ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

酒のつくりのほう「酉」は今年の干支の「とり」ですよね。「酉」の字は、徳利の形から来た象形文字で
それと水を意味するさんずいが合わさって「酒」の字になったと成り立ち辞典で読みました。
さて、「酉」のほうですが、これが徳利だとすると酒と関係がある漢字ですよね。その徳利と干支の「とり」はどういう関係なんでしょうか。
「酉」の語源、成り立ちと、干支のとりの関係を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

こんにちわ(/は)。



「酒」「酉」は中国古来からの文字で、日本に移入された文字すね。この二字の関係は中国でも定説というものが無いようですが、通説ならあります。郭沫若≪甲骨文字研究≫や中国製の≪語源字典≫≪漢字字典≫などを参考に概略を簡単に以下;

酉:(象形文字):中国標準語発音でyou/ヨウ。日本語音読みでゆう、訓読みでとり。
数千年前の甲骨文字に原型があります。底が鋭く尖った酒を入れるのカメを表しています。最上部の一が蓋、下部が酒のカメを表します。3000年位前の金文文字(青銅器文字)時代や、2200年位前の秦始皇帝が文字整理統合をして篆書体が生まれた頃になるとすでに現在の字形とほぼ同型です。

数千年前から3000年前くらいまでの字義の発展経緯は;
a:酒のカメ。
b:酒を飲むときの器。
c:十二支の第十番目。
d:現代の時間で、午後五時から七時の間の二時間。
e:農暦(日本語で言うところの旧暦)の八月。
f:西の方角(地球の自転方向の逆方向)。
g:西洋暦の1645年で、農暦で言う"乙酉年"に相当。

これ以降に、サンズイが付加されて液体の酒を表す様になりました。古代のお酒は、穀物を発酵して製造します。穀物の収穫は普通は農暦の八月頃で、すなわち秋期です(e:に該当)。
----
以上のように、酉の字には全く「鳥・鶏・とり」の意味は存在しません(中国では)。

酉の字を、鶏などの「鳥/とり」にしたのは、"単なる方便"です。"覚えやすくする"ために、十二支全てに動物があてがわれています。これは中国の伝説で十二宮にそれぞれ住むといわれる動物を参考にしています。その習慣を日本も取り入れました。あてがわれた動物の種類が中国と異なる干支種が一つあります。

「亥」は中国ではイノシシ、日本では豚をあてがっています。
以上です(^^♪。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

くわしく教えていただいてありがとうございます。
つまり、鳥とは関係ないと考えていいわけですね。
動物にしたほうが、学問のない人たちにもわかりやすいから、単なる記号というのか数字がわりだったわけですね。
勉強になりました

お礼日時:2005/01/19 06:33

干支における動物の配当は三十六禽と関係があると思います。

三十六禽は時媚鬼という鬼(き<通力を有する死者の意>)がその日の朝・昼・夜に属性のある動物に姿を変えて、行者を悩乱させるという一種の疫神です。これの一覧を見ると夜・昼・朝と順に見たら干支の動物と一致します(なお、通俗的には子丑寅…戌亥の順ですが、正しくは寅卯…子丑です)
そこから酉は鶏が配当されたのではと考えるのですが。

寅=狸・豹・虎
卯=狐・兎・狢
辰=竜・蛟・魚 
巳=蝉・鯉・蛇
午=鹿・馬・くじか
未=羊・雁・鷹
申=おながざる・猿・猴(さる)
酉=烏・鶏・雉
戌=狗・狼・豺(やまいぬ)
亥=豕・鼬・猪
子=猫・鼠・伏翼
丑=牛・蟹・鼈(すっぽん)
    • good
    • 0

おっしゃるように「酉」は、酒ツボの象形です。


これがなぜ十二支の第十位に配されたのかは不明です(十二支全体で作物の生長過程を表すという説あり)
十二支については以前にも質問がありました。
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1164271
とにかく単に12に分けられた時間・空間を表す用法が先で、動物は後からつけられました。

十二支に配される動物を「十二生肖」または「十二属」と言いますが、従来、この「十二生肖」を十二支に配したのは後漢の王充(おうじゅう)と言われてきました(彼の著作『論衡』物勢篇に例えば「酉は鶏なり」の記述があります)。しかし、1975年に湖北省雲夢県睡虎地十一号秦墓から出土した竹簡『日書』に「子は鼠なり、丑は牛なり・・・」というように今の十二支の動物に近い記述が見つかったので、少なくとも秦代(前221~前207)には原型となるものがあったということが分かっています。ちなみに「酉は水なり」と書かれています(水は雉(きじ)のことか?)。
なぜこれらの動物が配されたのかは不明です(バビロニアの黄道十二宮の影響を受けたのかとも言われています)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

