例えば、佐藤さんの場合、ローマ字で書くとき、SATOとSATOUとSATOHでは、どれが一番一般的ですか?日本国内で使う場合とインターナショナルな場面では違うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

日本語の発音を外国語の文字で表記するのですから、そもそも無理があります。

私自身も、この表記方法でよく嫌な思いをするひとりです。

例に出されている「佐藤さん」の場合、SATOが一般的でしょうが、必ずしも「サトー」と発音してもらえるとは限りません。

英語圏では、日本人名に馴染みのない人は「セイトー」と発音するでしょう。
仏語圏ですと、まだ「サトー」に近いです。ただ、フランス人は日本語の「サトー」(佐藤・砂糖など)と「サト」(里・郷など)との発音の区別はつきません。

日本語の「サトウ」というカナをそのままローマ字にしてSATOUと書いてしまうと、フランスでは「サトゥー」と呼ばれてしまいます。

ローマ字で母音をのばす際になぜHをつけるのか、私には理解できません。現実にはよく見かけますが、学校のローマ字の授業で習ったこともないし、外国でもこれが長音記号だとは思ってもらえないでしょう。第一、フランス語やスペイン語ではHは全く発音しませんからね。

次に国内での現状ですが、航空会社やホテルなどでは「佐藤」の「サトウ」という仮名書きを、そのままローマ字に対応させてコンピューターに入力する必要があるときに、SATOUと表記することが多いです。これは、「オノ」(小野)さんと「オオノ」(大野)さんを区別するためです。

いづれにしても、日本語を外国文字で表記なければならないという必要が生まれてきていること。言い換えれば、日本語が世界標準になり得なかったことが、こうした混乱の原因ですから、屈辱ではありますが、どうしようもありません。

東京都目黒区に「大岡山」(おおおかやま)という地名があります。これはローマ字でどのように綴るのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。やはり名前というのは、その人のアイデンティティですから、SATOと書きながらも「サトじゃないんだけどなー」というすっきりしない思いが残ってしまいますよね。伸ばすときにHを用いるのは、感嘆詞でOhとかAhとかあるので、わかるような気はしますが(ただし、英語寄りの考え方でしょうね)。それにしても、小学校で習ったローマ字ってなんなんでしょう?「し」はSHIでなくSIだし、「ち」はCHIでなくTIだし、「ちゃ」はCHAでなくTYA。伸ばす音は、上に^を付ける。いわゆるヘボン式とは違うわけで、小学校以外のところでは使わないような気がします。

 逆に外国人の名前を片仮名で書こうとすると、LとR、SとTHなどは、区別できないですから、お互い様というところでしょうか。中学の英語の先生は、日本語のラ行というのは、RよりLに近いので「りえ」さんはRieでなく、Lieだけど、Lieだと「嘘」になってしまうから、と言ってました。

 JRの駅だと、ローマ字表記がしてあって、Oの上に横棒が引いてありますが、大岡山は確かJRの駅はないですよね。仮にあったとしたら、Oの上に横棒プラスOkayamaってとこでしょうか。変ですけど。

お礼日時:2001/08/29 21:55

二度めの回答、すみません。

No.3のパスポートについての補足です。

愛知県旅券センターでは、選択できましたよ。(もちろん、私は愛知県民)
参考までに、旅券(パスポート)申請のご案内のURLを記入しておきますね。
そのページの中で注意が必要、と感じたのは、「一緒に旅行に出かける家族は、同じ表記で統一」することと「旅行に際して、他の件で署名する場合もパスポートのローマ字氏名と同じ表記に統一する」という点ですね。

それにしても。名前のローマ字表記ってなかなか奥が深いものだったんですね。私はこれからもこの名前と長くつきあっていくので、困る事がないようにいろいろと調べていきたいと思いました。

参考URL:http://www.pref.aichi.jp/kokusai/index-2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。今自分と家族のパスポートを確かめてみたら、すべてH、Uなしでした。私は、埼玉県民ですが、選択できると言われた記憶はないですね。こういうことで悩む余地のない名前というのが、ちょっとうらやましいですが。

お礼日時:2001/08/29 22:02

またまたこんにちは。

Theodoreです。

さきほどはイチローを「ICHORO」なんて
書いてしまいました。
もちろん「ICHIRO」ですよね。
あー恥ずかしい・・・。

ん? そういえばかつてウワサのあった
一路真輝さんも「ICHIRO」だが(本名じゃ
ないけど)、外国人には
まぎらわしくないのだろうか・・・?
具志堅用高さんは「YOKO GUSHIKEN」で
いいのだろうか・・・?

