蛇の古語は様々あり私が知っているものでも多くあります。
カカ、カガと呼ばれたりします。これは案山子や鏡と関係があります。
案山子は、水田を護る神の依り代で、蛇は水田の神でもありました。
だから、蛇姿と呼ばれたのが始まりかもしれません。
鏡も、蛇目が、蛇見に変化して鏡となったのかも・・・
と、言うふうに蛇の古語が使われた言葉は結構あると思います。
皆さんが見つけた古語の含まれるものを教えてください。
別に蛇に関する事でなくとも構いません。
カカ、カガの他にはナギ、ヌカ、ハハと私が知るのはこれぐらいです。
私が見つけたのは、ぬか漬けですね。蛇と関連があるかは判りませんが・・・
他にもあるなら教えてくださいお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 神様の名前には結構あると思いますよ。

今、思いつくものとしては・・・。
 (1)イザナギ
     イザナウ(誘う)という説もありますが、ナギを海人たちが信仰した
    海蛇とする説があります(ウナギという言葉に残っている)。
     凪も波の様子がウネウネした蛇に似ているところからナギとされたそ
    うです。
 (2)イザナミ
     前述の通り、ナミは波でウネウネした蛇を意味するそうです。
 (3)ウカ(トヨウカノメ、ウカノミタマなど)
     ウカも海蛇をあらわす言葉。食物のウカと合体して宇賀神とされました。
 (4)アメノヌカト
     鏡作の遠祖。アマテラスが岩戸に隠れた時、天抜戸の子の石凝戸辺が
    八咫鏡を作りました。(日本書紀第三の一書)
 (5)ククリヒメ
     水を潜るという意味のククは、水神をあらわしています。ククは、カカ
    から来た言葉とされます。
     イザナギが黄泉の国から逃げ帰るとき、彼に何かをささやいて、彼を喜
    ばせた神です(日本書紀第十の一書)。この後、イザナギは、禊ぎをして
    体を清め、三貴神を産みます。ククリヒメが何と言ったかは日本書紀には
    書かれていません。しかし、話の流れをみると、禊ぎに関する何かを教え
    たと思われます。彼女が水の女神であるからでしょう。
 (6)ナキサワメ
     イザナミが死んだとき、イザナギの流した涙から生まれた神です。ナキ
    は、泣きとされますが、彼女が水の女神であることから、ナキはナギから
    きたとする説があります。
 (7)アラハバキ
     アラハハキ。ハハキは蛇の木。ハハキは、箒としてあらわされます。竹
    の質感が蛇を思わせるからだそうです。shoyosiさんがご紹介の吉野裕子
    女史の本に詳しく載っています

 その他、名木、奈義、那岐など地名にも残っています。神奈備山のナビもナミからきたとする説があります。銅鐸の鐸は訓読みでサナギといいますが、このナギももしかしたら、蛇かも。
 下品な話ですが、男性のシンボルを蛇にたとえることがあります。マラというそうですが・・・。鏡に代表される金属精錬に関係する神や人の名にマラが見られます。鍛人天津麻羅(カヌチアマツマラ)、古開(コマラ)神など。

 蛇を表す言葉にミズチ、ハミ、クツナ等あります。チは地、血、乳などの生命の根源を表す語。水の神の意味でしょう。ハミは噛み付くことからだそうです。クツナは朽ちた縄からだそうです。そうそう、注連縄は、蛇をあらわしているそうです。空にかかる虹も蛇だそうです。

 ざっと、思いつくところをあげました。また、思い出したら、お知らせします。
 
    
    • good
    • 2

 日本書紀より見つけました。


・天蝿斫剣(あまのははきりのつるぎ)
 古語拾遺には「天羽羽斬」とあります。
・天羽羽矢(あまのははや)

 ともに蛇の呪力を負った剣、矢とされています。天蝿斫剣は、後に 草薙剣(くさなぎのつるぎ)と呼ばれるようになります。とすれば、この「なぎ」は蛇を意味する言葉ともとれます。
    • good
    • 1

 吉野裕子氏の「蛇」日本の蛇信仰という本に詳しく載っているようです。

下のURLに書かれています。
 話は違いますが、東大阪市に蛇草(はぐさ)という地名がありました(今はバス停のみ)。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/moritaya/hebi.html

この回答への補足

吉野裕子氏の本『蛇』日本信仰を購入した上で質問をしたんです。
その事を質問の内容に書くのを忘れていました。わざわざ教えていただいたのに、申し訳ありません。ですがURLがあるのは知りませんでした。
今度覗いて見ます。本当にすみませんでした。

補足日時:2001/08/20 18:03
    • good
    • 0

『日本旧事本紀』に出てくる「十種神宝」(トクサノカンダカラ)の一つに「蛇比礼」(ヘミノヒレ)というのがあります。

どんなものかは分かりませんが、蛇の音としてヘミと記されているようです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【宗教・神・七福神】日本人が好きな七福神の神ですが宝船に乗船している7人の神のうち日本人は恵比寿様の

【宗教・神・七福神】日本人が好きな七福神の神ですが宝船に乗船している7人の神のうち日本人は恵比寿様の1人しか乗っていないのになぜ日本人は七福神を敬うのでしょうか。

東京の浅草神社が祀っている神は大黒様でインド人ですよね。

わざわざ日本に来て、何が悲しくてインドの神を拝みに浅草神社に行くのはなぜでしょう。

Aベストアンサー

何にでも手を合わせるのが日本人。外国の神様なら、なんだかもっとご利益がありそう。
亡くなった祖母は、教会だって何だって手を合わせていました。
口癖は「守ってくれよる。」でした。
一神教徒には理解できないでしょうが、多神教徒はそういうものです。
わざわざ日本に来たのなら、何にでも手を合わせてみてください。
それが、日本人の心です。
(おばあちゃん、めったに手を合わせに行かなくてごめんなさい。心の中で合わせてるからね~。合掌)

