痔になりやすい生活習慣とは?

RaspberryPi3にJuliusとPythonプラグラムで音声認識
によるLEDを点灯制御したく試みておりますが、上手くできません。

Juliusのmoduleモード接続による、音声認識表示までは、結果が
得られております。

そこで、得られた認識結果に応じた動作をする様、プログラムを
Pythonで下記の様に作成しました。

# -*- coding: utf-8 -*-

import RPi.GPIO as GPIO

GPIO.setmode(GPIO.BCM)
GPIO.setup(2, GPIO.OUT)
GPIO.setup(3,GPIO.OUT)
GPIO.setup(4,GPIO.OUT)
GPIO.setup(5,GPIO.OUT)
GPIO.setup(6,GPIO.OUT)

import socket
import string


host = "localhost"
port = 10500

sock = socket.socket(socket.AF_INET, socket.SOCK_STREAM)
sock.connect((host, port))

data = ""
while True:
while(string.find(data, "\n.") == -1):
data = data + sock.recv(1024)

strTemp = ""
for line in data.split('\n'):
index = line.find('WORD="')

if index != -1:
line = line[index + 6:line.find('"', index + 6)]
if line != "[s]":
strTemp = strTemp + line
if strTemp =="ゴオ":
GPIO.output(2,True)
if strTemp =="バック":
GPIO.output(3,True)
if strTemp =="レフト":
GPIO.output(4,True)
if strTemp =="ライト":
GPIO.output(gpioled,(5,True))
if strTemp =="ストップ":
GPIO.output(gpioled,(6,True))

data = ""

しかしこのソースをコンパイルすると
error:[Errno 111] connection refused のエラーとなり
コンパイルが成功しません。この状態で、Juliusのモジュールモード
にアクセスしても、音声認識の表示もされず、LEDも点灯しません。

Pythonプログラムと、Juliusのmoduleモードの通信が上手くいってない
のではと、思われますが、ネットでそこの所検索調査しても、自分が得たい
回答に行き当たりません。

そこで、お聞きしたいのは、エラーコード部分が解消しなければ
この問題は解決しないのでしょうか?

その解決方法がありましたら、是非ご教示願えれば幸いに思います。

A 回答 (1件)

>そこで、お聞きしたいのは、エラーコード部分が解消しなければ


>この問題は解決しないのでしょうか?

どれも使ったことはないのですが……
接続できないのですから、解決しないでしょう。

「connection refused」で、接続に失敗している状況ですから…
まずは待ち受けしているのかどうか、待ち受けしているとしてファイヤウォールなどで塞いでいないかどうか…の確認が必要かと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きありがとうございました。
その後、出来る限りのところを、いろいろ試しましたが、
どうにも、扉を広くことが出来ません。
もう少し、気長に頑張ります。

お礼日時:2018/04/29 20:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラズパイ3と音声認識ソフトJuliusでLチカ

Raspberrypi3と音声認識ソフトJuliusを使って、LED
を点滅制御させたい事でお問合せさて貰いました。

その事を、ネットでいろいろ調べてみると、Juliusを
モジュールモードと呼ばれる音声サーバとして動かせば
よいと言う事が出ていて、それも調べしてみるが、
Juliusの使い方は複雑で今一よく分かりません。

このレベルでの質問では、Lチカなんて到底無理だと
おっしゃりたいのは、重々承知をしていますが、
そこは一端スルーさせてもらいたくお願い致します。

今自分のレベルで、考えている構築と言うか流れは

1、ラズパイ3にLEDを点滅させるプログラムをPythonで作成
2、ラズパイ3に音声認識Juliusをインストールする
3、USBマイクをラズパイ3に認識設定させる
4、音声でラズパイのGPIOに接続したLEDを任意のとおり点滅

と、流れは単純ですが、もちろんそれぞれについて細かい設定と
プロセスが必要は分かりますが、概要はこの様に考えています。

ところが、ネットの調では、Juliusからの出力をPythonで
もらうには、Pythonのsocketモジュールを使うとあります。

それには、パソコンとTCP/IP接続をしてJuliusとデータ
通信するみたいな事が書いてありますが、

ここで、お聞きしたいのは、ラズパイ3と音声認識Julius
だけの単体で、音声によるLEDを制御する事は出来ないのでしょうか?

また、他にラズパイだけで音声認識からのLED制御方法があれば、
是非ご教示願えれば幸いです。

Raspberrypi3と音声認識ソフトJuliusを使って、LED
を点滅制御させたい事でお問合せさて貰いました。

その事を、ネットでいろいろ調べてみると、Juliusを
モジュールモードと呼ばれる音声サーバとして動かせば
よいと言う事が出ていて、それも調べしてみるが、
Juliusの使い方は複雑で今一よく分かりません。

このレベルでの質問では、Lチカなんて到底無理だと
おっしゃりたいのは、重々承知をしていますが、
そこは一端スルーさせてもらいたくお願い致します。

今自分のレベルで、考えている構築...続きを読む

Aベストアンサー

ラズバイ単体で動作は可能です。

ラズパイで音声認識をしてみる
http://usicolog.nomaki.jp/engineering/raspberryPi/raspberryPi_Julius.html

Raspberry piでjuliusを使用して音声認識
https://qiita.com/fishkiller/items/dfd1b13a4380c6aa6322

 マイクをデバイスとして認識させるだけでも一苦労しますが、できます。

>Raspberry piで音声認識(julius)を使用して特定の言葉に反応
>https://qiita.com/fishkiller/items/c6c5c4dcd9bb8184e484

 Pythonではこのような感じでしょうか。


 認識用辞書を作ってください。

 juliusをモジュールモードで起動させたままにして、指定したIPアドレス&ポートにTCPで接続をすると認識結果が応答で帰ってきます。

Q#./configureの時点でダメです。

  Fedora Core6 から始めたばかりです。
#./configureの時点で

bash: ./configure: そのようなファイルやディレクトリはありません

と言われます。解凍したディレクトリに入ってやったのですが
PHPやfirefoxどちらもダメでした。
一日かけても答えが出ずくじけそうになってます。
  助けてください。

Aベストアンサー

> bash: ./configure: そのようなファイルやディレクトリはありません

エラーの表示されるディレクトリーで # ls とすると configure はないですよね? 『./configure』の意味は、カレント・ディレクトリーにある『configure』を実行しなさい!ですから、存在しないから・・・『そのようなファイルやディレクトリはありません』と報告しています。
実行するディレクトリーをパッケージを解凍したディレクトリーに移動しすれば正常に実行できますよ ^ ^

 ちょっと気になるのですが・・・・
『bash: ./configure: その・・・』『:』が『e』の後ろにありますが・・・それって単なるタイプ・ミスですよね???


人気Q&Aランキング