あーわかんなくなってきた・・・
(答えどころか混乱させて、ごめん)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。イチローほどの有名人なら、「この人はイチロー?イチロ?」と悩まれることもないんでしょうけどね(まあイチロー知らないアメリカ人というのもいるでしょうけど)。「う」が2つ入ると余計ややこしいですよね。藤堂さんとか、修造さんとか。それと、「じゅんいち」さんという人が、「じゅにち」と読まれるのを避けるために、JUN-ICHIと表記していました。正式かどうかはわかりませんが。いずれにしても、日本人の名前をアルファベットを用いて正確に表記しようとすることに、そもそも無理があるようですね。

お礼日時:2001/08/29 21:28

佐藤さんはSATOですね。


パスポート申請の際、いっこ前の回答の方のようなSATOかSATOHかを選ぶということは東京都の旅券課にはありません。
東京都ではパスポートを申請する際にはSATOになります。(特別な理由が無い場合)
ただ僕は、パスポート申請前に航空券をSATOHで買っちゃったので、SATO名義のパスポートじゃ乗れなくなる場合が国によってあるので、その旨を旅券課の職員に伝えると、「2つ名前を持っている」扱いにされました。
よって僕のパスポートは    
TAKAYUKI SATO (SATOH)
なんです。(一応仮名ね)

国内外を問わずパスポートの表記がスタンダードなんだと思います。パスポートから公文書を作る場合もありますしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。ということは、私の場合、既にHなしのパスポートを持っているので、航空券もHなしで買わなくちゃならないということですね。特別な理由がある場合というのは、やはり小野・大野の区別とかいうことでしょうか。

お礼日時:2001/08/29 21:11

私の名前にも伸ばして読むO(オー)が含まれてます。



この間パスポートの申請に行った時のことですが、私のような名前の者には、問題の部分を「O」 と表記するか、「OH」と表記するか自分で選ぶよう、書類を渡されました。
オオノさんとオノさんは、共に「ONO」となってしまうため、なにかと混乱してしまうので、こういうことをするようになった、とその紙に書いてありましたよ。

サトウをSATOUと表記することですが、外国の方は違う読み方をしてしまうかもしれないですね。例えば「YOU」は外国の方が読むと、たいていヨウではなく、ユーになるのでは?(あまり自信ないですが・・・。)日本の名前を初対面の外国人に正確に呼んでもらうのは、難しそうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。コメントはNo.7に・・・。

お礼日時:2001/08/29 21:03

こんにちは。

タイトルで呼ばれてたので出てきました(笑)。

国内での一般的表記の代表は、クレジットカードなどのローマ字表記だと思うんですが、
それなら「さとう」は「SATO」でしょうね。

インターナショナルだとなんだろな・・・?
そうだ、むちゃくちゃインターナショナルな人が
いるじゃないですか。
「イチロー」(われながらナイス!)。
彼は「ICHORO」ですよね。
それと、オノヨーコさんも「YOKO ONO」ですね。
例外として王貞治さんの「OH」がありますが、
これは短すぎるからじゃないでしょうか。

ただ、飛行機の搭乗者名簿の場合は、「さとう」は
「SATOU」と書かされます。これは何でだろ・・・?
(なので「自信なし」にいたします)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。コメントはNo.5に書かせていただきますね。

お礼日時:2001/08/29 21:00

こんにちは。



さとうさん、さいとうさん、ようこさんのどれでもないんですけど・・・
パスポートなどに使われるヘボン式では
SATO、SAITO、YOKO
とのばす音は表示されないのが一般的です。
地名なんかでもTOKYO、OSAKAですしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。今パスポートを見たら(期限切れですけど)、確かにUもHもありませんねえ。こういう質問をするからには、もちろん私もその手の名前なわけで。私も今まで、OやHは入れないものと思っていましたが、ときと場合によって入っているのを見るので、質問させていただいた次第です。さきほど、勤め先から帰る途中、ぼーっと電車に乗っていたら、大宮駅で、OmiyaのOの上に横棒が付いているのを発見!!TOKYO、OSAKAほど有名じゃないから、間違えないようにってことでしょうかね?

お礼日時:2001/08/29 20:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヘボン式ローマ字で、かとうを、KATOで、よめるか?旅券の話です。

ヘボン式ローマ字で、かとうを、KATOで、よめるか?旅券の話です。

Aベストアンサー

読めません。ローマ字は外国人向けに発音を示すための書き方ではありませんから、外国人が正しい発音で読めないのは当然だし、それで全く問題ありません。けれども日本人が見ても読めないのは大問題です。

ローマ字は日本語なので正しいローマ字なら日本人が見れば正しい発音で読めます。ところが旅券で使われる「外務省ヘボン式」は読めません。これは英語の書き方であって、正しいローマ字ではないからです。自分の名前を(場合によっては自分でさえ正しく読めない)外国語の書き方にしているわけで、国際的にも恥ずかしい状況だと言えます。

Q氏名のローマ字表記について

以前から疑問に思っていたのですが、クレジットカードなどを作る際に、氏名がローマ字表記でカードに刻印されますが、その場合名前が前に来て、苗字が後に表記されます。
日本語で表記してもローマ字で表記しても、○木○郎は○木○郎であって、○郎○木では日本語表記としては間違っているのではないかと思います。
なぜひっくり返して表記する必要があるのでしょうか。外国と日本では表記の仕方が違うので、日本語は日本語のまま表記すべきではないでしょうか。
韓国や中国ではどのように表記しているのでしょうか。又、在日の韓国や中国の方の場合はどうなんでしょうか。
こんなことにこだわる私って偏屈なのでしょうか。
皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

参考URLより引用しました
(1)姓名のローマ字表記の現状
日本人の姓名をローマ字で表記するときに,本来の形式を逆転して「名-姓」の順とする慣習は,明治の欧化主義の時代に定着したものであり,欧米の人名の形式に合わせたものである。現在でもこの慣習は広く行われており,国内の英字新聞や英語の教科書も,日本人名を「名-姓」順に表記しているものが多い。ただし,「姓-名」順を採用しているものも見られ,また,一般的には「名-姓」順とし,歴史上の人物や文学者などに限って「姓-名」順で表記している場合もある。欧米の報道機関等では,日本人自身の慣習を反映して「名-姓」順で表記することが一般的である。
しかし,近年では,本来の形で表記すべきだとする意見も多く聞かれ,名刺等の表記を「姓-名」順にしている人なども見られる。文化庁の「国語に関する世論調査」(平成11年)では,中国人や韓国人の名前は英文の新聞や雑誌の中でも自国での呼び名と同じ「姓-名」の順に書かれることが多いことを述べた上で,英文における日本人の姓名表記について尋ねたところ,「「姓-名」の順で通すべきだ」(34.9%)とした人がやや多く,「「名-姓」の順に直すのがよい」(30.6%),「どちらとも言えない」(29.6%)もこれに拮抗する結果となった。

参考URL:http://www.halcat.com/roomazi/namaeiro.html

参考URLより引用しました
(1)姓名のローマ字表記の現状
日本人の姓名をローマ字で表記するときに,本来の形式を逆転して「名-姓」の順とする慣習は,明治の欧化主義の時代に定着したものであり,欧米の人名の形式に合わせたものである。現在でもこの慣習は広く行われており,国内の英字新聞や英語の教科書も,日本人名を「名-姓」順に表記しているものが多い。ただし,「姓-名」順を採用しているものも見られ,また,一般的には「名-姓」順とし,歴史上の人物や文学者などに限って「姓-名」順で表記し...続きを読む

Qヘボン式ローマ字 氏名表記

こんにちは

表彰状にヘボン式ローマ字で名前を入れるのですが
判断に迷っているものがあります
(1)ショウコ→shoko? shouko?
(2)ミユウ→miyuu? miyu?
どちらが正しいでしょうか?

