忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

導電性のサンプルのSEMを取ろうとして加速電圧を
かけたのですが、TV画面が砂嵐のようになっていて
まったく何も見えず、たいへん困っております。

倍率やワーキングディスタンスを変えてみても画像は
まったく動かず砂嵐のままですし、加速電圧を上げて
もまったく画像が変わりません。

フィラメントを見ても切れている様子はありませんし、
チャージアップが原因かと思いサンプル台だけを見よ
うと試みたのですが、やはりモニター画面は砂嵐のま
までした。

このような現象が現れた場合、どのようにしたら画像
を出すことができるのか、どなたか教えてください。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

嵐 画像」に関するQ&A: 嵐の画像

嵐 TV」に関するQ&A: TVの砂嵐は英語で??

SEM 画像」に関するQ&A: ナノ粒子のSEM画像

A 回答 (3件)

機種にもよると思うのですが、もしかしたら絞りの位置がズレていませんか?


私が使っていた装置で像が出なくなる原因の第1位が、初心者が絞りを適当に触ってしまってズレてしまう、というものでした。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。ビンゴでした!!
ずっと昔にもこのような状況がありまして、その時は技官
の方に直していただいたので忘れておりましたが、ご回答
を拝見して思い出しました。
今ではすっかり直って、以前より調子が良い程です。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/12/19 10:34

さすがに登録から時間がたっているのでもうなんらかの処理をされているかとは思うのですが。


確か、カレントの加速電圧の設定以外にもう1つ設定するパラメータがありませんでしたか?(私がつかっていたのはJEOLの機種ですが)この設定をうっかり上げるか下げるかしたために生じたものではないでしょうか?その場合は設定値に戻してやるだけで画面が得られると思います。(すいません、何分今は電顕にさわってないので、そのパラメータの名前は失念してます。)
もしくはコントラストと明るさの設定がとんでもなく高く設定されている場合に生じ易い現象にも思われます。もし未だ解決されていないようでしたら、一度コントラストと明るさの設定を最小にして、徐々にコントラストを上げながら明るさを調節するとうまくいくかもしれません。
焦点深度はあっているのですよね?サンプルステージも見えないんじゃ、後者の可能性が高い気がするのですが…。
ただ、普段質問者さまだけがご使用なのでしょうか、その機械は?共通器機でしたら、前回使用者の使用設定値などのLOGはないのですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろと状況を考えてくださってありがとうございました。

お礼日時:2004/12/19 10:26

個人で直せるレベルなのかどうかを説明書を確認するか業者の方に電話で聞いたほうがいいですよ。

下手に手を出すと余計な修理代がかかることもありますから。

全然回答になってなくてすいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに私も業者に聞くのが一番の早道だと思いましたが、
いろいろと事情がありまして…(^^;
それにしても、ご即答ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/19 10:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSEMのstigma調整って何ですか

SEMを使うとき、高倍率でみるときに像が流れていかないようにstigmaを調整すると聞きました。
でも、なぜ像が流れるのか、stigmaを調整するとは具体的に何をしているのかがわかりません。
詳しく図解しているサイトなどあれば教えてください。

Aベストアンサー

非点収差調整 = stigma調整 です。

電子ビームは磁場のレンズで収束させますが、X方向とY方向とで収束に差があることを非点収差と言います。

構造(2.4項、図7、図8を参照)
(pdfファイル)
http://tech-staff.yz.yamagata-u.ac.jp/kyozai/fe-sem/SEM-EDS.pdf

調整方法(ムービーで解説)
http://tech-staff.yz.yamagata-u.ac.jp/kyozai/gakunai/semstepupmovie.htm

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

QSEMの焼きつき現象について

SEMの焼きつき現象について
SEMで対象の一部をしばらく拡大観察していると、縮小して全体を観察したときに、
拡大観察部位のコントラストが濃くなっている現象(焼きつき?)がしばしば起こり
ますが、これは一次電子を拡大観察部位に照射し続けた結果、一次電子がその部位
に溜まっている状態(チャージ)という認識で正しいのでしょうか?
また、この状態を元の状態に戻すことは可能でしょうか?

