うがいには、主にのどを洗浄する「がらがら」と、主に口腔を洗浄する「ぶくぶく」があるとおもうのですが、この言い方は、口語(しかもどちらかというと子ども向けの)だと思います。「がらがら」と「ぶくぶく」を区別するような一般的な言葉(名詞)はあるのでしょうか。

A 回答 (3件)

一般的な言葉ではないと思いますが、うがいは専門的には含嗽(がんそう)といいます。


いわゆるぶくぶくは口腔含嗽、がらがらは咽頭含嗽、ということになりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんな専門用語は知りませんでした。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/17 07:27

こたえになってないのですが、うちの子が行ってる保育園では、「ぶくぶくうがい」と「がらがらうがい」です。

(そのまんまやんか!と突っ込みが入りそうですね。でも子供向けだし、名詞です。(^_^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まさに、そのまんま、ですが、これが一般的に(大人も)わかりやすい言い方なのかもしれませんね。

お礼日時:2001/08/17 07:30

????? 区別は無いのでは?




「うがい、嗽」と、「口内洗浄、口を濯ぐ(濯(すす)ぐ・洒(すす)ぐ・滌(すす)ぐ・漱(すす)ぐ」、または、濯(ゆす)ぐ」くらい?




うがい【嗽】
水などを含んで口やのどをすすぐこと。

―ぐすり【嗽薬】
―だらい【嗽盥】


がんそう【含嗽・含漱】
口をすすぐこと。うがい。


------------------------------------
mouthwash
マウスウォッシュ、口内洗浄剤、うがい薬、含嗽(がんそう)剤


------------------------------------
collutorium
【医学】うがい剤, 含嗽(がんそう)剤 (mouthwash)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

様々なミニ知識をありがとうございます。

お礼日時:2001/08/17 07:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうがいとスピリタス一口とどっちが効果がある?

インフルエンザ予防に毎年
帰宅後の手洗いとうがいは欠かせません。

ただいつも思うのですがうがいだと
口の中だけしか洗浄できませんよね?
そこで誰もが一度は思うことかと思いますが
お酒を飲めばいいんじゃないの?
毎日帰って晩酌してるから大丈夫だろうとか・・・
で、調べてみるとアルコールだと70度以上位ないと
殺菌効果はないそうですね。
そこでスピリタスと言うお酒(ウォッカ)がありますが
値段もやすくアルコール度数は引火するレベル(96度)です。
これを毎日帰宅後にうがい代わりに一口飲むと言うのは
どうでしょうか?
これで殺菌できるなら喉の奥まで隈なく殺菌できると思うのですが。

Aベストアンサー

のどの粘膜についたウイルスは直ぐに体内に侵入しますから、
殺菌目的で帰宅後にうがいしても効果は薄いです。
うがいは菌を洗い流すことより、乾燥によるのどの粘膜の防御機能の低下を防ぐようです。
ですので、酒でうがいするとのどが荒れてかえって感染しやすくなるのでは。
また、インフルエンザのウイルスは、乾燥に強いので、
物を手で触った後に口などに触れると感染する率が高くなります。
ですので、手洗いの方が予防としては有効です。

Q普通名詞 一定の形のある人や物 集合名詞 同種類の人や物の集合体 固有名詞 1つしかない人名・地名

普通名詞 一定の形のある人や物
集合名詞 同種類の人や物の集合体
固有名詞 1つしかない人名・地名など
物質名詞 一定の形のない物質
抽象名詞 具体的な形のない物質

Aベストアンサー

まあ、もちろん
覚えたほうがいいですよ。
使い分けがよくわかります。

まあ覚えなくても支障はないですが。

Qイソジンでうがいの後....

 口内炎の予防(口腔衛生)にイソジンを使いたいのですが、うがいの後残る薬臭が嫌で口をすすぐようにしています。これは効果が薄まりますか。それとも最初のうがいで殺菌されているので問題ないですか。

Aベストアンサー

口腔内をイソジンでうがいすれば,菌が殺菌され口内が消毒出来た訳ですから,その後水道水で味を消せばいいです.大丈夫です.

QSIP洗浄とCIP洗浄の違いは?

