利用規約の変更について

ホストが server2016 standard openライセンスで認証済み
hyper-vでの
ゲストが server2012r2 standard をavmaで認証できないのでしょうか?。
認証する方法は他にあるのでしょうか

質問者からの補足コメント

  • 有り難うございます。
    standardにおいても仮想OSEは二台まで可能となります。
    当然、ご承知の通り別途ライセンスは不要ですが、
    認証はAVMAでない場合、どの様な認証となるか
    教えてください。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/11/29 11:45

A 回答 (2件)

Standard の場合、通常のセットアップと同様にインターネット経由で自動認証か電話による手動認証となります。



2つまでの OSE を利用できるライセンスですが、アクティベーションは個別に必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました。

お礼日時:2017/12/01 10:19

AVMA 認証は仮装マシンの無制限利用ができる Datacenter だけの機能です。

従って Standard 版のサーバー OS では、OEM だろうが VL だろうが関係なく利用できません。仮装マシンには個々にライセンスを取得してそれぞれ認証を取ってください。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。補足に追記しました。

お礼日時:2017/11/29 11:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仮想マシンとWindowsのライセンス認証について

質問させていただきます。

Windows7がインストールされたパソコンを買いました。
そのパソコンにはWindows7のインストールディスクが付いてきました。
そして、そのパソコンに仮想化ソフトVMware Playerをインストールしました。
次に、付いてきたWindows7インストールディスクを使ってVMware仮想マシンにWindows7をインストールしました。
無事インストールし終わって使えるようになりました。
二、三日たったら、「何日以内にライセンス認証をしてください」というようなメッセージが現れました。
そこで、プロダクトキーを入力したら次のような画面が現れました。

Windows のライセンス認証のライセンス認証用プロダクトキーを入力して下さい。
入力したプロダクトキーは、このコンピューター上のWindowsのライセンス認証に使用できません。
新しいプロダクトキーをオンラインで購入します
自動電話システムでライセンス認証手続きを行います

という画面が現れました。

この場合どうすればいいのでしょうか?
ライセンスをもう一つ買わないといけないのでしょうか?
一台の同じパソコンに同じWindowsをインストールしているので、一つでいいのではないかと思ったのですが。
電話でのライセンス認証のときに、オペレーターに事情を説明すれば認証してもらえるのでしょうか?

どうかよろしくお願いいたします。

質問させていただきます。

Windows7がインストールされたパソコンを買いました。
そのパソコンにはWindows7のインストールディスクが付いてきました。
そして、そのパソコンに仮想化ソフトVMware Playerをインストールしました。
次に、付いてきたWindows7インストールディスクを使ってVMware仮想マシンにWindows7をインストールしました。
無事インストールし終わって使えるようになりました。
二、三日たったら、「何日以内にライセンス認証をしてください」というようなメッセージが現れました。
そこで、プロ...続きを読む

Aベストアンサー

仮想PCにいれるOSも当然ライセンスが別に必要になります。

仮想PCの台数分ライセンスも必要です。

QAdministratorsとDomain Adminsの違い

ドメイン上のAdministratorsとDomain Adminsのグループの違いをそれぞれ教えて下さい。

権限など違いがわかりません。
どのような用途でそれぞれ使いわけるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

<Administrators>
ローカル管理者グループ
そのマシンの管理を行う目的のグループ
そのサーバ OS に最初から用意されているグループ
AD 環境においては意味なしと言える。(と思う)

<Domain Admins>
ドメイン管理者グループ
その Domain の全てを管理する目的のグループ
Active Directory 構成にした時に用意されるグループ

Active Directory 環境上では DC の Administrator ユーザーは DC 内の Administrators にも、AD の Domain Admins にも所属しているためややこしく感じるが、Administrators は無視しても構わない。(と思う)
なぜなら Domain Admins に所属していれば自動的にローカルの Administrators にも所属しているから。
仮に個人名をつけた "admin-hoge" というユーザーを AD 上に作成し、これを Domain Admins に所属させたとしても、やはり自動的に DC 上の Administorators に所属するため、Administrators グループは意味を持たなくなる。

AD に所属するクライアント上で言えば、
クライアント ローカルの Administrators グループはそのクライアントの管理権限しか持たず、他のクライアントの管理権限は持たない。
ただし AD に所属している以上、クライアント ローカルの Administrators グループには Domain Admins グループも含まれるため、Domain Admins に含まれるユーザーはその AD に所属するすべてのクライアント上で管理権限を持つことになる。


