大学のゼミで村上龍の研究・発表をしているんですが、あんまり資料なども見つからず悪戦苦闘しています。そこで村上龍の初期作品「限りなく透明に近いブルー」「海の向こうで戦争が始まる」「コインロッカー・ベイビーズ」に関する論評などが掲載された書籍(現在簡単に手に入れられるものに限る)もしくはホームページがあれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

下記はご参考になりますか?



あと、国会図書館に行って、発表時のころの
雑誌記事索引を引いてみる。
(大学なら学校の図書館から検索できると思います。)

参考URL:http://www.ryu-info.com/
    • good
    • 0

へー、大学で村上龍を取り上げるなんて凄いですね(笑)。



作品は以上のものに決まってるんですか?

「トパーズ」なんて如何でしょうか?
本を先に読んだのですが、怖い/気持ち悪いという印象が強いのですが、面白いものでした。
映画を次に見ましたが、どちらかと言うと、エッチと言う印象。

話が反れましたが、作品が絞られていないのであれば、オススメです。こちらの作品の方が論評なども多いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もし上に挙げた3つで上手くできない場合は「トパーズ」をやってみようと思っていました。映画はまだ見ていないので見てみます。

お礼日時:2001/07/12 13:48

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