【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編

初めて質問させていただきます。
ごく一般的な光学顕微鏡なのですが、倍率が大きくなるにつれて、外見の長さが対物レンズでは長く、接眼レンズでは短くなっています。これはなぜなのでしょうか??
対物レンズは倍率を上げたときの分解能(NA)の関係で試料に近づけるため??と想像してみたのですが、接眼レンズについては(レンズは2枚として)対眼レンズは一定の位置にあるとして、視野レンズの位置が変わる理由がわかりません。
文章で説明するのは難しいとは思いますが、専門用語を出していただいてかまいませんので、どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず顕微鏡の仕組みですが、



物体-対物レンズ-対物レンズ像-接眼レンズ-目のレンズ-網膜

という一連の流れになっています。
中には対物レンズが無限遠に像を結ぶ顕微鏡もありますが、ここでは簡単に像を一度結ぶとして考えます。

物体側からレンズまでの距離をL1とし、レンズから像側までの距離をL2とし、レンズの焦点距離をfとすると、

1/L1+1/L2=1/f

という関係があり、さらに物体の大きさに対する像の大きさはL1:L2になります。つまり、20倍に拡大したいときには、L1:L2=1:20になれば良いわけです。
つまり、L2=20L1となります。
今倍率をaとすると、L2=a×L1となります。
ここで、顕微鏡ではL1+L2=Lの距離が倍率に関わりなく一定になるようにしています。
つまり、低倍率で見て、対物レンズを高倍率に変更してもそのまま像が見えるようにしてあるわけです。
すると、

L1=L2/a=(L-L1)/a

という関係が成立する必要があります。変形すると、

a=(L-L1)/L1

という倍率aの式が導かれました。
つまり単純に言うと、倍率を上げるためには、L1を小さく、つまり物体とレンズの距離を縮める必要があるわけです。
故に対物レンズは倍率の大きいものほどL1を小さくする必要があるため、長くなります(取り付け位置であるレボルバは変化しないので)。

接眼レンズの方はこの接眼レンズの焦点距離をf2として、目の焦点距離をf3とします。
接眼レンズの方は大ざっぱに言うと、対物レンズで作られた像を一度平行光にして目に入射して、目のレンズで今度は集光する働きになります。
このときの倍率は、f2=f3のときには、対物レンズの像の大きさと網膜に作る像の大きさは同じになります。
では異なるときにはどうなるかというと、倍率(ここでは対物レンズの像と網膜上の像の大きさの比率とします)をbとするとb=f3/f2になります。
(詳しくは2枚のレンズで結像光学系を作ったときの作図をすればわかります)

さて、倍率bが大きくなると言うことは、人間の目のf3は変化しないので、f2が小さくなることになります。
つまり、対物レンズの像にたいして、接眼レンズは近づかなければなりません。
これが理由です。
距離関係を()で表すと、

物体-(L1)-対物レンズ-(L2)-対物レンズ像-(f2)-接眼レンズ-(平行)-目のレンズ-(f3)-網膜

となります。
実際の接眼レンズは複雑なため、その構造によっては必ずしも短くなるとは限らないし、上記の接眼レンズと目の関係は多少単純化していますが、大ざっぱには上記のように考えてください。

この回答への補足

大変丁寧な回答をありがとうございます。
対物レンズについては、倍率を変えても像を作る位置を一定にしなければならない、ということですね。納得しました。

しかし、接眼レンズについてなのですが…。
>さて、倍率bが大きくなると言うことは、人間の目のf3は変化しないので、
>f2が小さくなることになります。
>つまり、対物レンズの像にたいして、
>接眼レンズは近づかなければなりません。
と、いうことは、「倍率が大きくなるほど接眼レンズの長くなる」ということですよね??
逆なのです。中学生用の問題集に「接眼レンズは倍率が高いほど短くなる」とあるのです。(その問題集はいま、手元にないので後でもう一度確認してみます。)

あと、レンズ2枚での結像なのですが、物体の光軸上から出た光線はいいのですが、光軸からずれたところからでる光線はどのように作図すれば良いのでしょうか??作図の仕方がわからないので、倍率についてもわかっていません。
申し訳ありません…。もう少し教えてください…。

