留学の体験談として、
留学で得られたもの、失ったものを教えてください。
また留学しなければ良かったと後悔されている方には、
その理由も聞きたいです。
とくにイメージと現実の乖離状態について興味ありです。

とりあえず最初には、どこにどのような目的でどのくらいいかれたのか書いて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ハワイの某英語学校-1年半。

英語習得とぜんそくの回復のため。
良かったこと:楽しかった。こういう生活もあるんだ、と思った。ぜんそくが治った。
悪かったこと:ぜんっぜん勉強しなかった。英語もできなかった。その後4年制に行ったので、その時になって初めて「どうせ同じ苦労なら最初から4年制に行っておけばよかった」と思った。

アリゾナの4年制の大学-4年
良かったこと:勉強が楽しいと思えた。勉強はいやいやするものではなく、興味は趣味にとどまらず勉強にも通じると言う事を学んだ。英語は何かをするためのツールであり、何かを広げるには英語は必須であると感じた。人間には色々な思考があり、団体行動を無理にしなくても良い、ということを意識的に学んだ。一人が苦にならなくなり、逆に楽しいことを生み出せるようになった(そうでない人も留学中たくさん見かけました)。土壇場に強くなった。自分の意見をまとめ、分析できるようになった。目的意識がはっきりと持てるようになった。日本の良さが改めてわかるようになった(神道や仏教などの宗教、自然、美徳など)。
会社において日本人、外国人の双方の不満を軽減できる説明ができるようになった(外人が日本人のどこに不満を持っているかを日本人に伝えること、日本人が遠慮して言えないことで言っても差し支えがない事を外人に伝えることなど)
悪かったこと:ことわざや四字熟語が得意だったのにとっさの時に出なくなった。くつを脱がない、ふとんをあげない生活をしていて、日本に帰って彼の親にマナーが悪いと言われた(かなりショック)日本の常識(男尊女卑)に目をつぶる事ができなくなり、時々留学していない人よりも不快な気分になる。
留学していた期間全部において後悔しているのは、どうせ4年制に行くなら英語学校は行かずに、最初は2年制短大で節約してから編入すれば2百万円は絶対浮いた、というとこでしょうか。あと学校で大恋愛をしてしまったのは勉強が手につかなくなったので後悔してます。身になったこともあったけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
たいへんまとまっていて、僭越ながら私の求めていた回答でした。
私も基本的に留学はしないつもりですが、正直言って迷ってもいます。
必ずしも実りあるものであるかは本人次第だと聞きますから。
あと今は大学生なので今行くとおっしゃる通り休学中の学費が全くの無駄です。
大学自体に問題を感じますね。
文部省に大学に対して規制を課してほしいです。

お礼日時:2001/08/04 04:21

僕個人的は感想を書かせて頂きます。



海の向こうで暮らしてみたくって、約2年前にNZで1年間ワーキングホリデーして語学学校へ通いました。出掛ける前、英語をあまり勉強しなかったので物凄く苦労しましたが、その分今まで( 僕の学生時代 )の勉強する時間とでもいうのでしょうか、とにかく取り戻すぐらい勉強しました。
 僕が思う結論としては、留学、W.H.、アルバイト、放浪・・・・
何でもいいから、出掛ける!日本を飛び出す!ことです。

あの一年間で得たもの;
  経験( 良い事、語学、悪い事、トラブル )全てが僕の、僕だけの財産。
 補足 この財産は誰にも盗られないし、失うことがない。
一生日本で生活する( この国しか知らない )のはモッタイナイと思う。
どうせ、一通り、一度しかない人生だから・・・。

失ったもの;
  多分一般的( 勤勉な???)若手成人日本男子の人生観であり物の価値観。
 補足 会社の為?、出世の為?、家庭の為?、将来金銭な豊かな生活の為?
   恐らく一般的若手成人日本男子の考え方や生き方。

 後悔するどころか、いずれ世界を見て、体験して、感じる旅にでるつもりです。
あと何年、僕はこの生き地獄( 日本 )で生活しないといけないのかな~。
今は、次の旅の為に仕事や私生活で何があってもがんばることが出来ています。

 僕の回答は、ppooooさんの期待した回答でなかったかもしれません。が、
ここに書ききれないほどの事があり、うまく説明( 伝える事 )が出来ません、
申し訳ありません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
私は留学をしない分、NHKの特集などを見て外国の事情などをたまに勉強していますが、これはこれでかなり勉強になります。たしかに人生観まで変ることはないですね。