食品機械の洗浄方法ですが、なにが大きく違うのでしょうか?
また、最近耳にしたのですが、ヨーロッパのEHEDGとは何のことで、アメリカ食品規格のFDAとは何が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

医薬品業界でも同じ言葉を使いますので、
多分、同じ意味だと思います。

CIP=Clean-In-Place(定置洗浄と訳されています)
自動洗浄のことですね

SIP=Sterilize-In-Place(蒸気滅菌)
ですが、これも自動で行うことを主に言います。

どちらも、今は自動化をコンピュータで行うので、
その、確実性・再現性の検証(評価)が必要とされています。

FDAは、規格ではなく、米国の「食品医薬品局」Food and Drug Administration
のことです。

EHEDGは、European Hygienic Equipment Design Group
「ヨーロッパ衛生機器設計グループ」の略称です。
http://www.alfalaval.co.jp/hanashi/main.html

参考URL:http://www.fda.gov/

Qうがいを毎日すると免疫力低下?

風邪の予防として、
毎日イソジン(うがい薬)でうがいをしているのですが、
のどを殺菌しすぎることで、
のどの免疫力が低下するのではないかと
最近不安に思っています。

実際のところ、どうなのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

風邪の予防のために「うがい」を推奨しているのは、日本だけだと思います。少なくとも信頼しうる欧米の教科書では、手洗いは推奨していますが、うがいが風邪予防に有効であるという記述は全くありません。残念なことに、イソジンうがい薬が風邪を予防するということを正しく証明した医学論文は存在しませんが、その逆の(水でうがいをした群、何もしなかった群の方がかかりにくかったという)信頼しうる研究結果が近日中に、一流雑誌にでる予定です。お茶でうがいをすると有効ということを唱える人もいますが、根拠はかなり怪しいといわざるをえません。

Q日本語/方言/口語の鼻母音

 日本語では、実際に日常生活で話すときには=
口語的には、母音直後の鼻音が鼻母音として実現
されることがある、と報告されていますが、この
場合モーラ(拍)と音節はどうなるのですか? 
 また方言として、現在あるいは過去において、
どこで使用されましたか(近代の東京以外)?

 また、これも前に回答として書いた内容ですが
中国語、というより漢字として来た時は閉音節で
あったのに向こうでは鼻母音に変化はしなかった
と学んだのですが、なぜですか? また日本でも
なる場合とならない場合があるのはなぜですか?

 中国語では、開音節とモーラ音素で構成される
日本語とは事情が違うので、単に、子音が母音を
主としての付加ではないというだけかも知れない
のですが、日本語では鼻母音は公的・フォーマル
な発音とはされなくてもかなりの使用例があり、
単なる発音上の労力の節約としても、状況の違い
が関係するとしても、どこがどう違うのですか?
制限がなければいつも使われているはずです。
 他の回答で鼻母音について書いたとき、なぜか
中国語に鼻母音がある話と誤解した人がいたのは
この問題を学校教育等で全く教えずにいるため、
認識にまで歪みが生じている可能性があります。

 私もかなり注意していないと鼻母音の存在さえ
認識できないので、差はないんです。 たまたま
学習しなければ一生目隠しのままだったはず。
 LとRの別は英語等を通して存在がわかる様に
ならなくても他国の言語の話だからいいとして、
これは日本語の話です。 自分でも使っている、
その方言にも見られ、それが代表的な例!として
登場します。 「慣れ」が区別能力を奪っている
としても鼻母音化制限の理由を知りたいんです。
 
 自分が普段してる事で、他人しか知らない事が
あるなんて、プライバシーも何もないですよ。

 日本語では、実際に日常生活で話すときには=
口語的には、母音直後の鼻音が鼻母音として実現
されることがある、と報告されていますが、この
場合モーラ(拍)と音節はどうなるのですか? 
 また方言として、現在あるいは過去において、
どこで使用されましたか(近代の東京以外)?