バビロニアとは壮大ですね。どこかで東西が繋がっているのでしょうか。どうしてこの12の動物が選ばれたのか(多少のバリエーションはあるにしても)も不思議ですね。星占いの星座も動物が多いし。(水がめなんてあるけど)考えると興味がつきません

お礼日時:2005/01/19 06:36

正月明け、台北の故宮博物院での


ガイドさんの解説を思い出しましたので
参考までに。

「酒」は1日のうち、いつ飲むか?
それは「酉の刻」だそうです。

4の回答者様のdにあたるので
夜のこの時間に飲むと言われて
いたという解説を聞きました。

酒を造る季節という説もあるし
本当に漢字って奥深いものですね。
    • good
    • 0

>「酉」の語源、成り立ち


これは質問者さんが、仰るとおりです。

干支との関係は本来12年で天を一周する木星の
年を数える数詞が月を数える数詞となり
酉(ユウ)は果実が熟れ過ぎている月と
されてきました。
それが後漢の『論衡』で、一般に、作者の王充(おういつ)が民衆に十二支を浸透させるべく、抽象的な数詞を覚えやすく馴染み易い動物に替えたものなのだろう、と言われているそうです。
なぜ、酉を鶏にしたのかは分かっていません。

福島県に伝わる民話も紹介していますが、
あくまで、後の人々によってつくられたものです。
また、世界の十二支も紹介しており
猫や豚を採用している国もあるようですね。

参考URL:http://enkan.fc2web.com/zatu/23.html
    • good
    • 0

以下だそうです。



参考URL:http://shugou.mimo.com/shiru/chishiki/017.html
    • good
    • 0

白川静さんの「字統」平凡社は参考になると思います。

是非読んでみて下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。
残念ながら、日本にいませんので、近くに字統を手にすることができません。こんど帰国したときに探してみます。

お礼日時:2005/01/19 06:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q残酷な天使のテーゼの「テーゼ」の意味

新世紀エヴァンゲリオンの主題歌残酷な天使のテーゼの「テーゼ」の意味を教えてください

Aベストアンサー

テーゼ=These
でドイツ語です。
「肯定的に主張すること。そうする為の判断・命題。」
となりますが、元が哲学的な言葉ですのでそれなりの知識が無いと理解でき無いかもしれません。

ちなみに、反対語は「アンチテーゼ」antitheseとなります。

Q終息と収束の違い

先日Alizとかいうワームが会社中に蔓延し、大変な労力を取られたのですが、やっと落ち着いてきました。
この場合、「収束宣言」なのか「終息宣言」なのか、どちらでしょうか。
「サメ事件の収束宣言」
「火山の終息宣言」
と新聞はいろいろな書き方をしているように思われますが、正しい使い方をご教授いただけないでしょうか。

Aベストアンサー

 
  一般的な言葉の用法というか、意味について述べます。
 
  収束も終息も、ものごとや事態が、ある時間的推移の後、別の状態になることを意味する一般的な言葉で、ものごとや事態が、人間にとって都合がよいか悪いかは関係がありません。
 
  非常に簡単に言えば、「収束」とは、事態が「あるまとまりになること・収まる」ことです。「終息」は、単純に、事態が「終わる」ことです。
 
  収束というのは、文字を見ると分かりますが、「束に収まる」という意味です。これは、広がりがある事態が、「束」つまり、ある「まとまり」へと移行することで、まとまりに収まることが、秩序状態だとすると、無秩序だったのが、秩序になるという風な意味になります。
 
  終息というのは、「息が終わる」と読めます。これは人が死んで息がなくなるというような感じがしますが、人の死についてというより、物事の事態が、死ぬように、終わりを迎えるということです。
 
  「よき時代の収束」とは言いませんが、「よき時代の終息」とは言います。
  「収束」の場合も、よい事態が、悪い方へ収束するというのもあるはずですが、例文を造ろうと思うと適当なものがとりあえず思いつきません。「収まる」というのが、やはり、よいことだというような感じがあるためでしょう。
 
