あるrpmファイルをインストールしようとしたところ、下記のようにエラーが表示されました。

環境:Red Hat Linux 9
ターミナルにて****.rpmファイルをインストール実行

--------------------------------------------------
# rpm -ivh ****.rpm
エラー:Failed dependencies:
libc.so.6(GLIBC_2.3.4) is needed by ****
libc.so.6(GLIBC_2.4) is needed by ****
libstdc++.so.6 is needed by ****
libstdc++.so.6(CXXABI_1.3) is needed by ****
libstdc++.so.6(GLIBCXX_3.4) is needed by ****
--------------------------------------------------
libc.so.6(GLIBC_2.3.4),libc.so.6(GLIBC_2.4)などのファイルがないためインストールできないといってるようですが、初心者のためわかりません。対処法に詳しい方いらっしゃいましたらご回答よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

http://rpm.pbone.net/にいって Advanced RPM Search
をクリックしてUNcheck Allをクリック
それからredhat9にチェックして
目的のファイル名を入力してファイルを探してください

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。上記の方法で検索してみましたが、残念ですが検索したファイルはヒットしませんでした。

補足日時:2006/08/31 11:27
    • good
    • 1

試していただければと思います。


dependenciesを問われてますので、それを無視するような操作になりますが、
rpm -ivh --nodeps ****.rpm

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。早速試してみたところ、インストールはできましたが、使用しようとするとエラーを起こしできませんでした。

補足日時:2006/08/31 11:31
    • good
    • 0

依存性のエラーが、libc.so.6などという、クリティカルなファイルに対して出ているので、パッケージを作成した開発環境の基本ライブラリのバージョンと、インストール先の基本ライブラリのバージョンが不整合を起こしているように思えます。


これは、依存パッケージのインストールというような手段では解決できないと思います。

開発環境かインストール環境のどちらかを、相手に合わせるようにするのが最も楽でしょう。
    • good
    • 0

>要は足りないものを探してインストールしようと試みましたが、解決できませんでした



上記エラーであれば、第一の原因はそこだと思ったのですが違ったみたいですね

また、該当のファイルをインストールしてもエラーは変わらなかったのでしょうか?

少々気になるのは開発中の rpm という点です。これであれば、単純に考える事はできないと思います
当然この rpm は他の環境ではインストールが可能である事は確認済みなんですよね?

もし、万が一他の環境で試されていないのであれば、お試し下さいい
また、試されているのであれば開発レベルの事を試した事のない自分では他にアドバイスできる事はありません

力になれなくてすみません

問題が解決する事を祈っております

この回答への補足

お世話になります。ご回答ありがとうございます。

>また、該当のファイルをインストールしてもエラーは変わらなかったのでしょうか?

http://rpm.pbone.net/にて検索をかけ該当のファイルをダウンロードしインストールしてみましたが、"Redhat 9"用のファイルではなかったためかエラーになり、そのファイル自体インストールできませんでした。上記のHPにて"Redhat 9”用のファイルのみ検索をかけましたがヒットしませんでした。(上記の回答と同じ)

>少々気になるのは開発中の rpm という点です。これであれば、単純に考える事はできないと思います
>当然この rpm は他の環境ではインストールが可能である事は確認済みなんですよね?

開発環境はFedora core5で作成されたもので、Fedora core5では正常にインストールできました。

補足日時:2006/08/31 16:26
    • good
    • 0

どの rpm のインストールを試されているか不明ですが、基本的に以下のページの説明を読めば解決すると思います


頑張ってください

参考URL:http://search.luky.org/fol.2000/msg02397.html

この回答への補足

ご回答いただきありがとうございました。このたび、開発中のもののため、あえて名前は****とさせていただきました。参考URLのほう拝見させていただきました。要は足りないものを探してインストールしようと試みましたが、解決できませんでした。http://rpm.pbone.net/にて欲しいファイルを検索をかけダウンロードしインストールしましたが、ダウンロードしてたファイルが間違っていのかわかりませんが、正常にインストールできませんでした。

補足日時:2006/08/28 18:22
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q起動しているサービスを確認するコマンド

初歩的な質問で恐縮ですが、ご教示いただけますと幸いです。

起動しているサービスを確認するために以下の2つのコマンドを打ってみるのですが、結果(出て来るサービス名)が違います。
このコマンドの違いについてご教示いただけますでしょうか。

(1)service --status-all
(2)chkconfig --list

Aベストアンサー

(1)service --status-all

サービスの現在のステータスを調べるコマンド

(2)chkconfig --list

OSのブート時に自動起動するサービスを調べるコマンド

違いが出るのは、
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから起動したサービス
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから、あるいはエラーで停止したサービス
・ブート後に実行はされるがすぐに停止して常駐しないサービス (ntpdate とか)

あるいは、(1)ではサービス名が表示されない物もあるので、どのサービスがどんなステータス出力をするのか知っておく必要もありますね。(service network statusとか)

Qレッドハットのバージョン確認方法

自分のサーバで使用しているREDHATのバージョン確認はどうすればいいのでしょうか?

more /etc/issue
とやっても英文しか出てきませんでした。

uname -all
でもカーネルのバージョンは出るのですが、REDHATのバージョンは出ませんでした。

Aベストアンサー

> more /etc/issue
> とやっても英文しか出てきませんでした。

その英文にはRedHatのバージョンは書いてなかったのですか?
書いていなかったとしたら、管理者により編集されている可能性
がありますね。

cat /etc/redhat-release

ではいかがでしょう?
やっぱり英文ですけど。

rpm -q redhat-release

でもいいかも

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む

Qcentosのglibcのアップグレード

CentOS 6.5にてプログラムを実行しようとしたら
/lib/libc.so.6: version `GLIBC_2.15' not found
という警告表示されて実行できないので、glibcのバージョンを確認したいところ
yum info glibc
version 2.12でした。

glibcを2.15までアップグレードするにはどうすればよろしいでしょうか。
多少のLinuxの操作は分かりますが、詳しくないため教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

どちらかというと、そのソフトが
2.12では動かないソフトなのか?
というところから確認すべきかもしれませんね。

CentOSやUbuntuなどの現在のLinuxディストリビューションでは
リポジトリーにあるソフトを使う前提で
ライブラリーなどのバージョンの整合性が得られるようになっています。

ですから、その外からソフトを持ち込むことが
想定外の運用ということになります。

ですから、リポジトリーにあるソフトを使うことが基本で
それより新しいバージョンを利用したければ
新しいバージョンのソースを入手し、手元でmakeを試みるのが第一の対策です。

これができないことはありますが、それでも、小さな修正で対処できる場合もあります。


もちろん、必要なライブラリーを入れていくという手もありますが
むしろライブラリーを手作業で追加するほうが、大きな手間がかかり
また、トラブル要因としても、より大きなものになる可能性があります。


最新志向であれば、Fedoraを半年ごとに更新して使う手もありますし
Arch Linuxのようなものを使う手もあります。

どちらかというと、そのソフトが
2.12では動かないソフトなのか?
というところから確認すべきかもしれませんね。

CentOSやUbuntuなどの現在のLinuxディストリビューションでは
リポジトリーにあるソフトを使う前提で
ライブラリーなどのバージョンの整合性が得られるようになっています。

ですから、その外からソフトを持ち込むことが
想定外の運用ということになります。

ですから、リポジトリーにあるソフトを使うことが基本で
それより新しいバージョンを利用したければ
新しいバージョンのソースを入手し、...続きを読む

QNTPで同期が始まらない

こんにちは。
度々すみません、NTPの設定をしましたがどうも同期が始まりません。

「ntpdate 130.69.251.23」と手動同期は成功します。
しかしntpデーモンを起動し1時間以上放置しても同期されません。
※外部タイムサーバー参照としてます

ntp.confは下記のとおりです。
---------------------------------------------------
server 133.100.9.2 # clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
server 130.69.251.23
driftfile /var/lib/ntp/drift
---------------------------------------------------

でntpq -pの結果は下記となります。

remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
133.100.9.2 .INIT. 16 u - 64 0 0.000 0.000 4000.00
130.69.251.23 .GPS. 1 u 27 64 377 8.015 -99970. 17262.6

同期ができれば「remote」列に「*」が表示されると思っています。
何か設定が足りないでしょうか?。
尚、「/vat/log/message」をtailしてますが特にエラーは無さそうです。

よろしくお願いします。

こんにちは。
度々すみません、NTPの設定をしましたがどうも同期が始まりません。

「ntpdate 130.69.251.23」と手動同期は成功します。
しかしntpデーモンを起動し1時間以上放置しても同期されません。
※外部タイムサーバー参照としてます

ntp.confは下記のとおりです。
---------------------------------------------------
server 133.100.9.2 # clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
server 130.69.251.23
driftfile /var/lib/ntp/drift
---------------------------------------------------

