グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

飛行機の構造に詳しい人教えてください。

飛行機のエコノミーで1番安全な場所はどこですか?

1番前方ですか?真ん中ですか?翼の近くの座席ですか?1番後方ですか?

過去の飛行機事故から参照してください。

論理的な理由もお願いします。

A 回答 (8件)

すでに統計上「後部のほうが安全」という結果が出ています。



参考:https://www.huffingtonpost.jp/2017/04/26/the-saf …

ただ、空中分解するような事故なら後部でも助かりませんし、後部座席は揺れが激しいので酔いやすい、というデメリットもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん有難う御座います

お礼日時:2018/06/23 16:27

構造的な観点で「安全な場所」って


非常口のところでしょ。

海外では屈強な男性客を非常口に座らせ
緊急着陸の際には
非常脱出の補助をさせるくらいです。
真っ先にシューターで機外に脱出し
CAと協力してその後に出てくる客の
サポートする役をやらされますが、
燃え始めた機体から真っ先に出るので一番安全でしょう。

着座した状態で安全な場所といえば後部座席ですね。
日航ジャンボ機墜落でも生存者は後部座席でしたし。
ただし、
何でもないときの居心地はどうでしょう?

いつ起きるかわからんような事態を憂慮するより
いつもの日常を最も快適にする方向を選択するのが
生き方としては正しいと思いますけどね。

質問者さんみたいに怖がっていたら
新幹線で最も安全な席はどこか?
とか
通勤電車で危険なところはどこか?
とか
際限なく始まってしまう。
    • good
    • 0

>飛行機の構造に詳しい人教えてください。



航空機機体の構造ですか? 衝撃吸収構造になっているとか、何百Gに耐えられる構造にはなっていません。

>飛行機のエコノミーで1番安全な場所はどこですか?
>過去の飛行機事故から参照してください。
>論理的な理由もお願いします。

墜落や異常着陸、高空での機体分解で「安全な場所」ですか? そんなもん、ありませんよ。

そもそも人体が耐えられるGは無限ではなく、機体よりも小さな値です。一見人体が破損していないように見えても、内部機能の破損により人命が失われていることは多々あります。
機体分解が地上で起こったとすると、運が良ければ大怪我です。空の上で発生すれば、人間は空を飛べませんし、高空での低酸素状態に耐えられません。

人体は機体より脆い、故に席の安全性云々よりも人体破損に至る数値と、事故時にかかる数値を比べること、それが論理的な考えです。数少ない(というぐらい事故、インシデントの発生率は低いです)統計値のなかの稀事象をもって「安全度合いを比較」すること自体が、迷信大好きなことを立証しているだけです。

CI140事故では主翼より後ろでの生存者はいません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%8F%AF …

JL123事故では主翼より前での生存者はいません。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7 …

4U9525事故では生存者はいません。

墜落により、「接地箇所が最大の衝撃を受け、その力が伝わり耐え切れなくなった場所で破断し、一部衝撃の伝達が緩和(微々たるもの)され」とか言い様はありますが、接地もその箇所だけではありませんし、滑ったり倒れた破断部材が他の部材を破壊するでしょう。そこに生存した乗客がいれば安全ではありません。

そういったことを考慮しないで済む破壊、例えばペンタゴンに突入したAA77とか、下記の動画のようにF-4を壁に激突させるような事故であれば最初の衝突以外は考慮しないで済みますが、機体も人体も部品として残ることはほぼありえませんから、安全ではありません。

    • good
    • 0

墜落や不時着の際に生き残る確率が高いのは一番後ろの席です。

少なくとも主翼より後ろです。
墜落の場合、機種が下がっていることが多いので前方が最もリスクがあります。機種から地面に接した場合、それより後ろ側が前方を押しつぶす格好になりますが、左右の主翼間は強度の高い構造であるためそこから後ろ側は前方の機体の上に押しかぶさるようになり原形をとどめる可能性が高くなるためです。
また、不時着の場合は通常の着陸のように機種を少し引き上げた格好で着地することになりますが、その場合は最後尾を引きずるかたちとなるため、やはり強度のある主翼取り付け部付近からちぎれるなどして後部が置いて行かれる格好となり前方部分より衝撃が少なく済む場合があるためでです。

なお民間機の場合、主たる燃料タンクは主翼内にあり、エンジンも主翼に取り付けられているものが主ですので、ここから離れた場所が事故時の火災から免れる可能性が高い、少なくとも時間的に優位にあるという側面もあります。

参考まで。
    • good
    • 0

事故の種類と状況に寄ります。


事故を種類別、状況別に分けると統計サンプルとしては少なすぎます。

今の所「運」としか言えないでしょう。
    • good
    • 0
    • good
    • 0
    • good
    • 0

後ろの方が安全ですよ。


前の方はよく亡くなっています。

翼は燃料が満載ですし。

ただ、中途半端な事故の時の話で、たいてい全員死亡していますけど。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング