痔になりやすい生活習慣とは?

お世話になります。


先頃の オックスフォート大学の、
研究では、
赤身肉や、加工肉を、
食うと、
大腸ガンの リスクが、
高まるとの 事ですが、

此を 読まれた方、
居られますか?


1)

古くは、
トマトケチャップでも、焼き焦げでも、
其の他 様々に、
発がんリスクが 報告されていた、
と 思いますが、

過去の 此等と、
キチンと 切り分けられている、
内様と なっていましたか?

其れとも、
但の 追試験程度…
なのですか?


2)

其れ等の 肉を、
食べない事と、
どちらが リクスが、
高まるかは、

どの様に 捉えるべきですか?


3)

初期の 報道では、
保存料が 駄目、
との事も 報告されていましたが

実際は 如何なのですか?


宜しく お願いします。

質問者からの補足コメント

  • おっと!
    又もや 失礼、

      補足日時:2019/04/19 17:04
  • 帰結誘導ミスな 訳ですね。


    導くなら、
    口に した方が、
    発がんリスクが 減る、

    ですよね?


    間違えてますか?

      補足日時:2019/04/19 17:06
  • konjii 様、
    ご解答 有難うございます、

    異議を 申し立てるべくも、
    無さそうな ご解答ですし、

    実際にも 無いようですので、

    此の辺で 受付を、
    締め切ります。


    重ねて 申します、
    有難うございます。

      補足日時:2019/04/20 09:18

A 回答 (2件)

オックスフォート大学のレポートはおかしいですね。


研究チームは、生体試料を研究目的で保管している「UKバイオバンク」が保有するおよそ50万人分のデータを、6年にわたって分析した。
その結果、2609人が大腸がんを発症していることを突き止めた。そこから導き出された推測は以下の通り。
1.薄切りベーコンを毎日3切れずつ食べている人は、毎日1切れしか食べていない人よりも大腸がんになるリスクが20%増加する
2.研究対象のうち、赤身の肉や加工肉を毎日21グラム食べている1万人の中に、大腸がんと診断された人は40人いた
3.毎日76グラムの肉を食べている1万人については、大腸がんを持っている人は48人だった

50万人に2609人が大腸がんを発症と言うことは、1万人当たり52人の大腸がんを発症した事になります。
1.は意味不明。
2.は毎日肉を食べている人の方が大腸がんは少ない、40<52。
3.は毎日76グラムの肉を食べている人の方が大腸がんは少ない、48<52。
そもそも、オックスフォート大学って何所にあるのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。


あぁ 失礼、
誤記ですね 済みません、

と いうか、
お解りですよね。 (*^_^*)w


〉オックスフォート大学のレポートは…

と されてますものね、

此の点に付いては、
お互い様ですかね?


所で、
52人とは、

他の データ精査等で、
出てくる 値ですか?

お礼日時:2019/04/19 17:03

私見ですが、その手の話は、世間に危険を知らせると言うよりも、本人がお金(研究費も含む)を手に入れたり、有名になったりしたいがためのものと理解しています。


「〇〇に発がん性がある」とか、「健康に悪い」と言っても、それは、通常、ありえないほどの量を摂取した場合であったりします。たとえなんであれ、過剰に食べれば体にわるい事ぐらい昔からわかっていることです。

発がんのリスクにしても、仮にそれが2倍になるとしても、たとえば、3分の1が3分の2になるのであれば大変なことかもしれませんけど、100万分の1が100万分の2になったとしても、大部分の人はそれに該当しないわけで、大勢に影響ないとも言えます。また、じゃあ、それら以外の食材で、同様の栄養素を摂取した場合に、リスクが上がらないということは証明されているのでしょうか。

まあ、そんなこんなで私はその手の話は信用しません。これまでに長年の間、何億人もの人の人体実験を通して、さほどの危険がないことが証明されていると認識しています。それまで危険でなかったものが、その発表があった途端に危険になるわけがありません。
更に言うなら、大腸がんのリスクが高まったとしても、それ以外の重病のリスクが減少しているかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。

見た目 1cm程度の、
ステーキ状の 肉を、

日にかな?
3枚 食べると、

1000人に 3人
大腸に 発がんが、
余計に 見られた、
との事で、

摂取限界を 越えた量では、
無いようにも 思えますよ?


