この間、テレビでクレヨンしんちゃんの放送を見ていたのですが、腑に落ちないシーンがありました。
ママがしんちゃんと友達を映画に連れて行く話だったのですが、ネネちゃんが「プログラムって買ってからいつも後悔するのよね」と、いかにも視聴者に向けたあるあるネタみたいなのを言っていたのですが、映画のパンフレットのことをプログラムって言いますか…?聞いたことがありません。古い人の言い方でしょうか。
しかもパンフレットって買って後悔するもの…?
パンフレットって映画を見た記念に買うものだと思っていましたが、内容に期待して買う人っているのでしょうか。
いるとすれば、アタリの内容、ハズレの内容とはどんなものでしょうか。
映画好きの私には、いかにも映画に興味のない人が書いた脚本のように思えました。
素朴な疑問程度のものなのですが、どうしても気になって…。ご存知の方いらっしゃったらよろしくお願いいたします。

A 回答 (9件)

そうですね、わたしもパンフレットと言いますし、まわりもそう呼んでます。


が、プログラムという呼び名に別に違和感はありません。そういえば、よく行く映画館の館内放送でも「鑑賞の記念に、プログラムはいかがでしょうか」って言っていたなあ…^^
「ビフテキ」と「ステーキ」のようなもの?(全然違うかしら…)その内「プログラム」の方が一般化する可能性はありますね。

それからパンフの当たり外れは大きいです…。
最近のはずれは『コラテラル』でした。
やたらと余白が多く、写真でごまかし、専門家の批評もひとつも載っていませんでした。
間に合わせで作った感があってがっかりです。

わたしにとってのアタリのパンフは、色んな視点からの批評が載っているもの、主役級だけ何ページも使っているのではなく、小さな役に至るまで、出演俳優が紹介されているもの、ある程度の厚さのあるもの(内容が充実していることが多いです)などです。
『ユージュアル・サスペクツ』や『リプリー』なんかよくできていると思います。

わたしも前は観た記念に~、と鑑賞前から何でもかんでも買っていましたが、今では気に入った映画でないと買わないし、見本があれば、見てから買うようにしています。

でも周りに映画ファンがいなくて、パンフ購入するなんて自分しかいないという環境の中、こういう質問を見るとなんだかうれしいです(笑)
    • good
    • 0

年に2回程度子供と見に行く程度の素人です。

(^_^)

パンフか?プログラムか?はプログラム派です。
プログラム 【program】を調べると
(2)映画・演劇・コンサートなど各種の催しの,番組・組み合わせ・順序・筋などを書いたもの。
とありましたので
「筋(ストーリー)」が書いてあるのでプログラムでよろしいのではないでしょうか。

あたり?ハズレ?については、
内容に過大な期待を持っていないので 「どちらもなし」かな。
昔は鑑賞記念品的発想だったので必ず買っていました。
途中貧乏学生の頃は、よほど気に入った作品しか買いません(買えません)でした。
いずれにしても、パンフの内容で買うわけではなく
作品が気に入る→あとで思い出すときの小道具 みたいなもの
でしたので、パンフの内容自体での○Xは無しですね。
最近は事前にストーリーを把握する為に購入・読んでから(作品を)見ています。
(この件(事前ストーリー把握)は賛否が分かれることでしょうから、ここでは不問にしてください。)

いずれにせよ、昔は今のように情報が氾濫していませんでしたので
パンフは重要でしたが、
最近は何でもネットで(タダで)入手出来ますので、私の中でその価値は半減してしまいました。
まあ、初心に戻って「子供とどんな映画を見に行ったか」の記念と思って買っています。

全然参考にならないですね。(^◇^;)
    • good
    • 0

最近は「プログラム」が一般的ですね。

「パンフレット」はあんまり使わないですよね。イメージの問題かもしれませんね。パンフはチラシの豪華版みたいに聞こえます。「プレスシート」はNo.6さんがおっしゃっている通り、試写会などで関係者に配布されるもので、ちょっと大きくてページ数が少ないもののことを言います。