 また、これも前に回答として書いた内容ですが
中国語、というより漢字として来た時は閉音節で
あったのに向こうでは鼻母音に変化はしなかった
と学んだのですが、なぜですか? また日本でも
なる場合とならな...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと質問がむつかしいので、わかることだけ説明します。

明治になって、上方ではガ行鼻濁音がなくなりました。
上方の文化を輸入した東京では、若者を中心に、
鼻濁音でしゃべられなくなっています。
東京の標準語規定では、鼻濁音で話すこととしていますが、
古い発音です。

Q鼻うがいでイソジンは有効なのか

題名のとおりです。鼻うがいでイソジンは有効なのでしょうか。
刺激も強いですしあまり有効ではないとうわさでしか聞いたことがないのでよくわかりません・・・。

先ほどイソジンでうがいをしててたまたま鼻に入ってしまったのですが別に気持ちがよくもわるくもないので、殺菌作用だけ有効ならいけるのかな とおもったので書き込ませてもらいます。ご教授願います。

Aベストアンサー

大阪府の医師です。
イソジンは粘膜組織障害性が強いので、喉のうがいの際でも炎症が強い場合はあまりよくありません。
はなうがいには使用しない方がよいでしょうね。

Q古典の口語訳(急ぎで・・・)

古典の問題で、「え答へずなり侍侍りつ」
を口語訳しなさいという問題があるのですが、
「答えられなくなりました」では現代語訳になって
しまいますよね。
ということは「え答えずなり侍りつ」
で合ってますでしょうか.
教えてください。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

「古語」あるいは「古典語」に対する用語としては「現代語」といい、「文語」に対する用語としては「口語」という、どちらも同じものを指します。つまり、「古典語=文語」、「現代語=口語」ととらえてかまいません。だから、「え答へずなり侍りつ」の「現代語訳=口語訳」は、「答えられなくなりました」で正解です。

「答へず」を「答えず」とするのは、「訳」ではなく、「現代仮名づかい」に直しただけですね。

Qうがい薬は体に悪くないですか?病気の予防になってますか?

外から帰ったら、必ずうがい薬でうがいをしなさいとよく言われます。
でも、殺菌効果があるということは、何度もうがいをすると、
体内に浸潤して細胞を傷つけたり、
善玉菌を殺したりの副作用はないのでしょうか?

野菜の残留農薬は問題になるのに、
なぜうがい薬は問題にされないのでしょう。

病院に行ったとか、大勢の人ごみの中にいたとかでなければ、
やめておいたほうがよくはないですか?
1日に何度もうがいをしている人を見ると怖くなります。

そもそも鼻で息をしているわけですから、
病原菌は鼻毛か鼻の粘膜につくのでは・・
鼻でうがいしないと意味ないように思います。

果たして、病気の予防になっているのでしょうか?

Aベストアンサー

実は、うがいは日本独自の文化で、海外では(WHOでは)推奨しておりません。

日本では、うがいの効果として咽頭に付着したウイルスやそれらが産生したプロテアーゼを洗い流す意味で、一定の感染の予防効果はあるとされています。
驚くべきことに、最も予防効果があるのは水道水でのうがいで、イソジンを使用したうがいは水道水のうがいよりも予防効果が低いことが、研究により明らかにされています。

結局、飛沫感染の予防には、予防よりも適切なマスク着用の方が効果があるようです。
(体内にウイルスが入ってしまってからでは遅い!ということですね・・・)

あと、鼻うがいもちゃんとありますよ!

Q日本語の口語の上達方法?

中国から日本に仕事をしに来てすぐ半年になった。
なかなか、口語はうまくいかなかった。以前、教科書で勉強した日本語を会話の場合に使ったら何とか不自然の感じだと思う。何かいい方法を教えてくれる人はいないですか?特に中国語を勉強してる日本人はよくこの気持ちを理解できると思う。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

とてもよく通じる日本語でお見事です。
あとは語尾部分だと思います。文通でもいいので日本人に教えてもらえるといいですね。以下質問文を訂正しておきます。
-------------
中国から日本に仕事をしに来てすぐ半年になった。(→もう半年になりました。)
なかなか、口語はうまくいかなかった。
(→うまくなりません。)
以前、教科書で勉強した日本語を会話の場合に使ったら何とか不自然の感じだと思う。
(→会話に使ったら何となく不自然な感じに思えます・何だか不自然です。)
何かいい方法を教えてくれる人はいないですか?
(→教えてくださる方はいらっしゃいませんか・教えていただけませんか。)
特に中国語を勉強してる(→していらっしゃる・しておられる)日本人は(→日本人なら)よくこの気持ちを理解できると思う。
(→理解してくださると思います。)
よろしくお願いします。
---------------
ここに書かれている皆さんの回答をまず音読してみると違いがお分かりになると思います。がんばってください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報