毎回恐竜に関しての新しい新説が反映されているジュラシックパークですが、最近3を観てまいりました。恐竜≠穂虫類ではないそうですが・・・。
 疑問がいくつか。
 哺乳類の捕食動物は、少なくとも自分の食性に従って捕食相手を決めていると思うのですが。よほど切羽詰っているとか、経験不足でない限り見るのが初めてという生き物にいきなり襲いかかってかじりつくということはあまりないように思います。絶対というわけではもちろんありません。しかし私の知る限り、たいていの生き物は人によく馴れている個体ほど危険です。
 しかし、3では恐竜達は初めて見たばかりの人間をすぐに餌と認識していました。3の恐竜はサイトBの恐竜で人間の存在を知らないはず・・だと思っていたのですが?冒頭では、自分とほとんど同じぐらいの大きさがある飛行機が猛スピードで走っている鼻先に顔を出すことさえ。
 爬虫類って、「動くもので口に入るものなら何でも」口に入れるんでしょうか?
 前置きが長くなりましたが、ジュラシックパーク3についての推測もあわせてお書きくださいという意図で長々書き加えました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

恐竜の種類は忘れたのですが、パドロサウルスか何かの化石の中に、腹の中に子供の恐竜のいる化石が発見されて、「恐竜は胎生だった」といわれたことが有ります。



その後の研究で、子供の化石の状態から、「実は食われていた」ことが分かり、目の前で動くものは自分の子供でも反射的に食っていた事がわかっています。
(これとは別に「子育て」をしていた恐竜はいます。)

たしかカエルが舌の射程内に「浮遊している」ものに反射的に食いつく性質があったと思うんですが・・・

この回答への補足

 ありがとうございます。面白いケースを教えていただきました。
 
 そこで素人の推測。子どもって、普通は大人よりも足は遅いし隠れるにしろかなり経験不足でへたくそなものですよね。目につく個体を同種であれ片っ端から食い散らかしていたら、種の保存もあったものではありません。あっというまに種の存亡の危機に立たされることでしょう。
 哺乳類でも、弱い子どもを親が食べてしまうことはあります。あるいは、子育てをする場所でないと強くストレスを感じたとき、自分の栄養にしてしまうことが。
 お教え頂いたパドロサウルスの例では、その恐竜は「たくさんの卵をうみっぱなしにする種」なんでしょうか?なんにしろ、古代の恐竜であってもなにかこう、そうこはうまくできてるなあ!みたいなからくりがあったと思うのですがー。
 うーん、何気なく質問したことなのですが、興味が湧いてきました!ありがとうございました。
 

補足日時:2001/08/24 01:07
    • good
    • 0

オオカミの準専門の方でしたか。

聞きかじりの知識ですみませんでした。
ライオンのオスなんか、けんかが仕事みたいなもの(「強い遺伝子」を残すためにけんかして生き残るオスを選別するとか)で、本当に必要な食料調達はメスがやっています。(オオカミは集団性だからオスも出て行くのだろうけど)
けんかを仕事にしているオスは、とりあえず、自分の気に入らないやつは噛む、ということになるでしょうか。

昔、カエルつりをするのに、糸の先を丸めてぶらぶらさせると食いついてきました。木綿を食うわけはないから、何でも食いつくクチですね。ザリガニ釣りをするのに、脱脂綿を使った人もいるそうですが、ザリガニが脱脂綿を食うわけもない。(私達は、カエルつりしたカエルでザリガニをつったのですが、これはちゃんとしたエサですね)