とはいえ、
私は 報道を、
聞いただけなので、

謂わば 又聞き。


詳しくは 論文を、
ご参照くださいね。

お礼日時:2019/04/19 01:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q星の光は「今の光」ですよね?

夜空の星は、月や太陽など相対的に近いものを除いて、近いものでも数年前に発せられた(反射した)光が届いていると聞きました。「あなたは今、過去の星の姿を見ているんだよ」と。

でも不思議です。まさに見ている光は「今の光」ですよね。過去に発せられたとしても。身の回りの物にさえぎられているのですから。

過去の光なら、たとえば新しく建てられた建物の中から星の光が見えても、おかしくないのではないでしょうか。

Aベストアンサー

何処を原点に してるのか?の違い・・

今って 何時なんだ?くらい・・

あなたの質問した今は 質問文に「今」と書き込みしてる時間まで ・・

それ以降は過去になる・・

それが 星の光に置き換えられた場合 光を発した星からの距離で 昔の光だとも言えるし あなたの言う 今の光にも なるだけ・・

Q絶対温度 Kの必要性

セルシウス温度+273が絶対温度になるということですが、そしたら絶対温度Kという単位は不要なんじゃないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
他の方々からも既に有意義な回答が来ているようですが、次のような説明ではいかがでしょう。
ポイントは、「温度に比例する現象は、絶対零度を起点にする比例が多い」

いささか単純化すると、「温度」とは、「原子・分子の運動や振動の強さ」といえることことはご存知でしょうか。
原子などの運動や振動によって発生する物理現象はいくつかあり、それこそが温度でもあり、温度に関連する現象は絶対零度(-273度C。振動0)を基準とした比例関係になるものが多く、それを予測・把握するためにはやはり絶対温度(K)が便利です。例えば・・・

○ 気体の体積 (ボイルシャルルの法則)
 まあ、「風船の大きさ」ですね。暖めると風船が大きくなることはご存知でしょう。これは、暖めたことで風船の壁に内側からぶつかる原子の運動速度が上がったためといえます。
その場合、もし、20℃から40℃に暖めた場合、大きさは2倍になるのではなく、293K→313Kの比による、約7%大きくなります。
(もっとも、実際には風船の場合はゴムの張力の影響があり、また、完全に冷やしても本当に体積が0になるわけではない(特定の温度で液体や固体となって急に体積が減るが、一方でさらに冷やしてもそれらの体積より小さくならない)のでそれぞれ誤差になることには注意が必要です。)
○ 信号の電子機器の内部雑音 (熱雑音)
 コンピュータや無線機器は、「半導体」(シリコンなど)という物質を使って、小さな信号を大きく増幅することを繰り返しながら動作しますが、この際に問題になるのが「内部雑音」です。半導体は入ってきた信号を増幅するとともに、自分内部で無関係な変動信号(雑音)をわずかながら加えてしてしまうため、入ってくる信号があまりに小さいと出てくる信号が無意味な雑音ばかりになってしまうという欠点があります。
 その内部雑音の原因は、半導体自体の原子の熱振動であり、雑音の強さはまさに半導体の絶対温度に比例しますので、20℃から40℃に上昇した場合も2倍になるのでなく、約7%増加します。
 このような熱振動による雑音を避けるために、より良い半導体を探す研究も続けられていますが、特に小さな電波の信号を扱う天文などの世界では、手っ取り早く半導体を液体窒素などで猛烈に冷やしています。(20℃(293K)から、-190℃(83K)に冷やすと、雑音は本当に1/3.5・・ケルビン温度の比率・・に減少します)

さてさて、いかがでしょうか。
お役に立てば幸いです。

こんにちは。
他の方々からも既に有意義な回答が来ているようですが、次のような説明ではいかがでしょう。
ポイントは、「温度に比例する現象は、絶対零度を起点にする比例が多い」

いささか単純化すると、「温度」とは、「原子・分子の運動や振動の強さ」といえることことはご存知でしょうか。
原子などの運動や振動によって発生する物理現象はいくつかあり、それこそが温度でもあり、温度に関連する現象は絶対零度(-273度C。振動0)を基準とした比例関係になるものが多く、それを予測・把握するためにはやはり...続きを読む

Q宇宙は無限大の時間、存在していると考える人がいないのはなぜですか?