じゃぁクライアントでも Administrators グループは無用なものなのかというとそうではない。

「個人に貸与したクライアントは、その個人にもクライアントの管理権限を与える」 というルールで運用するならば(一般従業員には推奨できるものではないが)、PC-A のローカル Administrators グループに AD 上の hoge ユーザーを加えることで、 hoge さんは PC-A の管理権限を持たせられる。(他の PC の管理権限は持たない)

AD 上の hoge ユーザーを Domain Admins に所属させれば、hoge さんは AD 上の全ての PC で管理権限を持つ。

また、PC-A のローカルに admin-hoge というユーザーを作り、それを PC-A の Administrators に所属させれば、PC-A にしかログインできない管理権限ユーザーということになる。

<Administrators>
ローカル管理者グループ
そのマシンの管理を行う目的のグループ
そのサーバ OS に最初から用意されているグループ
AD 環境においては意味なしと言える。(と思う)

<Domain Admins>
ドメイン管理者グループ
その Domain の全てを管理する目的のグループ
Active Directory 構成にした時に用意されるグループ

Active Directory 環境上では DC の Administrator ユーザーは DC 内の Administrators にも、AD の Domain Admins にも所属しているためややこしく感じるが、Administrators...続きを読む

QVLOOKUPで違う値をとってきます。

エクセルの表で
A列     B列
あいうえお  1
かきくけこ  2
さしすせそ  3
たちつてと  4
 ・      ・
 ・      ・
 ・      ・
YMCA 403

という表からC1のセルに
VLOOKUP(D1,A1:B403,2,1)
と打ち込み
D1のセルに
「あいうえお」
と打ち込むと、「1」が出てくると思うのですが、
なぜか「6」と出てきます。
原因が分かりません。
どなたかお教えいただけますでしょうか。

Aベストアンサー

VLOOKUP(D1,A1:B403,2,0)
としてみてください。

Qネットワークドライブを見るバッチをタスクで実行不可

「ネットワークドライブ経由で他サーバ(仮にサーバB)のファイルを削除する」バッチを作成しました。

このバッチをサーバAへ置き、手動で実行すると上手く動くのですが、
タスクスケジューラに設定して実行すると失敗してしまいます。

確認用に下記ロジックを試してみると、
 dir "Z:\files" (Zがネットワークドライブ)
手動ではファイル一覧が表示され、タスクからだと何も表示されず終わります。

サーバAへはAdministratorでログインしており、タスクを実行するアカウントも
Administratorを使用し、もちろんAdministrators権限も持っています。

実行環境はwindows server 2003 です。(サーバAB両方共)

一つ気になる点としては、サーバAへはリモートデスクトップでログインしています。
このあたりの複合的な要素で権限が変わっているのかもしれませんが確認方法が判らず
困っております。

タスクからでも同様に動かせる方法や、バッチ上から実行中アカウントを知る方法など
ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答をお願い致します。

「ネットワークドライブ経由で他サーバ(仮にサーバB)のファイルを削除する」バッチを作成しました。

このバッチをサーバAへ置き、手動で実行すると上手く動くのですが、
タスクスケジューラに設定して実行すると失敗してしまいます。

確認用に下記ロジックを試してみると、
 dir "Z:\files" (Zがネットワークドライブ)
手動ではファイル一覧が表示され、タスクからだと何も表示されず終わります。

サーバAへはAdministratorでログインしており、タスクを実行するアカウントも
Administratorを使用し、もちろ...続きを読む

Aベストアンサー

手動では動くけどタスクスケジューラでは動かないという場合は、作業ディレクトリを指定してないという場合が多いようですが、指定していますか。

「タスクスケジューラ バッチファイル」で検索するといろいろなケースが見つかります。

下記など参考になるかと思います。

http://tobysoft.net/wiki/index.php?Windows%2FVista%2F%A5%BF%A5%B9%A5%AF%A5%B9%A5%B1%A5%B8%A5%E5%A1%BC%A5%E9%A1%BC%A4%C7%A5%D0%A5%C3%A5%C1%A5%D5%A5%A1%A5%A4%A5%EB%A4%F2%BC%C2%B9%D4%A4%B9%A4%EB%CA%FD%CB%A1

http://mroom.cool.ne.jp/nikki/archives/000059.html

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:6Ryof9huGB8J:blogs.wankuma.com/rapt/archive/2010/04/22/188276.aspx+%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A9+%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB&cd=3&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&source=www.google.co.jp

手動では動くけどタスクスケジューラでは動かないという場合は、作業ディレクトリを指定してないという場合が多いようですが、指定していますか。

「タスクスケジューラ バッチファイル」で検索するといろいろなケースが見つかります。

下記など参考になるかと思います。

http://tobysoft.net/wiki/index.php?Windows%2FVista%2F%A5%BF%A5%B9%A5%AF%A5%B9%A5%B1%A5%B8%A5%E5%A1%BC%A5%E9%A1%BC%A4%C7%A5%D0%A5%C3%A5%C1%A5%D5%A5%A1%A5%A4%A5%EB%A4%F2%BC%C2%B9%D4%A4%B9%A4%EB%CA%FD%CB%A1

http://mroom.cool...続きを読む

QOEM版のOSのP2Vによる別PC への引越 長く業務で使用していたWindows XPがプリインス

OEM版のOSのP2Vによる別PC への引越

長く業務で使用していたWindows XPがプリインストールされたPCをP2VしてWindows 7がインストールされている別PC へ移行しようとしています

P2VはVMware vCenter Converter で、
仮想マシンはVMware workstation pro 12
で動かしています

仮想化して移行したら、OSは起動できましたがライセンス認証を求められます

そこで以下の質問です


①仮想先のPCでライセンス認証を求めら
 れるとき、契約済みのボリューム
 ライセンスは割り当てられるか
 (OEMライセンスをVLライセンスに
  再アクティベーションは可能か)


②調べたところ仮想前に仮想元(今回
 ならXP)のプロダクトキーを契約済み
 のボリュームライセンスのプロダクト
 キーに変更してからP2V +移行を
 行うというやり方があった

 OEMのOSのプロダクトキーを
 ボリュームライセンスのプロダクト
 キーに変換することは可能か
 可能ならそれはどうするのか


マイクロソフトのライセンス認証窓口、
ボリュームライセンス専用窓口、
カスタマーサポートセンターや他窓口に
問い合わせても、XPはサポート終了したからこちらとしては答えかねるという
回答ばかりでした

メーカーにも問い合わせたが他PCへの移行は、例え仮想化でも出来ないといわれました

解決策がいっこうに見あたりません
だれか教えてください!
また、Windowsのライセンスのことも
あまり詳しく無いので、よかったら
詳しく教えてください!


開発環境
・仮想元
 ・OS(OEM)
   windows xp professional sp3

 ・P2Vの際に使用したツール
   VMware vCenter Converter
   standalone cliant 6.6.1

・仮想先
 ・OS(OEM)
   windows 7 professional

 ・仮想マシン動作に使用したツール
   VMware workstation pro 12

どちらのPCもスタンドアロンです

OEM版のOSのP2Vによる別PC への引越

長く業務で使用していたWindows XPがプリインストールされたPCをP2VしてWindows 7がインストールされている別PC へ移行しようとしています

P2VはVMware vCenter Converter で、
仮想マシンはVMware workstation pro 12
で動かしています

仮想化して移行したら、OSは起動できましたがライセンス認証を求められます

そこで以下の質問です


①仮想先のPCでライセンス認証を求めら
 れるとき、契約済みのボリューム
 ライセンスは割り当てられるか
 (OEMライセンスをVLライ...続きを読む

Aベストアンサー

>メーカーの方に問い合わせたところ仮想化して移行自体が駄目だと言われました
マイクロソフトにはメーカーに確認しろといわれ八方塞がりの状態です・・・

MSは、OEM版は、PCメーカーのサポートだ。ライセンスもPCメーカーに聞け。VLは、OSのサポート期間までって方針ですから、OSのサポート期間が終了したので、サポート終了。
メーカーは、動作対象外だ。って回答も当たり前。ライセンス的にダメってのもあるのでしょうけども。
八方塞がりになるのは、当たり前となりますよ。
本来は、ライセンスがありインストールして利用するものとなりますので。

そもそも、最初から、アクティベーション回りのことって、ライセンス違反が出来ることもあるので、かなり非公開のものが多いです。
公式に公開されているものって、アクティベーションの方式とかですよ。(Vista以降)
プロダクトキーのあたりも公式の情報ではありませんので。

仮想PCにそのままクリーンインストールでWindowsを入れるのが無難かもしれませんね。

Q別セグメントADへのドメイン参加

例えば社内に2つのVLANセグメントがあり、VLAN間ルーティングされている場合、
Aのセグメントにあるドメインコントローラ(192.168.0.200)に、
BのセグメントにあるPC(192.168.100.100)がドメイン参加できますか?

Aベストアンサー

 何の問題も無く接続できます。
 ただし、ADを司るDNSがネットワーク構成に合わせてちゃんと正しく構成されていて、クライアントからAD名を正しくDNSで解決できることが条件です。
 ただ、ドメイン名が、abcd.efghのように、.を含む形になっている(普通はなります。)と、登録時にドメイン名を要求された時に、abcdだけだと通らないことがあるので注意が必要です。その場合でもちゃんとabcd.efghのように完全な形で書けば通ります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報