MACからWINへの添付写真の送付に関して(2001.6.29)
 本日あるMLで、私がMACで作成したJPEG画像を添付写真として送りましたら、WINで受診された方より、2つの同じファイル名の添付写真・書類があり、1つは「開けませんよ!」と指摘されました。
 指摘して頂いた方がいろいろ調べて頂き、「http://tokyo.cool.ne.jp/tokyo/3141/ifolder/tenpu …
Macintosh から書類を添付すると、受信側のWindows では、添付した書類の他に、開けない書類も一緒に受信する場合がありますが、これは添付の内容とは関わりがないので気にしなくてもいいものです。簡単に説明すると、Windows では「発信元がMacintoshである」という情報が自動的に1つのファイルとして作成されるしくみになっています。」という情報を得ましたが、それを知らずに受けとった方は、「この開けないファイルの内容は何なんだろう?」と気になりますよね。
 何かこの開けない添付ファイルが同時に送付されるのを防ぐような手段はないでしょうか?
 ご教授いただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

送る側のMacで添付ファイルのエンコード方式を変えれば必要無いファイルは届かなくなりますよ。

OutlookExpressの場合のやり方ですが、添付ファイルの横の三角をクリックするとファイルの詳しいリストがでて、その下にエンコード方式がでます。たぶん「汎用エンコード(AppleDouble)」になってると思うので、そこをクリックすると他のエンコード方式に変更できます。で、「Windows(Base64/MIME)」を選べばOKです。初期設定でこのエンコード方式に固定することもできます。Macに送信する場合も「Windows(Base64/MIME)」で送っても画像とかならまったく問題なく開けるので、私はこれに固定して使ってます。他のソフトでもこういう設定があると思います。

このWinで開けないファイルというのは、たしかウィンドウの位置やアイコンなどのMac特有の情報が入ったものらしくて、ファイルによってはもともとないものもあるようです。なので以前の送信実験の時には偶然ないファイルを送ったのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 有り難うございました。
 とても参考になりました。

お礼日時:2001/06/30 14:33

 この問題はWin<->Mac間のファイル交換で常に問題になるものだと思います。


参考URLによれば、「BASE64データーフォークのメーラー設定でファイルを送信するとリソース(フォーク)のないファイルは直接Windows環境に届」くようです。
 Mac上でマックバイナリを削除して、そのままお互いに上記のメーラー設定で送受信することができるのならばうまく行くのかもしれません。
しかしこれでは相手に意識させてしまうことになり、本来の「相手を気遣った対処」にはなりませんね。

 本来の解決にいちばん近くて簡単・確実なのは、「添付ファイルで付いてくるdatファイルのほうはWindowsじゃ意味がないから無視してね」のひと言を本文に付け加えることじゃないでしょうか。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~bd9y-ktu/fkoukan_f/f …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答有り難うございました。とても参考になりました。
 でも「datファイルのほうはWindowsじゃ意味がないから無視してね」の文章が添えられていても、初心者には「何の話?」というような感じでしょうね。

 やはりMAC側あるいはWIN側のどちらかがこの問題を根本的に修正すべきであるように思います。

 それにしてもこの現象、半年ほど前には送信実験で確認しておりこのような不具合はなかったのですが、最近の現象なのでしょうか?

お礼日時:2001/06/30 06:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報