日本の本格?推理小説でおすすめがありましたら
お教えいただきたいです。
(以下の皆様以外にです)
いわゆる「吹雪の山荘」的ジャンルを好んでます

私が好きな作家(敬称略)さんは
宮部みゆき 北村薫
綾辻行人 有栖川有栖
辻真先 島田荘二
東野圭吾 二階堂零人
若竹七海 法月倫太郎
我孫子武丸 折原一

よろしくお願い致します

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 お好きな作家さんを拝見すると京極夏彦さんも趣味に合うのでは、と思います。

裁縫箱の中で絡まりまくった糸がするする解けていくような謎解きが楽しめます。
 あとは、理系っぽい話の組み立てが爽快な森博嗣さんもお勧めです。
 両先生共講談社だったと思います。

凄く王道な答えですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

京極さんも森さんもそれぞれおタイトルを見て
「独特なタイトル」っておもって
まだ読む機会は無かったです。
(それぞれおタイトルに前者は漢字が難しくて、後者は数学用語が多い^^(

ぜひ挑戦したいとおもいます!

お礼日時:2004/12/18 02:13

秋月涼介さんの、「月長石の魔犬」 と「迷宮学事件」が 面白かったですよ。

    • good
    • 0

笠井潔さんの”矢吹駆シリーズ”などいかがでしょうか?


本格もので現在5作目まで出ています。
ネタバレになるので、以下の順で読んでいただくとよいかと思います。

(1)バイバイ、エンジェル
(2)サマー・アポカリプス
(3)薔薇の女
(4)哲学者の密室(上・下)
(5)オイディプス症候群

舞台はフランス。日本人留学生のカケルが現象学の本質的直感をもって事件を解決していく…といった内容です。
少々哲学談義が難解なところもありますが、ヒロイン、ナディアとの恋愛事情も気になるところです。
おすすめ!
    • good
    • 0

こんにちわ。



そうですね。
まさにうってつけ(だと思うのですが…)の本があります。
●柴田よしき
 「ゆきの山荘の惨劇」
 http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30735681
 「消える密室の殺人」
 http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30781859
 です。
 2冊とも猫がメインです。猫が嫌いだったらごめんなさいね。

参考まで。
    • good
    • 0

 霧舎巧さんの「《あかずの扉》研究会」シリーズはいかがですか?「ラグナロク洞」は、典型的な作品になると思います。



 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。
    • good
    • 0

こんにちは。



「吹雪の山荘」で思いついたのが、
倉知淳・著「星降り山荘の殺人」です。
本格…と言っていいのかどうか。
とにかく、吹雪の山荘で殺人事件が起きます。密室です。
読後にどう思われるかちょっと心配ですが。

あと、挙がっていない作家さんでは加納朋子さん、山口雅也さんなどおすすめです。

未読でしたら是非。

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=30570036
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

加納さんはまだ一冊も読んでないので
候補にいれておきます
山口さんはぱらぱらって読んだのですが
海外が舞台で登場人物も日本人ではないのが
あって 感情移入できなかったんでしす^^

ありがとうございました

お礼日時:2004/12/19 10:30

「吹雪の山荘」的ジャンルというと、密室物ってことでしょうか?


歌野晶午さんはどうでしょう。
初期の作品がそれらしかったような。

お好きな作家さんの名前を拝見すると、趣味が似ていて何か嬉しいです。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

歌野さんの「家」シリーズ三作読んだいたのを
失念していました

今後の読書候補にあげておきます 
ありがとうございました!^^

お礼日時:2004/12/17 15:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q綾辻行人さん「暗黒館の殺人」愛蔵版!!

綾辻行人さんの「暗黒館の殺人」
の愛蔵版購入された方いらっしゃいますか?!
今、普通に買おうか愛蔵版にしようか
かなり悩んでいます。
イラスト集がついてるんですよね?
どんな感じなのか・・・

ぜひ感想聞かせてください。

Aベストアンサー

なにせ「黒猫館」以来10年ぶりの「館」シリーズですから、「これを買わずにいられるか」みたいな勢いに任せて、つい予約して買ってしまいました……。

黒い重厚感のある外箱に、お揃いの表紙をした上下巻と画集が収まっていて、背表紙タイトルは金箔押しです。

連載中イラストを描いてくれていた喜国雅彦さんの画集はなかなかの出来です。巻末には綾辻氏と喜国氏の対談が載っています。

ただ通常版との違いが外箱+画集で、約3000円の差ですから、要は画集にどれだけ価値を見るかです。

個人的には、内容も含めてたいへん満足ですが、ためらいがあるなら通常版にすることをお勧めします。

Q島田荘司の御手洗潔シリーズが好きです。名探偵モノで御手洗潔に匹敵するオ

島田荘司の御手洗潔シリーズが好きです。名探偵モノで御手洗潔に匹敵するオススメはありますか?

Aベストアンサー

有栖川有栖の火村英生シリーズ(講談社文庫)と、「月光ゲーム」などの先輩シリーズ。(創元推理文庫)
法月倫太郎の法月倫太郎シリーズと、父親の法月刑事が活躍する作品。
高田崇史の桑原崇「QED」シリーズ〔漫画かドラマの同名作品とは無関係です。〕(講談社文庫)
御手洗潔がかなり個性的なので、それに匹敵するような人物となるとなかなかむつかしいと思うのですが、お好みに合う作品があるか書店でチェックしてみて下さい。


おすすめ情報