まえにも書いたのですが、コートの一部が色が抜けてしまい染めたいと思います。木綿ですがどうやって染めるのが効果的でしょうか。お力を貸してください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私はTシャツくらいまでしかやったことがないのでなんともいえませんが全部ひたすのではなく


部分的にひたしてみたらいかがでしょう?
    • good
    • 0

木綿を染めれるフェルトペンがあります.程度が小さければ,使えます.染料を扱っているお店か,染色を趣味にしているお店などにあります.

    • good
    • 0

自分で手軽に染める方法としてはダイロンがおすすめです。


同系の色で部分的に様子を見ながら染めてみてはどうでしょう?

参考URL:http://www.ops.dti.ne.jp/~dylon/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。大きな物でも大丈夫でしょうか?すみません・・・

お礼日時:2001/07/12 10:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q着物の素材 綿 木綿

綿と木綿は何か違いますか?

違うのでしたら、綿の袷などの着物はありますか?(木綿ではなく)

前の質問で昔は木綿ではなく綿の着物だったということを知り、今もあるのか気になりました。

Aベストアンサー

遊びで着物を着ている者です。

「綿」も「木綿」も基本的には同じです。
綿花いわゆるコットンから作った繊維のことです。

「基本的には」という条件を付けるのは、細かな表現で言えば、例外があるからです。
たとえば、「木綿」と書いて「ゆう」と読ませる楮という木から作る繊維があります。これは、大昔は着物にも使ったそうです。今は着物関係で言えば帯に使います。非常に趣味性が強く、一般的ではありません。値段が高い割にはフォーマルには使えませんし、カジュアルでも着物を選びます。
また「綿」という表現で、「真綿」を指す場合があります。これは絹です。真綿紬と呼ばれる絹織物になります。結城紬が代表例です。

ご質問の「綿の袷の着物」が木綿、コットンで作られたものということであれば、生産量は少ないですが存在します。会津木綿や伊勢木綿、川越唐桟、保多織なんかが私の知っている範囲ですが、地域ごとに色々あるはずです。
どうしても絹よりは重いので、単衣にする方が一般的らしいですね。

「真綿」を指していらっしゃるなら、先の結城紬のほかに、米沢紬や小千谷紬にも真綿紬がありますね。帯にも結構あります。
真綿紬ということは手紡ぎということですので、お値段はかなりお高くなりますね。
基本的にぬくもりがありますので、袷にするのが一般的です。

「昔」と仰るのがいつのことか分かりませんが、江戸時代中ごろまでは、麻が一般庶民の物だったようですよ。室町時代に伝来した木綿が一般化したのが、江戸中期で、それ以降は木綿が一般化したようです。
「真綿」が一般庶民の日用品であった時代はないと思いますね。身分的には「庶民」であっても、お金はたくさん持っている大家の主人階級か、ぎりぎり庶民のとっておきの一枚か、という感じだったと思います。
ちなみに、貴族や大名などの階級は、基本的に「絹」です。これは蚕の真綿から作りますが、生糸にしてから織っています。
今は「綿」というと木綿のイメージが強いので、真綿紬でも正絹と呼んでいますから、ややこしくなってしまいますね。

遊びで着物を着ている者です。

「綿」も「木綿」も基本的には同じです。
綿花いわゆるコットンから作った繊維のことです。

「基本的には」という条件を付けるのは、細かな表現で言えば、例外があるからです。
たとえば、「木綿」と書いて「ゆう」と読ませる楮という木から作る繊維があります。これは、大昔は着物にも使ったそうです。今は着物関係で言えば帯に使います。非常に趣味性が強く、一般的ではありません。値段が高い割にはフォーマルには使えませんし、カジュアルでも着物を選びます。
また「綿」とい...続きを読む

Qバスタブに染めたばかりの髪の染めた黒がついてしまい、落とす方法を教えて欲しいです。

バスタブに染めたばかりの髪の染めた黒がついてしまい、落とす方法を教えて欲しいです。

Aベストアンサー

キッチンペーパーをシミの付いたところに置きます。
この上から「カビキラー」を吹き付けます。
これにより、キッチンペーパーが濡れた状態でバスタブに密着します。
この状態を30分程度、そのまま放置します。

