dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

なぜ文章で「ウチ」「ソト」「ヒト」「モノ」は漢字ではなく、片仮名で表示しますか?

A 回答 (10件)

文章の中で、特別な意味・意図をもたせた部分、目立たせたい部分、強調したい部分をカナ書きすることがあります。

「内と外」について論じた文、「人・物・金」について論じた文など。
そのような場面以外で、「内」「外」「人」「物」は、何でもかでもカナ書きするという決まりや慣習はありません。

「ハレ」「ケ」をカナ書きするのは、「晴れ」は「天気の晴れ」との区別のため、「ケ」は「褻」は表外漢字・難読だからでしょう。民俗学の分野では一般的な表記です。

生物学の分野で「人」を「ヒト」と書くのは、動物や植物の和名はカナ書きするという学術上の慣習によるものです。新聞でも学術的な記事などで動物名や植物名を書くときは「サル」「サクラ」などのカナ書きにします。表外字の場合は仮名で書くか漢字にフリガナを振ります・。


綱島理友という文筆家がいますが、この人のコラムやエッセイは「コト」「モノ」「ワケ」などのカナ書きがむやみに使われています。
この人がかつて週刊誌に連載を持っていたとき、内容的には好きだったのですが、文体はどうしても好きになれなかった憶えあります。

綱島理友のRitomo Baseball Club
http://ritomo.jp/rbc/
    • good
    • 0

一体どんな文章の話?。


読解力の低さが問題になっていますね、その典型?。
学名、ホモサフィエンスをさすときは人ではなくあえてヒトと表記されるのは見たことあります。
まるで文章で表現するときは必ず「ウチ」「ソト」「ヒト」「モノ」を使うべしと理解しているような質問ですが、新聞を見ても、それの方が例外だと思いますけど。
その一文だけでなく、その記事すべて、書物なら書物すべてを理解できれば、そんな質問は出ないはずです、どこかに定義とまではゆかなくとも、使い分けが理解できる内容があるはずです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。ありがとうございました。

お礼日時:2019/08/08 13:09

仮名を使うのは「一般名詞」と区別するためで、カタカナでは無くひらかなでもちっとも構いません。

    • good
    • 1

決まりはないから作者の自由です。

    • good
    • 1

「特別の意味を」持たせて「ハレ」と「ケ」、「ウチ」と「ソト」のように使う場合があります。

    • good
    • 1

そんな事はないと思うけど、どんな時にカタカナ表記ですか?

    • good
    • 1

どんな文章?そんな決まりないでしょ。


例文とかありますか?
    • good
    • 0

通常、ひらがな、または漢字で書きます。


特に強調したい場合のみ、カタカナで書きます。

現代日本語では、カタカナは通常外来語を表記するときに使います。
    • good
    • 1

それらをカタカナで表記するというルールや慣習はとくにありません。



それを前提にそういう表記がされる場合について理由を想像すれば、
まず「ヒト」については、人間を動物のひとつとして捉える場合、
動物をカタカナ表記するのは非常に一般的であり新聞などのメディアもそのルールに則っているので、それに準じていると言えるでしょう。

それ以外については、文脈によっては違う単語として読まれることがあるので、
それを避けるためにあえてカタカナ表記している可能性が考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2019/08/08 13:08

際立たせる位で、深い意味はないと思う

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!