宇宙は150億年前にビッグバンによって誕生したと、多くの物理学者は考えています。
でも、そうなると地球の年齢が50億年なので、宇宙が誕生してから3分の1もの期間、地球が存在していることになります。
地球に比べると宇宙は果てしなく広いのに、存続時間は3倍程度しか変わらないのは納得できません。
宇宙の年齢は150億年でなく少なくとも京、垓といった膨大な時間、もしくは無限大の時間、存在していると考えることはできないのでしょうか。

Aベストアンサー

昔は定常宇宙論が主流でしたよ。
アインシュタインだって宇宙項で宇宙を定常なものに
しょうと努力しました。

宇宙膨張とかCMBとか、都合の悪い事実が見つかる度に
修正をよぎなくされて、しぼんでいっただけです。

今の観測結果を綺麗に説明できるモデルを発明すれば
復活するかも。だいたい、宇宙の殆どを占めるダークマターも
ダークエネルギーもなんだかさっぱり分かってないので、
将来大どんでん返しがあるかも(^^;

しかし、時間スケールと空間スケールは連動しなければ
変と思うのは何故でしょう?
根拠がわかりません。

Q無農薬野菜には発がん性がある?

最近読んだ分子生物学者三石巌さんの著書「医学常識はウソだらけ」の中で、「農薬を使わずに作物を育てていると土壌の中で増えた細菌が空気中の窒素を使って硝酸を作り、これが作物の中に入り込むと亜硝酸となる。この亜硝酸が体内のアミンと結合すると発がん物質になる・・・従って無農薬野菜には発がん性がある。」という趣旨のことが書かれています。未発酵有機肥料が持つ硝酸態窒素の危険性については承知していましたが、土中細菌による亜硝酸のことは初耳です。有識者のご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

はい、あります。ただそれは無農薬でも農薬を使っても一緒。無農薬だと野菜の防御反応が強まりますから多少は強いかもしれませんが、その差はわずか。確か2000年代に英国の研究で無農薬野菜と農薬を使った野菜で栄養的に有意な差はないという研究結果が出ていたはず。
 そもそも硝酸態窒素→亜硝酸→発がん性物質生成(ニトロソアミン)説なんて現代ではほぼ否定されていると思うんですがね。実際、ヒトの体内で硝酸態窒素から亜硝酸は生成されるわけですし、土壌細菌があろうがなかろうが一緒。それに化学肥料を使っているからといって土壌細菌がないわけでもないですし。

 ちなみに日本じゃ野菜に「無農薬」って銘うって販売すると違法なんですが、このセンセイはそれはご存じなんでしょうかね。「無農薬野菜」なんてどこで買うのか。

Q過去の実験で論文を書くことはいけないのですか。

自分で実験を行わず、過去に行われた実験に対して、別の解釈を加える論文は存在していけないのでしょうか。
矛盾のある解釈を指摘し、別の解釈をする行為は、論文として発表できないのでしょうか。ユレイタスの翻訳担当者から、普通の論文ではなく、ショートコミュニケーション論文に変更するように言われています。
回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

天文学では他人の観測結果の利用は日常らしいですよ。
また測定の誤りを指摘する論文や、
自分の結果との矛盾を指摘する論文は物理でも
日常的です。

ワトソン&クリックのDNAの発見も、他人や先達のの実験結果の
再解釈が大きいですよね。

誰の実験なのか、論文に書いとけば良いと思います。

Q気温の5度は、10度の半分ですか?

昨夜のNHKテレビで、気象予報士が次のような説明をしました。
「札幌は最高気温が10度でした。東京は5度で、半分でした」
質問は、この ”半分” の使い方は、正しいですか?

Aベストアンサー

0から始まる数列ならたしかに半分ですが、気温はマイナスがあるので単純に半分とは言えないですね。

Q万有引力についての質問です。 全てのものに引力があると、言われてますがそれはどのように証明されたので

万有引力についての質問です。

全てのものに引力があると、言われてますがそれはどのように証明されたのでしょうか?

自分の考えとしては、地球などの天体だけが引力を持っていても、つじつまは合うんじゃないかと思います。
地球にあるものは、全て地球の中心に向かって引っ張られてるのは、リンゴが木から落ちることでわかりますが、地球が引っ張っているだけでなく、リンゴも地球を引っ張っているのはどういう理由でそうなったんでしょうか?地球がリンゴを引っ張っているだけでもおかしくはないと思います。

例えば、地面にある離れたボールとボールがなにもせず、引力だけでくっつくのを見たことないですし、そういう話も聞いたことがありません。
もしかして、そういう実験をして、もうすでに証明されているんでしょうか?

自分は、数式などがわからないので、言葉だけで中学生に教えるつもりで、説明してくれたら、ありがたいです。詳しい方、是非お願いします。

Aベストアンサー

> 数式などがわからないので

どの程度のことを言っているのかが分かりませんが、つぎのようなことは、分かりますか。

モノには重さがある。 アルミの一円玉は約1g。 これを粉々にして、すりつぶすと、アルミの粉になる。このアルミの粉一つ一つにも重さはある。 その1つ1つの重さは測れないが、耳かきなどですくって、重さを測れば重さがあるのが分かる。顕微鏡などでその測ったアルミの粉の粒数をカウントすれば、1つ1つにも重さがあったことが推定できる。

自動車を停止状態から発進させて、メータ読みで時速60Kmまで加速したとき、途中のメータ読みで、時速20Km、時速40kmのときの速度は、どうして分かるのか。そのときは加速し続けていたので、一定の速度という状態のときはなかった。 加速中は速度は測れないというよりは、例えば、0.5秒間でのタイヤの回転数をカウントできて、タイヤの外周の長さが分かれば、タイヤ外周×0.5秒間での回転数×(2×60×60)で計算したのを、0.5秒間の時速としてもいいだろうと考える方がまともでしょう。 この数式は、0.5秒間での回転数×(2×60×60) で、同じ状態が1時間続いたならばどれだけ回転するかを計算しています。たぶん、小学生でも分かる数式です。

ジェットコースタなどで上から落ちていく場合、長い下り坂を自転車に乗ったままこがずにブレーキもかけずに下る場合、どんどんとスピードがあがります。こういう状態を加速中といいます。速度が上がるのは、下の方向に引力が働き続けるからと言われています。 止まっているモノが動き出す、動いているものの速度が変わる、動いているモノの方向が変わるのは、そのときに力が働いたからだと言われています。 そのような運動に関わる力は、次のように定義されています。
(F =物体にかかる力。m =物体の質量。)としたときに、 F =m×α (ただし、α=物体に働いた加速度)
数式そのものは、単純なかけ算ですから、小学生でも分かります。 ただ、質量に加速度をかけるというイメージがピンとこないことはあるいかもしれません。円柱や角柱の体積が、底面積×高さで計算出来るようなものと思うのが、とりあえずは良いと思います。 加速度αが一定で変わらない場合、ものの質量も一定ならば、F =m×α ですから、力も一定となります。 そして、時間が経過すると、経過時間をtとすると、 t経過後には、速度は α×t だけ変化します。(単純に言えば、α×t だけ速度が上昇します) 小学生でも分かる数式だと思いますが、この数式も分からないと、この先の説明は難しいです。