あ、カエルは両生類か。

それにしても、復活させた恐竜の餌として、本来存在しなかったはずのヤギなんか食わせていると、哺乳類仲間の人間でも餌と認識するのではないでしょうか。
人間とヤギの違いは、人間にとっての、マグロとサケより小さいかもしれない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 とんでもない。回答ありがとうございます。
 ライオンですが、雌の狩りに非協力的というだけで自分達も狩をしないわけではないようですよ。ただ、雌に比べ圧倒的に狩りが下手、雌同士が持つ強い結びつきがないためあまり向いていないようです。
 と、思います。ライオンに関しては市販に出回っている本を読んでいる程度なので、えらそうなことはいえないのですが・・。
 また、猫科の場合、まず「殴る」ことからはじまるのではないでしょうか。噛むのはたぶんだいぶ興奮してきてから。リーチがより長くて器用な前足のほうが先に出るみたいです。なんか回答にたいしいちいちやっつけているみたいで申し訳ありません。
 でも、カエル釣りの話は大変興味深く読ませていただきました。楽しそうですね。今度実家に帰る機会があったら(現在実家は周囲を田んぼにかこまれた田舎にあります)釣ってみたい。昔は犬をよく釣ったものでしたが、カエルも釣れるとは知りませんでした。
 それにしても10年ほど前に比べると、カエル激減していませんか?昔はこう、もっとそれこそうるさいぐらいに鳴いていたように思うのですが・・。

 人間とやぎの違いについては、恐竜に聞いてみたいところですね。世界各地にあるUMAのどれかが本当に恐竜みたいな生き物だったらわくわくするのですが。

お礼日時:2001/09/07 01:41

TVで見ましたが、ジュラシックパークの恐竜は、専門科がちゃんと監修しているそうですよ。

ただ、娯楽映画なので相当の脚色はあるでしょう。学説も多々あるし、どれが真実なんて言えないですよね。

『恐竜≠穂虫類』で、私が知っている限りでは、脚のつき方です。は虫類は脚が胴体の真横についていますが、恐竜は胴体の真っすぐ下についています(二本脚でも四本脚でも)。その点で鳥に近いですよね。
よって厳密に言えば、魚竜や翼竜は恐竜ではないそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 そうですね。
でも、「娯楽映画だから~」ってそれをいっちゃおしまいですって(笑)。確かに私もそう思いました。でも、ジュラシックパーク(1)で、ヴェロキラプトルが厨房へお子様二人を追い詰めたシーン、そうっと入ってくる2頭を見ていると、はっきり上下関係がわかりますよね。そういう脚色は見ていて嬉しかったですね。今回はヴェロキラプトルはもっと人間ぽくなっています。この恐竜だけは、「見境なしに噛みつく」ことはとりあえずしていない恐竜として描かれていました。

 脚のつき方に関しては私も自然系の雑誌で読んだ記憶があります。昔の恐竜の図鑑とか今見ると、相当違うものもありますよね。それはそれで温故知新という感じです。恐竜って、本当に興味深くて心惹かれる存在ですね。生物学的にも。

お礼日時:2001/08/24 01:36

爬虫類とか鳥類とかいうのは、現在の生物の分類なので、進化の過程の過去の生物の分類では当てはまらないものもあるでしょう。

とくに、恐竜は、鳥類の祖先とも言われているので、。

人間以外の動物は、腹の減っていないときは他の動物を襲わない(ライオンやオオカミでも)ときいたことがあります。腹の減っているときは、とりあえず噛んでみる、というのは正解のようにも思えます。ジュラシックパークの恐竜は、復活細胞だから、人間に限らず、「本来の恐竜のエサ」も知らないはずですが。

ジュラシックパーク自体について言えば、そんなに恐竜に詳しい人が作ったのじゃないと思います。だいたい、「ジュラシック」といいながら、「ジュラ紀」の恐竜でなく、「白亜紀」の恐竜が出てきているぞ。

この回答への補足

 ありがとうございます。オオカミは私の準専門なので、話題にあげていただいてとても嬉しいです。
 オオカミに限らず、とりあえず腹いっぱいなんだけど殺してみたということはたま~にあるみたいですよ。有名なシートン動物記にも、500頭の羊を殺してほとんど口をつけなかった話が載っています。シートンは「明らかに彼らは腹はすかせておらず、殺すのが面白くてやったのだ」と。
 本当に「ロボ」として知れ渡っていた個体がしたことなのかどうかはわかりませんが、(著者A・シートンはさまざまな個体の出来事をパッチワークして話を書いたこともあるそうですから)オオカミの生態、解剖学知識や行動にまでたいへん詳しく、フィクションにするにしろその動物がしないようなことは書かなかったそうです。
 「面白半分に殺す」というのは飼われている生き物に多い行動だと思いますが、「腹いっぱいのライオンのかたわらでインパラが草を食んでいる映像」がどれだけあったところで、私にはその行動がその動物の行動・心理のすべてではないと思っています。
 なぜなら、捕食動物(犬、猫)を飼われたことがあるならおわかりでしょうが、殺しに対する衝動はときどきすさまじいものです。それがダイレクトに自分の命の保証と血の興奮に結びつくからでしょうね。犬の場合、行動矯正では一度「狩りだし殺す」という衝動に取りつかれた犬の矯正がもっとも難しく、かつほとんどの場合完全には矯正しきれないものです。
 そのスリルと興奮を、腹いっぱいだからといって忘れることはないように思います。

