在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

フランスでセリーヌのラゲージナノを購入したいと思っています。ホームページでは1900€で日本円で23万程度なのはわかったのですが、免税などはどうなるか教えて欲しいです。トータルでいくらで買えるのでしょうか?(;_;)

「フランスでのラゲージ購入」の質問画像

A 回答 (1件)

20万を超えるものは免税されません。



フランスで免税店で購入すれば、フランスの税金は免税されます。本体の1900€はフランスの税込価格(フランスは税込み価格で表示が義務)から12%ほど免税になるので、1672€ぐらいで買えるはずですが、日本帰国時に関税が発生します。

1672€(大体20万円)のうち6割に消費税がかかるので、大体1万ぐらいの関税を日本の空港で支払うことになります。

なんとかディスカウントして当日のレートが20万円を超えなければ免税ですね。
帰国日に使用される為替レートはここに記載されています。
http://www.customs.go.jp/tetsuzuki/kawase/index. …
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外ホテルキャンセルについて

楽天トラベルで予約しましたが、キャンセルをしようと思いポリシーを確認したら8月くらいの旅行だったのですが全額と記載されてました。全文読まなかったのが悪いのですが、なんとかなるものですか。何か知恵があればお願いします。

Aベストアンサー

>何か知恵があればお願いします。
知恵というより、「決まり・契約」なんで・・・・

楽天トラベルの海外をよく利用します。
駐在者で出張に行く事が多いので。
そうか書かれても、キャンセル料を取られた事はほとんどありません。
(国、地域にもよると思います。)
海外の場合、ほとんどの場合、「現地払いの決済」だと思います。
カードの入力をした後でも、期間が長い場合、取られない事が多いです。

心配であれば、確認してみたらどうですか?

Qロンドンとパリのお手洗いについて

4月に、60代の夫婦でロンドンとパリにいきます。
いままで、米国、カナダ、アジアは旅行したことがありますが。
ヨーロッパは初めてです。
ネットで見ると、ヨーロッパのお手洗いは苦労すると書いてありますが、実際はどうなんでしょうか?
良い対処法があったら教えてください。
年齢的に近くなっています。

Aベストアンサー

ここ20年ちょっと、海外旅行はヨーロッパ中心ですがトイレで困った経験はありません。
「有料の場合がある」ということを知っていればどうということはないです。
ただ、小銭をお忘れなく。
また、街歩き中ならカフェでお茶をしてその際にトイレを借りるという方法もあります。もちろん食事の際のレストランでも。
あと、博物館や美術館などに入った際はそこのトイレを使えますし、街中の大きなホテルのトイレを使わせてもらうという方法もあります。

参考まで。

Qシャネルのバッグ

今度、パリに行きます。
シャネルのバッグが買いたいと思います。

しかし、ある人が今は日本で買っても値段はそう変わらないという人もいます。
どうなんでしょうか?

パリで買った方が安いという場合、 街のお店で買うのと空港の免税店で買うのといどう違うのでしょうか? 海外初心者でよくわかりません。 お願いいたします。

Aベストアンサー

空港の免税が一番安いのですが、日本の正規店にあるものと同じとは限らんです
世界中の人を対象にしてるので、色使いとかが日本人好みじゃないものも結構ある
免税用に作っているブランドもけっこー多いですし

Q飛行機は強風でも運転できるのはなぜですか また急に雷が飛行機に落ちてくることはあるのでしょうか、また

飛行機は強風でも運転できるのはなぜですか
また急に雷が飛行機に落ちてくることはあるのでしょうか、また、着陸する際に道に氷がはってなかなか着地出来ないっていうことはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

技術的なことはわかりませんが・・・

もともと、「風」を受けて(捉えて)飛ぶ物なので、
・少しくらい強い風なら問題無い
ということでしょう。
ただ構造上、横風や追い風には弱いので、台風等のときには、基本的には飛ばないハズですが(^^;)

雷は普通に落ちるようですよ(^^;)
そのため、機体には避雷針等の雷対策をしています。

滑走路が氷結している場合はもちろん、積雪しているだけでも、
離着陸できない(しない?)こともあります。

http://www.jgas-aircraft.co.jp/blog/2016/11/14/267

http://wonder-trend.com/archives/5170.html

Q今度、飛行機のファーストクラスに乗るのですが、寝巻きに卒業した学校のジャージ(体操服)を着ても大丈夫

今度、飛行機のファーストクラスに乗るのですが、寝巻きに卒業した学校のジャージ(体操服)を着ても大丈夫ですか?