でntp...続きを読む

Aベストアンサー

#4のqaaqです。

○ntp.conf 関連
server 行に "iburst" を付けておきましょう。
server ntp.nict.jp iburst <--こんな感じになります。

ntp サーバ起動時の時刻調整の収束時間が早くなります。
http://www.jp.freebsd.org/cgi/mroff.cgi?subdir=man&lc=1&cmd=&man=ntp.conf&dir=jpman-5.4.0%2Fman&sect=0

○ntpdate での時刻調整
ntpdate -b -u [サーバ名] を複数回実行して、"offset の値が0.1以下"になるまで、強制的に時刻調整して下さい。

○ハードウエアclockの修正
hwclock -w コマンドでハードウエアclockを合わせます。
http://www.linux.or.jp/JM/html/util-linux/man8/hwclock.8.html

○ntpdの動作
ntpによる時刻調整は、調整幅が通常128mSと小さいので、1時間は様子をましょう。
2時間程度経過しても、時刻修正の兆候が見られない場合ハードウェアの不良も考えられます。

時刻調整の兆候としては、
・logファイルに 一時間毎に調整したメッセージが書かれる。
Jan 7 21:57:40 ntpd[91145]: offset 0.000994 sec freq -190.802 ppm error 0.000076 poll 8
・ntpq -p の出力の最初の桁に"*,+"が付く。また、reach が377になる。
% ntpq -np
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
+192.168.0.102 GPS_NMEA(0) 2 u 3 32 377 0.926 -0.330 0.023
*192.168.0.192 GPS_NMEA(1) 2 u 10 32 377 0.747 -0.336 0.023
192.168.0.9 PPS(1) 2 u 3 32 377 0.757 6.559 0.161


○その他
・PC起動時には、システムクロックを計測してその後の動作の基準にしていますが、
CMOSバッテリ不足やハードウェアに何らかの異常があるととんでもない時刻を示すことがあります。(要修理です)
・BIOSの時計も起動時の初期時刻として使われてしまうので、ある程度合わせておいた方がいいです。

#4のqaaqです。

○ntp.conf 関連
server 行に "iburst" を付けておきましょう。
server ntp.nict.jp iburst <--こんな感じになります。

ntp サーバ起動時の時刻調整の収束時間が早くなります。
http://www.jp.freebsd.org/cgi/mroff.cgi?subdir=man&lc=1&cmd=&man=ntp.conf&dir=jpman-5.4.0%2Fman&sect=0

○ntpdate での時刻調整
ntpdate -b -u [サーバ名] を複数回実行して、"offset の値が0.1以下"になるまで、強制的に時刻調整して下さい。

○ハードウエアclockの修正
hwclock -w コマンドでハ...続きを読む

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

QCentOSでのCDマウントがうまくできない

virtualboxにCentOS6.2をゲストOSとしてインストールしています。

CDのデータをターミナルでファイル操作をしたいため
CDのデータをファイルシステム上の/mntにマウントしたいのですができません。

ホストOSに音楽CDを挿入すると(ホストOSではDドライブ)、ゲストOSであるCentOSのデスクトップ上にCDのアイコンが出てそれを直接開けます。
/mntにマウントするときのデバイス指定が/dev/cdromにすべきなのか/dev/dvdにすべきなのかもよく分かりません。
ホストOSはwindows7 HomePremiumでDVDマルチドライブです。


[root@centos ~]# mount -t iso9660 /dev/cdrom /mnt
mount: ブロックデバイス /dev/sr0 は書き込み禁止です、読込み専用でマウントします
mount: 間違ったファイルシステムタイプ、不正なオプション、
/dev/sr0 のスーパーブロックが不正、コードページまたは
ヘルパープログラムの未指定、或いは他のエラー
In some cases useful info is found in syslog - try
dmesg | tail or so


マウントのやり方が基本的にわかっていないようなので困っています。
上記のやり方で何が間違っているのでしょうか?
初歩的な質問ですみません。よろしくお願いします。

virtualboxにCentOS6.2をゲストOSとしてインストールしています。

CDのデータをターミナルでファイル操作をしたいため
CDのデータをファイルシステム上の/mntにマウントしたいのですができません。

ホストOSに音楽CDを挿入すると(ホストOSではDドライブ)、ゲストOSであるCentOSのデスクトップ上にCDのアイコンが出てそれを直接開けます。
/mntにマウントするときのデバイス指定が/dev/cdromにすべきなのか/dev/dvdにすべきなのかもよく分かりません。
ホストOSはwindows7 HomePremiumでDVDマルチドライブです...続きを読む

Aベストアンサー

> mount -t iso9660 /dev/cdrom /mnt

マウントポイントを指定すればよいと思います。
cd /mnt
mkdir cdrom
mount -t iso9660 /dev/cdrom /mnt/cdrom