 ・・・えと、話がずれましたね。重箱隅つつきになってすみません。重箱の裏の隅まで頂いてしまいましたねー。ジュラシックの表記については、うろ覚えながらマイケル・クライトンがその著者の中で、「本当は白亜紀の恐竜がメインなんだけれど、アメリカ人にとってもっとも恐竜の時代と認識が深いのはジュラ紀だから。」という説明をしていたように思います。商売するときに「このみかんは紀伊半島のものです」というネームバリューがあったほうが、「このみかんは岩手県のものです」とかいうより購買者が「おいしそう~」とイメージとしてぴんと捉えてもらえる名前にしますよね。それみたいなものだって。
 

補足日時:2001/08/24 01:14
    • good
    • 0

ジュラシック・パークはどうか知りませんが、私の知っている範囲では、ホオジロザメが噛み付いてから、餌かどうかを判断しているようです。


以前テレビのドキュメンタリーで、2、3人のダイバーが3mの虎鮫に狙われて、岩陰に身を隠していたら、ダイバーの周りを回っていた虎鮫が姿を消しました。この時とばかりに一人が浮上して船べりにつかまったとたん、ホオジロザメに片足の膝下を食いちぎられました。他の鮫は、襲う前に獲物かどうかぐるぐる回るのですが、ホオジロザメはそれが有りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 さっそくの回答ありがとうございます。
 シュモクザメ騒動を思い出しました。大型のサメのそばで泳ぎたいかどうかはともかく、恐竜よりも先に存在していた非常に興味深い、愛すべき生き物なのにマスコミのあのセンセーショナルに恐怖心をあおるだけの報道は大変不愉快でした。日本人は毎年大量のフカヒレを消費しているのに・・。
 サーファーがボードに噛みてかれたけれど、そのままサメは間違いに気がついて姿を消したというオーストリアのニュースもありましたね。

お礼日時:2001/08/20 03:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMCAの通用度

MCA Database
MCA Platform
MCA Application
MCA Security

などのMCA資格は、日本国内でしかアピールできないのでしょうか?それとも、取得すれば国外でも通用するものと考えてよいのでしょうか?

レベルの低い質問ですが、お答えいただける範囲で教えて下さい。

Aベストアンサー

MCAは今のところ日本国内においてのみ認定される資格となっています。
公式サイトによると、世界に通用する資格制度の基準を満たしています、とありますが
あくまで基準を満たしているだけにすぎませんので、世界的に認定されるとなっているわけではないです。

同じマイクロソフトの資格にMOTがありますが
こちらも元々は世界的に認定される資格ではなく、日本独自の認定基準でした。
これが世界的な要望などを鑑み、現在は世界的なものとして認定されることとなりました。
MCAは日本発の資格試験ですが、いずれ世界的に認定されることとなるかもしれませんね。
(MCPの下位のような位置づけですので、ならないかもしれませんが)
厳密にはMCPの下位というのはちょっと適切ではないのですが、
MCPと比較するとより基本的なことを問うているのは否めませんので
MCAは比較的広く浅く、MCPはより専門的で局所を深く、といった感じです。

国外でのアピールが必要であれば、MCPを取るべきだと思います。
国外でのアピールの要否は別にしても、MCAにとどまらず、ぜひMCPにも挑戦してみてください。

参考URL:http://www.asia.microsoft.com/japan/learning/mca/formcap.asp

MCAは今のところ日本国内においてのみ認定される資格となっています。
公式サイトによると、世界に通用する資格制度の基準を満たしています、とありますが
あくまで基準を満たしているだけにすぎませんので、世界的に認定されるとなっているわけではないです。