お礼日時:2001/08/31 22:39

>なるほど語学学校はたいしたことないってことですね。


そうではありません。私が言いたいのは書いてあることだけです。
    • good
    • 3

ニュージーランドはクライストチャーチに二ヶ月間、大学の夏休みを利用して語学学校に行きました。

これも一応留学ですよね。大学三年のときで、就職活動も始まるし、これを逃したら一生これほどまとまった期間外国にはいかないだろうと思い、決めました。まあいけないこともないんでしょうが。一年間通った英会話学校の総仕上げみたいな感じでした。

得たものは海外の友人、リスニング力、kiwiアクセント、クライストチャーチの地理、思い出、少し広い視野、彼氏ですか。いろんな人がいるんだなーと思いました。

失ったものはお金と英会話熱です。一年結構がんばってはいましたが、日本の英会話学校に通ったくらいでできる会話は限られていました。彼氏は英語をはじめとして語学ができるひとだったので、かなわないなーと思って。

それと、生活の拠点が日本なのになぜ英会話?しゃべれなくても何の問題もないしなあ、だいたい普通に生活していて英語をしゃべる機会なんて年にあるかないかだし、聞きとれて読めてかければそれでいいんじゃないかと思うようになりました。これも一種の得たものかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なるほど語学学校はたいしたことないってことですね。
まだ入ったことがないので参考にしたいと思います。

お礼日時:2001/08/06 08:29

大学がアメリカでした。



失ったモノ
・お金
・新卒の採用試験を受ける機会
・日本の大学であるような、イベントサークルのようなノリの遊びの経験

得たモノ
・ちょっぴり上達した英語力
・世界中の友達
・価値観や文化の違いの(肌身においての)認識と受容力
・自信
・学位

・・・などでしょうか?
イメージと現実のギャップは、勉強のツラさはかなり覚悟して行ったつもりだったのですが、本当にツラくて何で留学なんてしようと思ったんだろうと後悔して大泣きする日もありました。けれど卒業すれば、全てが良い思い出になって、あぁ留学して良かったと思えました。「留学、色々あって楽しかったなぁ」と思うのは終わってからです(^v^)「留学中」は後悔の嵐・・・留学の成功が英語力や学力よりも、気力と根性だと言われていたのが、良く実感できました(笑)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
文化の受容力というのは国際化時代に必要だとか言われてますから、私も身につけるべきかなと感じます。

お礼日時:2001/08/04 04:25

はじめまして。



私は小学校卒業してから、イギリスに留学しています(今8年目です)。

私の場合、日本の良し悪しが良く見えてきた、ということですね、得たことといえば。後は、色々な文化との交流があるので、とても勉強になります。それから
もちろん、英語を覚えられました(笑)。家族の大切さなんかも身にしみました。

失ったもの…

1.日本の敬語・上下関係がよくわからなくなりました。将来、日本に
本帰国した場合、職につけるのかなー、と不安です(笑) 

2.日本に戻っても友達がいないですねぇ。小学校の友達しか。

3.居場所がなくなりました。家の中でもなんとなく。

んー、なんだかわけわかりませんが、こんな所です。
    • good
    • 1

私は、大学4年の夏、2ケ月の短期留学をしました。

留学先は イギリスのボーンマスという所です。

おそらくppooooさんの質問の主旨とは違う回答になるかもしれませんが、
留学しなければ、良かった、、、と思うことは、日本で待っていた彼氏が別の人にとられてしまいました。(;へ;)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人材育成能力とはどのようなもの?

私は部下を持っていますが「人材育成」とはできるものなのでしょうか?また、どういうものなのでしょうか?
部下にはスキルUPのための教育、指導は必要だと思います。しかし、基本的な「見積提出期限を守る」だとかは社会人である限りわざわざ教える必要はないものと思っています。(一度は注意するが)そのようなものが人材育成とは呼べないと思ってもいます。
どちらかというと、人材育成=昇給、昇格(給与)で育成できるものと思っています。つまり(平等ではなく)公平な人事だと思っています。しかし、往々にして、公平に付けた査定が上層部で変わったりします。よって、せっかく人材育成しようとしているのに、育成になりません。実際、現実の話をしますが優れた部下は優れた上司の下で生まれるものでもなく、どちらかと言えばこのサラリーマン社会ではぐうたらな上司(上のことばかり気にしているイエスマン)に付く優秀な社員ほど、自分しか頼れないということで優秀な社員に育つものだと思ったりもしています。結局、優秀な社員とは、自分で切磋琢磨磨き上げないとできないものですから。このような結論を出しているのですが、どこか、間違いであって欲しい気もしているのは事実です。どうなのでしょうか、お教えください。

