糸へんに半分でどうして絆(きずな)と読むようになったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

余談ですが。


ダークダックスの「絆」という曲で
『お互いに半分○○の糸を結び合うからです』
と歌われてます。(個人的に好きな曲なんで)
こんな解釈もありカナと…。

(済みません。○○の部分だけ思い出せません。)
    • good
    • 1

あくまでも、個人的解釈ですが。



時代劇とかで、「丁半ばくち」って言うのがありますよね?
さいころを2つ振って、その出目の合計が偶数か奇数か当てるやつです。
そこでは、偶数は「丁」、奇数は「半」といいます。
つまり、奇数は「2で割れない」それが転じて、
「2つに裂くことができない」という意味を持つように
なったのだと思います。
「糸」はつなぐ物。「半」は分けることができないこと。
それが合わさって「絆」となった・・・。

こんなん、どうでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
個人的にはこの解釈が良いですね。好きです。
私もこの路線で行こうと思います。

お礼日時:2001/08/25 14:07

「絆」は、もともと牛馬などの動物をつなぎとめておく綱(つな)という意味です。

これが転じて、現在では、「兄弟の絆」や「夫婦の絆」などの断ちがたい情愛の意味に使われています。

漢字右側(「つくり」の部分)の「半」は、「半分」の意味を表しているのではありません。もともとは、車などをひく(ひっぱる)という意味の「挽」(音読みでバン)を、同音の「半」(ハン・バン)に置き換えて作った字です。

「強い絆で結ばれている」はずが「半分の糸の強さしかない」のではありませんから、ご心配なく。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
安心しました。まさしく「半分の糸の強さしかないのに・・・」と
思っていましたから。これでゆっくり眠る事ができます(笑)

お礼日時:2001/08/25 14:11

sanae-jjさん、こんにちは



漢字のなりたちについてはranxさんの言うとおりみたいです。(白川静さんの「字統」にもだいたい同じような事が書いてあります)
「きづな」というのは、馬や牛などをつないでおくロープの事だそうです。
この漢字と「きづな」が関係あるかどうかは白川静さんは懐疑的みたいです。

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~minnami/link282.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ロープの事を「きづな」と言うんですね。
タメになりました。

お礼日時:2001/08/25 14:15

形声文字ではないでしょうか。


若干の簡単な漢字を除き、ほとんどの漢字は意味を表す部分と音を表す部分とから成り立っています。
「きずな」は物をつなぐものですから、糸偏がその意味を表し、半が音(ハン=元の中国語でどうなのかは分かりません)
を表すということだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
あまり疑問を持たない方なのですが、絆はすごく知りたかったので
本当に嬉しいです。

お礼日時:2001/08/25 14:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「絆」に対する使い方

ふつうは、絆は、「夫婦の絆を強くする」「固い絆」とか使われますが、

絆を深める
絆を固くする
絆を強くする

どう使い分けるのでしょう? また、ほかの使い方もあったら教えてください。

 1.日米間の絆を深める。
 2.平和への絆を強くする。
 3.固い絆で結びついた二人。

・・・う~~~ん???

Aベストアンサー

"絆を" で検索すると色々出てきます。
中には変な使い方もありますが、概ねどういう使い分けをしているか、ある程度参考にはなるでしょう。
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&q=%E7%B5%86%E3%82%92

絆を結ぶ
絆を育む
絆を繋ぐ
絆を深める
絆を強める
絆を確認する
絆を考える
絆を求める
絆を探る
絆を保つ
絆を取り戻す
絆を斬る
絆を切る
絆を絶つ

Q読む者が書物を選んでいるのではなく、 あらゆる書物が、読む者を選んでいる。 やはり、そうですよね

読む者が書物を選んでいるのではなく、
あらゆる書物が、読む者を選んでいる。


やはり、そうですよね?

Aベストアンサー

その人の能力に応じて、書物の見え方は異なる。

書物が、人の読み取る力に応じて、示す意味を変える。

書物は、人を選んで、伝える内容を変える。

Q親子の絆と夫婦の絆

親子の絆と夫婦の絆。
この両者はどちらの絆のほうが強いと思いますか?

とても複雑な選択と思いますが、みなさんの感じるままに直感でお答え頂ければ構いません

Aベストアンサー

30代、男性、妻子有り(結婚10年目)。

本能(願望)的には
(1)私と子供との絆
(2)私と妻との絆
(3)私と父母との絆
(4)私と義父母との絆

理性的には
(1)私と妻の絆
(2)私と子供との絆
(3)私と父母との絆
(4)私と義父母との絆
といった感じでしょうか?