  というような意味・ニュアンスなのが、「収束」と「終息」です。
 
  ですから、「サメ事件」は、「収束」でも「終息」でもいいのですが、サメ事件は、毎年起こる可能性があるので、今年は「収束」を迎えた、あるいは、今回の事件は収束を迎えた、しかし、そう思っているとまた、サメに襲われたという通報があって、収まったものが、またばらけるという可能性があるので、「収束」を使っているのでしょう。
 
  他方、火山の「終息宣言」というのは、火山騒動も「収束」を迎えたというなら使えますが、火山活動は、始まるか終わるで、あまり、「収まる」ものではありません。「治まる」というような感じです。従って、火山活動の場合は、「終息」の方が相応しいということになります。

  終息宣言を出したと思ったら、翌日にまた活動を再開した場合、これは火山活動についての学者の予測あるいは判断が間違っていて、火山活動は実はまだ終息していなかったのです。他方、サメ事件の場合は、一頭あるいは数頭のサメで起こっていたサメ事件が、原因となるサメが捕獲されたり、外洋に去ったことが確実だと思えた場合、人々の心の動揺などが「収束」を迎えたのです。しかし、別のサメが現れると、またサメだという動揺が起こるでしょう。サメ事件の場合にも、「終息」が使えますが、あるサメ事件は終息しても、次のサメ事件がすぐ後に起こるかも知れないので、人心の動揺などの意味のサメ事件は、収束はするが、終息は難しいということです。
 
  こういう言葉の使い方は、言葉の基本的な意味を知り、場合場合で適切かどうかの判断が必要になります。新聞記事と言っても、表現がおかしい例は幾らでもあります。また、おかしい表現がそのまま定着して、そういう用法が生まれてしまうこともあります。言葉の意味は、時代と共に変化して行きます。
 

 
  一般的な言葉の用法というか、意味について述べます。
 
  収束も終息も、ものごとや事態が、ある時間的推移の後、別の状態になることを意味する一般的な言葉で、ものごとや事態が、人間にとって都合がよいか悪いかは関係がありません。
 
  非常に簡単に言えば、「収束」とは、事態が「あるまとまりになること・収まる」ことです。「終息」は、単純に、事態が「終わる」ことです。
 
  収束というのは、文字を見ると分かりますが、「束に収まる」という意味です。これは、広がりがある事...続きを読む

Qいろはにほへと・・・の意味を教えて

「いろはにほへと・・・あさきゆめみしえいもせす」
にはきっと意味があると思うのですが。
何を詠っている不明なので教えて下さい。

Aベストアンサー

昔は学校で習ったり、本を読んだりして「知っていて当たり前」だった「いろは」です。(ちなみに私は60代)

「色は匂へど散りぬるを 我が世誰そ常ならむ 有為の奥山今日越えて 浅き夢見し酔ひもせす」

これは、48文字すべての仮名を一度だけ使って詠んだ歌で、これには感心しますよね・・・

意味は「すべてのものは一瞬光り輝くが やがては散ってしまう 私が住むこの世界もいつまでもあると誰が言い切れるだろうか いろいろある世間を今日も越えて行く 浅くはかない夢を見まい それに酔いしれもしまい」
と言う事ではないでしょうか・・・

人生を達観した人の歌だと思います。
我流です。他の人の解説も参考にして私も改めて勉強したいと思います。
 

Q「御中」の使い方

「御中」の使い方について教えてください。

送り先に「○○係」までと書いてある場合、「御中」に直しますよね?この場合の「御中」の使い方は、
1.「○○係 御中」
2.「○○ 御中」
のどちらなんでしょう?こんな質問をするのは恥ずかしいのですが、いつも迷って困っているので教えてください。

Aベストアンサー

○○係 御中  です。
御中とは、会社など、直接誰宛かわからないが、「その中のどなたか」に出すときに使います。

だから、その係の誰に出すかがわかっている場合は、
「○○係 △△様」となるのです。

Q「わかりづらい」  と  「わかりずらい」

「わかりづらい」  と  「わかりずらい」
漢字にすると(判り辛い、解り辛い)なのかと思います。

「わかりづらい」が正しいとおもって使っていたのですが、
最近「わかりずらい」もよく目にします。

二者択一だったら皆様はどちらを使うべきですか?

