6,7年前になりますか、朝日新聞の連載小説で、
故風間完氏が挿絵を担当された小説のタイトルを知りたいのですが、
ご存知の方いらっしゃらないでしょうか。
仕事に行き詰った女優が沖縄に行って、海で、小さなボートで遭難しかける話だったと思います。
タイトルも、確か沖縄ならではの言葉だったような。(←うろ覚えです)
確か、作家の方が病気で途中で連載が中止になったと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私は読んでいませんでしたが、こちらでしょうか?



http://216.239.57.104/search?ie=EUC-JP&lr=lang_j …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

感激です! ありがとうございました。作家は高橋治さんだったんですね。実は、橋本治氏と勘違いしてまして、ずっと彼の名前で作品名を探していたんです。(当然探り当てられませんでしたf(^_^;) )教えていただいたサイトで、作品に出てくる小舟の画像も見られて、幸せです♪

お礼日時:2004/09/25 23:20

こんばんは。



検索してみましたところ・・・・
1999~2000年に朝日新聞で連載されていた
高橋治 漁火(いじゃいび) 挿絵 風間完
・・・と言うのがありますが・・・・。

あらすじが解らないので、お探しのお話かは不明ですが、ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうそう、「漁火」です、思い出しました。あまりの懐かしさにどきどきしてます。本当にありがとうございました!

お礼日時:2004/09/25 23:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QBL小説の挿絵の仕事について

BL小説や、コバルト等ライトノベルの挿絵の仕事をしたいと思っています。
そこで質問なのですが、こういった仕事というのは、具体的にどのような流れで行われるのでしょうか。
流れというのは、出版社等に採用され、担当がついた後、どのようなやりとり(FAXやメールや電話など)をして、どの位の頻度で…ということです。そのイラストレーターの方の人気度で忙しさに差はあると思うのですが、大体こういった仕事はどの位忙しいのか、教えて頂けると幸いです。
学生や会社員でもできるのか、この職一本に絞らないとできない仕事なのか。一度始めるとなかなか辞められない仕事なのか、そうではないのか、疑問を抱いています。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

知人の場合、ですが。
まず漫画でデビューしているか、名前が知れている又は同人誌即売会などで出版社の方から声をかけて頂いている前提が必要になります。

知人は同人誌即売会で出版社の方から声をかけていただき、現在はBL寄りのギャグ漫画等を描いています。
同じ出版社に小説部門があり、イラストを、とお願いされることが多いそうですよ(全く関係の無い出版社から声が掛かることもあり)。
ただしBLの出身の方がライトノベルの挿絵、はあまり無いそうです。

流れの詳細は分かりませんが、まずスケジュールと打診(いつまでに何枚ほど描けるか、これこれこういった分野の絵は描けるか<それがまったく初挑戦の分野であれば必ず>、作家さんのほうから是非、と声をかけていただけることもあるそうです)、ほぼ同時に作家の作品を紹介されます。
小説が雑誌などで連載されているものであれば、必ずかなり細かいスケジュール調整はありますね(文章が遅れると作画に掛けられる時間が限られる為シビアになってくるらしいです)。
文庫の場合はまず小説本文がきて、まったくの新規であればここにこういう絵を、ここにこういう絵を、と作品と突合せで細かい指定(枚数や作家さんの指定があればイメージを要求されることもあり。逆に自由にお願いします、と言う場合もあります)が入り、ラフ(これはFAXが主流でしたが現在はメールに添付して送付の方法もあるそうです)→OKが出れば作画、となります。

学生や社会人で二足のわらじはイラストレーターに限らずかなり厳しいものとなります。
またイラスト一本で食べていけるか、といえば食べて行くまで売れるかどうか、2足のわらじ以上に厳しいものとなるでしょう。逆に売れてしまえばイラストレーター(BLという括りがあると微妙ですが)という職業1本で十分成り立ちます。
連載を持っていない場合、辞めるのは簡単です。仕事を引き受けなければ良いのですから・・・。
それ以上に自営業者となりますから、確定申告などの税金面・厚生年金が無い、など生活はすべて自己責任となってきます。

夢が叶ってmnyasuoさんがイラストを描かれた表紙の本が本屋さんに並ぶと良いですね♪
ではでは。

知人の場合、ですが。
まず漫画でデビューしているか、名前が知れている又は同人誌即売会などで出版社の方から声をかけて頂いている前提が必要になります。

知人は同人誌即売会で出版社の方から声をかけていただき、現在はBL寄りのギャグ漫画等を描いています。
同じ出版社に小説部門があり、イラストを、とお願いされることが多いそうですよ(全く関係の無い出版社から声が掛かることもあり)。
ただしBLの出身の方がライトノベルの挿絵、はあまり無いそうです。

流れの詳細は分かりませんが、まずスケジ...続きを読む

Q【BL小説】挿絵は誰ですか?

