RPMについてですが、CD-ROMにパッケージが多数保存されている状態で、そのディレクトリに移動後,
RPM -Uvh *.rpm
とした際に、インストールされていないパッケージについては、どうなるのでしょうか?
実際に試すわけには、行かない状況でしてご教授願います。
OS:turbolinux server6.1

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

スクリプトだけで出来るものかちょと考えてみましたが、スクリプトだけでは無理のようです。


rpmのインデックスが、/var/lib/rpm/Packageに、バイナリ形式でファイルされています。
既に、インストールされているパッケージは、
rpm -qa (query all)で参照できますが、ファイル名を抽出することは簡単ではないとおもいます。
それより、'gnorpm'のGUIの環境から、必要なものをアップグレードする方法もあります。TurboLinux、redHatでもいずれもこのコマンドは使用可能とおもいます。

hogehoge ojin
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
地道に、検索してインストールしました。
”gnorpm”探してみます。

お礼日時:2001/08/03 09:12

>とした際に、インストールされていないパッケージについては、どうなるのでしょうか?



インストールされない。

>RPM -Uvh *.rpm

全部半角で記述すれば問題なし。
    • good
    • 0

Redhat Package Manager(RPM)



-Uvhのスイッチは、基本は、基本的には、通常のインストールと同じで、インストール済みのものについては、変更されている場合には、新しいファイルて上書きしないで、ファイル名.rpmsaveで保存されます。
これは、設定ファイルがアップグレードで消えてしまうことを防ぐ目的ですので、インストールされていないものについては、ワイルドカードであれば、全てインストールされてしまうと理解しています。
したがって、*.rpmは、危険ですので、ファイル名をきちんと書く必要があるとおもいます。

理解に誤りがあれば、ごめんなさい。

hogehoge ojin
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、試さなくて正解でした。
一つずつ、アップグレードを行うことにします。
ところで、ワイルドカード使用にて、インストール済みのものに関してアップグレードを行い、インストールされていないものに関しては無視してくれるような方法は無いでしょうか。

お礼日時:2001/07/31 22:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTurboLinux6.1で静的ルートを追加したが、マシン再起動後に設定が消えてしまう

TurboLinux6.1/Serverで静的ルートを追加しましたが、
マシンを再起動した後、「netstat -rn」で確認すると
追加していたはずの設定が消えてしまいます。

再起動すると、消えてしまうものなのでしょうか?
または、再起動する前に、保存を確実に行うための手段が必要なのでしょうか?

<追加例>
 /sbin/route add -net 192.168.0.0 netmask 255.255.255.0 gw 10.132.1.10 metric 1


ちなみに、「route add」コマンドで経路表追加後、
「cat /proc/net/route」コマンドを実行して確認すると、
正常に追加されています。
(しかし、再起動すると消えてしまうんです。)

Aベストアンサー

routeコマンドは現在実行中のカーネルの変数の値を操作するだけですので、再起動すると当然なくなります。

設定ファイル等に書き込まない限り望みの動作をさせることはできません。

一番簡単なのは/etc/rc.localの最後にでもrouteコマンドでルーティング情報を追加することだと思います。

QTurboLinuxのftpで、アカウントユーザにディレクトリ上位にアクセスさせない方法

TurboLinuxでwu-ftpdを使っています。

たとえば、「yamada」というアカウントが存在し、「/home/yamada」というディレクトリを割当てていると仮定します。
で、「yamada」ユーザが「fftp」などのftpソフトを使って、ホストにアクセスすると
初期フォルダは「/home/yamada」となります。

この時、ftpソフトから、「上位」へ移動することができてしまい、
なんと「/etc」とか「/lib」とか「/boot」とかのシステムファイルにアクセスできてしまいます。

いろいろと調査したところ、「ftpaccess」ととか言うファイルを用意すればいいと言うことがわかりました。
しかし、いろいろなサイトで情報を収集しているのですが、具体的に、
「ftpaccess」のどの設定を行えば、私が意図する動作(セキュリティ)を実現できるのか分かりませんでした。