妻を愛し尊敬していますが、妻よりも我が子へ愛情や絆を求めてしまいます。
親子の絆といっても、親の立場と子供の立場で天と地の差があると思います。
「親思う心に勝る親心」は的を得ていると思います。

親や子供との絆は「選べない絆/切ることのできない絆」、妻との絆は「選べる絆/切ることのできる絆」です。
親子は絆の強弱に関係なく絆が存在する。
夫婦は強い絆だからこそ、夫婦でいられるのかもしれません。
そう思うと、妻との絆は強く、価値あるものだと思えます。
No.1:hiroooady様と同様に、妻との絆をもっと強くしていきたいと思います。

Q距離の半分の半分の半分って考えると、永遠にたどり着かない

こういうのって○○の法則とか○○理論ってあるんでしたっけ?
結構前に見かけた気がしたんですが、検索しても分からないし気になってます

たとえ話もうまく書けないくらい、あやふやな情報なんですが分かりますか?
ボールをビルから落として、地面につくまでの距離を半分、半分、半分って細かく見ていくと
いつまでたっても半分は存在するから地面にたどり着かないみたいな…
実際はたどり着きますけど^^;

よろしくお願いします^^

Aベストアンサー

アキレスと亀のパラドクスですね。

Q絆ってそもそも何ですか?

題名の通りなのですが、絆とはなんでしょうか?

いつもつながっていることですか?
近くにいなくても相手を思うことですか?
相手のために全身全霊を尽くすことですか?


震災で絆が深まったとよく言いますが、被災地で助け合う人たちなら確かにそう言えると思いますが、買い占めなどが起きた首都圏では他者を思う絆とは無縁ではないですか?

私は自宅にいたため帰宅難民にはなりませんでした。帰宅難民になった父や一人暮らしの兄のことは心配になりましたが、絆というほどのものは感じられませんでした。

さらに祖母の家が警戒地区のため祖母たちは避難することになったのですが、数年ぶりに会う祖母でしたが、昔から、また今回の避難につきまたゴタゴタしたことが起こり、むしろ家族の絆ですら切れかかっています。


震災抜きにしても、友人たちと絆らしきものを感じることはありません。もちろん一緒にいて楽しいし様々な話をしますが、それはただの友人関係であり絆とは違うように考えてしまっています。

私が絆に鈍かったり、絆を高い位のものと考え過ぎているのかもしれませんが、皆さんはどんな時に誰と絆を感じるんですか?

題名の通りなのですが、絆とはなんでしょうか?

いつもつながっていることですか?
近くにいなくても相手を思うことですか?
相手のために全身全霊を尽くすことですか?


震災で絆が深まったとよく言いますが、被災地で助け合う人たちなら確かにそう言えると思いますが、買い占めなどが起きた首都圏では他者を思う絆とは無縁ではないですか?

私は自宅にいたため帰宅難民にはなりませんでした。帰宅難民になった父や一人暮らしの兄のことは心配になりましたが、絆というほどのものは感じられませんで...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
こういう哲学チック(!)な質問好きです。
まず、最初に思ったことを。
>帰宅難民になった父や一人暮らしの兄のことは心配になりましたが…

人の事を「想う」と言う事が「絆」なのではないでしょうか?
質問者さんが指摘した「買い占め」も、もしかしたら家族の為とかに置き換えて考えると、「身近な人の為」と言えるかも知れませんね。

核家族や隣に誰が住んでいるかもわからない、そんな孤立が当たり前になってきた時代に、知らない人にでも手を差し伸べる事の温かさに皆が注目しただけの事で、それがブームになっただけの事でしょう。
願わくば、それが続いていけば良いのですが。

震災が起こって「何かしなきゃ!」と皆が思い、それが形になったのが「義援金」「救援物資」だったと思います。それをただ「絆」と表現したのでしょう。

#1の回答者さんの中で「生きていれば本人の知らない処で繋がっているんです。シンプルに考えましょうよ」って言葉に凄く共感しました(後で評価するをクリックしときます!)。

Q「岐阜」はどうして「きふ」ではなくて「ぎふ」と読むのでしょうか?