/dev/cdrom
が不安であれば、
cd /dev
ls -al
と入れて、さがしてみるのがよいと思います。

Qパスワード設定していないユーザーのログイン

いつもお世話になっております。

linuxで、useraddした後、passwdコマンドでパスワードを設定していないユーザーがいます。ここでは、postgresとします。

このユーザーに一般ユーザーからなるときに、
$su - postgres
としますが、パスワードがきかれて、何も入力しないと、
invalidになります。(centos5)

パスワードを設定しないと、一般ユーザーからログインできないのでしょうか。
ちなみに、rootからpostgresですと、ログインできます。
$su -
$su - postgres

お手数をおかけしますが、なにとぞご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

 実際useraddしてみると分かりますが、useradd直後の状態では、パスワードは「設定されていません」。
 設定しとらんのやけん設定はされとらんやろ何を言うてるんアホちゃうんと思うなかれ。パスワードが設定されていないとは、パスワードが空である(=初期値としてランダムパスワードが設定されている訳ではない)という事です。さて、ではどうして一般ユーザーからsuできないのでしょうか。rootになって

# getent shadow postgres

とすると、パスワードの欄が半角びっくりマーク2個のみが印字されたかと思います。この半角びっくりマーク2個というのがLinuxにおいて「アカウントがロックされている」という状態になります。
 試しに/etc/shadowファイルをrootで直接書き換える(びっくり2つを削る)と、一般ユーザーからパスワードなしでsu - postgresできるようになります。もちろんこんな危険な操作(shadowの書き換え)は普通せずに、以下のようにします。

# passwd -u -f postgres

passwd -uというのは、ロックアウトされているアカウントのロックを解除するものですが、現在postgresにはパスワードが設定されていないためpasswd -uだけだと「危険だべ」と拒否されます。ので、-fオプションをつけて強行します。すると先ほど/etc/shadowを直接書き換えたのと同じ状態に変わり、一般ユーザーからパスワードなしでsu - postgresする事ができるようになります。逆にロックする時は

# passwd -l postgres

です。詳しくはpasswd -hなどを参照の事。root(uid 0)はロックされているアカウントもおかまいなしに変身できるという凄い権利を持っています。

 実際useraddしてみると分かりますが、useradd直後の状態では、パスワードは「設定されていません」。
 設定しとらんのやけん設定はされとらんやろ何を言うてるんアホちゃうんと思うなかれ。パスワードが設定されていないとは、パスワードが空である(=初期値としてランダムパスワードが設定されている訳ではない)という事です。さて、ではどうして一般ユーザーからsuできないのでしょうか。rootになって

# getent shadow postgres

とすると、パスワードの欄が半角びっくりマーク2個のみが印字されたかと思...続きを読む

Qrpmでパッケージのファイルがインストールされる場所について。

rpmパッケージでrpm -qlpとかでパッケージに含まれるファイルはわかりますが、それがどこにインストールされるのか事前にわかるような方法はあるでしょうか?rpmのマニュアルはもちろんよんだのですが。

Aベストアンサー

こんばんは。

>BUILDとSRPMSというディレクトリは何に使われるのでしょうか?

BUILD は、コンパイル(パッケージ構築)が行われるワークみたいなところです。

SRPMS はソースパッケージ(.src.rpm)が作られる場所です。
rpmbuild -ba オプションで、XXXX.rpm とXXX.src.rpm の両方が作成されます。


>にcoreutils-5.93-7.2.src.rpm関連のファイルがあるのはrpm -ivh coreutils-5.93-7.2.src.rpm
>としたからなのでしょうか?

そのとおりです。rpm -ivhでインストールされます。
#5で回答したとおり、coreutilsのソース本体は、/usr/src/redhat/SOURCES/coreutils-5.2.1.tar.bz2
です。

Qgrepで検索文字列が完全一致した行だけ取り出す方法

grepの文字列検索で検索文字列が単語として、完全一致した行だけ取り出す方法はないでしょうか?

通常は
grep hoge hoge.txt

と打つと、hogeが含まれる行が出力されますが、今回は含まれる行ではなくて完全に文字列が一致した行だけ取り出したいのです。

例えばhoge.txtの中に
cc ghoge
kkl hogem
jjll hoge
という3行があったとしたら最後の行でhogeという文字が空白で区切られた行だけ取り出したいのです。

何かよい方法があれば教えてください

Aベストアンサー

-w オプションじゃだめですか?

参考URL:http://www.linux.or.jp/JM/html/GNU_grep/man1/grep.1.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報