初歩的な質問で申しわけございませんが
ご指導よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

「ヘボン式ローマ字」という事なら・・・・

  (1) ショウコ → shoko
  (2) ミユウ → miyu

 下記サイトに『姓または名の末尾であるか否かに関わらず、ふりがなを「う」としたものは「U」を入れない』で『ショウタ → SHOTA』『中條(ちゅうじょう)→ CHUJO』って例がありますから。

 http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/hebon/
 http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/02/2315/hebon.html

 ただし,「ヘボン式」でなければ,「shouko」や「miyuu」も正しいでしょう。表彰状なら,「ヘボン式」に拘らず,本人の希望する方で良いのではないでしょうか?

参考URL:http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/hebon/, http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/02/2315/hebon.html

Q名前のローマ字表記について

名前のローマ字表記について

友人の子供に「友杏(ゆうあ)」ちゃんという名前の女の子がいます。

もうすぐ誕生日なので、バースデーカードを送ろうと思っているのですが、ローマ字ではどう書くんですか?

Aベストアンサー

http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/hebon/
例えばパスポートで使われるヘボン式ローマ字では、
基本的には長音のUは表記しません。
なので友亜ちゃんの表記は以下のとおり。

YUA

とはいえ、表記しても差し支えないので、
YUUAでも大丈夫。

ちなみに私も本名に長音があるのですが、
Uをいれるとバカっぽい(と少なくても自分は思う)ので、
Uは入れないで欲しいです。

気になるなら、直接親御さんに聞いたほうが良いかと思います。

Qヘボン式ローマ字

こんにちは

ヘボン式ローマ字表記について質問させていただきます。
加藤はKatoと表記しますが。
新津(にいつ)はNiitsu or Nitsuどちらの表記が正しいでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは

パスポートの申請をするときなど、例外もありますがヘボン式を使いますよね?

長音で省略できるのは、原則的に「オオ」か「オウ」のときの「o」「u」だけです。
よく、表記例で見かけるのが、「東宮御所」の「東宮(トウグウ)」を「Togu」と表記するというのを見かけます。

ニイツ(ニーツ)は、原則的に省略できませんので、「Niitsu」と、「i」を2つ使うのが正しい表記、といえると思います。

ただ、パスポート申請の場合は、特別に「非ヘボン式」使用の申請書を出せば、使えるかもしれませんが、そんなことをしたことないので・・・

Qパスポートのローマ字について

この度、子供のパスポートを申請することとなりました。
名前の中に「り」という文字があるのですが、ローマ字で「LI」(エル・アイ)という書き方で表記したいのですが可能でしょうか?
また、一般的にダメな場合の対応策などはあるのでしょうか?
(この表記は、姓名判断的要素で決めましたので変えたくはないのです。)
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・一般的には、ヘボン式というローマ字のルールにそって書くことになり、「り」は「RI」となります。

・外国籍の方と結婚した、あるいは親御さんが外国出身の方である等で、そもそもの綴りが「LI」である場合には、そのまま使えます。

・上記の様な事情が無くても、特に希望する場合はヘボン式によらない(「り」を「LI」とする)表記が認められることもあります。

・判断は、各都道府県の旅券事務所が行いますので、お住まいの地域の旅券事務所にお問い合わせ下さい。

・参考URLに、東京都の場合を載せておきます。

参考URL:http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/hebon/

Qヘボン式ローマ字の「ふ」の表記について教えてください。

ヘボン式ローマ字の「ふ」の表記について教えてください。

ヘボン式では「ふ」は "fu" ですが、なぜ "f" を使うことになったのでしょうか?
ヘップバーンは "hu" だと human や humid のように「ヒュー」と発音するから短母音の「ウ」を出すためには "f" の方が良いと判断したのでしょうか?