補足日時:2002/12/02 17:19
    • good
    • 0

接眼レンズと目のレンズの光学系は先の作図方法ではうまく作図出来ないので、


次のようにしてください。

・接眼レンズの物体面(対物レンズの像面)から接眼レンズの主点(レンズ中心)H2まで直線を引く。
・接眼レンズに接近させた目のレンズの主点H3から上記直線に平行な線を引く。
・上記直線と目のレンズの像面(網膜)との交点が結像点となる。

上記は、接眼レンズで一度平行光となり、目のレンズで再度集光されるという光学系の作図方法で、簡易的には上記で作図できます。

では。
    • good
    • 0

>「倍率が大きくなるほど接眼レンズの長くなる」ということですよね??


逆です。
対物レンズの像が形成される位置は、鏡筒に対して決まった位置に出来るわけで、その位置は、接眼レンズ取り付け部より鏡筒内部の方にあります。
つまり、
対物レンズ像-(f2)-接眼レンズ
のf2がのびると、接眼レンズはどんどん鏡筒よりも遠くにレンズを配置しないといけません。
逆にf2が短くなると、接眼レンズは固定されている対物レンズ像に近づくために短くなるわけです。

つまり、倍率が大きくなる->f2は小さくなる->接眼レンズは近づく となります。

作図の仕方ですが、
簡単なレンズ1枚を考える場合(顕微鏡の場合も一度結像さていますので同様に出来る)、レンズの光軸上の点をHとおき、
物体側の点OからHを通る直線を引き、像面との交点Iまでの直線が主光線となります。
レンズが光軸に垂直に配置してあるときには、物体面と像面は光軸に垂直で、距離関係はレンズの公式1/L1+1/L2=1/fで求めます。

このレンズの中心と光軸の交点Hは正式には主点と呼んでいて、厳密には幾何的な中心ではありません。
ただ、左右対称なレンズであれば幾何的な中心に一致します。
非対称の場合はややこしくなります。
さらに複数のレンズを組み合わせて一つのレンズとして機能させる場合は、主点位置は設計次第でどこにでも動かせますので、簡単ではありません。

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いや、納得しました。ありがとうございます。
私は接眼レンズは鏡筒内(接眼レンズ取り付け位置より下)にあるのだと勘違いしてました。そうではなくて、鏡筒より上にあるのですね。で、接眼レンズの前側焦点は常に対物レンズによる像の位置にある。と。
本当に何度もありがとうございました。やっとすっきりしました。

お礼日時:2002/12/05 13:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q対物レンズの倍率と視野の明かるさについて

顕微鏡について、少し質問させてください。
顕微鏡は、対物レンズを通してできた実像をさらに接眼レンズで拡大して、その虚像を見るものと理解していました。
だから、対物レンズは長い(焦点距離が長い)接眼レンズは短い(焦点距離が短い)ほど、像の倍率は大きくなると考えていたのです。
しかし、ある問題で「対物レンズを高倍率のものにすると暗くなる」とありました。個人的に、高倍率にするということはレンズの直径を長くすることなのだから、レンズを交換する前よりも光が多く集まって、視野が明るくなるようなイメージがあるのです。
僕の理解の仕方がおかしいのでしょうか?なぜ、暗くなるのか教えてください。中学生なので、簡単な言葉で説明してくださると助かります。

Aベストアンサー

 顕微鏡の対物レンズは、高倍率ほど焦点距離が短いです。顕微鏡を使ったことはありますね?対物レンズの倍率をあげるほど、レンズとサンプルの距離が短くなる事を覚えていませんか?倍率と対物レンズの焦点距離は反比例しています。

 なお、顕微鏡は、レンズを交換する必要上、筒の大きさがきまっていますので、レンズの直径はそれほど違いがありません。

 なぜ高倍率ほど暗いのか?ということですが、単純にはエネルギー保存の法則が関係していると考えていいです。エネルギーはわかりますか?