同じマイクロソフトの資格にMOTがありますが
こちらも元々は世界的に認定される資格ではなく、日本独自の認定基準でした。
これが世界的な要望などを鑑み、現在は世界的なものとして認定されることとなりました。
MCAは日本発の資格試験ですが、...続きを読む

Qジュラシックパークにおける恐竜の誕生の矛盾について

映画・ジュラシックパークにおける以下の恐竜の人工的な誕生について矛盾がある、という話を聞いたのですが、どの点で矛盾が生じているのかわかりません。
簡単な流れを書いておきます。

1.コハクの中に閉じ込められていた古代の蚊から、恐竜の血液を採取
2.カエルのDNAで、上記の血液中にあったDNAの欠落部分を補填
3.そのDNAをダチョウの未受精卵に注入すると、その卵から恐竜が生まれる

という流れだそうなのですが(私は映画を見ていないので詳しくは分からないんですが)、どうもこの手順の中に問題があるのではなく、「恐竜は真核生物である」という性質による矛盾だそうです。
専門知識があまり無いため、答えがわかりません。
答えに心当たりのある方はお願いします。

Aベストアンサー

真核生物うんぬんに関係しうるのは3だと思われます。

ダチョウの卵に恐竜のDNAをそのまま注入してもダチョウの中で恐竜の遺伝子を発現させることは出来ません。
恐竜の細胞核を作り、ダチョウの卵の細胞核とそっくり入れ替える必要があります。
この細胞核をいかにして作るかについては劇中では説明されていませんでした。
現在の技術ではただのDNA断片から細胞核を作ることは不可能です。

また、琥珀に閉じ込められていた蚊の中の血液は本当に恐竜の血液なのか
複数種類の血液が混ざっていないのか。
DNAを取り出せたとしてそれは断片ではないのか、全長のDNA鎖は取り出せるのか、
取り出したDNAが断片なのか全長取れたのかはどう判断するのか。

カエルの遺伝子で補充したというが、欠損部分がカエルのゲノムのどの部分であるかはどう判断したのか。
等等、分からない点、矛盾点は多々あります。

もっとも、なかったら今ごろ動物園では恐竜いるでしょうけど、、、、

Q来月MCAS office2007の試験を受けようと思います。

来月MCAS office2007の試験を受けようと思います。

そこで質問なのです。
受験する際にバージョンを選ぶようなのですが(「MCAS」「MCAS & Vista」)、
どちらを選択すればよいのでしょうか?
ちなみに勉強するOSはvistaです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ちなみに勉強するOSはvistaです。
そのまま「MCAS & Vista」を選択なさっていいと思います。

Q古生代に生きた恐竜たちの中で1番大きい恐竜はなんですか?

僕は恐竜について調べている途中です。なので恐竜の中で1番大きい恐竜を知りたいと思っています。お願いします!

Aベストアンサー

古生代にはまだ恐竜は居ませんから無し、となります。

http://www.dinosaur.pref.fukui.jp/dino/faq/0043.html


恐竜が出てきたのは中生代ですよ(^_^;

骨が発見されて、最大と言われてるのが、セイスモサウルス

最大だろうと言われてるのがアルゼンチノサウルス(すべての骨が発見されていないので、想像が含まれています)

QMCASの試験の勉強しているんですが、MCASの試験は難しいんですか?

MCASの試験の勉強しているんですが、MCASの試験は難しいんですか?

Aベストアンサー

簡単ですよ^^
MCAS用の模擬試験つき問題集をやっておられるなら
ほぼ同じような問題が主題されると思ってもらっても
問題ないです。

頑張ってください!!

Q【恐竜の謎】恐竜は山のジャングルに生息していたというのは嘘では?本当は山のジャングルではなく草原

【恐竜の謎】恐竜は山のジャングルに生息していたというのは嘘では?

本当は山のジャングルではなく草原に生息していたのではないでしょうか?

まず山のジャングルは歩き難い。

草食系の恐竜が草原にいて、なぜわざわざ肉食の恐竜が歩きにくい山のジャングルに身を隠す必要があるのでしょう?

おかしいですよね?

草食系恐竜が草原にいて、肉食系恐竜が山に隠れて生息する意味はなくないですか?

肉食系恐竜は山のジャングルではなく草原にいる方が自然ですよね。

食べる餌の草原系恐竜が草原にいる。それを食べる。

草原には襲うものがいない。

いたとしても見つけやすい。

逆に山のジャングルに動きが取りずらい場所に巨体の肉食系恐竜が狩りをするには不向きな気がします。

よって肉食系恐竜は山のジャングルではなく草原に生息していた可能性が高い。

違いますか?

Aベストアンサー

>違いますか?

 そうかもしれませんね
ただ、誰も実際に見ていないので正解は
ないかもしれませんね

 もしかしたら 可能性だけなら
<コンクリート ジャングル>に生息していたかも・・・

QMCA,MCPについて

今ネットワーク系の職についているのですが、Windosを基本から(特にネットワークの部分)学ぼうと思い資格を取ろうと思っています。
現在CCNAのみ取得しています。
MCA,MCPとの違いがいまいちわからないので教えて頂けたらと思っております。
・MCAは基本的な資格、MCPは技術者向けの資格と言う事でいいのでしょうか?
・その場合はやはりMCAから挑戦するほうがいいのでしょうか?
・MCAは4種類資格の種類があるようですが、取得する順番は何か気をつけたほうがいいのでしょうか?
・全部取る必要は特になく、目指す分野のみでいいのでしょうか?
・MCAはそれほど企業には評価されないのでしょうか?

以上教えて頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

MCAのステップアップがMCP(より専門性が高く実践的)であると位置づけられています。ゆえに、carperさんのご認識の通です。
MCAから挑戦するかMCPから挑戦するかは一概にはどちらが良いとは言えませんが、技術者をされるならMCP、IT関連の営業やSLE(セールスエンジニア)をされるならMCAでも良いかと思います。
以下のURLに、carperさんのお知りになりたい情報がいろいろ記載されておりますので、一度ご覧になられたら良いかと思います。
但し、Microsoft製品を扱うエンジニアをされるならMCA、MCP共にどちらも取得して損はないかもしれませんが、それよりも、国家資格(テクニカルエンジニアなど)の方が重要視されるかと思います。
私も会社の方針でMCSA、MCSE、MCDBA、MCTS、MCITPと取得させられましたが、それよりも国家資格の方が大事だと思います。頑張ってください。

MCAホーム
http://www.microsoft.com/japan/learning/mca/default.mspx

MCPホーム
http://www.microsoft.com/japan/learning/mcp/default.mspx

MCAのステップアップがMCP(より専門性が高く実践的)であると位置づけられています。ゆえに、carperさんのご認識の通です。
MCAから挑戦するかMCPから挑戦するかは一概にはどちらが良いとは言えませんが、技術者をされるならMCP、IT関連の営業やSLE(セールスエンジニア)をされるならMCAでも良いかと思います。
以下のURLに、carperさんのお知りになりたい情報がいろいろ記載されておりますので、一度ご覧になられたら良いかと思います。
但し、Microsoft製品を扱うエンジニアをされるならMCA、MCP共にどちら...続きを読む

Q色盲の生き物と、色が分かる生き物

犬猫をはじめ、動体視力は良いけれど、近視で色盲とされている哺乳類は結構多いです。
人間は非常に色々な色を判別できますが、これは何故でしょうか?

カラフルな生き物の多くは、繁殖に関わることもあり、色の識別が出来る種が多いようです。
色に好みまである鳥類だけでなく、魚類でも色を識別できると考えられているようです。

人間はカラフルな生き物ではなく、皮膚は透明で、基本的に地味な肌色毛色をしていますが、
地球上の一生物として、どういう必要があって色が分かるのでしょうか?