30分後、キッチンペーパーを持ち上げシミの状態を見ます。
シミが消えていれば、キッチンペーパーを取り除き、バスタブのシミ
と周辺部分を水洗いします。
多分、1回程度でシミが消えると思いますが、まだ、シミが消えてい
ない場合は、キッチンペーパーを戻し「カビキラー」を再度、吹きつ
けます。

「カビキラー」がない場合は漂白剤の「ハイター」でも同様の効果が
あります。

Q木綿の着物を買おうかと思います・・・

昨年、息子のお宮参りと、娘の七五三で、着物を着る機会があり、着物の良さを実感し、
ちょっとした外出時に、着物で出かけたらステキだな~と思い、
普段着用着物の購入を検討しています。

実家が、数百年続く旅館だったので、祖母や母から受け継いだものや買ってもらったものなど、
着物も帯も小物類も、良いもの(らしい)は、たくさん持っています(実家に保管しており、手元にはありません)が、
子どももまだ小さいですし、気軽に着れて、動きやすくて、
洗濯に強く、保管も難しくないものが良いなと思い、木綿の着物に惹かれています。

ですが、今まで着物には全く興味もなく、何の知識もないため、
どれを買ったらいいのかわかりません。
単品で買いそろえた方が良いのか、セットになった物を買ったほうが無難か。
それとも、木綿よりも、ほかの着物を買った方が良いものなのか・・・
ポリエステルの洗える着物、という物も気になったり。
木綿とポリエステルの違いもよくわかっていません。

ちなみに、私は30代前半、子どもは2人、1歳児と3歳児がいます。
着物に詳しい方のアドバイスをお待ちしています。

昨年、息子のお宮参りと、娘の七五三で、着物を着る機会があり、着物の良さを実感し、
ちょっとした外出時に、着物で出かけたらステキだな~と思い、
普段着用着物の購入を検討しています。

実家が、数百年続く旅館だったので、祖母や母から受け継いだものや買ってもらったものなど、
着物も帯も小物類も、良いもの(らしい)は、たくさん持っています(実家に保管しており、手元にはありません)が、
子どももまだ小さいですし、気軽に着れて、動きやすくて、
洗濯に強く、保管も難しくないものが良いな...続きを読む

Aベストアンサー

普段着に木綿の着物、大賛成です!
ポリエステルは丈夫で扱いが楽な利点はありますが、着心地は悪いですし、着崩れしますし、私はおすすめしません。
セットになった物も個人的にはおすすめしません。お得なようでいて、??というセットが多いです。
要らない物までついていたり(数回でダメになる下駄とか)

木綿の着物もいろいろあります。現在よく出回っている物を産地別に、南の方から行きますね。
薩摩木綿は綿紬とも呼ばれる高級品。普段着のお値段ではありません。
同じ九州でも久留米絣になるとずいぶんお手頃。機械織りと少数ですが手織りもあります。
一度は絶滅して復刻されたのは島根の弓浜絣。希少性が高く木綿としては少々値が張ります。
そして綿織物が今一番盛んなのは新潟県、十日町や小千谷地方ですね。
若い人にも買いやすい機械織りのオシャレな格子木綿などが盛んに織られています。
この辺りの木綿から始めるといいと思いますよ。

さらに、千葉県館山に館山唐桟と呼ばれる綿織物があります。こちらも希少性の高い手織り木綿。織り元は一軒のみです。
そして近年、生産が止まり、現在は在庫が出回るのみの川越唐桟。これは今がギリギリお買い得かも知れません。機械織りでお手頃な普段着木綿です。
さらに北に行くと会津木綿があります。こちらも久留米同様にほっこりとした昔ながらの絣模様が特色です。

大別すると木綿にも手織りと機械織りがあること。絣か縞か格子という地方による特色があること。を覚えておいてください。
当然、手織り木綿は機械織りの数倍(場合によっては10倍以上)のお値段ですが、着心地の差は歴然としています。
けれど惜しげなく普段に着るにはまず機械織りの物でいいでしょう。
会津や久留米は厚手木綿です。このタイプは単衣に仕立てて春先や秋口に着るのがいいでしょう。
と言っても普段着ですので厳密な決まりはありません。暖かさを感じる晩冬から初夏まで、秋は11月くらいまで十分に着られます。