《円柱や角柱の体積が、底面積×高さで計算出来る》という考えは、ビルのような大きなものでも、虫眼鏡でようやく見える小さなものでも同じに適用できるということも示しているのです。 (0.1ミリ未満の物体には体積はない)と考える根拠がないからです。 電子顕微鏡でようやく確認できるような小さなものにも、大きさも、質量もあると考えた方が妥当です。
空を東から西に移動していく太陽や月でも、観測は難しくても、0.1秒間でも移動していると考えた方が妥当です。
鉄球と羽毛を落下させる実験があります。
https://gigazine.net/news/20141105-feather-drop-biggest-vacuum-chamber/
重力加速度を実測する実験もあります。(通常、大気の中で計測しますので、乾電池などの空気抵抗の影響の少ない物体を落下させて測ります)
https://www.3bs.jp/pdf/UE1030300j.pdf
落下させる物体が、重くても、軽くても、羽毛のようなものでも同じように重力加速度が働くのならば、アルミの粉や小麦粉の粉でも、なん十トンもある鉄塊でも、同じ重力加速度が働くと考えるのが妥当です。
しかし、火星や土星付近を飛ぶロケットに働く地球の重力加速度は、とても小さいです。2つの物体間の引力は、2つの物体の質量だけでなく、2つの物体との距離にも関係しています。

ニュートンが提案した万有引力は天体観測結果と数学をつかって導き出した結論だそうです。小学校の計算では出せません。ただ結論は、つぎの数式です。
2つの物体が互いに引き合う力の大きさ(引力)Fは、2つの物体の質量m1とm2の積(m1×m2)に比例し、物体間の距離rの2乗に反比例する。 比例定数をGとすると、 F=G×(m1×m2)÷(r×r) と表される。
Fを表す単位をN(ニュートン)とし、質量m1と質量m2を表す単位をkg(キログラム)とし、距離rを表す単位をm(メートル)とし、比例定数をG(万有引力定数)を表す単位は( m3 kg−1 s−2 :m3はmの3乗・立方メートル、kg−1は(/kg)、s-2は(毎秒・毎秒 /(s×s))で、Gは、0.00000000006674 です。

1000kgの2つの物体の距離が1mの場合、Fを計算すると、66.74ミリNになる。 1Nは、9.80665で割って得た答えの0.102kg重という地球上の重力になるので、66.74ミリNは、地球上の重力に換算すると 6.674mgに相当する。 1m(メートル)の距離にある1トンの2つでさえも6.8mg(ミリグラム)重の力です。アルミの一円玉の1/150程度の力ということです。
地面にある離れたボールとボールやガラス板の上のステンレス球でも、そこに働く引力はとても小さいので、動くのを期待するのは難しいでしょう。 動くのを観察できないから、引力は働かないという考え方は妥当ではないです。

証明というのは、すべてのものについて一つ一つやるものではなくて、簡単に立証できるものについてやって、《「その立証したものと条件が異なる場合には、同じにはならない」というような妥当な推論が可能である》のではなければ、立証できたことを一般化していいのです。 
昨日は確かに男性であると確認できているのならば、今日は確認しなくても男性なのです。 気温や体重が変わっていても、昨日確認できていれば、それでいいのと同じようなものです。 鉄の塊は水に浮かびませんが、形状を船や中が空洞の球にすれば、水に浮くことがあって、そこに浮力の計算方法を発見できて、いくつかの実験でその計算方法で良いことが確認できれば、タンカーでも、深海潜水艇でも、ただの鉄の塊でも、浮力の計算はできるのです。

> 数式などがわからないので

どの程度のことを言っているのかが分かりませんが、つぎのようなことは、分かりますか。

モノには重さがある。 アルミの一円玉は約1g。 これを粉々にして、すりつぶすと、アルミの粉になる。このアルミの粉一つ一つにも重さはある。 その1つ1つの重さは測れないが、耳かきなどですくって、重さを測れば重さがあるのが分かる。顕微鏡などでその測ったアルミの粉の粒数をカウントすれば、1つ1つにも重さがあったことが推定できる。

自動車を停止状態から発進させて、メータ...続きを読む

Q月では、地球で持てなかった思いものが持てますか?

