最新閲覧日:

学校の課題として、「食物連鎖を第5次消費者まで50パターン調べよ。」とだされ、とりあえず自力で18パターンはつくりましたが、いきづまっています。少しばかり、手助けをお願いします。

A 回答 (5件)

思い出したので、追加。


食物連鎖、というのも、一本の鎖になっていなくて、たとえば、サンゴの天敵であるオニヒトデは、幼生の間にサンゴに食われているのですね。
人間の血を吸ったやぶ蚊をカエルが食べる、とかいうように、複雑なやつもあります。

昔、ザリガニつりをするのに、カエルを捕まえて糸につるしたのですが、考えてみれば、アメリカザリガニは食用
「オニヒトデ→サンゴ→オニヒトデ」というような方法もありますね。
「・・→人間→サメ」なんてのは、ひんしゅくものですので、控えたほうがいいでしょう。
    • good
    • 1

「肉食動物」4段階でしたか。

しょうもない出題で、貴重な中学生の時間をつぶさせて、けしからん教師だ。
「具体」的に「ヤブカ」「アマガエル」「シマヘビ」・・・でいくか。

あと、忘れられやすいですが、植物プランクトン(これも4つぐらい)→動物プランクトン(これも4つぐらい)→小魚など(これも4つぐらいすれば、組み合わせで50は突破)→中魚→大魚→人間(ヒト)。(動物プランクトンにも草食と肉食がありますが。)

最後に人間を持ってくれば、肉食動物が楽ですが、人間が食べてうまい肉食動物というと、ブリとか、マグロとか、いわゆる「高級魚」になりますね。海の植物プランクトンを調べたら、結構稼げそうに思います。

早く楽になって夏休みをエンジョイしてください。
    • good
    • 1

中学生でしたか。


私の想像ですが、「第5次消費者まで」という出題が、間違っているのではないでしょうか。生産者、消費者、分解者まで、ひっくるめて「5次」になるのでは・・?(3次消費者ぐらいなら、かんたんに出ますね。)

しかし、消費者だけで5次まで18パターンを、中学生で作ったのはえらい!

でも、そんなにたくさん、個別の例を引っ張り出すことが中学生の勉強として必要なのか、疑問です。私がk-kunさんの親なら、しょうもないことをやらすな、と、文句を言うところですね。
あと、「ヘビ」を「アオダイショウ」と「シマヘビ」にするとか、「カエル」を「トノサマガエル」と「ギンガエル」にするとか、「分類」をこまかくすると(さらに組合せで)数を稼げる、という手があります。そんな出題をする先生には、こういう姑息なこともありでしょう。

この回答への補足

B4のプリント1枚なんですが、一番上に、緑色植物→草食動物→肉食動物→肉食動物→肉食動物→肉食動物とあって、その下に具体例を書けという感じで、1から50まで番号がついた空欄があります。
昨日、友達に聞いてみたら、塾の先生に頼んだと言っていました。ちょっとくやしかったです(楽してる気がして・・・)。
少し疲れたので、後は、「シマヘビ」作戦と組み合わせでなんとか数を稼いでみます。

補足日時:2001/08/13 14:28
    • good
    • 1

食物連鎖といったら、アフリカでしょう!


アフリカの本などを調べてみるのも良いと思います。
図書館だったら冷房も付いているし、快適に勉強できますよ!
頑張ってください☆

この回答への補足

市営の図書館にいってきました!
あれこれ引っ張り出して探しましたが、思うような資料がなかなか見つかりませんでした。昼から夕方まで頑張ってなんとか5パターン増やしましたが・・・疲れました。

補足日時:2001/08/13 14:14
    • good
    • 1

「50パターン」は、本当に「パターン」を要求されているのでしょうか?


(学校は、農学部や理学部?)
動物の種類をあげて、内容的には変わらない(肉食昆虫が肉食魚類になるだけ、とか)ものを「1パターン」として水増しすることが前提だとか・・・。

この回答への補足

中学生なので、身近な例を調べればいいんだと思っています。例えば、イネ→イナゴ→カエル→ヘビ→イタチ→ワシ。他に、落ち葉→ダンゴムシ→カニムシ→モグラ→ヘビ→ハヤブサなどを考えました。事典や資料集など探しましたが、3次消費者か4次消費者までしか載っていません。何とかして調べたいのですが・・・

補足日時:2001/08/06 20:01
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報