【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

幕末期に於ける薩摩藩の技術力は他藩や幕府と比較して優れていたのでしょうか?
詳しい方、教えて下さいm(_ _)m

A 回答 (5件)

幕臣、小栗上野介は金銀の交換比率を国際基準に改訂し、


日本から金の流出を止めたり、
フランスに借金をし、海軍造船所を横須賀に作りました。
現在も、その時のドライドックは稼働しています。
    • good
    • 0

ある程度優れていました理由としては


1調所広郷などの改革により、藩の借金が非常に少なかったこと
2特産物や密貿易などにより財政基盤がしっかりしていたこと
3郷中などの草の根の教育制度がしっかりしていたこと
4対外交易等で海外の情報にある程度触れていたこと
こうしたことにより、開国後欧米列強の技術を受け入れられるだけの経済的・制度的な基礎を持っていたことが。大きかったと思います。ただそうした藩は日本全国にいくつかあり、幕府もある程度技術の重要性は認識していたようで、幕末にはたくさんの工場や教育機関が作られました。全国各地でそうした技術を受け入れるだけの高い技術力のある人たちが大勢いたということです。最後は「薩長政府」となったことで薩摩の技術がクローズアップされていますが、一つの藩だけで「殖産興業」政策はできるものではないと思います。
    • good
    • 0

他藩と比べ、優れていました。


幕府の一部の技術は、それと同じか上回る点もありましたが、結局は宝の持ち腐れになりました。
    • good
    • 0

西郷の自決後、アメリカへ流出し、現在のspaceX 社の宇宙技術となっています。

    • good
    • 0

研究機関としてだけではなく製造現場としても機能していたようなので


論理と実践が伴っていた点は他と違う特徴ではないだろうか

単に列強から物品を輸入しただけでは無い点が違うのでは?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング