出産前後の痔にはご注意!

最近、混声四部の合唱団に入ったものです。パートはテノールです。

さて、今度練習する曲では、曲の一部分で、ソプラノ、アルト、テノール、バス全てのパートがそれぞれ2つに分かれる部分があります。つまり、普段は混声四部合唱ですが、この曲については混声八部合唱ということになるのでしょう。

さて、混声八部となる場合、具体的なパート名はそれぞれ何というのでしょうか?宜しくお願いします。

(1)ソプラノの高音担当
(2)ソプラノの低音担当
(3)アルトの高音担当
(4)アルトの低音担当
(5)テノールの高音担当
(6)テノールの低音担当
(7)バスの高音担当
(8)バスの低音担当

A 回答 (1件)

具体的なパート名は、



トップソプラノ・セカンドソプラノ・メゾソプラノ・アルト・トップテナー・セカンドテナー・バリトン・バス
だったと思います。

でも、合唱団によってまちまちです。

混声四部を主にやる合唱団でしたら、
ソプラノ1・2、アルト1・2、テノール1・2、バス1・2
と呼んでいると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/06 10:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q七(もしくは六)部合唱ってあるのでしょうか?

 混声○部合唱というのがありますが、いったい何部まであるのでしょうか。ご存知の方お教えください。
 
 また、ご存知の合唱曲で、「平和」を訴える歌(直接的でなくても良いです)をご存知の方は、重ねてお教えください。

Aベストアンサー

私の所属している合唱団では、トップソプラノ・メゾソプラノ・アルト上・アルト下・トップテナー・セカンドテナー・バリトン・ベースの8パートに分けられているので、混声8部の曲を歌うことが多いです。8部の曲の中で部分的にdivisionして、9部、10部…となっていくものもありますね。
平和をテーマにした曲ですが、私のお気に入りは荻久保和明さんの「IN TERRA PAX」と信長貴富さんの「初心のうた」という2つの組曲です。中から抜粋して歌われても素敵な曲ばかりですが、組曲として通して歌われるより深い祈りが伝わってきます。

Q合唱時、テノールパートで高い音の上手な出し方を教えてください

中三ですが、合唱で、男声パートの音が高くて困っています。
変声期を向かえ、特にテノールはとても苦しそうです。
そんなとき、どんなアドバイスをすれば、苦しめずに大きな声で歌えるのでしょうか。
声のかけ方やトレーニングなどがあれば教えてください。

Aベストアンサー

「高い声を出したい」という質問は驚くほど多く、このサイトで「高い声」あるいは「高い音」で検索したら、沢山出てきます。私も過去に5回ほど回答しています。その中で答えた内容を以下にまとめました。内容がだぶるところもありますが・・・。

ANo.1さんが言われている通り、「のどを開ける」というのが基本だと思います。具体的には次の要領でトライしてください。

1.のどの奥を開けて歌う。鏡や携帯(電源を切った黒い画面)で自分ののどを映しながら、のどちんこが見えるのを確かめながら、(口の中にゆで卵があるように感じながら)、アの音で、ドレミファソラシド・・・と段々高いところまで声を出してみましょう。
2.次に頭のてっぺんがパカッと空いたとイメージして、のどを開けて、声を頭のてっぺんから外に出してみたり、ほっぺたやあごや色んな所に当てるイメージで声を出してみましょう。
3.声を押し当てるように出すのではなく、姿勢を正して、後頭部から後ろに抜けていくイメージで声を出すのも効果的です。

4.特に高音は、ファルセット(裏声)を使わないと、にわとりが絞め殺されるような声になってしまいます。ファルセットは地声ではなく、力を抜いて、口の中やあごや頭に響かせて出す音とでもいったらよいでしょうか。詳しくは以下のウィキペディアの記事を見て下さい。

ファルセット
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88

裏声 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%8F%E5%A3%B0

ボイストレーニングで、ドレミファソラシド・・・と段々声を上げていくと、そのうちに地声は出なくなりますが、あくびをするように高い声は出てきますね。これがファルセットといえるのではないかと思います。

5.キーンという糸の張ったような声ではなく、柔らかいビロードのような声を出すことも、高い声を出す秘訣のようです。

6.目をしっかり開けて、頭の上の方の空間に声を響かせるつもりで、一方で、音の高低にかかわらず、上と下に均等に力を感じて歌えともよく言われます。


それからANo.1さんへのお礼の中にある質問に対する横レスで失礼しますが、ソプラノで透き通った声を出す方法について・・・
やはりテノールで書いたとおり、地声よりもファルセットを多用したら、ということと、もうひとつ、イメージとして、指揮者が親指と人差し指で作る○のような小さな穴に、みんなの声を通すような感覚で歌えばよいと思います。大きな声を出そうとするととかく声が太くなってしまうもの。しかし、声が太いということは声がぼやけることにもつながります。声を細くしても迫力のある声を出すことはできます。

あと、ボイストレーニングに時間は取っていますか? 母音(アイウエオ)やラララやマママで音階を歌うだけでも良い声ならしになりますし、遊び感覚でやると楽しいです。

「高い声を出したい」という質問は驚くほど多く、このサイトで「高い声」あるいは「高い音」で検索したら、沢山出てきます。私も過去に5回ほど回答しています。その中で答えた内容を以下にまとめました。内容がだぶるところもありますが・・・。

ANo.1さんが言われている通り、「のどを開ける」というのが基本だと思います。具体的には次の要領でトライしてください。

1.のどの奥を開けて歌う。鏡や携帯(電源を切った黒い画面)で自分ののどを映しながら、のどちんこが見えるのを確かめながら、(口の中...続きを読む

Q混声4部合唱のテノールは難しいパートなのか?

