『元亨釋書』という書物を詳しくご存知の方、教えて下さい!
確か仏教関係の書物でした。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

失礼。

間違いがありました。

>総合的かつ部門史的に記述しています。

のところ、手許の「史籍解題辞典」(東京堂出版)で確認したところ、

総合的に述べたもので、
前半は僧俗の伝記、真ん中は仏教史、
後半は部門史的視点で記述しています。

でした。先に確認すべきでした、すみません(^^;
    • good
    • 0

詳しく知ってる者ではありませんが、#1 usagisan への補足です。



読みは「げんこうしゃくしょ」。
元享2年(1322年)成立。南北朝時代に大蔵経に加えられています。

仏教の伝来の時から、鎌倉時代末までの日本の仏教史を、
総合的かつ部門史的に記述しています。
日本仏教史の原典となった書物で、
鎌倉末期の五山学問を代表するものです。

もっと詳しい情報も必要ですか?
「大日本仏教全書」や「(新訂増補)国史大系」などで
調べることができると思いますよ。
    • good
    • 0

おっしゃるように、仏教関係の書物です。



鎌倉時代末の虎関師錬という東福寺,南禅寺などの住職を歴任した全集のお坊さんの著で、全30巻。司馬遷の『史記』にならった体裁の日本の仏教史を書いた書物です。「蒙古襲来後の民族意識の高揚を背景に,日本仏教を総合的にとらえようとし」(平凡社:世界大百科事典)」たものようで、中国の仏教より日本の仏教の優れている点が主張されたりしているようです。

 ドラマの「北条時宗」関係の書物にも登場するかも知れませんね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qある言葉が最初に使われたのがいつか、について書かれた本をご存知でしたら教えてください。

ある言葉が最初に使われたのがいつか、について書かれた本をご存知でしたら教えてください。
例えば「電」という字はもとの意味は「いなずま、いなびかり」という意味ですが、今では「electric」の意味で使っています。雷が電気であることはたしかベンジャミン・フランクリンが確認した事で、古代中国人がそれを知っていたことは流石にない、と思います。
だから「電」の字を「electric」の意味で使い出したのは結構最近のことではないかと思うのです。それがいつからだったのか、辞書に書いてあってもいいと思うのですが、これがなかなかそういう記述が見つかりません。どなたかご存知でしたら教えてください。なお大修館の「大漢和辞典全12巻」にはありませんでした。

Aベストアンサー

漢字(中国語)ではなく日本語についての語誌ということでよければ、『日本国語大辞典』(小学館)がお求めのものにいちばん近いかと思います。

例えば、同辞書の「電気」の項目を見ると、この語が日本で最初に用いられたのが1850年代であることや、その初出の本の中に「(electricityを)支那人近日電気と訳す」という注釈がある(というかこの注釈自体が初出例らしい)といったことがわかります。

「電気」というのは「電」(いなずま)の「気」ということで、この2字でelectricityの意訳となっているわけですから、「電」単独で電気の意味を表すようになったのは、「電気」という語が十分に広まってからということになるのでしょうね。それがいつ頃なのかはわかりませんが。

Q『は』と『わ』

「私は、」の「は」と「わに」の「わ」。両方「wa」と読みますよね?何故、「私は、」の「は」は「わ」じゃないのか分かる方、教えてください。読み方が同じなのに字が違うのは、意味があるんでしょうか。「~さんへ」の「へ」と「え」、「を」と「お」も同じく疑問です。何故使い分ける必要があるのか、発音が同じで問題が無いのだから、文字として理由があると思うのですが・・・。

Aベストアンサー

皆さんの言われるとおりですが、戦後の国語改革で、歴史的仮名遣いを廃したものの、「助詞」に関してはそのまま残したように認識しています、ただこれは「不徹底」というより、助詞と、名詞をはっきり分離できるという意味があったようです。英文などでは単語と単語の間にはスペースを置きますが、日本文や中国文ではそのようなスペースは存在しませんからある意味合理的です。

句読点も旧い漢文などでは存在せず、あったとしても句点だけとかで、今のように整備されたのは明治以降です。読点もあるにはあったが、実際は殆ど使われておらず、江戸時代の本を原書で読むには慣れが必要です。

使われる「カナ」も江戸期までは全くバラバラでした。今も蕎麦屋の暖簾に「楚者」の草書が使われたり、「多ん古」(=だんご)などの表記が残っています。当て字なんかもザラです。書き順もメチャクチャ。ですから、カナや書き順をガタガタ言い始めたのは明治以降なんです。

artist0さんやHead_Syndicateの言われるように、音韻が「p->f->h」と変化してきたのは有名な話です。「百」という漢字音も
・中国マンダリン:b
・中国呉方言:p(確か)
・韓国朝鮮:p
・日本:h(p)
と変化してますね。

実はzerounoさんの「先駆者」がいるのです。「かい人21面相」です。彼らの脅迫状には、関西弁が使われ、助詞には「わ」、「お」、「え」使っていました。ある意味で革命的な出来事です。(彼らによる犯罪の善悪は別ですよ!!)

