コピー機って印刷のとき少しピカッと光が漏れますよね。あの光ってレントゲンと同じようなものでしょうか。だとしたらほんのごく微量でも放射能だからちょっとこわいなぁと思って。どうなんでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

コピー機の、露光ランプには大体二種類あります。


蛍光ランプとハロゲンランプです。
もちろん放射能などは含まれていません。
このあたりは各メーカーともいっしょだと思います。
もちろん直接長時間見ることは、目にはよくありませんが!
安全基準等もちろんありますので、大丈夫ですよ!
それよりも、コピー機から排出されるオゾンのほうが有害化と思います。
オゾンフィルター等装備していますが、コピー機の裏側に座っていると、
気分が悪くなる等の現象があります。
    • good
    • 0

 蛇足です。



 えーとですね。レントゲン光(つまり紫外線)は、可視光線ではないので目で見ることはできません。
 目で見えた時点で、それは安全なんです(笑) もっとも、見えないからこそ怖いわけなんですけどね(^_^;

 何かしら危険がある場合は、メーカーはマニュアルと本体のどこかに、その旨を記載する義務を負います。レントゲン光の発生装置が含まれる場合は特殊な部屋を設置する必要がありますし、クラス2以上のレーザー光線の場合も、レーザークラスの明示が義務化されます。

 安全に使用するためと、精神衛生上のためにも、そういう記載がないか機械を調べてみたり、もう一度マニュアルを読み直してみるというのはどうでしょうか?
 それですっきりするなら安い物だと思いますよ。
    • good
    • 0

だいじょうぶですよ~。

↓の方が言うとおりです。で、もしレントゲンと同じ「X線」だったとしたら…。たかだか1cmほどのプラスチックの蓋(原稿押さえ)なんか通り抜けて、部屋中の人が被曝します。おおこわ~。
    • good
    • 0

コピー機やスキャナのランプから放射能が出ていたら市販されません。

怖いです。
蛍光ランプですね。
ちなみにピカッと光るのは印刷のときでは無く、画像を読み込む(スキャン)ときです。
コピー機はスキャナとプリンタが一体となったものなのでひとつの動作に見えますが、素材のスキャン→印刷という流れでコピーが行われます。

昔、顔をコピー機に乗せて眼をあいていたのですが、止めたほうが良いです。。。
ちなみに天体望遠鏡で太陽を見てしまったこともあります。死ぬかと思いました。数十分間は目が見えませんでした。本気で失明するかと思いましたが、何とも無くてよかったです。怖かった~~。
瞬間の怖さで言ったら、レントゲン以上です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

天体望遠鏡で太陽みたりしたらそりゃやばいでしょう。
コピー機の光、放射能じゃなくて安心しました。

お礼日時:2001/08/27 19:36

 違うでしょう。


 レントゲンは体を透過する放射線ですが、コピー機は表面を読み取るための強いライトなだけです。
 カメラのフラッシュなんかと同じです。

 まあ、かなり強い光なので、直視したら目には悪いでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よかった安心しました。

お礼日時:2001/08/27 19:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報