混声合唱団に加入している男性です。パートはテノールです。

さて、我がテノールのパートはソプラノ・アルトの女声パートから、「テノールだけがまともに音取りができていないために、合わせる練習の時でもテノールだけのために時間を割かれてしまうため、4部が合わさった練習に集中できない。」とクレームが出てしまう有様です。

よく、混声4部合唱の男声ではバスよりテノールのほうが難しいと言われますが、本当なのでしょうか?

また、ソプラノ・アルト・テノール・バスと女声を含めた4部で比較すると、パートの難易度はどのような感じになるでしょうか?

ただ、どのパートもそれぞれの難しさと面白さがあるので、一概に比較はできない、というのは承知ですから、愚問と言われるかもしれませんが、質問として出してみたいと思います。

また、今回の質問については、合唱団に入っている方については差し支えがなければ、合唱経歴とパートをおっしゃっていただけると参考になります。

Aベストアンサー

なかなか面白い質問です。
私は、現在は合唱団に入っていませんが、
大学生時代2年間混声合唱団に在籍していました。
パートはテノールでした。
あなたの合唱団の規模や実力(失礼)がわからない
ので、簡単に回答しますね。

日本人で本当のテノールの人が少ないからです。

バス、バリトンの人が多く、自然にテノールの
パートをバリトンの人がしなければならない。
そこに問題があるのです。
テノールのパートは本当のテノールでこそ
素晴らしいのです。テノールはテノール、
バリトンはバリトンの声質と音域が基本的に
違います。実力のあるバリトンの方は
テノールに美味く合わせて唄えます。
加えて、パートとしてバスはあまり目立たない
パートで荒が見えない、テノールは目立つので
荒が目立つ。

Q合唱団の並び方の疑問

合唱団の並び方は指揮者や客席から見て左側が高音域のパートで低くなるにつれて順に右側に並ぶ事が多いですね。具体的には以下の通りです。

混声合唱 ソプラノ-アルト-テノール-バス
女声合唱 ソプラノ-メゾソプラノ-アルト
男声合唱 テノール1-テノール2-バリトン-バス

なぜこのように高音域が左側で低くなるにつれて順に右側に並ぶことが多いのでしょうか?逆に低いほうから左側があまりないのはなぜでしょうか?

私は上記以外の並び方では第九などで見られるソプラノ-テノール-バス-アルトというパターンしか知りませんが、こういった並び方もありますよ、うちの合唱団ではこういう並び方をやっていますよ、というのがありましたら教えてください。またその理由も可能であれば教えてください。

Aベストアンサー

高音部は向かって左…と,当たり前のように受け入れていますが,
なぜかって考えてみると不思議ですね。
下記ページの3つ目の見出し「どこに,どう並ぶの?」を読むと
感覚的にはピンときませんが,そうかもしれないと思いました。
http://homepage2.nifty.com/music_cross/MusicCross.data/Components/Now-How/NowHow5.html

また,上記ページの「ホールトーン」とも関係しますが,合唱コンクールでは,
毎年,審査員が座る座席の位置が決まっているので,リハーサルでは
その辺りの位置で音を聴き,多少の並び方の変更をすることがあります。
でも,普段の練習でしていないことにすぐに対応できないので,
広がり方や列の重なり方を少し変える程度です。
つまり,指揮者の位置で聞こえる響きだけでなく,聴衆の位置で聞こえる響きも考えて
並び方が工夫されると思います。
この工夫は曲によっても違ってくるだろうと思います。

混声合唱なら ソプラノ-アルト-テノール-バスの並び方が多いのは,
各声部間の関係で,ソプラノ-アルト-テノール-バスと並ぶのが
都合がいい曲が多いということではないでしょうか。
女声部が前列で男声部が後列と横に長く広がって並ぶ場合もあります。

オーケストラでは通常とは反対に1stヴァイオリンが向かって右に並ぶと,
楽器の背がホールの方に向いてしまうので不都合だと思いますが,
2ndヴァイオリンは,向かって右に並ぶこともあります。
向かって右はヴィオラのときもあれば,チェロの場合もあります。
曲によって響きの工夫(指揮者の好み)がされます。
低音部が中心に入ると響きが安定するとも聞きます。
アルトがソプラノの付随的役割よりも対比的役割が大きい性格の曲なら
向かって右の方が面白いと思います。

高音部は向かって左…と,当たり前のように受け入れていますが,
なぜかって考えてみると不思議ですね。
下記ページの3つ目の見出し「どこに,どう並ぶの?」を読むと
感覚的にはピンときませんが,そうかもしれないと思いました。
http://homepage2.nifty.com/music_cross/MusicCross.data/Components/Now-How/NowHow5.html

また,上記ページの「ホールトーン」とも関係しますが,合唱コンクールでは,
毎年,審査員が座る座席の位置が決まっているので,リハーサルでは
その辺りの位置で音を聴き,多少...続きを読む


人気Q&Aランキング