全くどうでもいい質問をしてすみません!
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=378504
の中でついボヤいてしまっていることなのですが、子どもの頃から疑問に思っていることなんです。

「岐阜」の「岐」の字は普通「き」と読みますよね。
用例=「岐路」 「分岐点」 「多岐亡羊」・・・これらは全て「き」と読みますよね。
例えば普通は「た」と読む「田」の字が、熟語の下に来る場合は「だ」になったりします。
でも「田」の字が熟語の頭に来る場合は、「だ」にはなりませんよね?
「山」の字にしても、熟語の頭に来る場合は「ざん」とは読みませんよね?
それなのに、どうして「岐阜」では「岐」の字が頭にあるにも係わらず「ぎ」と濁るんでしょう?

もしかして浅学非才な私が知らないだけであって、こういう事例は他にも結構たくさんあるのでしょうか?
尚、お礼に数日かかると思いますのでご承知置き下さい。
宜しかったら、冒頭の質問378504にもお答え頂けたら幸いに思います。

Aベストアンサー

#2(No.2)のものです。
(まさか、私、質問の意味を取り違えていないですよね。)

>こういう事例は他にも結構たくさんあるのでしょうか?

語のはじめにあって、濁る言葉と濁らない言葉があればいいのですね。

分解 ぶんかい
分別 ふんべつ

伴奏 ばんそう
伴侶 はんりょ

貧乏 びんぼう
貧富 ひんぷ

次回 じかい
次第 しだい

大事 だいじ
大安 たいあん
(っていうか「大」の場合は、濁るのと濁らないのともっとたくさん言葉があると思います。)

もし、讀み方の書いてある漢字の表(常用漢字表など)が身近にあったら、
濁るのと濁らないのと兩方載っている漢字を見つけて、
それぞれ頭に附いている言葉を見つけるといいと思います。

もっとたくさんあると思うのですが、すみませんがもう寢たいので、これくらいで終わりにさせていただきます。
(^-^)/

Q絆が深いと絆が強いどっちが正しいですか?分かる方教えて下さい。

絆が深いと絆が強いどっちが正しいですか?

分かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

「絆」は糸偏に見るように繊維を寄り合わせた糸とかヒモのようなものを想定した言葉です。

ですから、引っ張ったりする際に強いのが良い絆、つまり「強い」が正しいのです。

ですが、今日では、本来の正しい意味はともかく「深い」も使われています。

Q卯月(きさらぎ)と読むわけ

着付けを習っていて、如月を衣更着とも呼ぶと習いました。
自分の知識の中にある「寒の戻り」と関係あるのだろうと聞いていました。

きさらぎ…と書こうとした時、変換すると卯月とも書くことを知りました。
そこでご質問ですが、調べてみても分かりませんでした。
卯(ボウ)と書けば、茂るの意味。
ここから気更来や生更来が使われるのは、なんとなく想像できます。
どなたかキサラキが卯月となる理由をお分かりの方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1の方のリンクのリンク先と、No.6の方の回答にヒントが
あるように思います。

http://gogen-allguide.com/u/uzuki.html

> 仮に、卯月だけに干支が当てられたとしても、(中略)
> 「卯」は陰暦の二月である。

つまり、陰暦二月が「きさらぎ」と呼ばれることと、
干支の「卯」が陰暦二月に相当することから、
(ある意味、言葉遊び的に)「卯月」に「きさらぎ」の
訓を当てた、ということではないかということです。
(特に人名であれば、そういうこともあり得るかと)

Q絆が深いと絆が強いどっちが正しいですか?分かる方教えて下さい。

絆が深いと絆が強いどっちが正しいですか?

分かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

「絆」は糸偏に見るように繊維を寄り合わせた糸とかヒモのようなものを想定した言葉です。

ですから、引っ張ったりする際に強いのが良い絆、つまり「強い」が正しいのです。

ですが、今日では、本来の正しい意味はともかく「深い」も使われています。

本来、「深い」は「ふたりの溝が深まる」とか「友情が深まる」などの際に使われます。

Q遠い・大きい・通りのように「とうい・おうきい・とうり」と読むのに「お」であるものの覚え方

小学校の時、通る・大橋・遠いなどの単語を組み合わせて、そのすべてを覚えやすい文章にしてある例文を教えてもらったことがあるのですが、それがどのようなものであったかを思い出せません。読み仮名をつけるときに、「とうり」とか「とうい」と誤るようなのを集めて一つの文章にしたものです。「遠くの大橋を通る」という感じの文章です。思い出せないので教えてください。

Aベストアンサー

私もず~っと前に聞いたことがあります。

途中までしか覚えていないのですが、

「多(おお)くの大(おお)きな狼(おおカミ)が、赤いほおずき(ほおズキ)十(とお)手に持って、遠(とお)くの???」

あとは、どなたかお願いします!


人気Q&Aランキング