下記の作品で、連載初期に挿絵を描いていたのは誰なのか、
名前を思い出せずに悩んでいます。

タイトル:エデンを遠く離れて
著者:江上冴子
二見書房/シャレードブックス

連載がJUNEに移ってからの挿絵が「竹田やよい」さんということは分かっているのですが、10年程前、雑誌シャレードに連載されていた当時のイラストレーターを探しています。
(その人が挿絵の単行本も4巻位?まで出ていたと思います)

ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

高原里佳さんですね。
3巻まででていました。中古だとAmazonにもあります。

佐藤ラカンさんの「カザン」のイラストも描かれていましたので、参考になるといいのですが。
http://www.papy.co.jp/act/books/1-25002/

Q篠田節子さんの雑誌連載小説「スターバト・マーテル」

 一昨年、雑誌「STORY」で連載されていた篠田節子さんの小説、「スターバト・マーテル」を読みたいと思い、書店で捜したものの見つからず、ネットで検索しても情報が得られません。まだ単行本化されていないのでしょうか?単行本になるのにこんなに時間がかかるのでしょうか?どなたか情報をお持ちでしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

秘密の情報ルート(^_^;)ですので、ソースは明かしませんが

来年の二月に光文社から発刊されるそうです。
「スターバト・マーテル」一作では短いので、「エメラルドなんとか」とで一冊になり、タイトルはそちらになるそうで、お見逃しなく。

Q推理小説(探偵小説)の犯人のパターン

昔、横溝正史さん書かれたエッセイだとおもうのですが、探偵小説の犯人のパターンを一覧にしたものを読んだ記憶があります。
もう一度読みたいので、掲載されていた本のタイトルをご存じの方は教えてください。

内容は、江戸川乱歩の類別トリック集成の、犯人のところを、横溝正史が、金田一耕助の事件とうを引き合いに出しながら解説してくれたものだったとおもいます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A1%9E%E5%88%A5%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E9%9B%86%E6%88%90
「ABC殺人事件」と「八墓村」の関係とか等々です。
たぶん、横溝正史の本をいろいろ読んだので、別々の本に書いてあったものを混乱して覚えている可能性もあります。

ミステリーを読む上で再度勉強したいので読んでみたいと思いました。

また、類別トリック集成のような評論が有れば教えてください。

Aベストアンサー

「トランプ台上の首」角川ホラー文庫(2000年9月刊行)に
探偵小説講座-横溝正史トリック評論集-
というのが載ってます。こちらではないでしょうか?

>また、類別トリック集成のような評論が有れば教えてください。
「推理小説作法―あなたもきっと書きたくなる」光文社文庫

また過去に同様の質問があります。
『ミステリーのトリックを集めた本を教えてください』
http://virus.okwave.jp/qa1386939.html
『最近のミステリ小説のトリックを詳しく解説しているサイトを探しています』
http://virus.okwave.jp/qa6290423.html

こちらは別サイトですが...
『ミステリのトリックを分類した本、あるいは個別のトリック(密室、アリバイなど)について体系だてて述べている本にはどんなものがありますか?』
http://q.hatena.ne.jp/1136202464
『あらゆる作品の、もしくは基礎に近い一般的はミステリートリックの解説が載っている本は無いでしょうか。』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1228076927

「トランプ台上の首」角川ホラー文庫(2000年9月刊行)に
探偵小説講座-横溝正史トリック評論集-
というのが載ってます。こちらではないでしょうか?

>また、類別トリック集成のような評論が有れば教えてください。
「推理小説作法―あなたもきっと書きたくなる」光文社文庫

また過去に同様の質問があります。
『ミステリーのトリックを集めた本を教えてください』
http://virus.okwave.jp/qa1386939.html
『最近のミステリ小説のトリックを詳しく解説しているサイトを探しています』
http://virus.okwave.jp...続きを読む

Qホラー小説ではないのにすごく怖い小説があったら……。

ホラー小説で書かれたものではないのに、すごく怖い小説があったら教えてください。(例:小林多喜二「蟹工船」などはすごく怖かったです。)

Aベストアンサー

参加させてください。
本邦の短編小説の中から、思い出したものをいくつか。
古めかしいものばかりだし、既読の可能性大だし、参考になりますかどうか。

・武田泰淳「ひかりごけ」
いわゆる人肉食を扱った小説の中で、もっとも有名なものの一つでしょう。みずからの罪を忘れかけている現代への警告とも取れそうです。

・坂口安吾「桜の森の満開の下」
満開の桜(山桜でしょう)の下には狂気が宿る、桜鬼がいる、といった民俗信仰を題材にした一種凄絶な物語です。

・夢野久作「瓶詰地獄」「死後の恋」
この二編、怖いというよりはまがまがしい、と言ったほうがいいのかもしれません。

「瓶詰地獄」は三つの手紙から構成された作品。最後の(実は最初の)手紙が実に効果的。

「死後の恋」はアナスタシア内親王伝説を扱った、映画的な手法が印象的な、奇妙でグロテスクなお話。
ご存知と思いますが、ロマノフ王朝最後の皇帝ニコライ二世の一家はロシア革命で惨殺されましたが、この皇女の遺体だけ出てこなかったので、のちにさまざまな憶測が生まれました。これは、その一つ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報