【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

この世界の片隅に
で、空襲?がきたときに、地下の部屋?みたいなとこに隠れたとき、
男のひとが、「耳塞げ!口開けろ!」って言ってました。
なぜですか??

A 回答 (4件)

耳をふさぐのは空気中を伝播してくる爆圧(衝撃波)から鼓膜を守るため、口を開けるのは眼球が飛び出すのを防ぐためといわれています。

日本に限らず耐爆防御の基本といわれています。地下の部屋みたいなものは防空壕ですが、この時期に町屋にあったのは簡易的なものが多く、爆圧に充分耐えるようなものは少なかったそうです。
 あ、余計なことですがこの場合は「爆弾」です。ミサイルじゃありません。
    • good
    • 0

ミサイルからの衝撃派をうまく体から逃す技のようです。



耳の鼓膜を守る
口を開けて体の圧力を逃す
目を閉じて眼球を守る

ただ
医学的根拠?は無いようですか。。。


また地下の部屋は「防空壕」と言います
地下シェルターみたいなもので、各家庭や地域ごとに造られていました。
    • good
    • 0

耳を塞ぐのは爆音で鼓膜が破けるのを防ぐため


口を開けるのは、閉じたままだと衝撃波の逃げ道が無くなって鼓膜が破けてしまうので、それを防ぐためです
    • good
    • 0

ミサイルの衝撃波を体からうまく逃がすために耳を塞いで口を開けましょう。


もし、口を閉じたままだと衝撃波の逃げ場がなくなり鼓膜が破れてしまいます。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大砲打つ時に鼓膜を守るために口をあける?

祖父が戦争経験者で大砲打つ時は鼓膜を守るため口をあけて耳をふさぐと言っていたんですが本当でしょうか
耳をふさぐ意味はわかりますが口をあけるのがよくわかりません

Aベストアンサー

>本当でしょうか

本当です。
陸上自衛隊でも、大砲射撃訓練の場合は「口を開ける」ようです。

>耳をふさぐ意味はわかりますが口をあけるのがよくわかりません

気圧の関係ですね。
ただ口を開けるだけでなく「大声で叫ぶ」事も必要です。
口を開けただけでは、体の気圧調整が出来ません。
鼓膜を守る為に、口を開けて気圧を慣らすのです。
潜水士・ダイビングでいう「耳抜き」と、同じですね。
日常的な疑似体験だと、トンネル内の走行中・飛行機の離着陸時の「耳がキーーーン」状態です。
口を開けて「大あくび」をするのと同じ。

Qヨルムンガンド10話の122mm砲の発射時に…

アニメ、ヨルムンガンドの10話にて、
マオが122mm砲を撃つ際に、
耳を塞いで!口を開けろ!
と、指示していました。

ここで質問です。
発射の時に耳を塞ぐのはわかりますが、口を開けるのにはどんな意味があるのでしょうか?

ご存知の方回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

鼓膜が破れるのを防ぐためです。

爆発などの衝撃や圧力は手で塞いだ程度では防ぎきる事は出来ません。
ですので鼓膜に衝撃や圧力がかかってしまい、破れてしまいます。

口を開けることで、耳とつながっている口からも圧力がかかり、結果、鼓膜の内外で圧力差がなくなり、破れるのを防ぎます。
もちろん、鼓膜から一番近いの耳であり、そこから遠い口から入った圧力の方が小さくなるため、絶対に破れないわけではありません。
それでもかなりの軽減にはなるので口を開けておいたほうがいいです。

Q昨日放送された「この世界の片隅に」についてです。 北条のお父さんが帰ってきた朝、新聞を読んで険しそう

昨日放送された「この世界の片隅に」についてです。

北条のお父さんが帰ってきた朝、新聞を読んで険しそうな顔をしていましたがあれは水原さん(の所属する水兵)の死に関するような事が載っていたからですか??

私はおそらく同じ日の早朝に水原さんは帰って行ったと思ったので、水原さんではなく要一お兄さんのことかな?と思ったのですが…。

Twitterで水原さんのことだと言っている方がいたので、どちらかなと思い質問させていただきました。

あのシーンはどういうことだったのでしょうか?

Aベストアンサー

水原さんはこの日の朝帰って行ったので、水原さんやその部隊関連というのは無理がありますね。

新聞の一面の見出しが
「必勝は全力 一億特攻」
「ミンドロ・レイテ猛攻 比島は断じて死守」
「撃墜破 B29四十一機 深夜、約五十機帝都襲来」
・・・
などとなっていますので、
「戦況がどんどん激しくなっている」ということを表していたのだと思います。

キャプチャを貼っておきます。
※▶︎が写っていますが動画じゃないです


人気Q&Aランキング