Aベストアンサー

ほ乳類の先祖は恐竜たちとともに中生代を生き抜く中、夜に活動する能力を獲得しました。外温性のは虫類が夜間は体温が下がってしまい、活動できないのに対し、体毛の獲得や効率的な呼吸システムの確立により内温性を獲得して、夜間でも体温を維持できるようになったのです。目に関しては、網膜の視細胞として、暗所で明暗を見分ける桿体細胞を発達させ、網膜の裏に輝板(反射板です)という組織を発達させ、少ない光を有効活用できるようになりました(だからネコだけでなく、ほとんどのほ乳類は夜に光を当てると目が光ります)。

錘体細胞はロドプシンという感度の高い光受容物質をもちますが、色を識別できる錘体細胞は弱い光に対して感度が低いのです。また、輝板があると、瞳孔から入ってきた光と輝板で反射した光の両方が網膜を通過するため、像はぼやけた物になります(暗視カメラの像を想像してください。色がなく、像はぼやけるけど、弱い光を増幅して、とにかく「見る」ことができるのです)。

昼間の世界では、たとえば植物と昆虫や鳥は、色による交信をしています。植物は、実が熟したら赤や黄色や黒に色を変え、教える代わりに、果実を食べたあとの種を運んでもらいます。このように色には様々な有用な情報がありますが、ほ乳類は嗅覚や聴覚を発達させることでこれをおぎない、夜間での活動に生活をシフトさせたのです。

夜の世界を脱して昼の世界に戻ってきた人類は、体温維持のための体毛を捨て、クリアな像をみるために輝板も捨てました。そして、錘体細胞にとんだ網膜をもつことでカラフルな世界に戻ってきたのです。

ほ乳類の先祖は恐竜たちとともに中生代を生き抜く中、夜に活動する能力を獲得しました。外温性のは虫類が夜間は体温が下がってしまい、活動できないのに対し、体毛の獲得や効率的な呼吸システムの確立により内温性を獲得して、夜間でも体温を維持できるようになったのです。目に関しては、網膜の視細胞として、暗所で明暗を見分ける桿体細胞を発達させ、網膜の裏に輝板(反射板です)という組織を発達させ、少ない光を有効活用できるようになりました(だからネコだけでなく、ほとんどのほ乳類は夜に光を当てると...続きを読む

QMicrosoft の資格 MCA に関して

MCAには、
MCA データベース・MCA プラットフォーム
MCA アプリケーション・MCA セキュリティ
と4種類有るのですが、
ここから更に試験番号が、
M10-101・M20-101・M10-201・M20-201
と各科目につき2種類ずつ有って
受験料も異なるのですが、
M10とM20にはどの様な違いが有るのでしょうか?

Aベストアンサー

対応バージョンの違いです。
参考URLを見ていただければ分かりやすいと思います。

参考URL:https://www1.prometric-jp.com/exam_list/exam_list.asp?client_top_no=MS&client_no=M1

Q恐竜は二足歩行したのに、どうして手先が器用ではないのですか?

一部の恐竜は人間と同じように二足歩行をしていました。
しかし、恐竜の手はあまり器用だったとも思えません。
T・レックスの手などは退化しているように思えます。
どうして人間の手は器用に進化して、恐竜のそれはしなかったのでしょうか?
二足歩行して手が自由になれば、当然それを使うように進化すると思うのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
確かに恐竜は人間と同じように「二足歩行」獲得しました。ですが、人類が獲得したのは厳密には「直立二足歩行」です。
人間が手を使えるようになったのは、「二足歩行」で手が自由になったことと、「直立歩行」で脳を大きくすることが可能になったからです。手が自由になっても、脳が発達しなければそれを使うことはできません。
人間が手を使えるようになった理由に就いては、ほとんどの生物の教科書でこのように説明されているはずです。これと比較しますと、恐竜は手を使えるまでに脳が発達しなかったというのが大きな理由として挙げられます。

ヒトは、真直ぐに立って歩き始めた頃から急速に脳を発達させました。脳が発達するということは、脳が重たくなるということです。この重さに耐えるためには、背骨や頚椎などで脳を真直ぐ上に支えなければなりません。人間は直立することによって、脳を大きくすることが可能になったんですね。

真直ぐに立てた棒の上にはある程度重たいものを乗せることはできますが、横にした棒の先に重たいものをくっ付ければ、それは下に傾いてしまいます。
恐竜の骨格は、二本足で上半身を上に支えるというものではなく、身体の中心で全体重をを支えるというものです。ですから、恐竜は走るとき、前半身と後半身でバランスを執らなければなりませんでした。恐竜の巨大な尾は、そのためのウェイトです。この恐竜に重たい脳みそを持たせると、前につんのめってしまいます。