あたりはずれですが、ぼくにとってはほとんどはずれですね。欲しい情報はHPなどで得られますし、関連本を買った方がずっと内容がありますしね。
だから最近は映画に行ってもほとんど(皆無に近い)買いません。子供を連れて行った時におねだりされて買うくらいです。記念程度の価値だと思ってます。
    • good
    • 0

この辺りのサイトをご覧頂くと


ネネちゃんの気持ちも「分からなくはない」気分に
なれるのではと思いますよ。

http://hb2.seikyou.ne.jp/home/lulu/cinepam/point …
http://cgi3.bekkoame.ne.jp/cgi-bin/user/b37116/s …
    • good
    • 0

プログラムって最近は一般的に言いますよ。

この頃は映画館に通うことが少なくなっているのでは。私はパンフですが。

プレスシートって広報の試写会なんかで業界関係者に配布されるモノを指すこともあります。パンフほど発行部数が多くないので、これを専門に集めている人もいるようです。

私は当たりのパンフはないです。ハズレのパンフもないです。一時期は映画を観ると必ずパンフも買っていたのですけど、最近は観終わって「これはパンフを買おう」との映画だけ購入してます。

それか知り合いと観にいってパンフも買うが読んだら捨てる、です。

凝っているパンフもありますけど、パンフに凝って映画が駄作なら本末転倒。したがって、私の評価基準は映画そのものです。
    • good
    • 0

さらに言うと「プレスシート」なんていう言い方もありました。

大昔の話ですけどね。

「プレス~」と「パンフ~」と「プログラム」は特に厳密な仕分けはありません。
memokoさんの回答に関係あるのですが、長谷川町子先生の「いじわるばあさん」のエピソード(68年頃の)で、これは映画ではなく歌舞伎の話なんだけど「プログラム買ったから」というせりふがありました。

ネネちゃんのママはなかなかの映画マニアみたいですね、シナリオを書いた方も。これは映画館に足げく通って経験した人で無いと分かりません。

パンフレットは実際当たり外れがあります。高いばかりで無内容なもの、意外なおまけが付いているものなど。最近はショウケースなどに入って手にとって内容を確認できない場合が多いので、買ってみないと分からないというのは事実です。
    • good
    • 0

コンサートなら、プログラムというので、最近は映画でもプログラムと言うのかもしれませんね。


パンフレットはいつも買います。そして、たいてい後悔します。
読みたくて買うんですが、思うほど記事が少ないし、子ども向けの映画になればなるほど、スタッフのコメントが少なくて不満です。
あと、記念に買うんですが、置き場所にも困ります。
500円~800円もするので、汚したくないのに、パンフレットと同じ大きさの印刷物は少ないんです。趣向を凝らしているので、通常の印刷物と違う変形版だったりしますし。

というわけで、パンフレットを買った後は後悔することが多いのですが、現場にいくと、出演者のコメントが読みたい。グッズの写真がみたい。監督の談話が読みたいので必ず買ってます。
捨てないので年々増えて行く……保管に気を遣う……
みんな、そう思っていて、後悔って言うんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0

映画館で売店や窓口の「パンフレット」を売っているところをよく観察してみてください。



ディスプレイされているものの値札には「プログラム600円」などと書かれています。

最近では「プログラム」が一般的なようです。

「パンフレット」と呼ぶのは、映画好きか年配者になってしまったようですね。
まあ、「パンフレット」というと、商品案内や会社案内などのカタログ的なイメージが付いてしまっているようですし、
映画の内容や上映時間、キャスト紹介を記載していることから、「プログラム」と呼ぶようになったのではないかと想像しています。

もちろん私は、頑なに「パンフください」と言って買いますが(笑)

あと、子度向け映画のパンフには、ペーパークラフトや絵本など、子供が遊ぶような仕様になっているものもあり、
純粋に作品解説がされていないものもありますので、そのことを指していたのかもしれませんよね。
    • good
    • 0