つまり、Huji、 Hukui、 Hirohumi などの表記を見せると「ヒュージ、ヒュークイ、ヒロヒューミ」のように発音すると思ったのでしょうか?

Aベストアンサー

yoko_igaさん、こんにちは。

>>>ヘップバーンは "hu" だと human や humid のように「ヒュー」と発音するから短母音の「ウ」を出すためには "f" の方が良いと判断したのでしょうか?

それはありえないと思いますよ。
fuel, fuse, confuse, fusion ・・・
のように、フーではなくフューという発音を含む英単語はたくさんあります。

food の foo は、日本語的な発音の「ふう」と似てはいますが、違います。
(fの発音は、下唇を上の前歯に触れさせて発音します。日本語のフはそうではありません。)
これは、「し」を si ではなく shi としても、依然として発音が違うことと同様です。
「違う発音だけれども、聞いたときに(印象が)なるべく近い音を選んだ」ということにすぎないのです。

Qパスポート受領がぎりぎり・・・。しかもローマ字が違う!?

3月3日から海外旅行に行く予定です。連れがパスポート受領が2月25日なのですが、これは間に合うのでしょうか?旅行会社からは、早くパスポート番号とローマ字を教えて下さいと言われていますが。。。パスポート番号とローマ字は、いつまでに伝えればいいものなんでしょうか?
そして!ローマ字の表記が間違えてるかもしれません!連れの名前は撥音がつく(例を使わせて頂きますが)「NAMBA」です。私はBの前はMが当然と思って旅行会社にも「「NAMBA」で取ります」と伝えてあるのですが、連れは「NANBA」で申請したって言うんですっ!当人の申請通り「NANBA」で申請されてしまうものなんですか!?それとも、旅券事務所の人が「NAMBA」と訂正してくれるのでしょうか?ちなみに、連れが申請書を出した時、窓口の人は特に中身を見ずに受け取ったそうです。。。
「NANBA」で申請された場合、明日にでも旅行会社に電話して「NANBA」で申請したと言えば、簡単に変更してもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

回答からいうと、たとえ、「NANBA」で申請書を提出しても、作成パスポートは「NAMBA」となります。

本来ならば、申請時に受け付けた者が、申請者に「NAMBA」となることを説明し、そこで訂正します。なぜなら、旅行会社に名前等を登録する際にスペルを聞かれることになるので、受け付けた者が説明もなしに勝手に訂正すると、申請者が間違ったものを旅行者に伝えてしますことがあるからです。今回の場合はおそらく受け付けた者が見落とされたのでしょう。

ですが、最初にも述べましたとおり、作成後のパスポートは必ず「NAMBA」となります。「NANBA」とは絶対になりません。機械が受付ないからです。間違いは受付後の審査または、作成時に気づき「NAMBA」と直されます。この後の対応は旅券事務所により異なると思いますが、多くの事務所では申請時に書かれた連絡先または、緊急連絡先に本人に間違っていたことを説明し、正しいものを伝えます。なぜなら、旅行業者に正しく伝えるため。でも、本人に連絡せずにただ変えておわりということもあるかもしれません。

そこでですが、旅行業者には「NAMBA」と伝えましょう。なぜなら、申請時にどう申請したであれ、出来上がりは「NAMBA」となるからです。大きな旅行会社なら、「NANBA」と申請しても「NAMBA」となることを知っているはずです。さて受領ですが、おそらく受け取りが遅れることはありません。

とはいえ、最近は事務所によっては日曜日も開いているところが多いので、理由を告げ確認していただくとよいでしょう。本人が電話してください。そして、受領時には、もちろん「NAMBA」となっていることを充分確認してください。

回答からいうと、たとえ、「NANBA」で申請書を提出しても、作成パスポートは「NAMBA」となります。

本来ならば、申請時に受け付けた者が、申請者に「NAMBA」となることを説明し、そこで訂正します。なぜなら、旅行会社に名前等を登録する際にスペルを聞かれることになるので、受け付けた者が説明もなしに勝手に訂正すると、申請者が間違ったものを旅行者に伝えてしますことがあるからです。今回の場合はおそらく受け付けた者が見落とされたのでしょう。

ですが、最初にも述べましたとおり、...続きを読む

Qパスポートのヘボン式ローマ字は強制ですか?