どうか、「ftpaccess」でどのようにすれば実現できるか、
具体的にお教え願えませんでしょうか?
または、サイト情報などご存知でしたら、お教えくださいませ。

TurboLinuxでwu-ftpdを使っています。

たとえば、「yamada」というアカウントが存在し、「/home/yamada」というディレクトリを割当てていると仮定します。
で、「yamada」ユーザが「fftp」などのftpソフトを使って、ホストにアクセスすると
初期フォルダは「/home/yamada」となります。

この時、ftpソフトから、「上位」へ移動することができてしまい、
なんと「/etc」とか「/lib」とか「/boot」とかのシステムファイルにアクセスできてしまいます。

いろいろと調査したところ、「ftpaccess...続きを読む

Aベストアンサー

下記を参考になさってみてください。
私もためしてはいないので、お役にたてるかわかりませんが。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/132wuftpdset.html

QTurboLinux7serverのRAID構成について

TurboLinux7serverをソフトウェアRAID構成にてインストールしました。
インストール後に cat /proc/mdstatを見たのですが以下のように表示されました。

md0 : active raid1 ide/host0/bus0/target0/lun0/part1[0] ide/host0/bus0/target1/lun0/part1[1]
64128 blocks [2/2] [UU]

実際の構成は、/dev/hdaと/dev/hdbですが上記のmdstatだとどちらが/dev/hdaで
どちらが/dev/hdbなのかが分かりません。

これについて何か分かる方、もしくは解説しているURLなどありましたら教えて
ください。

毎度毎度すみませんがよろしくご教授くださいませ。

Aベストアンサー

/etc/raidtabをご覧下さい。ここから定義が読みとれますよ。以下はウチの場合ですが。。。

raiddev /dev/md0
raid-level 1
nr-raid-disks 2
chunk-size 64k
persistent-superblock 1
#nr-spare-disks 0
device /dev/hda5 <--part1[0]
raid-disk 0
device /dev/hdc5 <--part1[1]
raid-disk 1

raid-diskという部分が1番目、あるいは2番目のディスクを示しており、その上のdeviceという行が実際のHDDを示しています。

Qturbolinux 6.5 server のソフトウェアRAIDについて

turbolinux6.5serverをソフトウェアRAID(RAID-1)で運用しています。

ディスク構成はIDEのみで以下のようになっています。
 HDD1 /dev/hda(プライマリのマスター)
 HDD2 /dev/hdb(プライマリのスレーブ)
 CD-ROM      /dev/hdc(セカンダリのマスター)
※HDD1とHDD2でミラーリングしています。

インストール時は/bootのみ別パーティションで/dev/hdaにインストールし、
他はRAIDするパーティションにインストールしました。
また、/bootはインストール後、手動でRAID領域とし、liloコマンドを使用し
てHDD1とHDD2にMBRが書き込まれたことも確認しま
した。(liloコマンドにてMBRの書き込みが行われる、と私は認識しておりま
す。間違っているかもしれませんが....。)

/proc/mdstatを見て、完全にミラーリングが終わったことを確認し、
以下のテストを行いました。

テスト1:HDD1を本体からはずし起動
  結果:起動しません。(LILO画面の前でとまってしまいます。)
テスト2:HDD2を本体からはずし起動
  結果:起動します。

ミラーリングされているはずだから、どちらか一方が残っていれば起動する
はず、と思っていましたが、だめでした。

HDD2から起動する方法がわかる方いましたら、ご意見を頂きたい
と思います。

なお、
・IDEの構成は変えることはできません。
   プライマリからセカンダリへ移動等は機器の筐体・ケーブルの都合で
   出来ません。

・HDD2をプライマリのマスターに接続し、ジャンパピンでマスター
 に設定しても起動しませんでした。

乱文ですいません。
わかる方いらっしゃいましたら教えてください。

ハードディスク2から起動する方法がわかる方いましたら、ご意見を頂きたい
と思います。

宜しくお願いします。

turbolinux6.5serverをソフトウェアRAID(RAID-1)で運用しています。

ディスク構成はIDEのみで以下のようになっています。
 HDD1 /dev/hda(プライマリのマスター)
 HDD2 /dev/hdb(プライマリのスレーブ)
 CD-ROM      /dev/hdc(セカンダリのマスター)
※HDD1とHDD2でミラーリングしています。

インストール時は/bootのみ別パーティションで/dev/hdaにインストールし、
他はRAIDするパーティションにインストールしました。
また、/bootはインストール後、手動でRAID領域とし、liloコ...続きを読む

Aベストアンサー

> この場合どちらのDISKから上がるイメージになるのでしょうか?