「パンフレット、或いは「プログラム」、どちらも同じ頻度で呼ばれ」ていると思います。

「プログラム」と呼んでいるのは映画業界の方が多いでしょうか。パンフレットは通常無料のイメージが強いのと、アメリカではこのような有料パンフレットのことをスーベニア・プログラムと呼んでいます。

スーベニアはお土産の意味です。そういうアメリカにはこのようなものを販売しているという習慣はありませんが。

プログラムは写真、解説、ストーリー、スタッフ・キャストの紹介、評論家・著名人等の署名原稿などがあって、映画ファンの方にはとても良い参考資料になりますよね。

値段の割には中身が今イチだったということはあっても、買って後悔するということはないと思いますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q香港映画と中国映画の違い。

映画ど素人の質問ですみません。
中国の映画には、中国映画と香港映画とわかれていますよね。
なんで2つにわけているんでしょうか?
見た作品でくらべると、「インファナルアフェア」とかの香港映画は近代的な映画中心にやっているけど、「HERO」とかの中国映画は古典的な映画を中心にやっていますよね。
全く2つの映画は同じ中国映画でも違うもんなんでしょうか?
あと、台湾映画もありますよね。

Aベストアンサー

日本映画と中国映画が全く違うことはおわかりでしょう。
同じアジア圏にあるからといって「東洋映画」で一括りに出来るものではありません。
旅をすると判りますが、中国から香港へ入る(またはその逆の)際には、出入国審査があり、パスポートの提示と出入国カードの記入が必要です。また台湾と中国を行き来する際にも同じ手続きを経なくてはなりません。
つまり、中国、台湾、香港は、それぞれ歴史も文化も異なる別個の国であり、映画会社も台湾や香港では資本主義の民間会社ですが、中国は国営スタジオですので共産党の意に反した映画は一切作れません。
日本や香港の映画俳優が中国映画に出演することもありますが、これはあくまでも客演(スペシャルゲスト)にとどまります。
ことほど左様に異なりますので、三者を区別しない方が不自然でしょう。

Q同じ映画で、パンフレットの内容が違うコトってあるの?

昔持ってたジャッキー・チェンの「酔拳」(’79)のパンフレット、もうずいぶん前に失くしてしまいました。
またどうしても欲しくなったので、通販で入手したのですが、以前読んだものと、評論文が違うのです。

1冊全部違うのではなく、バックの絵や写真は同じで、あるページの評論文が、以前読んでたパンフレットの文と違うのです。(執筆評論家まで違うかは わかりません。)

前のには、初めて日本上陸したジャッキー・チェン映画の主人公を「あら、ウチの松田優作にチョイ似じゃない?」
みたいなことが書かれてた気がします・・・。
今回手に入れたパンフの同ページには、それとは違った文です。

こんなことってあるのでしょうか? 増版で、内容が変わったとか?
あるいは、全く別の媒体(映画関連の雑誌とか)の記事を、そのパンフレットに書かれていたものと記憶違いしてるのでしょうか?

Aベストアンサー

一般公開用と、公開前の関係者用や試写用とでは、少しずつ違いますけどねえ。だいたい、おっしゃるような感じで違います。

Q映画祭が主催して映画を作ることはあるの?

世界各国、さまざまな映画祭がありますが、映画祭がお金を出して映画を作ることってあるんですか?
カンヌ映画祭やベルリン映画祭が映画を作ったなんて話は聞いたことがありませんが、他の映画祭ではこんなことはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「それぞれのシネマ」という映画がそうです。
カンヌ映画祭60周年に合わせカンヌ主催で作った映画です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=330555

調べないとわかりませんが、他の映画祭でも節目節目で作った作品があると思います。

Q映画のパンフレットっていつ買うのがベスト?

