かなり前から山本文緒さんの作品が大好きなので、現在それと似たような作風の作品を探しています。どなたかおすすめの作家、もしくは作品がありましたら教えて下さい。男性作家、女性作家は問いません。ちなみに唯川恵さんの作品はよく山本文緒さんと比較されますが、たくさんあるのでどれから手をつけてよいのかわかりません。オススメがありましたら教えて下さい。

A 回答 (5件)

山本文緒さんと同じ新潮社のR-18文学賞選考委員をしておられる角田光代さんはいかがでしょうか?


日常からすこーしだけずれているような主人公、日常と隣り合わせのちょっと不思議なある意味ちょっとだけ意地悪いというか斜めから見た感じのものの見方とか、けれども周りとそんなにかわらない女の人とか、普通のひとにひそむ狂気(?)というか、普通の人の普通さとそうでなさをうまく書いている作家さんとしてお薦めします。「なにげないけれどつきつめるとちょっと怖いような恋愛」みたいなのを書くのが本当に上手い!と思います。

角田光代さんは本名でのデビュー前に彩河杏名義でコバルトからデビューされた方で、そのコバルト時代の小説といえばなぜ復刊しないの?というくらい面白かったです。

そういうわけで類似点もあり、非常にお薦めです。
「あしたはうんと遠くへいこう」あたりがとても似ている感じではないかと思います。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4838713 …
あと直木賞候補になった「空中庭園」や「トリップ」などがお薦めです。
私は角田さんも山本さんの作品も大好きなので
よろしかったら読んでみてください。

参考URL:http://www.shinchosha.co.jp/r18/shokai.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。角田さんもコバルトからデビューされた方なんですね。「斜めから見た感じ」というのにものすごく惹かれます。さっそく読んでみたいと思います。

お礼日時:2004/09/19 04:59

再度の投稿失礼します。


「肩ごしの恋人」でした。
一字違いでも検索でひっかからないとおもうので・・・
アマゾンのレビューではお薦め度は高いようですね。読み返してみると面白かったかもと思い始めました。よろしかったら参考にしてください。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速読んでみたいと思います!ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/09/25 02:31

あと唯川恵さんの作品で読み応えがあり、山本文緒さんと似た雰囲気のは『ベター・ハーフ』です。

直木賞受賞作『肩越しの恋人』よりも数段面白かったです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087744 …
    • good
    • 0

 山本文緒さんの作品は面白いですよね。

わたしは「ブルーもしくはブルー」と「きっと君は泣く」にはまりました。

 ジュンパ・ラヒリ「停電の夜に」

 これは山本さんの短編のテイストにかなり近いと思います。アメリカの文学賞を総なめにした傑作です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アメリカ文学にもそんな興味深い作品があるんですね!試してみます。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/09/22 03:01

山本文緒さんの作品ってすごくドキドキしたり切なくなったりしますよね~! そんな感じを探しているのなら、「村山由佳」さんが断然オススメです。

「青のフェルマータ」「BAD KIDS」「天使の卵」を呼んでみてください。ちょっと若めの青春小説って感じだけど、ドキドキ感・切なさが味わえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。村山由佳さんの本もよく書店に積み重なっていますよね。読んでみたいと思います!

お礼日時:2004/09/19 04:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


おすすめ情報