皆さんの言われるとおりですが、戦後の国語改革で、歴史的仮名遣いを廃したものの、「助詞」に関してはそのまま残したように認識しています、ただこれは「不徹底」というより、助詞と、名詞をはっきり分離できるという意味があったようです。英文などでは単語と単語の間にはスペースを置きますが、日本文や中国文ではそのようなスペースは存在しませんからある意味合理的です。

句読点も旧い漢文などでは存在せず、あったとしても句点だけとかで、今のように整備されたのは明治以降です。読点もあるにはあった...続きを読む

Q「仏教」と「現代社会」には どのような関係性があるのか。知りたいです! 教えて下さい!

「仏教」と「現代社会」には
どのような関係性があるのか。知りたいです!
教えて下さい!

Aベストアンサー

とても 紙面が足らないので
おおざっぱにポイントだけ言います
詳しくは 自分で勉強して下さい お願いします

現代社会とと文化は おおむね ここから始まったのです
だから 少し 仏教の歴史が必要

仏教の伝来と共に文化が開いています
国家が安定するんです
インドではアシュカ王 カニシカ王の時代 (戦争放棄 死刑も廃止)
中国は唐の文化(一番文化が開けた) アンコールワットの遺跡 ボドブロールの遺跡
日本では 飛鳥 天ぴょう(字が思い出せない)の文化(日本の始めての文化らしい文化)

仏教思想は平和的で 力の支配から法による支配を目指すんです
聖徳太子の17条憲法 等(死刑なし)
他の宗教に対しても 寛大で 仏教は 他宗教から 弾圧されても
他宗教を弾圧した歴史はありません
イスラム教 やキリスト教とは大きく違います

しかし 他宗教との共通性等も 関連も大事なので
参考にして 
  http://rokusann.sakura.ne.jp/newpage31.htm

 
 現代社会への影響は計り知れなく 語りつくせません
現代 使われている 仏教用語を調べただけでも 凄いですよ
書くのめんどうなので

関係性 と一口に言っても 関係ありすぎですで 語りつくせませんが
参考書に出ていない 個人の考えを一つ述べます
 違う意見もあるのは承知で
日本人の殆どは無宗教となっているように見えます
それは 既存の宗教への不信 無関心であり 僧侶の堕落が遠因なのです
しかし日本人は 宗教と言える 思想 哲学 を しっかり持っていると思われるのです
 社会の秩序を信じ 道理を信じ 善意を信じ おおむね正しく行動しています
人種差別をしない マナーを守る 親切  これは 世界に誇れます 
これは 長い間日本人が学んできた仏教思想なのです
これは日本人の誇れる宗教で 其の淵源は仏教にあるのです

余計な事かも知れませんが
仏教って 以外と 科学的なんですよ
  質問のお答えにはならないかも知れませんが
 参考に
   http://rokusann.sakura.ne.jp/newpage17.htm


質問は 簡単ですけど 答えは大変

とても 紙面が足らないので
おおざっぱにポイントだけ言います
詳しくは 自分で勉強して下さい お願いします

現代社会とと文化は おおむね ここから始まったのです
だから 少し 仏教の歴史が必要

仏教の伝来と共に文化が開いています
国家が安定するんです
インドではアシュカ王 カニシカ王の時代 (戦争放棄 死刑も廃止)
中国は唐の文化(一番文化が開けた) アンコールワットの遺跡 ボドブロールの遺跡
日本では 飛鳥 天ぴょう(字が思い出せない)の文化(日本の始めての文化らしい文化)

...続きを読む

Q歌集名をご存知の方・・

あどの大夫に鈴をまゐらしょ

歌集名をご存知の方いらっしゃいませんか?
宜しくお願い致します。。

Aベストアンサー

> 選択肢の内2つは和歌で、後の2つが卜養狂歌集,頼政集なのです。

 『頼政集』も和歌集ですよ。それに、源頼政は平安時代末の人ですから、時代も違います。

 『ト養狂歌集』は江戸時代の成立ですし、「翁」は、義太夫など、色々な古典芸能や大衆芸能に継承されたようですから、どちらかといえば、『ト養狂歌集』ということになりそうです。

 けれども、確認できないので、一度図書館で『ト養狂歌集』調べてみるのがいいと思います。

Qこういう俳句をご存知でしたら

きのう(4/5)の朝日新聞に、
 『大正14年当時のクロスワードパズル』の復元
とかいうのが載っていたので、やってみてたんですが、

『ミカヅキノ?ロヨリマチ?コヨイカナ』

という俳句の?の部分だけが埋められなくて、...

ヒントは、『名月の俳句(ミカヅキノで始まる)』となってます。
お分かりでしたら、よろしくお願いします。

それと、できましたら作者の方もよろしくお願いします。

Aベストアンサー

三日月の頃より待ちし今宵かな
松尾芭蕉

あんまり有名な句ではなさそうですが


人気Q&Aランキング

おすすめ情報