私は部下を持っていますが「人材育成」とはできるものなのでしょうか?また、どういうものなのでしょうか?
部下にはスキルUPのための教育、指導は必要だと思います。しかし、基本的な「見積提出期限を守る」だとかは社会人である限りわざわざ教える必要はないものと思っています。(一度は注意するが)そのようなものが人材育成とは呼べないと思ってもいます。
どちらかというと、人材育成=昇給、昇格(給与)で育成できるものと思っています。つまり(平等ではなく)公平な人事だと思っています。しかし、往...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

私も以前は多くの部下を持っていた身ですので経験者と致します。

人材育成の重要性は既にご存知のことと思います。
会社とは売上至上主義だけでは生き残れません。社会的使命が伴なってこそ磐石の態勢が築けるのです。一時の売上が良いだけでは永続は不可能なのは明白ですね。
顧客、社員、更には社会が付いて来てこそ発展し続けることが出来、反社会的行為を続けて利益追求してもやがては滅びてしまうことは歴史が証明しております。

本題です。
人材育成の最も基本となることは仰られる様に“教え”ではありません。文字通り部下の能力を引き出すことにあります。
山本五十六の言葉にありました。
「してみせて、言って聞かせて、させてみて、誉めてやらねば人は動かじ」
多くの先人がこの言葉を範として心にとどめています。
私は実に意味深い言葉だとつくづく感じます。

仕事を教えるだけでなく任せる度量も大切なのであると思います。
創意工夫させて、壁に突き当たってしまったら助言する。この繰り返しだけで人は自らの力を発揮していきます。
また、課題を常に与えていくことも必要です。
この課題により人は成長することも出来ます。

勘違いされるのはこの「任せる」ことが放任に繋がりかねないと言う事です。
指導力の無い上司の元では部下が自然と成長すると言う錯覚が起こるのもここからです。
しかしここでは課題を与えてはいません。助言も然りです。
大きな方向性を与えていかなければ組織の方向もバラバラとなってしまい、やがては自分勝手な方向へと走ることになってしまいます。自分さえ良ければ・・・。雪印社員の問題もありました。最近では日本テレビ社員・・・

如何ですか?少しは参考になられたでしょうか。

こんにちは。

私も以前は多くの部下を持っていた身ですので経験者と致します。

人材育成の重要性は既にご存知のことと思います。
会社とは売上至上主義だけでは生き残れません。社会的使命が伴なってこそ磐石の態勢が築けるのです。一時の売上が良いだけでは永続は不可能なのは明白ですね。
顧客、社員、更には社会が付いて来てこそ発展し続けることが出来、反社会的行為を続けて利益追求してもやがては滅びてしまうことは歴史が証明しております。

本題です。
人材育成の最も基本となることは仰られ...続きを読む

Q文書のあて先の敬称について とくに、殿と様について

私的なものであれば、ほとんど「様」をつかっています。
「殿」は目下に対するものと聞いているので。
公的なもの、仕事上のものなどの場合、たとえば、
「社長様」「先生様」「会長様」「係長様」で間違いないですか。なにかおかしいような気がするのですが。

Aベストアンサー

答は出ているので、参考まで
http://thankyou.sakura.ne.jp/tk01keigo.html

Q談合って

必要悪なんですか?

Aベストアンサー

 No.1です。「お礼」に書かれたことについて。

>でも
>>ある程度以上の技術力を持った業者しか受注できないよう業者団体で申し合わせ、能力のない業者を排除する

>これってどうやってやるんですか?大手だけで銃殺できないようにする仕組みって。。。

 よく「官製談合」って言われるように、発注者側と一緒になってやります。
 入札への参加条件・資格要件などで、「類似の工事実績▲件以上」とか、「***資格保有者●名以上」とか、新参者が参入できないような条件を付けさせればよいのです。

 あまり露骨にやると、「参入障壁が高すぎる」とか、マスコミなどから談合を疑われることになりかねないので、この辺は発注者側と談合業界とでうまくやるのでしょうね。しかし、現実に難しくなってきていることは確かでしょう。

