レンズとかで 開口数 NAっていう数字を聞きますが、
(1)どんな意味なんでしょうか?

(2)その数字が大きいとどうで、小さいとどうなんでしょう?

(3)たとえば、一般的なものでは、どのくらいの数字が常識で
どのくらいの数字だと 限界だとか、すごいレンズだってことになるんでしょうか?

------

光学関係の本をちょっと見れば載っているのかもしれませんが、
不精ですいません。ここで質問させてください。


_

このQ&Aに関連する最新のQ&A

na 意味」に関するQ&A: 「NA」の意味について

A 回答 (2件)

NAの定義は、


NA = n * sinθ
です。(nは光路の屈折率)
いまレンズがあって、その先に焦点があるとします。
レンズを通った光が焦点に結ぶことを考えますと、レンズのどの位置の光も焦点一つに集まります。
ここで、レンズの両端から出た光が焦点に集まるとき、円錐状に光が集まる図を書くことが出来ますよね。
(イメージできます?円錐の頂点が丁度焦点です)
このときの、円錐を横から見た時の頂角が2θになります。
つまり、θは0より大きく、90度よりは小さくないといけません。
従って、NAも普通は0<NA<1の間の数値となります。
簡単には、焦点距離がfで、レンズの半径がrとすると、tanθ=r/fですから、これからθを求めてsinθを求めれば良いわけです。

さて、この数値は色んな目的に使われます。
一つは明るさです。一つの点から出た光は通常四方八方に進みますが、NAが大きいと取り込む角度が大きいので明るくなります。
もう一つは焦点深度です。NAが大きいと焦点から像がずれたときに、大きくぼけます。
最後に、解像度です。これの説明はちょっとやっかいですが、基本的に光は絶えず広がろうとする性質(回折)があると思って下さい。
そのため、もし非常に小さく絞り込もうとすると大きな角度θで絞り込まないと、光の広がろうとする性質がレンズに打ち勝ってしまって、絞り込め無くなります。

これまでの話で大体おわかりと思いますが、NAが小さい方は特別すごいことではありません。NAが大きい方はすごいことです。
用途によってすごさは変わってきますが、顕微鏡だと0.7位は特別ではないでしょう。0.8以上だと高解像度になってきます。
中には1.0とか、1を越える場合もあり、これはすごいことです。
ちなみに、1を越えるためには、光路を屈折率1以上の物質(実際には水溶液)でレンズと被測定対象物を満たしてあげます。

別の用途として、高精度レンズといえば半導体の回路を焼き付けるステッパー用レンズでしょう。これはNA=0.65位が普通、NA=0.7, 0.75だと高解像度、中にはNA=0.8という超高解像度のものもあります。

では。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

大変分かりやすい解説でした!
ありがとうございます。

図を書けない中で、コトバだけで理解できたので大変感謝しております。


もう少し待ってポイントを発行します。
_

お礼日時:2001/08/21 18:39

下記URLに図入りで詳しく書いてあります。



参考URL:http://member.nifty.ne.jp/akaoka/microscope9908/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【火を起こせる1番最小の虫眼鏡、ルーペ、凸レンズを探しています】 どのくらいの倍率の凸レンズで太陽

【火を起こせる1番最小の虫眼鏡、ルーペ、凸レンズを探しています】

どのくらいの倍率の凸レンズで太陽の日光を通して枯れ木に火を付けることが出来るのでしょう?

大きい虫眼鏡ほど火が付きやすいのでしょうか?

小さい虫眼鏡でも火が起こせるのか起こせる1番小さい虫眼鏡、ルーペ、凸レンズを教えてください。

大きさは関係がなく凸レンズの倍率が高いほど火が付きやすいのでしょうか?