十日町や小千谷、川越や館山の唐桟でしたら、薄手になりますので、袷仕立てにして冬に着てもいいでしょう。
ただ木綿はすべりが悪いという欠点がありますので、裏には化繊を使った方がよいでしょう。
胴抜き仕立てという袖口や裾など見える部分だけに裏をつける仕立てもあり、これも木綿の着物に向きます。
絹に比べると木綿は重くなるので、着やすくするためにとる方法です。
もちろん薄手木綿を単衣仕立てにすれば初夏や初秋に重宝な着物になります。
ちなみに唐桟(とうざん)というのは縞木綿の呼称です。
昔は木綿全般を島物と呼びました。(南蛮渡来の島わたり品という意味)
島物=縞物、というように庶民に広まりました。

機械織りの木綿着尺なら2~3万も出せばちゃんとした物が買えるでしょう。
一万円代からありますがデイリーに着るには丈夫さも必要なので…。
それに仕立て代を含めても、普段着の着物として及第点のお値段ではないでしょうか。
お襦袢は長襦袢がいいか、二部式がいいか、好みが分かれるところです。
最初は化繊ものでもいいと思いますのでおいおい自分の着やすい物をお探しください。
そしてポリエステルの帯は着物以上におすすめできません。どんなにしっかり締めてもゆるみます。
動き回る普段着の着物には向きません。絹か木綿か麻の半幅や名古屋帯がよいでしょう。
まあ、その他いろいろキリがありませんが、ぜひセットで買うような残念な事はしないで、一点一点買いそろえるところから着物を楽しんでいただきたいと思います。
雑誌「七緒」はそのような気軽な普段着の着物を多く特集している雑誌で選び方やお店情報が豊富です。
バックナンバーから木綿着物を特集している号を取り寄せてみてもいいと思います。

私も普段着の着物が大好き。紬や木綿ばかり着ています。
好きが高じて織物もやっています。
一つ一つ、愛着を感じられるものを揃えて行かれた方が結局は無駄がないですよ。

普段着に木綿の着物、大賛成です!
ポリエステルは丈夫で扱いが楽な利点はありますが、着心地は悪いですし、着崩れしますし、私はおすすめしません。
セットになった物も個人的にはおすすめしません。お得なようでいて、??というセットが多いです。
要らない物までついていたり(数回でダメになる下駄とか)

木綿の着物もいろいろあります。現在よく出回っている物を産地別に、南の方から行きますね。
薩摩木綿は綿紬とも呼ばれる高級品。普段着のお値段ではありません。
同じ九州でも久留米絣になると...続きを読む

Q綿と木綿の違いは?

生地に綿と木綿とありますが、どう違うのですか?また同じものを指すのだとしたら、どのような理由で違う漢字を使用するのでしょうか?

Aベストアンサー

「綿(メン)」と読む場合、現代では同じ物で、コットンの事です。

昔は、日本には植物のワタの木はありませんでしたので、「綿」の字で「綿(ワタ)」と読み、塊上の繊維すべてを指しました。
布団や座布団の中身は、材質が何であっても「綿(ワタ)」でした。
また、「真綿(マワタ)」というと絹の塊のことでした。

あとから伝来した「木綿」と、古くからある「綿(ワタ)」を区別する為に、植物のワタの種子から取れる繊維を、木(植物)からとれる綿ということで「木綿(モメン)」と書いたようです。
その後、木綿が普及し、次第に繊維というと「綿(メン)」という時代になってきて、いつの間にか「綿」の字イコール「木綿」になっていったようです。

Q木綿着物の寿命

木綿素材の着物や帯は長持ちしますか?

Aベストアンサー

いまひとつアナタのご質問の意図がわかりにくいのですが。
長持ちというのが、堅牢性・耐久性のことをいわれているのか、価値としてのことなのか、あるいは、保存性?