 物は、明るいほど沢山エネルギーをだしています。出ているエネルギーは、(面積)×(単位面積あたりの明るさ)に比例しますが、高倍率にして狭い部分を引き延ばしても、出ているエネルギーの量がかわらないから、引き延ばした分暗くなります。

Q顕微鏡の各レンズの倍率の求め方

『接眼・対物レンズの焦点距離をf2,f1
物体から対物レンズまでの距離をa1(f1<a1)
対物レンズから鏡頭内にできる像までの距離をb1
鏡頭内にできる像から接眼レンズまでの距離をa2(a2<f2)
接眼レンズから接眼レンズで拡大された像までの距離をb2
顕微鏡をのぞいている人は,接眼レンズからf2の距離にいて,接眼レンズで拡大された像まで明視の距離Dとする。
また,鏡頭の長さをLとするとき,対物・接眼レンズの倍率は以下のようになる。
接眼レンズの倍率:m2=D/f2
対物レンズの倍率:m1=L/f1』
と書いてあったのですがどうしてそうなるかわかりません。
途中経過を教えてください。

Aベストアンサー

>>接眼レンズの倍率:m2=D/f2

については 

1)虫めがね

のところを見てください。

>>対物レンズの倍率:m1=L/f1

については

2)顕微鏡 

の図を見てください。

対物レンズによってできる像の位置が、接眼レンズのすぐ下になっていますね。対物レンズと接眼レンズの距離が鏡筒の長さLです。このLがいわば明視の距離となっている訳です。

明視の距離というのは人の目で一番楽に見える距離です。ふつう25~30cmぐらいですがこの対物レンズによってできる像の場合はこれがLcmです。このときべつに対物レンズが楽に見えるという意味ではなく、たんにその場所に像が結ばれているという意味です。

ちょっと変な考え方ですが、
試料の方から対物レンズをのぞいた状態を想像してみてください。すると対物レンズを虫めがねとして、接眼レンズの近くに試料の像ができていますね。この距離Lが「明視のきょり」に対応しているということがご理解いただけるかと思います。

Q有機物と無機物の違いはなんですか?

稚拙な質問ですいません。
有機物の定義とはなんでしょうか?
無機物とどこで線が引かれるのでしょうか?
有機化学と無機化学の違いはなんですか?
髪の毛は有機物?無機物?
ご教授ください

Aベストアンサー

有機物とは基本的に生物が作るもので炭素原子を含む物質です。また、それらから派生するような人工的で炭素を含む化合物も有機物です。ただ、一酸化炭素や二酸化炭素は炭素原子を含みますが無機物に分類されます。
無機物とは水や空気や金属など生物に由来しない物質です。

Q磁石につく金属とつかない金属

磁石に鉄、コバルト、ニッケルなどはつきますがアルミニウム、金、銀、銅などはつかないのはなぜか理由を知っている方は教えてください。

Aベストアンサー

原子を構成する電子のスピンが関係しています。
スピンとは電子の自転運動に相当し、スピンによって電子そのものが磁石としての性質を持ちます。
電子のスピン同士はお互いを打ち消し合う性質を持ちますが、鉄、コバルト、ニッケルはすべて打ち消し合わずに3d軌道と呼ばれる電子軌道にスピンが余ります。
このような物質が強い磁界に入り込むと、余ったスピンにより、強磁性体(磁石)に吸い寄せられます。
すべてのスピンが打ち消し合う物質の場合は、スピンが余っていないので、強磁性体(磁石)に吸い寄せられる事はありません。

Q顕微鏡の接眼ミクロメーター1目盛の長さについて

接眼レンズが10倍で対物レンズが40倍の場合は、対物ミクロメーターとの関係で、接眼ミクロメーターの1目盛りが25μmというのは理解できるのですが、15倍の接眼レンズで対物レンズ40倍、600倍で顕微鏡を覗いたとき、対物ミクロメーター目盛数:接眼ミクロメーター目盛数 が7:26になってました。
この場合の接眼ミクロメーターの1目盛り長はいくらになるのか計算方法を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 接眼レンズが10倍で対物レンズが40倍の場合は、
> 対物ミクロメーターとの関係で、接眼ミクロメーターの1目盛りが25μmというのは理解できる

失礼ながら、ミクロメーターの原理を理解されていません。

「接眼ミクロメーター」は、等間隔にメモリが刻んであれば良いので、実際の長さとは関係ありません。
「対物ミクロメーター」は、普通、1mmを100等分した正確な目盛りで、接眼ミクロメーターを校正するときだけ使います。