月に1回くらいの頻度で映画館に行っています。
以前は観た映画は全てパンフを買う派だったのですが、最近はお金に余裕もないし、
しまっておく場所にも困るので、見終わって面白かったものだけ買っています。
ですが、見終わった後に買うと、パンフに重要な情報(見所)が載っていることがあり、
映画はもう一度すぐ見直すわけではないので少し残念に思うことがあります。
先に買っておけばそこをちゃんと見れたのに……と思うので……。

ちなみに私がパンフを購入するのは、後から出演者のファンになったときに買っていなかったら後悔するからなのと、
出演者や製作者のインタビューが読みたいからです。(公式サイトはそのうち消えてしまうので)

みなさんはいつパンフを買っていますか? その理由は何ですか?
せっかくなのでパンフも100%楽しみたいです。アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
わたしも本命の映画は2部観するタイプです。(「ミリオンダラー・ベイビー」が早く観たいっ!)
2部観て、これはと思う作品だけパンフを買うことにしています。
ただ、単館系など入替え当然の場合は、(期待作にかぎり)上映前に買ってしまい
ストーリー以外サッと目を通しています。
「パンフを買うに値する映画か?」または「映画に見合ったパンフか?」という判断は
回を重ねても難しいですね。買いそびれて後から欲しくなるケースも多いですし…

で、
>後から出演者のファンになったときに買っていなかったら後悔する
場合ですが、これは我慢すると毒ですから(笑)やむをえず古書店で探すか、
ネットの映画パンフ通販で買うようにしています。

古書店はサブカルチャー系のほうが豊富で探しやすいです。都内でしたら神田古本街や
中野ブロードウェイにそういう店があります。
ネット通販は↓のURLをご覧ください。
ただ、どちらとも公開時より割高で、やはり「観たときに買っとけば…」と思いますが。

意外と嬉しいのは「ブック○フ」みたいなチェーン店で
掘り出し物(?)を見つけたときです。ネットで2千円のパンフが100円で埋もれていたり
するので、無駄と思いつつも一応探してみることにしています。

過去Q&Aで「パンフ」を検索すると、いろいろな情報や意見がみられますよ。
では、失礼します。。。

参考URL:http://www.tanabeshoten.co.jp/index.php

はじめまして。
わたしも本命の映画は2部観するタイプです。(「ミリオンダラー・ベイビー」が早く観たいっ!)
2部観て、これはと思う作品だけパンフを買うことにしています。
ただ、単館系など入替え当然の場合は、(期待作にかぎり)上映前に買ってしまい
ストーリー以外サッと目を通しています。
「パンフを買うに値する映画か?」または「映画に見合ったパンフか?」という判断は
回を重ねても難しいですね。買いそびれて後から欲しくなるケースも多いですし…

で、
>後から出演者のファンになっ...続きを読む

Q「映画館」が出てくる映画ってないでしょうか?

「映画館」が出てくる映画ってないでしょうか?
できれば、背景にエキストラのような感じで出てくるのではなく、ちゃんと「映画館」が物語に関わってくるものがいいです。

たとえばアニメなのですが、クレヨンしんちゃんの「カスカベボーイズ」という映画では、
映画館にやってきたしんちゃん達が、映画のスクリーンの中の西部劇の世界に吸い込まれる、というストーリーです。

このように、その映画のタイトルと、その映画にどのように映画館が出てくる(絡んでくる)のかを教えてください。
洋画カテゴリーですが、邦画でもアニメでも、なんでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

↓に一覧がありましたので、ご参考にどうぞ。
http://sapporo.cool.ne.jp/jojo129/gallery/theater/theater.htm

Q韓国映画の「マラソン」のパンフレットについて

 先日 映画館で「マラソン」を観てきました。とてもすばらしい映画だったのですが 急いで帰ったため うっかりと パンフレットを購入することを 忘れて帰ってきてしまいました。せひ 購入したいと思っているのですが 事情により 上映中に再度映画館に行くことは難しいのです。パンフレットだけ購入できるような通販などはないでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