Q蛇の道は蛇・・・じゃなくって

やってはいけない事をしたくなるとき、
悪い道へ進んだらそれなりのリスクがあるという意味で
「蛇の道は蛇だぞ」
と思っていたのですが、調べてみると、
「蛇の道は蛇」ということわざは
「同じ分野のことは同じ分野の人がよく知っている」
という意味なんですね。
「もちは餅屋」と同じような。
今までずっと間違えてました・・・。

それでは、これから私はどういう言葉で
自分をたしなめればいいのでしょう?
悪い道へ進んだらそれなりのリスクがあるという意味の
ことわざ、何か知りませんか?

Aベストアンサー

意味の近そうなものは、

しし喰った報い
悪事をしたために受けなければならない報い。よい思いをしたからには、困ることが起きてもあたりまえ。

すねに疵持てば笹原走る
後ろ暗いところや心にやましいことがある人間は、道を歩くにも大手を振って堂々と歩けないというたとえ。(笹の葉の音にもびくついて走ってしまう)

多少違うけど関係しそうなものは、

初心忘るべからず
ものごとを始めたときの、まじめな気持を忘れてはならない。

柱には虫入るも鋤(すき)の柄には虫入らず
いつも働いているものは誘惑には負けない
怠け者は精神がゆるんでいるのですぐ誘惑にまけて身を滅ぼす。

粋が身を食う(すいがみをくう)
遊里や芸人社会の事情に通じて粋であるのを誇る人は、やがてその道におぼれて財産をなくし、身を滅ぼす。

なんてどうでしょう。

Q「表面鏡」「裏面鏡」の読み方

鏡で、
反射する面がガラスなどの表にある → 表面鏡
反射する面がガラスなどの裏にある → 裏面鏡
なのですが、

読み方は
「ひょうめんきょう・りめんきょう」
「おもてめんきょう・うらめんきょう」
どちらですか?
近々、鏡についての研究発表をするので、読み方が知りたいです。

また、検索すると
「表鏡」
「表面反射鏡」
などと書いてあるサイトもあります。どれが正しいのですか?どれでもOKですか?

お願いします

Aベストアンサー

>読み方は
「ひょうめんきょう・りめんきょう」
「おもてめんきょう・うらめんきょう」
どちらですか?

どちらも間違いではありません。

ただし、音は音、訓は訓のほうがすっきりします。

その意味で

「ひょうめんきょう・りめんきょう」

のほうがよいでしょう。

「おもてめんきょう・うらめんきょう」はこだわれば

「おもてめんかがみ・うらめんかがみ」でしょう。


もし業界の方ならば「用語辞典」規定されている場合があります。

文部省「学術用語辞典」をはじめとして

ガラス産業界やミラー産業界というものがあって、専門用語として読み方を決めている可能性があります。
それはそちらで調べてみてください。

業界用語が使えなければトーシローとみなされていずれ排除されるでしょう。

Q子供の神様や人間から祀り上げられた神様について

神社で祀られている神様について教えていただきたいことがあります。

子供の姿をした神様はおられますか。
人から神として祀り上げられた方はどれくらいおられるのでしょうか。
平将門公、菅原道真公、四谷怪談のお岩様など、有名な方のお名前以外にも、地元の名士などが祭り上げられたことはあるのでしょうか。

自分で調べられればいいのですが、日本全国の神社を一つ一つ調べるような調べ方くらいしか思い当たらず途方に暮れいてます。
図書館で貸し出し可能な書籍を教えていただけるだけでも有難いです。

一つでもいいので、お教えいただけますでしょうか。
お力添えのほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

多分、最終的には個別で当るしかないですね。何しろ名もない人ですから。
関東には筑波近くに男体山、女体山があり、各地にこの分社があります。その中で唯一かどうかは判りませんが、神奈川県JR川崎駅北側に「女体神社」があります。川崎市にもいくつか女体神社がありますが、ここは人間の女性を祀っています。曰く、暴れ川だった多摩川に身を投じた女性が居て、それ以来多摩川が暴れることが亡くなったというのです。土地の人がその人を祀る祠を建てたのが起源だそうです。
また川崎区観音には地域を開拓した名主を祭る稲荷があります。
これら功労者を祀る神社を探すには、それぞれの土地の歴史や昔話を探していくしかないですね。

中には全く何の功労者でもなんでもない人を祀る神社もあります。
思いつくのは千代田区岩本町の「繁栄お玉稲荷」です。
二人の男に求婚され、断われば他方が傷つくといって桜ヶ池に身を投じた茶店のお玉さんを祭る稲荷神社です。
このことから桜ヶ池はお玉ヶ池と呼ぶようになりました。後に火災に遭って分社の遭った新小岩が本社となっていますが、岩本町にもお宮はあるようです。

Q【宗教・稲荷神社】稲荷神社の神様は狐ですがなぜ狐が神様なのでしょうか?

【宗教・稲荷神社】稲荷神社の神様は狐ですがなぜ狐が神様なのでしょうか?

Aベストアンサー

狐は神様の使いです。
昨日のテレビで、稲成り→稲荷に変わったと言っていました。
その稲をスズメやネズミから守ってくれる狐が神様の使いになったそうです。
神様の使いは、普通のキツネではなく、白狐だそうです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報