浴衣も木綿です、もちろん、夏の着物です。
そして単衣です。
コレを、毎年、1回しか着用しないで、洗ってしまっておくなら、5-6年以上は持つでしょう。
木綿のいいところはざぶざぶと、普通の洗剤で洗える、ただし、縫製の問題で、単衣(浴衣がそれですし、生地をかえれば普通に単衣の着物とも言える)まで。

アルカリ(普通の洗剤)を使うと、どうしても色抜けしてきます、だからこそ、汚れも落ちやすいということですが。

浴衣もくたびれてくると、外には着ていかれなくなるし、生地もへたってきます。
他の木綿の着物も同じ、だから、昔の人は寝巻きにした。
最後は、赤ちゃんのオムツです。

元から、着物はそのままで、長持ちさせるものではなく(木綿にかぎらず)、擦り切れても、へたれても、
まだ使えそうな部分を選りすぐって、リフォームするのが普通なんです。

いまどきはやりませんが、というか、家庭婦人の仕事として出来なくなったから。

帯は、普通は、あらいませんので、普段使いとして、昔の人は、ぼろぼろになるまで使いましたが、
いまどきは普段の掃除もするようなときに着るわけでなく、電車にも乗るでしょうから、こういう状態を意味してないと
おもいますが、汚れをそのままで保存しておくと、木綿自体は丈夫(セルロースだから)ですが、汚れにかびがはえると
脆弱化します。

tシャツのことを考えてもらうとわかりやすいでしょうか?
新しいうちは、色柄、形とも、しゃんとしてますから、外にいく。
しかし、洗濯を繰り返しいると、へたれてくるし、木綿はどうしても、毛羽って来ます、そして、イロがボケる。
去年のは、襟の汗の部分が・・・で、寝巻きに、ルームウエア、ジョギング用などに格下げしますでしょう?

木綿の着物も、本来そういうものです。
ただ、いまどきは、着物が余所行きというステージしかない(浴衣も普段着として着るような人はまずいない、寝巻きもそうでしょう?)

最後、雑巾にまでするなら、長持ちしますよ。

袷の着物をクリーニング代がかかるからと、何回か着用しては仕舞って置くだと、
意外にカビが生えるのが早いです。

オークションでたまたま、手に入れたものがそういう状態で、分解しても、モノになりませんでした。
昔なら、しまう前に分解して、洗って、それからしまっておくか、来年のために、仕立て直しておくか、
いずれにしても、しまう前に、木綿の着物なら、分解(洗い張り)が収納前の作業だったから。

いまひとつアナタのご質問の意図がわかりにくいのですが。
長持ちというのが、堅牢性・耐久性のことをいわれているのか、価値としてのことなのか、あるいは、保存性?

浴衣も木綿です、もちろん、夏の着物です。
そして単衣です。
コレを、毎年、1回しか着用しないで、洗ってしまっておくなら、5-6年以上は持つでしょう。
木綿のいいところはざぶざぶと、普通の洗剤で洗える、ただし、縫製の問題で、単衣(浴衣がそれですし、生地をかえれば普通に単衣の着物とも言える)まで。

アルカリ(普通の洗剤)を使うと...続きを読む

Qベットの表地 木綿に黒カビ

木綿に買って早々カビが付きました
ベットなので丸洗いできないのですが
どうすれば除去できますか?

後木に付いたカビの除去もお教え頂けると助かります。

Aベストアンサー

これからの季節は嫌ですね~

私はお布団とか低温でアイロンをかけています。

あと、とれるかどうかは確約できませんが、

カビキラーをしみ込ませた布で拭いてみてください。

参考になれば。

Q木綿の着物 単衣

木綿の単衣の着物をいただきました。義母がお嫁入りのときに祖母に作っていただいた(手縫い)ものだそうです。

私は着物は好きで着付けはできるのですが、呉服屋さんで買った絹のものとかポリエステル素材の物しかきたことがなく、木綿は浴衣以外初めてです。

義母は袖を通したこともないらしく仕付け糸がまだ付いたままでした。木綿なら普段着として着れそうですしせっかくなので私も着てみたいのですが、、、。

単衣+羽織なのですがいつくらいの時期にきてもおかしくないでしょうか?単なので一般的には6月か9月でしょうけど、、、。
夏ごろ浴衣代わりに着てもいいのでしょうか??

また帯などはどういったものが合うのでしょうか?(着物の生地は紺地に白、赤などのも線的な模様です)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

木綿の単衣は、結構長い期間着ることが出来ますよ。
本人が寒くなければ冬でもOK。真夏は暑いからやめた方が良いと思います。

その着物の生地は厚目ですか?薄目ですか??それによっても違います。

私は4月から11月ぐらいまで(真夏を除き)着用します。

基本的に木綿は「普段着」のレベルなので、あまり固く考えずに楽しんで着ましょう。

半幅帯などで、気楽に着るのも素敵です。名古屋帯でも良いですが、金糸などの入っていないカジュアルな物を選んで下さい。

私は和裁勉強中。木綿や紬類が大好きです。

Q木綿の黄ばみ、もうだめでしょうか・・・・?

こんにちわ。

私は女性のくせしてもともと結構な汚し屋なので、
白い服は滅多に買わないようにしてたんですが、
それでもカッコよさに買った木綿のシャツが数枚あります。
大事に保管しておいたつもりだったんですが、木製の
タンスの中から出してみたらなんだか大きな黄ばみが
そこらじゅうにあり、漂白しても抜けません(T-T)

なんとなく、木の色素が移ったんじゃないかという感じの
染みのつきかたなんですが・・・・
これってやっぱりあきらめるしかないんでしょうか?
ただの染みのせいで捨ててしまうのがなんか忍びないんですが・・・

たぶん染めても染みが目立たなくなる事はないと思える
茶系の染みなんですが。

また白い服を洗って干す時は、どんな注意点が
あるのでしょうか。茶系の染み予防を教えてください。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

煮洗いをすれば、大丈夫です。また、汗染みでしたらお酢やレモンで落ちますよ。
http://www.x-media.co.jp/waza/fashion/OS0003.shtml

参考URL:http://www.ntv.co.jp/omo-tv/03/0007/0719.html

Q木綿の着物を着たいのですが…

はじめて質問させて頂きます、26才女性です。宜しくお願い致します。

私は着物初心者なのですが(浴衣しか着たことがありません)、先日、祖母のタンスを整理していたら着物を一着見つけました。
どうやら木綿のようなのですが(濃い紺地にうっすらと白い細いストライプが入っています)、ぜひこれを着てみたいと思っています。
しつけ糸がついているので新品でした。丈や袖の長さも、私にピッタリでした。
そこで、木綿の着物を着るにあたって質問なのですが、中に長襦袢は必要ですか?
ポリエステルなんかの着物だと長襦袢は当然着ると思うのですが、この木綿の着物は何だか浴衣の延長のようで…
でも長襦袢を着ないと半襟を付けられませんよね?

インターネットで色々調べましたところ、「真夏と真冬以外なら着用OK」とありましたので、秋から着てみたいと考えています。
祖母も他界しており、着物に詳しい人が周りにいない環境なので誰にも聞けず悩んでいましたが、今回このようなサイトがあると知り、質問させて頂きました。
回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

袷ですか?単衣ですか?
まずはそれからですけど・・・
単なら、これからの季節に着れますね

で、長襦袢は着てください
素材はポリエステルの既製品で充分です
帯は名古屋帯、細帯などですけど、お持ちですか?
 素材は着物に合わせて木綿

半襟などでおしゃれも楽しんでください

Q生成り(木綿)のシャツに、血液のシミを付けてしまいました。 良い落とし方、ありますでしょうか?。

生成り(木綿)のシャツに、血液のシミを付けてしまいました。

良い落とし方、ありますでしょうか?。

ガーゼ生地のような、柔らかい素材のシャツです。

Aベストアンサー

帰宅したらタライにシャツと洗濯洗剤とを入れて水に浸けておきます。2、3時間も置いておけば取れます。ダメなら漂白剤を入れてまた浸けておきます。これで大丈夫です。「浸けおき洗い」はいろいろのシミに有効です。


人気Q&Aランキング