このような理由から、恐竜はヒトのように脳を大きくすることができませんでした。ですから、手が自由になっても、それを器用に使うことができなかったんですね。もともと、恐竜の脳は他の動物に比べて小さいものです。動物の脳の大きさは、その体重と比例します。ですから、恐竜にヒトと同じ比率の脳を付けようとすると、それはたいへん大きなものになってしまいます。恐竜にゾウのような脳みそを持たせたら、重たくて、上手く歩けなくなってしまうかも知れませんね。
と、ここまでは一般的な説明です。

>二足歩行して手が自由になれば、当然それを使うように進化すると思うのですが。
>どうして人間の手は器用に進化して、恐竜のそれはしなかったのでしょうか?

先の説明で、ヒトは脳が発達したので手が使えるようになったと申し上げましたが、厳密には、手が「より器用に使えるようになった」と解釈すべきなんです。
猿人からホモサピエンスという人類の短い歴史の中で、手そのものはそれほど大きな進化を遂げていないはずです。それ以前に、人類の祖先はそれまでの樹上生活で、手、即ち前足をかなり発達させていました。なんたって、木登りをしていたんですからね。もちろん、脳の容量比でも恐竜より遥かに賢かったんです。木の実をもぎ取って口に運ぶなんてことは、既にお茶の子さいさいだったんではないでしょうか。二足歩行で手が自由になったとはいえ、恐竜とは出発点が全然違いますよね。
くどいようですが、ヒトは手が使えるように進化したのではありません。飽くまで、ヒトは脳を大きくするという進化を遂げました。
例えば、翼が生えてくれば空を飛ぶことができます。それは、その動物が進化によって空を飛ぶという新しい能力を獲得したことになります。ですが、翼というのは空を飛ぶという目的のための道具でしかありません。
脳の進化というのはこれと少し違います。脳ももちろん道具ですが、それはコンピューター・メモリーという入れ物です。ですから、まさかいきなり空を飛ぶということはできませんが、脳が発達すると、ある日突然色々なことができるようになります。例えば、手が上手く使えるようになるとか、上手に歩けるようになるとか、言葉を話せるようになるとかです。これは、実際に手や足が進化したというわけではありません。飽くまで、進化したのは脳の方です。
このように、脳が発達することによって様々な能力を獲得することを「創発」といい、進化とは別物です。ですから、ヒトが手を器用に使えるようになったのは、脳の進化の副産物ということになります。
ヒトは短期間で急速な進化を遂げたように見えますが、実は、急速に進化したのは脳だけだったんですね。その脳の進化も、どうやら20万年前からは止まってしまっているそうです。

>T・レックスの手などは退化しているように思えます。

そうですね、現在の生物学では「退化」という言葉はあまり使われません。
T・レックスの前足は、体重を支えるという使命から開放されました。ですから、無駄に丈夫である必要はありません。退化したというよりは、効率の良い方に進化したと表現することができます。
何れにしても、あまり便利そうではありませんよね。あれが器用に使えるならば、生存競争には有利になりますから、発達してはいけないという理由は全くありません。ですが、T・レックスは獲物を採るためにもっと優れた能力をたくさん持っていましたから、その必要がなかったのかも知れませんね。
ただひとつ残念なのは、獲物を食い殺したあと口の周りを手で拭うことができないので、口臭がたいへん酷かったということでしょうか(そんな、アホな)。

こんにちは。
確かに恐竜は人間と同じように「二足歩行」獲得しました。ですが、人類が獲得したのは厳密には「直立二足歩行」です。
人間が手を使えるようになったのは、「二足歩行」で手が自由になったことと、「直立歩行」で脳を大きくすることが可能になったからです。手が自由になっても、脳が発達しなければそれを使うことはできません。
人間が手を使えるようになった理由に就いては、ほとんどの生物の教科書でこのように説明されているはずです。これと比較しますと、恐竜は手を使えるまでに脳が発達し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報