BIOSの順番で、hda → hdb になると思います。

JFが参考になります。

http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/Boot+Root+Raid+LILO.html

Boot + Root + Raid + Lilo : Software Raid HOWTO (2001/02/19)
ブート可能な RAID システムの構築と、データディスクの RAID への変換 [テキスト版]
著者: Michael Robinton 翻訳: 野本 浩一

参考URL:http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/Boot+Root+Raid+LILO-3.html

QRPMパッケージのアップグレードについて

APACHEをRPMパッケージの最新版(apache-1.3.22-5.7.1)にアップグレードしたいのですが、
現在下記の様な状態で悩んでいます。

# rpm -Fvh apache*.rpm
でアップグレードしようとすると、

エラー:依存性の欠如
mod_bandwidthは apache-1.3.22-5.7.1 に必要とされています
mod_putは apache-1.3.22-5.7.1 に必要とされています
mod_throttleは apache-1.3.22-5.7.1 に必要とされています

というエラーが出ます。

次に、依存性の欠如で指摘されたファイルも一緒にアップグレードしようと、
以下のコマンドを入力しました。

# rpm -Fvh apache-*.rpm mod_bandwidth-2.0.3-2.i386.rpm mod_throttle-3.1.2-3
.i386.rpm mod_put-1.3-2.i386.rpm

そしたら、またしても

エラー: 依存性の欠如:
mod_bandwidthは apache-1.3.22-5.7.1 に必要とされています
mod_putは apache-1.3.22-5.7.1 に必要とされています
mod_throttleは apache-1.3.22-5.7.1 に必要とされています

と表示されてしまいました。

インストールされているか、rpm -q で確認すると、
インストールされていません と返ってきました。

じゃあ、インストールしよう、と思って

#rpm -ivh mod_bandwidth-2.0.3-2.i386.rpm mod_throttle-3.1.2-3.i386.rpm mod_put-1.3
-2.i386.rpm

と入力したら

エラー: 依存性の欠如:
apache < 1.3.22-1 mod_bandwidth-2.0.3-2 と競合します
apache < 1.3.22-1 mod_throttle-3.1.2-3 と競合します
apache < 1.3.22-1 mod_put-1.3-2 と競合します

と、返ってきました。


一体、どのようにしたら無事アップグレードできるのでしょうか?
それとも、現バージョンのAPACHEを削除してから新バージョンのインストールを
するしかないのでしょうか?


使用OS:Redhat Linux 7.1J

APACHEをRPMパッケージの最新版(apache-1.3.22-5.7.1)にアップグレードしたいのですが、
現在下記の様な状態で悩んでいます。

# rpm -Fvh apache*.rpm
でアップグレードしようとすると、

エラー:依存性の欠如
mod_bandwidthは apache-1.3.22-5.7.1 に必要とされています
mod_putは apache-1.3.22-5.7.1 に必要とされています
mod_throttleは apache-1.3.22-5.7.1 に必要とされています

というエラーが出ます。

次に、依存性の欠如で指摘されたファイルも一緒にアップグレードしようと、
以下の...続きを読む

Aベストアンサー

apacheのパッケージと、mod_bandwidthなどのモジュール類とを
一緒にインストールするのが(たぶん)正解だろうと思いますが、
エラーが出るってわけですね。
でも、それは、rpmのオプションがいけないんではないでしょうか?

rpm -Uvh

でリトライしてみてください。

rpm -Fvh は、「現在インストールされている」パッケージを
アップグレードしますが、mod_bandwidth等は、
現在インストールされていないわけですよね?
だからダメなんだろうと思いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報