Aベストアンサー

何も問題はありません。
乗務員はそうしたことに対し乗客の意向を最大限尊重しかつ、個人的な感情を表には出しません。

なお、ファーストクラスを設けている多くの航空会社ではパジャマ(リラクシングウェア)の提供をしています。また、持ち帰り自由としている会社が多いです。
利用される航空会社の公式Webサイト等でファーストクラスのサービス内容をよく確認されておかれるとよいでしょう。

参考まで。

Q助けてください!ESTA申請却下されました。

ハワイへの渡航を丁度一ヶ月後に控えています。
ESTA申請をしたところ、認証されませんでした。
確認してみたところ、適格性に関する質問の3番の「薬物等所持により法規に違反した」の項目を間違えて「はい」にしていました。
その日のうちにCBPには訂正のメールをしましたが、返事に時間がかかるのこと。英語力も乏しいため、電話もできず。
それでも何かできることはないかと思い調べた結果「ビザ申請しろ」と出てきたので申請の準備を進めていたところ、面接予約が渡航前に取れませんでした。
何か他に手段は無いのでしょうか(;_;)

ネットには他にも「無犯罪証明書」を提出すれば再申請できるとも書いてありました。これについても詳しく聞きたいです。

Aベストアンサー

それは困りましたね。
すでに調べていらっしゃるとは思いますが、「薬物等所持により法規に違反した」の項目に「はい」と答えてしまうと、なかなか復活申請が許可されないのが実情です。
でも一か月後の渡航が決まっているなら、正攻法で攻めるしかないです。しかもvisa取得の面接予約が渡航前に取れないのであれば、誰か英語のできる人(この際有料でもいいので、英語を正しく翻訳してもらえる人を探す)に手伝ってもらって、CBPに掛け合う以外方法がありません。
日本のアメリカ大使館に連絡をしても、管轄が違うからで終わりです。
英語の通訳を雇う金額とハワイ旅行をあきらめた場合の費用、どちらがあなたにとって利益が大きいかを考えてできるだけ早く行動に移すことをお勧めします。

Q‪エアガールからスチュワーデスに変わった理由は何だったのでしょうか?‬ ‪スチュワーデスからCAキャ

‪エアガールからスチュワーデスに変わった理由は何だったのでしょうか?‬

‪スチュワーデスからCAキャビンアテンダントに名称が変わったのは男女雇用均等法でスチュワーデスに男性もなれるようになったのでCAという名称に変更したんですよね。‬

‪エアガールからスチュワーデスに名称変更した時代背景は何だったのでしょう?‬

Aベストアンサー

英語の「客室乗務員」のwikiを見ると、世界最初の客室乗務員は1920年代のイギリスのインペリアルエアーウエイズの男性乗務員でこの時点で「スチュワード」という呼び名が使われています。
 「スチュワード」は元々客船などで給仕係をするボーイから転用された言葉で、飛行機では「キャビンボーイ」とも呼ばれたようです。

女性が乗務したのはアメリカの現ユナイテッド航空で1930年、この時点ではスチュワードの女性名詞である「スチュワーデス」または「エアーホステス」と呼ばれることが一般的だったようです。
そしてこの時点ですでに保安要員としての役割もあったようです。

日本は1931年に国内線で女性乗務員を採用していますが、この当時の名称は「エアガール」、これは○○ガールという当時の日本の女性就労者の一般的な名称を採用したものでしょう。

エアガールが「スチュワーデス」に変化したのはジェット化がきっかけですが、それは同時に「国際化」でもあり、この時点で国際的に利用されている名称に変化したものと思われます。

 それまで日本はGHQの占領から抜け出したもののJALよりも米系の国際線が中心だったものが、1960年(S35年)にジェット機であるDC-8を導入することで一気に国際線のシェアを保持することに成功したのです。ジェット機はアンカレッジまたはアメリカ西海岸にダイレクトに飛ぶことが出来たので、客室乗務員の国際用語である「スチュワーデス」に変わったのです。

次の変化はアメリカ1980年代のポリティカル・コレクトネスの波による変化です。実はスチュワード・スチュワーデスは差別的な意味のある言葉とされていて、そのため男女差別だけでなく身分差別・人種差別を感じさせない「中立的な言葉」に置き換える事象がおきました。

 アメリカなどの欧米では、この波に乗ってスチュワード・スチュワーデスを廃止していったのですが、こちらで採用されたのは「フライトアテンダント(FA)」または「キャビン・クルー」でした。

 日本においては1985年の雇用機会均等法などの影響から、いろいろな呼称が見直され、1990年代初頭にはキャビンアテンダント(CA)という名称が定着していきますが、なぜかFAではなかったのが面白いところです。

日本でキャビンアテンダントの名称が一般化したのは「テレビドラマの影響」と日本版wikiに書かれているのですが、その痕跡を見つけることはできませんでした。

ただCAを題材にしたテレビドラマを確認したところ2000年放送のフジテレビ「やまとなでしこ」までは確実に「スチュワーデス」の名称を使っています。2003年の同じフジテレビになると「キャビンアテンダント(CA)」の呼称がでてきて、たぶん一般に定着したのは2006年の「CAとお呼び」だと思います。

実は私の姉が1990年代にCAをやってまして、90年代後半には呼称変更の機運が有ったと記憶しているのですが、一般に浸透したのは2000年代の中頃のようです。

英語の「客室乗務員」のwikiを見ると、世界最初の客室乗務員は1920年代のイギリスのインペリアルエアーウエイズの男性乗務員でこの時点で「スチュワード」という呼び名が使われています。
 「スチュワード」は元々客船などで給仕係をするボーイから転用された言葉で、飛行機では「キャビンボーイ」とも呼ばれたようです。

女性が乗務したのはアメリカの現ユナイテッド航空で1930年、この時点ではスチュワードの女性名詞である「スチュワーデス」または「エアーホステス」と呼ばれることが一般的だったようです。...続きを読む

Q香港から日本に向かう飛行機が日本にむけて一旦飛んでまた香港に向かって飛んでから日本に飛んだのはなぜで

香港から日本に向かう飛行機が日本にむけて一旦飛んでまた香港に向かって飛んでから日本に飛んだのはなぜですか?