月の重力は地球の1/6と聞きました。それでは、地球で持てなかった重いものが、月では持てるのでしょうか。

たとえば、120キログラムの岩が、月では重さ20キログラムになります。大人なら、頑張れば持ち上げることができるはずです。

教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

月に行った直後は重いものを持てます。
例えば30kgのものを持ち上げる力を持った人なら、30×6=180kg のものを持ち上げることが理論上できます。
ただ、低重力下で人間の身体の機能が変化します。
国際宇宙ステーションの宇宙飛行士は毎日2時間くらい筋力トレーニングをします。そうしないと地球に帰還した時、筋力が衰えていて生死がかかるからです。
手や足の筋力は宇宙でもある程度、鍛えることが出来るのですが、内蔵の機能を地球と同じように維持する事は難しいです。
地球に帰還した宇宙飛行士は、手足の筋肉や身体の機能を元に戻すためにリハビリをすることになります。

月に到着した時は地球から何日かで行けるので、その間の筋肉の維持は出来ると考えられます。
が、人間が月で生活するようになると、次第に筋力や血流の状態も変わり、手足の筋力が低下したり顔が浮腫んだりすると予想されています。
結果、だんだんと人間の手足の筋力が衰えたり骨密度も減少して行くと考えられています、国際宇宙ステーションの宇宙飛行士と同様に、毎日トレーニングを続けていかないと、最初持てたものがだんだんと持てなくなると考えられます。

月に行った直後は重いものを持てます。
例えば30kgのものを持ち上げる力を持った人なら、30×6=180kg のものを持ち上げることが理論上できます。
ただ、低重力下で人間の身体の機能が変化します。
国際宇宙ステーションの宇宙飛行士は毎日2時間くらい筋力トレーニングをします。そうしないと地球に帰還した時、筋力が衰えていて生死がかかるからです。
手や足の筋力は宇宙でもある程度、鍛えることが出来るのですが、内蔵の機能を地球と同じように維持する事は難しいです。
地球に帰還した宇宙飛行士は、手足の筋...続きを読む

Qもしも、恐竜を絶滅させた隕石と同じサイズの隕石が現代の地球に衝突したら、人類は絶滅しますか?地球のど

もしも、恐竜を絶滅させた隕石と同じサイズの隕石が現代の地球に衝突したら、人類は絶滅しますか?地球のどこにいても、衝突した場所から一番離れた場所に居ようと そこが 地球の中 である限り逃れようがないんでしょうか?

Aベストアンサー

どこに衝突するかにかかわらず
直径1キロの隕石で文明は滅亡
直径2キロの隕石で人類滅亡
と言われています。

Q人の思考とAIの違いを教えてください

人間の思考は将来AIで再現できると思います。
人の思考も突き詰めればシナプスを介した信号のオンオフでしかないんですから。違いますか?

Aベストアンサー

こんにちは。面白そうな議論ですね。私も混ぜてください。
 まあ、現在の段階で「答えがない」ので「教える」というのが極めて難しいのはひとまずお笑いの範囲として・・・。

 基本的には、質問者さんの言われるとおり、いずれ「再現できる」と言ってもいいでしょう。
ただし、回路規模がまだまだ追いつかないことと、「人間の思考」の定義そのものが悩ましいので、少々怪しいことにはなりますが。

 人間の頭脳についてもまだまだ謎が多いですが、質問者さんのおっしゃるとおり、基本的にはシナプスを基本要素とした物理装置であることは否定されないでしょう。シナプスが一時に考えられた擬似デジタル的な動作よりももう少し複雑であることもわかってきたものの、
 それでも、デジタル系回路で近似することは可能と思います。特に、最近はやりの「ディープラーニング」は、結局、デジタル的判断をする「ノード」でさえも、多くの変数の加重による点ではアナログ要素をうまく取り込んでいるモデルともいえます。
(他の方から、機械なら人間の設計したプログラムで動く・・・という趣旨の回答がありますが、「ディープラーニング」はいわばプログラム自体が勝手に成長するという点で人間の思考に近い・・・。チェス用のDeep Blueがどのように差し手を決めているか、既に設計者もわからなくなっている・・・。)