Q仕事での失敗談

製造業の19歳男です。
この間仕事でミスを連発してしまいました。
大きい失敗ではないのですが今週毎日ミスを出してしまったのです。
直属の先輩に
”何度同じこと言わせるんだ!”
と起こられる始末です。
最近自分は社会人不適格ではないかと思い始めています。
これから社会人としてやっていけるか不安です。

皆さんは仕事での失敗はどのようなことがありましたか?
スランプや自信喪失したときどうやって克服しましたか?
イロイロアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

以前の自分とよく似ていますね。
憶えることが多くて、ついつい確認がおろそかになってミスを連発したときなんか本当に凹みます。
仕事はチームワークですから自分のミスで、先輩に迷惑をかけてしまって落ち込んでいるのに、「どうやったら、こんな失敗ができるんだ!! ある意味感心するよ」とか「おまえのおかげで、参観日に行けない理由ができたよ」とか、もう散々でした。
でも、確認して確認して注意深く仕事を覚えていくと、少しずつ認められるようになり、たまにミスすると「おまえらしくないじゃないか」と言われるようになりました。仕事を任せてもらうようになると、自分のミスでダメージが大きくなり、具体的には控えますが会社に数億円の損害を与えたことがあります。
まあ、ミスが無くもっと良い仕事をしていれば会社に入ってきたであろう利益の一部が飛んだという感じです。

あれから30年・・・今では自分の会社を持っていますが、あの頃の厳しく指導してくれた先輩たちは、転職したり、リストラに会ったりしてほとんど残っていません。

スランプというのはベテランが今まで完璧に仕事をこなしていたのに、急にできなくなることであって、仕事を覚えている最中のあなたにスランプなどという言葉は該当しません。
自信喪失というのは、失敗があるからこそ起きる現象であって伸びていく過程では欠かせない心理作用だと思います。

今は、仕事を教える立場にありますが失敗しない社員というのは実は、とても掴みにくく、そのうちとんでもないミスをする可能性を秘めていて怖い存在です。
その点から言えば、あなたはとてもわかりやすいですね。
失敗を後悔するのではなく、ひとつひとつのミスがあなたの財産ですから、
大切な教訓として憶えておきましょう。

以前の自分とよく似ていますね。
憶えることが多くて、ついつい確認がおろそかになってミスを連発したときなんか本当に凹みます。
仕事はチームワークですから自分のミスで、先輩に迷惑をかけてしまって落ち込んでいるのに、「どうやったら、こんな失敗ができるんだ!! ある意味感心するよ」とか「おまえのおかげで、参観日に行けない理由ができたよ」とか、もう散々でした。
でも、確認して確認して注意深く仕事を覚えていくと、少しずつ認められるようになり、たまにミスすると「おまえらしくないじゃない...続きを読む

Q株の損失って?

株のことがいまいちわかんなくて、質問したいと考えまして。
よく、株価が下がって借金が出ると言われてますよね?何故ですか?
1株100円だったとして、株価が上昇し、1株110円になったとします。
その時点で売りに出して、初めて10円の利益が出るんですよね?
では、株価が1株90円になったら、売らないで所持していて、
1株101円になるまで待てば、損失は出ないんじゃないでしょうか?
この考え方で間違ってはいませんよね?

Aベストアンサー

>では、株価が1株90円になったら、売らないで所持していて、
>1株101円になるまで待てば、損失は出ないんじゃないでしょうか?

確かに、そのとおりです。

が、そうも行かない場合があるわけです。
1.下がったっきり、上がってこない(例えば、バブル時の株価と比べると、比較的回復してきた現在でも3分の1をようやく超えたくらいですね。)
2.信用取引の期限が来て、売らざるを得ない
3.信用取引で、損失額が膨らみすぎて、保証金が払いきれなくなりそうで、売らざるを得ない
といった場合です。

信用取引で株を買う場合、例えば100万円の自己資金で、1000万円分の株を買うことができます。
しかし、多くの場合は、半年程度の返済期限がついていて、その期限までに売らなくてはなりません。
また、例えば、15%下がると、損失額は自己資金の100万円より多い150万円になってしまい、追加の保証金を証券会社に払い込まないとならなくなってしまいます。

借金ができるほどの損失(当初の資金額以上の損失)は、通常、信用取引でしか発生しません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報