最新閲覧日:

経済発展の中でのペティ・クラークの法則とはどういうことなのでしょうか?
また、産業内貿易の製品差別化分業の意味を知っている方是非教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ペティ=クラークの法則とは、簡単に云うと、経済発展につれて産業構造が第一次産業(農・漁業など)から第二次産業(製造・建設・鉱業など)、さらには第三次産業(通信・商・金融・運輸・サービス業など)へ移行していくいう経験則です。

    • good
    • 3

「経済が成長していくと当初の農業等の第一次産業就業者が多く占める段階が、次第に製造業等の第二次産業就業者が増加し、次いでサービス業等の第三次産業就業者も増加を始める。

しかし、第二次産業の増加は限度があり、停滞から減少へと推移し、最終的には第三次産業が増加を続け就業者の大部分を占めていく」と就労者の比率が変わって行くというのが、ペティ・クラークの法則です。
「産業内貿易の製品差別化分業」というのは、同じ製品を集積技術の進歩具合により、付加価値の高いものは先進国、普及品は途上国という具合に、差別化して生産し、相互に取引する分業形態のことです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