下記サイトに在庫がありそうです。「在庫リスト一覧」の「ま行」で確認できると思います。

参考URL:http://www.cinemashop.co.jp/

Q「死霊の盆踊り」という映画がサイテー映画とは

「死霊の盆踊り」という映画の批評で、
「サイテー映画と呼ぶに恥じない映画」とか書いてありましたが、
「サイテー映画」とはどういう映画でしょうか。
またなぜ「死霊の盆踊り」という映画がそうなのでしょうか。

Aベストアンサー

厚いファン層の支持を得ているヨタ・カルト映画『資料の盆踊り』ですね。

私は何年も前に全編を通して見ましたが、かなり見応えのあるサイテー映画です。「呼ぶに恥じない」とは、よくぞ言いました。世の中には1円で売られている有名スター主演の映画ビデオがあるにもかかわらず、中古でもサイテー1980円からしかないのが賛辞の証拠です。

前置きが長くなりました。

>「サイテー映画」とはどういう映画でしょうか。

この場合は主に、芸術性、すじがき、カメラワーク、演技、照明や音声など各種技術のレベルがゼロという意味です。色彩と女優さんたちの容姿はそれなりに美しいです。

>またなぜ「死霊の盆踊り」という映画がそうなのでしょうか。

死霊が盆踊りをするだけの映画だからです。以下の解説も言い得て妙だと思いますよ。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=11171

Q映画のパンフレット

先日、家の掃除をしていたら映画のパンフレットが何枚か出てきました。
1年くらい前のものからそれ以上前のものまで。
その時は記念で買ったのですが、今となっては邪魔なだけ。
処分するにもちょっと枚数が多いかな、と思い、売れる場所があれば売ってしまいたいのですが、
映画のパンフレットを買い取りしているところはあるでしょうか?

Aベストアンサー

1)映画パンフレットを中心に売買している店では買い取りをしている所があります。
「映画パンフレット 買取」で検索すると、サイトが見つかります。
ただし、そういう店ではロードショー公開で大量に出回っているような
普通のパンフは買い取ってくれず、単館上映や変形サイズのような
数の少ない稀少物しか扱ってくれないようです。

2)ブックオフのような店舗も買取はしていますが、そういった稀少価値に関係なく
最近作であるかとか、状態がどうかで値段をつけますので、
まとめて二束三文で値付け…あるいは値が付かないので
先方で「処分」という形が多いです。

もし価値のありそうなものをお持ちでしたら、1)のような店に問い合わせてみるか
ネットオークションで出品するのが賢いです。珍しいのだと1冊2000円くらいの落札も
ありえます。

逆にロードショーものが多い場合は、処分してもらえると思って
ブックオフに持ち込むのもいいと思います。
大量の場合、自宅まで引き取りに来てくれる「宅本便」という方法が使えます。
詳しくはブックオフのサイトでお確かめください。

どのパンフが稀少なのかは、1)のような売買サイトでタイトル検索すると
確認できます。                                 

1)映画パンフレットを中心に売買している店では買い取りをしている所があります。
「映画パンフレット 買取」で検索すると、サイトが見つかります。
ただし、そういう店ではロードショー公開で大量に出回っているような
普通のパンフは買い取ってくれず、単館上映や変形サイズのような
数の少ない稀少物しか扱ってくれないようです。

2)ブックオフのような店舗も買取はしていますが、そういった稀少価値に関係なく
最近作であるかとか、状態がどうかで値段をつけますので、
まとめて二束三文で値付...続きを読む