アドバイスを頂きたいと思います。

Aベストアンサー

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn.x=29&jn.y=11&kind=jn&mode=0

私は辛い(つらい)→づらい、と考えて「づらい」を使っています。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn...続きを読む

Qこんにちわ と こんにちは

こんにちわ と こんにちは。
一体どちらの表記が正しいのでしょうか。
意味合いを調べたら「今日は」から来ている挨拶で
多分「こんにちは」の方が合っていそうな気がしますが
「こんにちわ」と書く方もいますよね。

…長年日本人やってますけど、よくわかりません。
皆様のご意見を聞かせて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

この質問は過去に何度か出されており、
多くの方の興味を弾くテーマなのだということが
わかります。

こんにちは が歴史的には正しいです。
「今日は、お日柄もよろしく・・・(例)」などの
挨拶文の最初の部分だけが残った挨拶語ですから。

しかし、助詞の wa は「は」 と表記する約束に
なっているだけで、
助詞という印象の薄れてしまった挨拶語として
「こんにちわ」 と書いても
それはむしろ発音的には正しいということになります。

それで現在では両方の表記があるのでしょう。

尚、♯5さんの回答には誤解があるようです。
「ha」の音は初期の日本語には存在せず、
「は」と書いて「pa」と発音していました。
次に平安時代に「fa」になり、
今では「は」は「ha」なんです。
助詞のwa を「は」 と書く、
助詞のe を「へ」で書く、
これは表記上の約束事です。
発音の変遷とは別テーマです。

>最近では、「お」と「を」について、
>前者を「O」、後者を「wo」と発音する人が増えてきて

これもちょっとした誤解でしょう。
歴史的に「を」は長い間 wo と発音されてきましたが
大正時代ごろからどちらもoになる傾向です。
地域的に・年代的に
をwo と おo を区別して発音する人は
いまもいらっしゃいます。
歌手などは、歌の意味をはっきりさせるために
きちんと弁別して発音するので
そうしたアーティストの影響をうけた若い方が
をwo と おo を区別するようになっています。

この質問は過去に何度か出されており、
多くの方の興味を弾くテーマなのだということが
わかります。

こんにちは が歴史的には正しいです。
「今日は、お日柄もよろしく・・・(例)」などの
挨拶文の最初の部分だけが残った挨拶語ですから。

しかし、助詞の wa は「は」 と表記する約束に
なっているだけで、
助詞という印象の薄れてしまった挨拶語として
「こんにちわ」 と書いても
それはむしろ発音的には正しいということになります。

それで現在では両方の表記があるのでしょう。

...続きを読む

Q住所に記されてある「大字」や「字」とはどうゆう意味なのですか

こんにちは。よろしくお願いします。
住所に記されてある「大字」の意味がよく分かりません。
私が勤めてある会社にも明記されてありまが、私の実家の住所には明記されていません。
これはどのような意味なのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の方の回答の繰り返しになる部分もありますが…

「字」というのは、江戸時代頃から使われていたと思われる土地の区分です。
ほとんどの場合、かなり狭い範囲(今でいう何丁目レベルよりも狭い)を差すようです。
だいたい同じような意味で「町」という言い方もよくします。(市町村というときの町と同じ文字ですが、違う意味の言葉です)
「字」が何か「町」が何かというはっきりとした定義づけは恐らくありません。
江戸時代からの地名が消えて、新しい地名がついている場合も多いと思いますが、その地名のことも、「字名」や「町名」ということが多いようです。
ちなみに、「緑ヶ丘一丁目」という地名であれば、「~~丁目」まで含んでひとつの町名ということになります。

「大字」についてですが、
明治時代になり、廃藩置県に市町村制と、新しい国づくりをするときに、いくつかの町村が合体して、もう一回り規模の大きい町村になるということが全国的に起こりました。
そのときに、もともとの村(町)名が消えてしまうのを防ぐためでしょうか。
もともとの村名は「大字名」になりました。
たとえば、「いろは村」と「ほへと村」が合体して、「ちりぬる町」になったときに、「ちりぬる町大字いろは~~」や「ちりぬる町大字ほへと~~」が生まれたわけです。
これは、明治政府が出した命令文書が残っているので来歴がはっきりしています。

つまり、もともと「字」という言葉があって、明治時代になって、それより大きな範囲の「大字」というものが作られたということです。

ちなみに、「大字いろは」の場合は、「大字~~」の部分まで含んでひとつの地名ということになります。

実際上の表記として、「大字」の部分を省いて表記することが広く行われていますが、登記簿謄本など地名を正式に書いてある文書を確認すると、「大字」がついていることが多いと思います。
「字」もついていることがありますが、これは、明治からの長い歴史の中で市町村合併や区画整理、住居表示などいろいろな理由で、地名変更が起こり消えてしまっている可能性が大きいです。