 もちろん、回路規模(素子数)についてはまだまだですね。
 人間のシナプスの数を仮に500兆とすれば、シナプス一つがゲート回路一つとしてみても、500万ゲートのLSIなら1億個。まあ、シナプスがそれほど単純でなく、また脳の回路の柔軟性に比べ、LSIは回路が固定されて変数で機能を切り替えることになることから、さらに百倍は必要かも・・・となると、ちょっと気が遠くなりますが、全く非常識とまではいえないレベルになっているかと思います。

 一方、考えてもみれば「人間の思考」もさまざまですね。
 他の方が天気予報を例に上げておられますが、実際、気象予報士だけでみても、一定の観測結果さえあれば的中できる人もいるが、外れる人もいる。一人の人だけでみても、頭脳明晰な時間帯もあれば疲れてぼーっとしている時間もある。
 机の端にコップが置いてあるのを見て、あわててずらしにいく人(時)もいれば、気にも留めずに放置する人〔時)もいる。
(コップを認識し、位置を認識し、落下とそれによる被害を連想し、危機反応として嫌悪感をもつ・・・というのはかなり高度な思考プロセスでもあります)
 このように、人間の思考にもいろいろなレベルがあり、また、最高の思考レベルでさえシナプスのほんの一部しか使っていないらしい・・・と考えると、それなりのレベルの「思考」なら、意外に早々に実現(近似)できるかも・・・。(コップをずらしに行っているときは目の前のコップとわずかな記憶の断片しか頭に浮かびませんが、それでもまぎれもなく人間ですよね。その意味では、2045年前にも余裕でクリアかな?)

 さて、その意味で考えると、次は「どうなれば人間の思考を実現したことになるか」ということになりますね。
 最も有名なのが「チューリングテスト」で、人間と会話(音でなくともチャットでもいい)して、人間から見て人間と区別が付かなければ成功・・・というもの。ある程度納得感はあり、すでに一部は実現していますが、これも突き詰めると定義はあいまいですね。
「今日は天気が悪そうだね」→「そうだね。傘を用意するほかに厚手のジャケットを着ていったほうがいいかもね」
という程度の会話はすでに見分けがつかなくなり、一部の電話応対や犯罪に使われていますが、実はコンピュータ側は「ジャケット」の形は理解しておらず、いわば、話を合わせているだけ・・・。。
「ジャケットはあるけど袖口が傷んでいるんだよね」→「袖口くらいなら目立たないので大切な人と会うわけでないならいいんじゃないか」とか
「厚手のジャケットを着ると肩がこってね」→「確かにそうだね。ポケットを使わないならセーターでもいいかもしれないね」
などになるとさらなる知識のほかに認識力も必要になり、確かに「会話」を突き詰めれば「思考」も定義づけられるかもしれないでしょうが。
(なお、発案者のアラン・チューリングは、このテストに合格したコンピュータは人格(人間)として尊重される権利を与えるべきかも・・・とも言っているようです(汗))。

 さらに余談ですが、よくあるSF思考実験が、「自分をコンピュータに移植する」ことですね。
 不治の病に冒された金持ちが自分の意識をコンピュータに移植しようとする。
ある日、自宅で目覚めると、家族が自分を不思議そうに見ている。立ち上がると妙に体が軽く、手のひらを見るといつの間にかロボットの手に。そこで思い出した。自分は体をロボットに入れ替えてコンピュータに意識を移植したのだ。眠りに落ちる直前の記憶は、病院の手術室で、脳から情報を取り出すセンサーを差し込むために麻酔を打たれたこと・・・。・・・ ・・・ ???・・・

 さてさて、すっかり楽しくなって長くなってしまいましたがいかがでしょうか。
お役に立てば幸いです。

こんにちは。面白そうな議論ですね。私も混ぜてください。
 まあ、現在の段階で「答えがない」ので「教える」というのが極めて難しいのはひとまずお笑いの範囲として・・・。

 基本的には、質問者さんの言われるとおり、いずれ「再現できる」と言ってもいいでしょう。
ただし、回路規模がまだまだ追いつかないことと、「人間の思考」の定義そのものが悩ましいので、少々怪しいことにはなりますが。

 人間の頭脳についてもまだまだ謎が多いですが、質問者さんのおっしゃるとおり、基本的にはシナプスを基本要...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング