他にも似たような相談があると思いますが、家のPCからメールできたアダルトサイトにいきクリックしただけで勝手に自動入会させられました。接続プロバイダ、メールアドレス、個人識別コードたるものが書いてあり、3日以内に振り込めば60日間通常6万の入会金が1万8千円。未払いの場合は退会不可。入会完了メールも届きました。その後アクセスしていません。「登録メールアドレスを基に各プロバイダ会社に対し法的な手段を経て情報開示を求めることにより住所、電話番号(その他うんぬん)…」とのようなことも書かれていましたが、プロバイダ会社にそんな情報開示なんてできるんですか?!またこれで契約なんて成立しませんよね?!
PCのメールアドレスを基に調査追跡できるんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

契約は成立してません。



ここも読んでみて下さい↓
「不当な料金請求」特別対策調査室
http://antispam.stakasaki.net/tokubetu/saiken_ka …

参考URL:http://antispam.stakasaki.net/tokubetu/saiken_ka …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/12 20:29

あなたは申し込む意志が無い(申し込んでいない)のに


勝手に契約されたのですから、相手は刑法のサギ犯でも
あるし、民法(電子消費者契約法も含む)、消費者契約法、
いずれの法律にも違反しています。
あなたの住所・氏名がわからなければ、サギ師としても
小額訴訟など起こせません。相手があなたのメルアドしか
分からないのならメルアドを変更してしまえば、今後
違法な請求が来ることは無くなりますからご安心ください。
プロバイダが詐欺師に情報開示することは絶対に
ありません。免許が取り消されてしまいますからね。
メルアドから追跡するのは、警察なら可能ですが
詐欺師には不可能なことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/12 20:30

早めにメールアドレスを変更されることをお勧めします。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/12 20:30

PCのメールアドレスから追跡できるなら、今頃アルカイダのビンラディンは捕まってますよ。

それはただの脅しで一向に無視して構いませんよ。逆に僕は昔、わざと入会してはいませんが会員専用にある画像とか思いっきり見てアドレス変えましたからね(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/12 20:30

似た様な話はいっぱいありますよね。



携帯エロサイトへの登録について
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1035394

アダルトサイトのメールをクリックしてしまいました;
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1035295

ボーダホンのお知らせメールから悪質サイトへ
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1033007

迷惑メール ボーダフォン携帯
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1027975

間違えて有料の出会い系サイトに登録・・・
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1027189

自動入会
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1027057

架空請求書に電話してしまった。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1024011

携帯アダルトサイトの延長料金について
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1039099

うっかりクリックをしてしまいました・・・
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1022230

出会い系サイト 高額請求対処方法
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1017741

[入金の督促]メールについて
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1016455

エロサイトに入会・・・。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1015654

架空請求について
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1013426

架空請求のその後
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1011795

出会い系サイトの請求について
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1011425

有料サイトの入会金
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1008913

また請求メールが!!(長文ですけど・・・)
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1038966

コレは全部、9/20~本日までの質問です。
コレ以外にも同様の質問がいっぱいありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/12 20:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIP開示やプロバイダの個人情報開示は弁護士が必要?

2ちゃんねるの書き込みで訴状が届きました。
IP開示とプロバイダに開示裁判をおこされ個人情報が開示
されました。でこの2回の裁判費用や今回の訴訟の費用もすべて
請求されています。
私は弁護士なしで裁判に臨むつもりです。
IP開示とプロバイダに個人情報開示裁判は弁護士がないと
できない裁判でしょうか?裁判は弁護士なしでもできると思っていました。
つけたのは自分たちが有利に進むためでこちらの負担はおかしいと
思うのですがよろしくご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

民事訴訟なら弁護士無くても裁判可能。
極稀に敗訴側に弁護士費用の負担を認める判決もありますが、非常に稀です。

その請求が妥当かどうかは裁判官の判断です。

QIP開示やプロバイダの個人情報開示は弁護士が必要?

2ちゃんねるの書き込みで訴状が届きました。
IP開示と発信者情報開示のプロバイダ裁判は弁護士が
いないと不可能なものでしょうか?
今回の訴訟費用も含めて弁護士費用をすべて負担するよう
求められています。裁判は弁護士なしでもできると思っていたので自分は
つけずに争うつもりです。
弁護士は裁判を有利に進めるためにつけるのではないでしょうか。
IP開示やプロバイダ裁判は弁護士なしでは不可能でこちらの負担に
なってしまうものでしょうか?よろしくご教授願います。

Aベストアンサー

訴えられたということですよね?

それなら別に弁護士は不要ですよ。
本人訴訟で十分です。

争う余地ないんですよね?
すべて認めます。判決に従い賠償金全額払います。
なら弁護する必要ないですからね。

争いたいというのであれば、あとはご質問者の知識次第です。
相手弁護士に対抗できうる知識をお持ちなら弁護士は必要ないでしょう。

Qプロバイダ開示(?)

よろしくお願いします。
このカテゴリーの或る御質問で見かけたのですが

質問者に対して回答のなかで
精神的疾患の恐れあり、という指摘があり
質問者が
『侮辱罪、名誉毀損罪に相当するものでプロバイダ開示(?)という手段に訴えることができる云々』

というようなことを述べておられましたが、
これは具体的に、どういったことなのでしょうか?