「大字」についても、同様の理由で、まったく違う地名になっていることが増えています。新しく地名を作ったときには、「字」やら「大字」やらをつけるという決まりはないので、普通はつけません。

「ちりぬる町大字いろは字あいう123番地」
  ↓
「ちりぬる町いろは二丁目123番地」

こんな風に変わっていきます。

質問とは関係ありませんが、「~~丁目」というのも、非常によく使われる地名ですが、「丁目」というのも何ら定義づけのあるものではなく、単に全国的によく使われている表現ということになります。

ちょびっと不正確なところもあるかもしれませんが、だいたい理解に役立つつもりです^^;

まだ、疑問がありましたら、重ねてお尋ねください^^

他の方の回答の繰り返しになる部分もありますが…

「字」というのは、江戸時代頃から使われていたと思われる土地の区分です。
ほとんどの場合、かなり狭い範囲(今でいう何丁目レベルよりも狭い)を差すようです。
だいたい同じような意味で「町」という言い方もよくします。(市町村というときの町と同じ文字ですが、違う意味の言葉です)
「字」が何か「町」が何かというはっきりとした定義づけは恐らくありません。
江戸時代からの地名が消えて、新しい地名がついている場合も多いと思いますが、その地名...続きを読む

Q「ようたい」は様態?容態?容体?どれが正しいの?

体調が急変した時に使う、「ようたいが悪化した」の
「ようたい」はどれが正しいのでしょうか?パソコンで変換すると
「様態」しか出てきませんが、自分がよく見かけるのは「容体」の様な気がしますし、検索すると「容態」というのも出てきます。
何か使い分けがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

体調や病状の場合は、「容態」(ようだい)が本来の表記と読み方です。
パソコンの仮名漢字変換でも、「ようだい」で「容態」と「容体」が出るはずです。

新聞や放送では、「容態」を「容体」と書き換えることになっていますが、各社の用字用語集には「ようだい」の読み方しか挙げていません。NHKは明確に「○ようだい」「×ようたい」としています。漢字表記はすべて「容体」です。

以下『広辞苑』
-------------------------------------
よう‐だい【容体・容態】(ヨウタイとも)
(1)外面に現れた様子。身なり。ありさま。様体。
(2)病気や怪我の様子。病状。「―が悪化する」
(3)〔法〕人の精神作用に基づく現象の総称。意思表示などの行為と善意などの意識過程を含む。

よう‐だい【様体】
(1)すがた。姿態。なりふり。
(2)ありさま。状態。様相。
(3)いかにもそれらしい様子をすること。もったいぶること。

よう‐たい【様態】
(1)物の存在や行動のさま。状態。様相。「生活の―」
(2)文法で、想像など不確定な言表のあり方。
(3)〔哲〕(modusラテン) デカルト・スピノザ以来、与えられた独特な意味では、実体の変化してゆくかりそめの形態、従って実体の非本質的な状態のこと。偶有性。
-------------------------------------

体調や病状の場合は、「容態」(ようだい)が本来の表記と読み方です。
パソコンの仮名漢字変換でも、「ようだい」で「容態」と「容体」が出るはずです。

新聞や放送では、「容態」を「容体」と書き換えることになっていますが、各社の用字用語集には「ようだい」の読み方しか挙げていません。NHKは明確に「○ようだい」「×ようたい」としています。漢字表記はすべて「容体」です。

以下『広辞苑』
-------------------------------------
よう‐だい【容体・容態】(ヨウタイとも)
(1)外面に現れた様...続きを読む

Q視界が黄色く見える

朝起きると部屋中が黄色く見えてびっくりしました。
視界が黄色く見えたのです。
しばらくすると元に戻りましたが、それからも何回か寝起きに黄色く見えます。

どんな病気で何が原因なんでしょうか。

Aベストアンサー

眼科医です。
黄視症(おうししょうじゃないですか?)をきたしうる疾患としては、白内障、軽度の硝子体出血、網脈絡膜炎、サントニン(寄生虫薬)・ジギタリス(強心剤)などの薬剤の内服などによって生じることがあります。また、偏頭痛にともなって色が変に見えることがあります。
ちなみに黄疸が出たからといってものが黄色く見えることはありません。念のため眼科を受診して頂いた方が良いですね。


人気Q&Aランキング