どういう理由が考えられますか?

着陸ならわかるけど離陸でこの行動を取るのはなぜ?

Aベストアンサー

いったん離陸して日本へ向かったのに途中で引き返して香港へ戻って着陸し、再度離陸して日本へ向かった・・・ということでしょうか?
香港へ戻って数時間留まったのでしたら故障でしょう。
1時間かそこらで再度日本へ向かって離陸したのであれば急病人という可能性が大きいです。

昔、成田→フランクフルトでスポットを離れて滑走路へ向かっていたところ向きを変えてスポットへ戻ったことがありました。急病人が出たためで、スポットに着くと救急隊員が入って来て倒れた方を担架に乗せて下し、外ではその方の預入荷物が入ったコンテナを降ろして荷物を出し、燃料の補給をして1時間か1.5時間後に再度離陸しました。

離陸してからしばらくの間日本へ向けて飛んでから香港側へ向きを変えて戻り、しばらく飛んでから再度向きを変えて日本の方へ向きを変えた・・・ということでしたらよくわかりません。
風向きの問題であればまずは「滑走路のどちら側から滑走するか」ですし、日本へ向かうのに強い向かい風があってということであれば「日本へ向かって飛びつつどの高度をとるか」でしょうから。

参考まで。

Q羽田↔関空の夜行便について

羽田↔関空に夜行便を飛ばして見れば、結構需要があると思いますがいかがでしょうか?

Aベストアンサー

No.7です。

深夜の国際線と国内線は需要が別。
国際線は目的地への到着時間を考えて設定されています。つまり利用者の利便性。
対して羽田 / 関空はたかだか1時間ちょっと。
東京/ 大坂間で最も見込める需要はビジネス客ですから、羽田と伊丹を6時台、7時台に出る便あれば足ります。

また、両空港の深夜の国際線利用者を考えた場合、東京近郊の人が関空からの深夜便を利用して出掛けたり帰って来たり、関西の人が羽田からの深夜便を利用して出掛けたり帰って来たりというのが本当に多いのか、通年で見込めるのか疑問です。
加えて、リムジンバスをあげられていますが、これがカバーしている範囲はたかだかしれています。
そしてタクシーでは料金が高い。。。
更にリムジンバスが出ているところまでタクシーを使おうにも郊外の街では深夜のタクシー呼び出しが出来ない会社、人手不足のおり深夜利用の予約を受け付けていない会社は多いです。

で、そういった諸々も航空会社は十分視野に入れていると思いますよ。
商売ですから。

Q三ヶ月までは、ビザが必要ないのであれば、三ヶ月おきに、移住すれば、何年か、ヨーロッパにビザなしでいる

三ヶ月までは、ビザが必要ないのであれば、三ヶ月おきに、移住すれば、何年か、ヨーロッパにビザなしでいることは可能でしょうか?

Aベストアンサー

それはできません。というか、そういう考えの人が必ず出るので、それができないようになっている、のです。

ヨーロッパの殆どの国は「シェンゲン協定」という条約を結んでいて、この範囲内は「国内」として扱われます。日本から行く場合「最初のシェンゲン協定国に入国した時点で入国審査を受けること」になっています。

そして日本人はビザ免除プログラムでの大罪が90日とされています。これがご質問の3か月の由来でしょうが、厳密には90日です。そしてこれには条件があって「あらゆる180日間における最長90日」が本来の規定です。

「あらゆる180日間における最長90日」というのは「180日という枠の中で90日までは滞在できる」ということで、たとえば1/1日から30日滞在し、次に3/1から30日滞在すると、1/1から180日目の6/29までの期間は最大30日までしか滞在できないのです。

だから「シェンゲン協定の外に一旦出て、またすぐに入国すればまた90日滞在許可がでる」というわけではないので「何年か滞在できる」ということにはならないわけです。

この制度はアメリカなどでも同様ですし、バックパッカーの多い東南アジアなどだと「陸路の場合と空路・海路の場合の滞在日数と制限日数は異なる」なんてこともあります。

だから長期滞在できる国はほとんどありません。

それはできません。というか、そういう考えの人が必ず出るので、それができないようになっている、のです。

ヨーロッパの殆どの国は「シェンゲン協定」という条約を結んでいて、この範囲内は「国内」として扱われます。日本から行く場合「最初のシェンゲン協定国に入国した時点で入国審査を受けること」になっています。

そして日本人はビザ免除プログラムでの大罪が90日とされています。これがご質問の3か月の由来でしょうが、厳密には90日です。そしてこれには条件があって「あらゆる180日間における最長90日...続きを読む


人気Q&Aランキング