また別に
一年ほど前、当サイト会員が些細なことから或る会員に対し相当の期間にわたって誹謗中傷発言を連続で繰り返し(最終的に『殺してやる』といった発言も)
被害者側の会員が持病の悪化を始め精神的傷害を被ったという出来事がありました。

昨今こうしたサイトにおいても単なるネチケット違反や論争のレベルでは済まされない、まさに「犯罪」と呼ぶべき行為をはたらく者が出現しますが、このサイトでは比較的削除基準が厳しいとは言え対応の遅さ等も目につく面があり、結果的に被害者側が泣き寝入りを余儀なくされる現実もあります。
水面下の社会的影響を考えた場合、恐ろしいものがあると思います。

このような場合、プロバイダ開示(?)といった方法や、何らかの法的手段を行使できる可能性がありますでしょうか?

よろしくお願いします。
このカテゴリーの或る御質問で見かけたのですが

質問者に対して回答のなかで
精神的疾患の恐れあり、という指摘があり
質問者が
『侮辱罪、名誉毀損罪に相当するものでプロバイダ開示(?)という手段に訴えることができる云々』

というようなことを述べておられましたが、
これは具体的に、どういったことなのでしょうか?

また別に
一年ほど前、当サイト会員が些細なことから或る会員に対し相当の期間にわたって誹謗中傷発言を連続で繰り返し(最終的に『殺してやる』と...続きを読む

Aベストアンサー

通称『プロバイダ責任法』(特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律)という法律があり、その条文に依れば、発信者情報の開示請求ができます。

特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律の概要
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/top/denki_h.html

情報セキュリティ広場>ネット犯罪対策>誹謗・中傷・個人情報の流布
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/haiteku/haiteku/haiteku31.htm

☆被害にあってしまったら・・・
 プロバイダ責任法に基づき、侵害情報の送信を防止する措置を要請したり、侵害情報の発信者を特定する情報を開示するよう求める方法もあります。

QSNS運営会社やプロバイダへの情報開示手続きって

個人で出来ますか?
2chを中心に、色んな掲示板やツイッターや、FB、pixv、mixiなどに
誹謗中傷や卑猥なコメントを残され困っています。
ログがあるので、それをまとめて、と思っていますが
弁護士にお願いしないと、情報開示ってしてもらえないですか?

Aベストアンサー

>弁護士に相談して訴訟の手続きをすれば、開示請求ができ、確実に開示してもらえるのですか?
No1でも書きましたが、法的機関や警察が必要だと判断したら、彼らが開示請求します。

No1ではちょっと語弊のある言い方をしてしまいましたが、プロバイダ制限法などにより、権利を侵害された本人が行う送信防止措置(削除)依頼や発信者の情報開示請求です。
これは個人でも理由が足りていればできるものなのですが、実態としてはほぼ全て発信者の権利擁護の観点から、情報の削除や開示については、警察、あるいは裁判所からの申し出が必要になるということです。
要するにSNSなどのサイドとしては、情報開示や削除などをするのに法的根拠が欲しいわけです。
「警察や裁判所から開示しろって命令が来たから開示したよ。本当は開示したくないんだよ」ってこと。
弁護士に相談して、訴訟する材料がしっかりと揃っていれば、弁護士はその仕事を受けるでしょう。
そして、その際に必要であれば開示請求がされるはずです。
法的機関からの開示請求であれば、運営サイドもちゃんと開示するはずです。

Qプロバイダ責任制限法に基づく発信者情報開示請求の本人確認について

プロバイダ責任制限法に基づく発信者情報開示請求の本人確認について

プロバイダ責任制限法に基づいて開示請求を行う場合、本人確認のためにサイト管理者に免許書のコピーや住民票のコピーを送付しなければならないというのは絶対に必要な手続きなのですか?

Aベストアンサー

プロバイダ責任制限法には、そういった手続きを要求する記述は何もないですね。

ただ、プロバイダを運営している会社などの民間の会社が作った、「プロバイダ責任制限法ガイドライン等検討協議会」というものが作成した、プロバイダ責任制限法に関する「ガイドライン」というものがあり、その中に、プロバイダ等がとるべき本人確認の手続きがいくつか定められています。その中に、運転免許証のコピーの確認なども一例としてあげられています。

(参考:プロバイダ責任制限法関連情報Webサイト)
http://www.isplaw.jp/

なお、一応総務省も協力していたりします。

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/2007/070110_1.html

なので、プロバイダが運転免許証のコピーの提出を求めるというのもある話だと思います。


さて、ここで問題となるのは、「ガイドラインにはそう書いてあるかもしれないが、法律には何も書いていないから免許証のコピーなど提出しなくともいいはずだ」とプロバイダに主張できるか、という点です。

一応、できる、とはいえます。でも、プロバイダが、「では開示請求は受け付けられません」と言って開示を拒んだら、それ以上のことはできません。できるのは、裁判所に訴えを起こして、プロバイダ責任制限法に基づく開示命令を裁判所に出してもらうことです。そうなるともっとやっかいな手続きになってしまうでしょう。

したがって、法律には書いていない手続きだけれども、プロバイダの言うことを受け入れて運転免許証を出す方が、実際には話が早い、という結論になります。

プロバイダ責任制限法には、そういった手続きを要求する記述は何もないですね。

ただ、プロバイダを運営している会社などの民間の会社が作った、「プロバイダ責任制限法ガイドライン等検討協議会」というものが作成した、プロバイダ責任制限法に関する「ガイドライン」というものがあり、その中に、プロバイダ等がとるべき本人確認の手続きがいくつか定められています。その中に、運転免許証のコピーの確認なども一例としてあげられています。

(参考:プロバイダ責任制限法関連情報Webサイト)
http://www.ispl...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報