Aベストアンサー

少し違うと思います。試料を試料台に固定する際に導電テープを使っていると思いますが、そこなどから発生したガスがチャージした箇所に付着するらしいです。倍率が低いと広い範囲に付着するのが、高倍率で狭い範囲に集中するので黒変する(黒変が目立つ)とのことです。
帯電すると逆に白変していると思います。(絶縁体をスパッタしないで見た時)
長時間、拡大しているとこの状態はなかなか戻らないと思います。
短時間で、黒変が薄い場合はしばらくすると緩和される(緩和されたように見える)こともあります。
詳しくは、メーカーの人に聞いてみるのが早いでしょう(以前使っていたメーカーの技術の人は色々な事を気軽に答えてくれましたよ)

Q波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式は?

波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式を知っていたら是非とも教えて欲しいのですが。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No1 の回答の式より
 E = hc/λ[J]
   = hc/eλ[eV]
となります。
波長が nm 単位なら E = hc×10^9/eλ です。
あとは、
 h = 6.626*10^-34[J・s]
 e = 1.602*10^-19[C]
 c = 2.998*10^8[m/s]
などの値より、
 E≒1240/λ[eV]
となります。

>例えば540nmでは2.33eVになると論文には書いてあるのですが
>合っているのでしょうか?
λに 540[nm] を代入すると
 E = 1240/540 = 2.30[eV]
でちょっとずれてます。
式はあっているはずです。

Q非点補正(stigmation)の方法

仕事でSEMやFIBを使っていますが、
非点補正(stigmation)が難しくて困ってます。
現状、調整に時間がかかり、
あまりきれいな像も得られません。

どなたか、ご教授願えませんでしょうか?

Aベストアンサー

特に、裏技のようなものはなく、
A.Focusを合わせて、像質をベストにする
B.スチグマ(X、Y)を合わせて像質をベストにする。
C.もうちょっと倍率を上げる。
D.Aに戻る、
ってな具合でやるしかないです。

この時、多少の注意事項は、
・高倍にしても、細かい像の特徴が分かる視野を選ぶ。のっぺらぼうでは、調整が難しいです。
・FIBでは、試料が削れてしまうので特にそうですが、SEMでもある程度汚れますので、このような作業は、目的の視野とは、別の部分で行う。
といったところでしょうか。

ありがちな誤操作としては、非点が大きいとき、いかにも非点がいるなぁ、
と思えるFocus状態(上述のAのようになるべく正焦点ではなく)にして、
Bの操作を試みる、といったことでしょうか。
これでもできなくは無いのですが、意に反して調整は少し、難しくなります。

Qパスポート取得にかかる日数について

パスポートの申請をしてから何日ぐらいで
取得できますか?
よろしく御願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは~☆

休日を含めないで、おそよ1週間くらいです。

最寄りのパスポートセンターに電話して、例えば明日申請したらいつ出来る??って聞くと教えてくれますよ。

QICP-AESとOESの違いについて

タイトルのままですが、ICP-AESとICP-OESの違いはなんでしょうか
ICP-OESは使用したことがあるのですが、ICP-AESは操作法など大きく違うのでしょうか?

Aベストアンサー

A No.2さんの回答通りで同じ意味合いです。因みに日本語では『誘導結合プラズマ発光分光分析』と言います。
ICP法ができた当初は、ICP-AESと言われていましたが AESがオージェ電子分光分析の略語と同じため、近年 OESも使われるようになってきました。
今では両方が使われますが、JISでは ICP-AESを使用していると思います。
(日本分析化学会では、ICP-OESであったような気がします。)

QJR利用時の領収書

首都圏のJR線を仕事で利用する予定なのですが、後日交通費請求のため領収書が必要です。
窓口だけでなく、自動券売機でも発行は可能でしょうか?

また、モバイルSUICAを持っておりますが、使用したあと、領収書を受け取ることができますでしょうか?