> 対物ミクロメーター目盛数:接眼ミクロメーター目盛数 が7:26

 となっていれば、観察対象を見たとき、26目盛りが100分の7mmに相当するということです。
つまり、1目盛りが 70/26=2.692... 約2.7μm ということになります。

実際に使用するときは、接眼目盛りの数値に対応する実際の寸法を表にしておきます
この例ですと、以下のような表になります。
 1  2.7 μm
 2  5.4
 3  5.1
 :
 5  13.5
 :
10  27
 :

このような表を、対物レンズ毎に作ります。対象の長さを接眼ミクロメーターの目盛で数えて、表を読み、**μm と判断します。

接眼レンズは10倍が最も多く使われているので、顕微鏡メーカーの組み込み(指定)ミクロメーターを
使うと、対物10倍で10μm/1目盛 40倍で2.5μm/1目盛 と、キリの良い数値になります。

> 接眼レンズが10倍で対物レンズが40倍の場合は、
> 対物ミクロメーターとの関係で、接眼ミクロメーターの1目盛りが25μmというのは理解できる

失礼ながら、ミクロメーターの原理を理解されていません。

「接眼ミクロメーター」は、等間隔にメモリが刻んであれば良いので、実際の長さとは関係ありません。
「対物ミクロメーター」は、普通、1mmを100等分した正確な目盛りで、接眼ミクロメーターを校正するときだけ使います。

> 対物ミクロメーター目盛数:接眼ミクロメーター目盛数 が7:26

 ...続きを読む

Qヨウ素液とは?

こんにちわ!私は学校の自由研究に、ヨウ素液を使っていろんな物にたらして、でんぷんを調べる実験をやろうと思います。そこで私は、「ヨウ素液はなにか?」という事を書こうと思います。だけど私もあんまりヨウ素液とはどんなものか知りません・・・。だれか教えてください!
お願いします。

Aベストアンサー

ヨウ素液とはデンプンなどに反応して青紫になる液体のことです
実験だとジャガイモを使ったやつがいいかもしれません

Qケイソウとハネケイソウ

素朴な疑問です。教科書に載っているケイソウとハネケイソウすごく似ているのですが、見分け方や違いはどこでしょう?

それとも多種のケイソウ類を称してケイソウといっているのでしょうか??

詳しい方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

ハネケイソウはケイソウ綱の中のひとつの属です。
哺乳綱(哺乳類)の中のイヌ属のようなものです。

詳しくはないのですが、参考になるページがあるので参照下さい。
「珪藻」のところからハネケイソウに辿っていけます。

参考URL:http://cyclot.hp.infoseek.co.jp/index.html

Q水蒸気は水の何倍ぐらいの体積になりますか

どのくらいの倍数になるか知りたいのです

Aベストアンサー

温度や圧力によって違います。
1気圧100℃の状態であれば、(22400x373)/(273x18)=1700倍になります。
ただし、温度が1℃変化するごとに、上記の373分の1ずつ変化します。また、圧力には反比例します。

Qボルタ電池の水溶液を食塩水にしたら電流は流れるのですか?

ある高校の入試問題で、『銅板と亜鉛板をうすい塩酸の中に入れて、図のような装置(図省略)を作ったところ、発光ダイオードが点灯した。次の各問に答えよ。~~問3.うすい塩酸のかわりに入れても電流が流れるものを、次のア~エからひとつ選び、記号で答えよ。 ア蒸留水 イ砂糖水 ウ食塩水 エ エタノール』というものがありました。正解は。『ウ 食塩水』です。
 私自身あまり電池のことに詳しくないのですが、わたしは、イオン化傾向の違いにより電圧が発生すると思っていました。塩酸水溶液の中には、水素イオンが入っています。亜鉛は、水素よりイオン化傾向が大きいので、亜鉛イオンとなって水溶液中に溶け出します。一方、銅は水素よりイオン化傾向が小さいので、イオンになることは無く、亜鉛版のほうから流れてきた電子を水溶液中の水素イオンに与えるので、起電力が生じ電流が流れる。その結果、銅版には、水素分子のあわ粒が付着する。と。理解していました。
 水溶液を食塩水にかえたら、陽イオンはナトリウムイオンがあるだけです。ナトリウムは亜鉛よりもイオン化傾向が大きいので、そもそも亜鉛は、イオンになることができないのではないですか?
 さらに、ボルタ電池自体にも疑問が生じてきましたが、亜鉛板から亜鉛がイオンとなって水溶液に溶け出していく際に、その亜鉛板に残った電子をその場(亜鉛板上)で、水素イオンが受け取って水素分子(気体)になるということは無いのですか?亜鉛板に水素のあわ粒がついてもいいように思うのですが、いかがですか?宜しくお願いします。