パスポートの氏名表記について、ローマ字はヘボン式に統一
されており、外務省ホームページなどでも、
「”ゆうこ”はYUUKOではなくYUKOと表記する」など、
具体的に書かれています。
これは強制力を持つものなのでしょうか?

子供の名前が上記例の”ゆうこ”に似た名前で、親としては
音を忠実に表記したいので、YUKOではなくYUUKOと書きたい
のです。
「ウチの子は”ゆこ”じゃないっっ」っていう思いです。

ヘボン式でない表記について云々、という説明もありますが、
基本的に外国名(姓含む)の場合を想定しているように読め
ますので、生粋の日本人である我が家の場合は当てはまらな
いのかな、と思っています。
この辺についても解説頂けると助かります。

できればパスポート行政に従事されているような方からコメ
ントを頂けるとうれしいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ゆうこをYUKOと書こうがYUUKOと書こうが、それって既に日本語ではありませんね(戸籍ではそうなっていないという意味です)。つまりYUKOあるいはYUUKOは「ゆうこ」をアルファベットで記す便法に過ぎない、つまり一種の記号であると私は思っています。そうだとすると一定した表記法が決められていないと、日本人も外国人も混乱するでしょう。海外で聞かれたら、YUKOはユーコと発音するのだと説明すればいいのではありませんか。ヘボン式にしろ訓令式にせよ、ローマ字は日本語の発音を近似的に表現しているに過ぎません(たとえばローマ字では鼻濁音は無視されているし、あるいは役者を日本語で発音すればYakshaに近いがローマ字ではYakushaと書く約束になっているし、備中という地名をローマ字でどう書きますか)ローマ字で「正しく」書いた自分の名前を外人がアクセントを含めて正しく発音してくれることなどまずないといってよいでしょう。逆に外人の名前や地名も日本人が正しく発音できるなどということもまずないと思います。要するにその人や場所を特定するための記号だと思えばいいのだと思っています(それ以外に方法はないのですから)。

ゆうこをYUKOと書こうがYUUKOと書こうが、それって既に日本語ではありませんね(戸籍ではそうなっていないという意味です)。つまりYUKOあるいはYUUKOは「ゆうこ」をアルファベットで記す便法に過ぎない、つまり一種の記号であると私は思っています。そうだとすると一定した表記法が決められていないと、日本人も外国人も混乱するでしょう。海外で聞かれたら、YUKOはユーコと発音するのだと説明すればいいのではありませんか。ヘボン式にしろ訓令式にせよ、ローマ字は日本語の発音を近似的に表現しているに過ぎま...続きを読む

Q宅配の受取やクレジットのサインはローマ字でもOK?

宅配便や書留などの受け取りや、クレジットカードを使った場合に自分の署名が必要な場合がありますよね。
あれって、ローマ字で名前を書いても大丈夫なんでしょうか?

例:鈴木麗子→Suzuki Reiko

クレジットカードの裏には自筆で漢字の署名をしてありますが、表にはSuzuki Reikoのようにローマ字の刻印もあるし、もしかしてローマ字でもOKなんでしょうか。
自分は名前の画数が多くてローマ字の方が楽なもので…

自筆の署名には変わりないですがローマ字ではなく漢字で書かなくてはならないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

宅配便や書留などの受け取りの場合は自署を求められますから姓名あるいは姓を記入です。
トラブったときに誰の筆跡かということが重要な手がかりとなることが予想されます。

一方、クレジットカードの場合は、カードの裏面のサインと同じものを署名します。
ほとんどの店員はこの類似性のチェックを怠っていますが、本来はチェックしなければならないのです。

で、カード裏面のサインは漢字でもローマ字でも構いません。
私は中国や韓国の犯罪集団対策としても有効な「ひらがな」を使っています。
ひらがなやカタカナは日本だけの固有の文字であり、ひらがなは真似ることが難しいのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報