Aベストアンサー

直接的な回答ではないので期待しないで読んでください。

太陽光を集めて~の話で少し不思議な感じがするのが、どれだけ太陽光を集めても太陽表面温度以上の温度にならないって話です。これは、熱いお湯を水と(混ざらないように)接しても、水が熱いお湯の温度以上の温度にならない、というのと同じです。では大量に太陽光を集めると、その分熱くなるような気がするのは何か、というと、太陽表面温度と同じ温度になる時間が短くなる、ということです。
これを逆に考えると、太陽光を集めなくても太陽表面温度と同じ温度になるのかということになるのですが、実際にはなっていません(私たちは蒸発したりはしていませんw)。つまり太陽光を集めなければ、温まる前に自然に冷めてしまう程度にしか温まらないってことですね。
この、自然に冷める分がどのくらいかってことは、黒体放射ではなく周りの空気が熱を持っていっているのだろうと思われますが、なかなか計算などをしようとするのは面倒ではないかと思います。

さて経験的に言えば、手のひらサイズの虫メガネで紙などに火をつけることが可能ですので、後は実験的に4~5種類程度の大きさのもので試してみれば、おおよそどの程度が最小になるのか分かるのではないかと思います。(火がつくまでの時間を計測し、レンズの面積とのグラフにしてみると良さそうな気がしますが・・)

直接的な回答ではないので期待しないで読んでください。

太陽光を集めて~の話で少し不思議な感じがするのが、どれだけ太陽光を集めても太陽表面温度以上の温度にならないって話です。これは、熱いお湯を水と(混ざらないように)接しても、水が熱いお湯の温度以上の温度にならない、というのと同じです。では大量に太陽光を集めると、その分熱くなるような気がするのは何か、というと、太陽表面温度と同じ温度になる時間が短くなる、ということです。
これを逆に考えると、太陽光を集めなくても太陽表面温度と同...続きを読む

Q一方の端が閉じたガラス管に水を満たし、水槽の中で開口端を下にして、開口

一方の端が閉じたガラス管に水を満たし、水槽の中で開口端を下にして、開口端が水面より上に出ないようにガラス管を持ち上げると、当然ガラス管は下向きに力を受けますよね。
身近な例だと、誰もが一度は、お風呂の中で洗面器を使ってその現象を経験したことがあるはずです。
あの力って、持ち上げた水の重さなんだろうなと想像はつくのですが、
水を満たしたガラス管を、口を上にして空中で持つのならともかく、
この場合だと、ガラス管は上から水に押されることは無いのだから、一体どのようにして力を受けているのですか?
水分子による摩擦でしょうか?

また、水柱って、確か約10mで大気圧と釣り合うんでしたよね。水銀柱は760mmで。
ということは、先述の実験でガラス管の閉口端が水面から数cm程の高さになるように持ち上げたとすると、
まだ全然大気圧の方が大きくて釣り合っていないから、
ガラス管の長さが10m以上、水槽の深さも10m以上だと仮定すると、
ガラス管は閉口端が約10mの高さに来るまで自動的に持ち上がっていくような気がします。
仮定があり得たとしても、もちろんこんな現象は起きません。
むしろ逆で、先述のように、ガラス管は自動で沈みます。
これはどういうことなのでしょう?
圧力が釣り合っていない時、ガラス管やその中の水はどういう状態になっているのでしょうか?

一方の端が閉じたガラス管に水を満たし、水槽の中で開口端を下にして、開口端が水面より上に出ないようにガラス管を持ち上げると、当然ガラス管は下向きに力を受けますよね。
身近な例だと、誰もが一度は、お風呂の中で洗面器を使ってその現象を経験したことがあるはずです。
あの力って、持ち上げた水の重さなんだろうなと想像はつくのですが、
水を満たしたガラス管を、口を上にして空中で持つのならともかく、
この場合だと、ガラス管は上から水に押されることは無いのだから、一体どのようにして力を受けてい...続きを読む

Aベストアンサー

簡単のため,ガラス管の質量は無視します。
水の密度ρ,水柱の高さh,断面積S,重力加速度g,大気圧P0,ガラス管を支える力Fとします。

図のように,ガラス管は大気圧により下向きにP0S,また水圧により上向きにP0S - ρShgの力を受けます。したがって,つりあわせるためには

F = P0S - (P0S - ρShg) = ρShg

の力で支えなければなりません。これは,水柱の重さに他なりませんね? ガラス管の質量を考慮すれば,その重さが付け加わるだけです。h≒10mでP0=ρghとなり,このときはF=P0S,hが10mを越すと,上部に真空(飽和水蒸気)が生じ支える力はF=P0Sから増加しなくなるわけです。