Aベストアンサー

領収証の貰い方

その1
普通に切符を買う⇒切符を持って有人改札に行き「領収書を下さい」と言う⇒領収証を貰って自動改札に切符を入れて通る⇒電車に乗る⇒電車を下りる⇒普通に自動改札を抜けて外に出ると切符が回収される⇒領収証を経理に出す

その2
普通に切符を買う⇒普通に自動改札を通る⇒電車に乗る⇒降りる駅で、自動改札に行かず、有人改札に行き「領収証の代わりに使用済み切符を下さい」と言う⇒駅員さんに、切符に「無効」のスタンプを押してもらい、切符を改札機に通さずに改札を抜けて外に出る⇒使用済み切符を領収証の代わりに経理に出す

その3
「新幹線・特急券自動販売機」の場合のみ、販売機で領収書発行ボタンを押す⇒領収証が出て来る

その4
「みどりの窓口」で「都内1日乗車券」を買って領収証をもらう

>また、モバイルSUICAを持っておりますが、使用したあと、領収書を受け取ることができますでしょうか?
モバイルSUICAで「改札を直接通った場合」は領収証は発行出来ません。

モバイルSUICA対応の「自動券売機」で切符を買い、上記の「その1」「その2」の方法を使えば、領収証が貰えます。

領収証の貰い方

その1
普通に切符を買う⇒切符を持って有人改札に行き「領収書を下さい」と言う⇒領収証を貰って自動改札に切符を入れて通る⇒電車に乗る⇒電車を下りる⇒普通に自動改札を抜けて外に出ると切符が回収される⇒領収証を経理に出す

その2
普通に切符を買う⇒普通に自動改札を通る⇒電車に乗る⇒降りる駅で、自動改札に行かず、有人改札に行き「領収証の代わりに使用済み切符を下さい」と言う⇒駅員さんに、切符に「無効」のスタンプを押してもらい、切符を改札機に通さずに改札を抜けて外に出る⇒使用...続きを読む

Q過電圧について教えて下さい。

過電圧に関していろいろな書籍を見てみたのですが、どうしても理解出来ません。
過電圧とは、電流Iが流れているときの電極電位と平衡電位との差である、というような説明がなされていますが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%82%B9%E...​
ここに書かれているネルンストの式で左辺が平衡電位に相当し、この電位からのずれが過電圧に相当するわけですが、
ある電位にセットしたとき、最初は酸化還元にともなう電流が流れますが、しばらく時間が経つと右辺の第2項にあるように酸化種と還元種の濃度が変化するために、平衡電位がずれ、電流が流れなくなると思います。この過渡的にかかる平衡電位からのずれのことを過電圧だと思っていたのですが、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8E%E9%9B%BB%E5%9C%A7
しかし、ここの説明では、酸素発生の平衡電位が+1.23Vなのに、白金電極上では過電圧が存在するために、-0.4Vほど低くなる、というような解説がなされています。
この説明と上で書きました概念では全く別もののように思うのですが、これはどういうことなのでしょうか?
手元の本には上記のような感じで書かれてあったのですが、どのように解釈すれば良いのでしょうか?

過電圧に関していろいろな書籍を見てみたのですが、どうしても理解出来ません。
過電圧とは、電流Iが流れているときの電極電位と平衡電位との差である、というような説明がなされていますが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%82%B9%E...​
ここに書かれているネルンストの式で左辺が平衡電位に相当し、この電位からのずれが過電圧に相当するわけですが、
ある電位にセットしたとき、最初は酸化還元にともなう電流が流れますが、しばらく時間が経つと右辺の第2項にあるように酸...続きを読む

Aベストアンサー

> 上の例でいうと、後者の意味での過電圧(電気分解のときの過電圧)に相当すると思うのですが、合っていますでしょうか?

あっていません.吸着種のボルタモグラムが,可逆系ならピーク電位が一致する,上下対称な形になるのはなぜでしょう?通常の拡散のある系でピークがずれるのは,拡散があるからです.

> 電気化学では過電圧という一つの用語が2つ異なる意味をもつ

解釈の問題ですけどね.

> これら以外にも別の意味をもっているということはないのでしょうか?

過電圧という言葉がですか?ならばないと思いますが.
他の言葉だと,「可逆」の意味が二種類ありますね.可逆反応という意味での可逆と,熱力学でいう準静的過程を意味する可逆のときと.後者の意味を理解して「可逆」という言葉を使っている人は少ないように思えてなりませんがw


人気Q&Aランキング