古い丸型の照明用器具を角型引掛シーリングに替えようと思うのですが、
一般家庭用100Vの配線ですと、黒と白がありますよね。
アース側はどっちでしたっけ?

また、この区別をする事にどんな意味があるのでしょうか?
確か技術家庭科の授業で習ったような気がするのですが、すっかり忘れてしまいました(^^;

以上、2点ですが、よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

一般に電線の中性線には白が、洗濯機のアースのような個体アースでは緑が用いられます。



ただし、↓にもあるように、これは慣例であって規定ではありません。

「そうしなければいけない」じゃないので、極性は検電ドライバーやテスタなどでチェックして確認してください。

参考URL:http://www.alab.t.u-tokyo.ac.jp/~ando/roden.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

HP参考になりましたありがとうございます。

お礼日時:2001/07/05 09:34

普通は白がアース側ですね。


コンセントの場合は穴の長い方。
配線器具のアース側のねじのところには「W」って書いてあったりします。
3芯のケーブルを使って100V+アースの配線をする場合には白がアース側で赤がアースだったりします。
ところで、シーリングを取り替えたりするのは電気工事士にやってもらった方がいいんじゃないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ところで、シーリングを取り替えたりするのは電気工事士にやってもらった方がいいんじゃないですか?

それもそーですね。参考になりましたありがとうございます。

お礼日時:2001/07/05 09:36

白黒の区別ははっきり覚えていませんが、



意味するのも以下通りです。
家庭用の電気は、電柱の変圧器で高圧を100ボルトに変えて各家庭に送っています。もし、変圧器に故障があったり雷が落ちて高圧の電流がそのまま流れ込んできたらたいへんです。そうした場合に備えて、家庭用の電線の片方をアースしてあります。コンセントの穴の片側(左)が大きくなっているのは、それがアースであるためです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とりあえず、どちらがアース側か知りたかったので、それを基準にポイントを付けさせて頂きました。
各種メーカー、数種類ある我家のコンセントをじっくり鑑賞してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/05 09:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q角形引掛シーリングの取り付け

納戸に、角形引掛シーリングを取り付けようとしています。
かなり前ですが電気工事士免許は取得しており、引掛シーリングの結線の練習はした事はありますが、実際に天井に取り付けた事はありません。
角形引掛シーリングは、野縁に固定すればいいのだと思いますが、すると配線はどこから出すのでしょうか?
野縁に穴を開けて線を通すのか、或いは野縁のないところから通線して、一部露出になってしまうのか…。
適切な取り付け方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

配線は新たに布設するのででしょうか?
引掛シーリングの固定は、下地となる野ぶちに向かって、電動ドリルの切削などの工具を使用して穴を開けてケーブルを取出します。
納戸照明の既存移設であれば、移設先からケーブルをうまく引き出し、下地材の開通穴へと誘導できれば、隠蔽配線で仕上がります。移設前の既存の穴はブランクプレートなどで納める、または室内用コーキングで補修すれば解決できます。

しかし、新規に配線を行うのであれば、天井裏へ入れるような押入れの天井または点検口などより、(いづれもあればの話ですが)、天井裏での作業とならなければ、きれいな隠蔽配線は難しいかもしれません。(100Vを取り出す箇所が必要のため。)

あるいは、天井部分に照明で隠れるような、且つ作業のしやすい開口をつくり、その部分を利用し配線を取り出せば、隠蔽配線が可能になります。

Q引掛シーリングの交換

角形引掛シーリング(3kg未満)が天井についているのですが、
これを天井の補強をせずに、
引掛埋込ローゼット(Kフランジとセットで10kg未満)
に変更することは可能でしょうか?

特別なビスを使わないといけないでしょうか?

変更して、10kg未満のシーリングファンを使用したいのですが。

Aベストアンサー

天井の板の裏にハリがありますが、そのハリはそんなに太い棒材ではありません
基本的には軽い天井用の板だけを取り付けるだけなので、そこに10キロ近くの
シーリングファンを取り付けると、天井そのものが下がる可能性があります。
また、ビスでは落下の恐れがあります、ボルトでないと安全とはいえません

天井板は、屋根を支えている太くて強い構造材からつりさげています
その構造材から直接ぶら下げるようにしなければいけません

2階の場合はそれでいいのですが(屋根裏に入る事が可能ならば)
屋根裏に入れない場合や、1階の場合は方法は2つあります

(1)天井の板材を何枚か剥がし、強度のとれる金具でぶら下げる
  貼りつけなおす天井板はホームセンターで売っています

(2)1階であれば、2階の部屋の畳を剥がし、1階の天井裏から加工する
  この場合、2階の床が板張りであれば素人では出来ません

いずれにしても、無難なのは大工さんに頼む事です

Q角型引っ掛けシーリングが欠けました

和室用の蛍光ランプを一式交換しようと引っ掛けシーリングを使った古いランプを取り外したところ、天井部分の引っ掛けシーリングを一部破損してしまいました。 大丈夫かなと新しいランプをその欠けた天井部分の部品に引っ掛け、回転させたところ、今度は新しいランプ側のシーリング部品も破損。 そこで電材屋で引っ掛けシーリングを購入、ランプ側は交換したのですが、天井側は電源線が露出しているタイプで、しかも配線が片側2本つまり、接地側も電源側もそれぞれ0.8φの電線2本で接続されています。 部品には電線挿入は1本専用と刻印がありますが、ここに2本挿入して大丈夫でしょうか。 あるいは接続コネクタでも使用して2本線を1本線にすることが可能でしょうか。 電気工事士の免許はあります。 よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

電気工事士の有資格者です.

ご質問の内容から,
たとえ有資格者を名乗っても仕方ないのです.
あなたが基本的な技術を持っていないのですから…

お近くの電気工事店に,作業をお願いしてください.
それがあなたの賢明な判断です.
今回はその作業をみて,次回の際の技術習得にしてください.

Q角型シーリングが天井からぶらぶらです。

角型シーリングが天井からぶら下がっている状態です。
近くに軽量鉄骨がありそこにねじ止めし固定しようと思うのですが
そのままねじでとめるとシーリングに電線が挟まりますよね?
問題ないのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電線が挟まったら、器具に傾きが出ますよね。隙間もできてほこりも入り込みます。それでも構わなければ良いのですが。

器具に電線の通り穴を削るか、

きれいに仕上げたいなら木の台座を1枚器具と鉄骨の間に挟むことです。
木の台座があることにより鉄骨の結露による漏電も防げます。
電線より厚い台座にして電線が通過する溝を作ります。鉄骨にまず台座を固定し、その台座に器具を固定します。

Qロフト作成用の根太掛設置方法について

日曜大工初心者です。
今回自宅内にロフトを作成しようと思い、壁内にある構造梁に2×4の根太掛をネジ止めしようと思ってます。

質問
構造梁と今回設置しようとする2×4根太掛の間にPB12.5が入っています。
2×4の木幅は38㎜なのですが、どの長さののコーススレッドを使えばよろしいでしょうか?
またホームセンターではW引き寄せビスというのも販売されていますが、W引き寄せの方がよろしいでしょうか?

2×4の89mmの幅の間には2本打ち込む予定ですが、長さ方向はどれぐらいの
間隔で打ち込んだ方がよろしいでしょうか?

ご回答いただけたら幸いです。 よろしくお願いします

Aベストアンサー

構造施工ではないと経験則での話しになりますが、大工とDIYとでは「強度の信頼度」に違いがありますので、若干オーバースペックになると思いますが、大工側の意見として。

2x4材寸法は38mmx89mm

>構造梁と今回設置しようとする根太掛

向かい合う壁に根太を渡しロフトにするという事でしょうか。

下地の間にPBが挟まるのはあまりうれしくはないですが、簡単DIYだとそのようになりますので仕方ないですね。
上から荷重が掛かったときに根太掛けが下にずれるかもしれません。
(それを微力でも持ちこたえるためにPBと根太掛けを木工ボンドで接着したいかなと)

2x4とPBで50mmになってしまうので、ビス長さは100mm以上。
ホームセンターで売っているなるべく太目のビスで。

下地が確実に梁になるなら何処にでもビスが効くので、ピッチは300~450mm程度で。
高さ89mmの上端下端から15mmづつ中心に寄せて(端面に近いと木は弱いので裂ける場所から避けます)2本。
両端は同じ理由で30mm程度離したいですね。
画像参照してください。

基本下穴を開けてください。両端(切り口面)は必須で。
引き寄せビスを使う場合は下穴無しでないと効果が極端に弱いので、両端は使わないとか工夫が必要です。


ただ、その他の部分をあなたがどのように施工するかはまったくわかりませんので、根太掛け以降の施工・使用方法によっては強度不足になります。
重量物を載せる事などをお考えでしたら、先に書いた事態は起き易いので、床から根太賭け下面までの支柱を設置されることをお勧めします(スパン900or1800)。

構造施工ではないと経験則での話しになりますが、大工とDIYとでは「強度の信頼度」に違いがありますので、若干オーバースペックになると思いますが、大工側の意見として。

2x4材寸法は38mmx89mm

>構造梁と今回設置しようとする根太掛

向かい合う壁に根太を渡しロフトにするという事でしょうか。

下地の間にPBが挟まるのはあまりうれしくはないですが、簡単DIYだとそのようになりますので仕方ないですね。
上から荷重が掛かったときに根太掛けが下にずれるかもしれません。
(それを微力でも持ちこたえるた...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報