Q映画一人派の方にお尋ねします

どうもはじめまして。
私は小さい頃から映画好きでビデオより映画館で観る方が好きです。よく映画館に一人で行くのはちょっと・・って方がおられますが実際の所私自身も少し前までは一人で行くのに抵抗がありました。反面本当の映画好きは一人で観るものだという意見もあるようですが最近その意味が何となくわかってきました。デートがてらによく映画を観に行ってましたが何となく相手の事が気になって映画に集中できなく結局終わってみたら今ひとつ映画の趣旨がわからないという事がよくありました。デートはデートとして割り切ればいいのですが私のような根っからの映画好きにはやはり映画に集中したいという気持ちが強くて最近は相手がいても映画だけは一人で行くようになりました。ちなみに相手には正直に理由を言ってます。来年辺り観たい映画が結構あるので来年は映画三昧の年にしたいなと思っている私ですが、私のように映画好きでやはり映画は一人でしょ!って方おられましたらその根拠を教えて頂けないでしょうか。
映画一人派の方々のご意見を一度聞いてみたいと思ったもので。
ご意見宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ちょっと歳が行っている男性(年齢は秘密)です。
映画が大好きで、学生時代などは最高で年間360本も見ました。

で、映画を見ているときには集中していますので、基本的には1人でも2人でも構わないのですが、自由に見たい作品を選んで、好きな時に見たいので、殆ど100%、1人で見てきました。

私にとって、映画とデートは別物です。デートなら他の場所や娯楽で楽しみました。
当然、映画が好きということもその理由ですが、デート手段としても、映画鑑賞中は会話がないし、あまり有効と思わなかったためもあります。

デートや、結婚後に妻や家族と見に行った作品は、余りにも数が少なくて、全部上げられる位です。
・ポランスキーの「吸血鬼ドラキュラ」・・・彼女に格好付けようと、ポランスキー作品を選んだら、喜劇で、かえって受けました。
・ビートルズ「イエローサブマリン」・・・特にビートルズファンではなく、これも格好付ける目的でしたが、大正解。
・キューブリックの「時計仕掛けのオレンジ」・・・妻と結婚後に見に行きました。妻は、未だにあれはよかったと言っています。
・「Dr.スランプ あられちゃん」・・・家族と見に行きました。子供と一緒に楽しみました。
・・・あと数本程度です。
※何か、秘密にした年齢が、モロバレですね。

これらの場合は、私にとって「映画を観る」という感覚ではなく、誰かと「遊びに行く」のに使った、数少ない例ということになります。

ですから、「映画を観る」場合は、必ず一人です。

ちなみに、年老いた?最近は、もっぱら家でビデオ鑑賞(それでも、週1本以上は観ます)で、妻と一緒に観ていますが、いらぬ質問はしてくるし、ホラー映画は嫌がるし、蛇が出てくると「ぎゃっ!」と叫ぶし、トイレに行くといって一時停止にさせられるし、最後には寝てしまうし・・・

つくづく、映画は一人で見るもんだと、実感している今日この頃です。

ちょっと歳が行っている男性(年齢は秘密)です。
映画が大好きで、学生時代などは最高で年間360本も見ました。

で、映画を見ているときには集中していますので、基本的には1人でも2人でも構わないのですが、自由に見たい作品を選んで、好きな時に見たいので、殆ど100%、1人で見てきました。

私にとって、映画とデートは別物です。デートなら他の場所や娯楽で楽しみました。
当然、映画が好きということもその理由ですが、デート手段としても、映画鑑賞中は会話がないし、あまり有効と思わなか...続きを読む

Q映画パンフレット

古い映画のパンフレットが沢山あります。処分したいのですが何処かで買い取って頂く方法はないでしょうか? 洋画・邦画混ぜて約100部ぐらいはあると思います。

Aベストアンサー

マニアのほしがるものはマニア向けの古書店に見てもらったほうが、

せっかくのコレクションが泣かないですみますよ。

例えば検索キーワードに、映画専門 古書店 を選ぶと。

こんなお店がありました。

http://www.jimboucho-vintage.jp/buynow.html

http://www.furuhonnya.net/

http://komadori-books.jp/

http://www5.ocn.ne.jp/~sawa1219/eiga.html

などなど価値もわからぬアルバイトに十把一絡げ、あげくが二束三文で値を付けられるよりは、
幸せではないでしょうか。


人気Q&Aランキング