ある高校の入試問題で、『銅板と亜鉛板をうすい塩酸の中に入れて、図のような装置(図省略)を作ったところ、発光ダイオードが点灯した。次の各問に答えよ。~~問3.うすい塩酸のかわりに入れても電流が流れるものを、次のア~エからひとつ選び、記号で答えよ。 ア蒸留水 イ砂糖水 ウ食塩水 エ エタノール』というものがありました。正解は。『ウ 食塩水』です。
 私自身あまり電池のことに詳しくないのですが、わたしは、イオン化傾向の違いにより電圧が発生すると思っていました。塩酸水溶液の中には、...続きを読む

Aベストアンサー

ボルタ電池の問題は,ここでも何度も何度も繰り返しあがっています.
ボルタ電池をまともに考えることは,中学高校の理科では不可能です.ボルタ電池のバリエーションを出題すること自体,出題者の見識を疑います.この問題については,ボルタ電池の問題点を理解していない出題者が,うわっぺらの知識で作った問題に見えます.

ボルタ電池では水素イオンとのイオン化傾向が問題になるのではないので,塩酸であるかどうかは本質的な問題ではありません.亜鉛の溶解 (酸化) とペアになるのは,銅板表面の酸化銅の還元か,溶存している酸素の還元です.つまり,イオン化傾向では比べるものがないのです.水素イオン濃度が高ければ水素イオンの還元がおこることもあるでしょうが,別に水素イオンがなくてもかまわないのです.実際には,状況に応じてこれらの混合でおこっているのでしょうね.
イオン化傾向は,より一般的な「酸化還元電位」というものから,ある場合だけを取り出してきて,序列だけをつけたものです.そして,イオン化傾向では議論できない反応と組み合わさって電池になるので,まっとうな議論は大変複雑になります.
この問題は,単に「塩酸でも塩水でも発電する」という知識を問う以外のものではありません.なぜそうなるかを考えてはいけないのです.考えても,高校までの理科では説明のしようもないからです.まして高校入試では話になりません.

ボルタ電池の問題は,ここでも何度も何度も繰り返しあがっています.
ボルタ電池をまともに考えることは,中学高校の理科では不可能です.ボルタ電池のバリエーションを出題すること自体,出題者の見識を疑います.この問題については,ボルタ電池の問題点を理解していない出題者が,うわっぺらの知識で作った問題に見えます.

ボルタ電池では水素イオンとのイオン化傾向が問題になるのではないので,塩酸であるかどうかは本質的な問題ではありません.亜鉛の溶解 (酸化) とペアになるのは,銅板表面の酸化銅...続きを読む

Q顕微鏡の倍率

生物(化学?)の問題で、顕微鏡の倍率等がわかりません
「総合倍率を100倍から400倍にすると視野に見える試料の範囲は1/16倍になる」ということが書いてあるのですがなぜ1/16倍になるかわかりません。
同じような問題で
「対物レンズを10倍から40倍にかえると接眼ミクロメーター一目盛りの長さは何目盛りになるか」という問題では1/4倍になるのですが、これは決まりだと聞きました。
1/16倍と1/4倍はまったく別の計算をしているのですか?
それとも何か決まりがありますか?
1/16倍になる理由を教えていただけると嬉しいです

Aベストアンサー

視野の範囲は面積なので、100倍→400倍にすると、タテ4倍、ヨコ4倍となるため、
4×4=16となり、結果見える範囲は16分の1となってしまいます。
□□□□
□□□□
□□□□
■□□□

□→100倍で見えていた範囲、■→400倍で見える範囲


また目盛りの長さについては、10倍→40倍にするとものの長さが4倍になるため、同じ目盛り幅だとそのまま4分の1になります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較