度全員解雇して退職金を支払い、翌日再雇用してその際に退職金制度を廃止した会社(松井証券)もあります。いずれにしても従来型の退職金制度が今後も維持されていくかどうかは景気の回復もからんでいますから予断を許せません。

さて、ご質問者の場合ですが、はじめから退職金制度はないと説明があるのですから、おそらく退職金部分も給料に含まれていると解釈すべきなのではないかと思います。(このような場合、はじめから各人が天引きで貯蓄型の個人年金に加入しておくべきでしょう)

現在では、従来型の退職金制度を維持するかどうかはその会社の考え方次第ですし、会社の財務体質次第でもありますが、「退職金が無い=従業員を大切にしない」とは言い切れないのではないでしょうか。

なお、最後になりますが、給料というものは会社の業績に連動するものです。入社してからずっと給料が変わらないという会社であればそれは発展性のない会社です。従来通りの年功序列式に毎年給与が上がるということはないかもしれませんが、「給与が上がらないのが常識」ということはありません。ご安心を。

まず退職金とは何かということを考えますと、それは
1.永年勤続の功労に報いる
2.給料の後払い
3.退職者の老後生活の保障
というような性格を持つものです。

もともとは1の性格が強く、それによって従業員の忠誠を求める為のもので企業側の恩恵の様なものでしたから、退職金制度を作るも作らないも企業の自由でした。もっとも、一度その制度を作れば企業の勝手に廃止したり、退職金の減額はできません。しかし、2の性格もあることを忘れてはいけません。松下電器では1998年入社の社員から従来...続きを読む

Q再就職手当金の支給が決定したあと退職

2月中旬に再就職手当金の振込みについての決定が出ましたが、会社を1月末で退職しています。この場合、再就職手当金の受給については、資格がないのでしょうか

Aベストアンサー

前々職をA社、前職をB社として、
A社の離職により失業した受給資格者が、B社に就職して再就職手当の支給を受けたが、その後、すぐにB社を退職した場合は、
再離職の日がA社からの退職による基本手当の受給期間内にあり、基本手当支給残日数があるときは、
残日数分の基本手当を受給することができます。

で、雇用保険法56条の2第5項により、
再就職手当が支給されたときは、再就職手当の額を基本手当の日額で割って得た日数分の基本手当が支給されたものとみなすので、

例えば、基本手当日額5,000円、所定給付日数90日、支給残日数60日で再就職手当を受給して再離職した場合、
再就職手当は支給残日数が所定給付日数の1/3以上、かつ、45日以上で支給されるので、
再就職手当支給額=5,000円×60日×3/10=90,000円

上記規定により、90,000円/5,000円=18日分が支給されたことになる。

給付残日数は、60日-18日=42日

B社退職後は支給残日数の42日間が受給できることになります。

Q就職活動中。退職金制度の有無で悩んでいます

現在就職活動をしている24歳女です。
主にハローワークの求人を見て仕事を探しています。
今までは退職金制度ありの会社を探していたのですが、ネットで調べているうちに「現在は制度があっても退職する頃にはなくなっているかもしれない」「退職金制度がない会社はその分給料が高い場合があり、そのような会社は給料に退職金を含めて先払いしているのだから貯金しておけばいい」というものが多くありました。
最近は退職金制度がない会社が増えているらしく、制度にこだわらずに就職活動したほうがいいのかなと思い始めています。
その反面、そういった制度がない会社への就職に不安を感じます。
どのようなことでも結構ですのでアドバイスいただけたら幸いです。

Aベストアンサー

こだわらなくていいと思います。

退職金制度があっても、給料がよくても
長く勤められないとその恩恵にあやかれません。
自分が長く働きたい会社かどうか、が
選ぶ際に重視すべき点かと。
頑張って下さい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報