Q光学 組み合わせレンズ

物体の高さ8cm。
焦点距離8cm。
物体から焦点までが4cm。
つまり物体から一枚目のレンズまでが12cmです。
二枚の凸レンズの距離が12cm。
この二枚のレンズによって生み出される像のサイズと位置を求めよという問題なのですがレンズの間に像ができないみたいでどうやって解いたらいいのかわかりません。
解法お願いします。。

Aベストアンサー

厚さを考えない薄レンズの結像公式は、レンズの中心に原点を取り、
光の進む方向を正とする座標系をとり、aを物体の座標、bを像の座標、fを焦点距離として

-1/a + 1/b = 1/f

が成り立ちます。a,bは物体、または像がレンズから見て光の進行方向にあれば正、その逆なら負に取ります。また、焦点距離fは凸レンズなら正、凹レンズなら負の値とします。

高校物理では細かく場合わけをしているとおもいますが、このような約束ごとにしておくと、レンズの結像公式はこれ一つですみます。

これに従うと、焦点距離8cmの凸レンズなのでf1=+8cm、おそらく物体はレンズから光源側に12cmなのでa1=-12cmとして、

-1/(-12cm) + 1/b1 = 1/(+8cm)より b1=24cm

これが2枚目のレンズの物体となりますが、凸レンズ間の距離が12cmなので、2枚目のレンズからは光の進行方向に12cm。つまり、a2=+12cm。2枚目も同じレンズとしてf2=+8cmなので

-1/(+12cm) + 1/b2 = 1/(+8cm)より b2=24/5=4.8cm

倍率は1枚目がb1/a1=24cm/(-12cm)=-2。つまり2倍の倒立像。
2枚目はb2/a2=(24/5 cm)/(+12cm)=2/5 =0.4で0.4倍の正立像。
組み合わせた結果は、(-2)×(2/5)=-4/5=-0.8で0.8倍の倒立像です。

厚さを考えない薄レンズの結像公式は、レンズの中心に原点を取り、
光の進む方向を正とする座標系をとり、aを物体の座標、bを像の座標、fを焦点距離として

-1/a + 1/b = 1/f

が成り立ちます。a,bは物体、または像がレンズから見て光の進行方向にあれば正、その逆なら負に取ります。また、焦点距離fは凸レンズなら正、凹レンズなら負の値とします。

高校物理では細かく場合わけをしているとおもいますが、このような約束ごとにしておくと、レンズの結像公式はこれ一つですみます。

これに従うと、焦点...続きを読む

Q光学レンズについて

実験で凹、凸2枚のシリンドリカルレンズとアパーチャーというものを用いて光を物質に当てる実験をしております。そこで、本当に初歩的な疑問で申し訳ありませんが、
シリンドリカルレンズとアパーチャーの役割とは何なのでしょうか?簡単でけっこうですので、どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

シリンドリカルレンズは、蒲鉾状のレンズで、扇状ビームやライン状ビームの形成や、楕円状ビームの真円化 等に用いられます。

アパチャーは光を遮蔽するパターンを形成するものです。

技術的詳細は、参考URLが参考になるかもしれませんので一応載せておきます。

参考URL
http://www.cybernet.co.jp/optical/codev/email/CV-Tips9J.html

参考URL:http://www.cybernet.co.jp/optical/codev/email/CV-Tips9J.html

Q開口数(N.A.)2.5

ある論文に「本研究では開口数2.5のsemi-plan油浸対物レンズを用いた」という記述があるのですが、開口数2.5の油浸対物レンズを知っている方がいましたら、メーカー、ホームページなど教えて欲しいです。自分で探した限りではなかなか見つかりません。

Aベストアンサー

顕微鏡の知識はないのですが、回答が無いみたいですので.....
開口数2.5 の2.5と言う数値自体は色々な値があるので、それを省いてサーチされたら良いのではと思われます。
"開口数 油浸対物レンズ"


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報