教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

第一面が平面(曲率半径∞)の単レンズを考えた時、このレンズの第二主点は必ず第二面上に存在することを示すにはどうすればいいでしょうか。

A 回答 (1件)

レンズの光軸と平行な光束が第一面(平面)側から入射する時、レンズ第一面では屈折せず、直進します。


そして、第二面から放出される光束は、レンズの内側に屈折する。
これを、作図で示します。

※実際には、1点に収束しません。
これを球面収差と云います。
「平凸レンズ」の回答画像1
    • good
    • 2
この回答へのお礼

とてもわかりやすいです。ありがとうございました。

お礼日時:2019/06/20 18:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング