初めて質問します。
私の友人が父子家庭で、子供が二人居ます。
上の子は小学4年生ですが、勉強のレベルは小学2年生です。
私がそばにいれば暇を見つけて勉強を教えられるのですが、東京と北海道ではなかなか簡単に行き来が出来ません。
そこで、子供に少なくとも学力が上がる方法は有りませんでしょうか?
父親は、毎日10時くらいまで仕事で子供の勉強を見れる常態では有りません。
子供の面倒は、ベビーシッターさんがしています。
勉強する癖がないため、机に向かう事も無い様です。
八王子市でその様な子供を見てくれる補習塾などがあれば、通わせたいと私は思っています。
みなさんはどう思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 子供に無理やり勉強を押し付けても(塾に行かせても)やる気が全く無いのなら、お金の無駄になるし、子供にとってもプレッシャーになるかもしれませんから、もし塾などの通わせるのなら、子供の気持ちをよく聞きながら、子供が本当にいってみたいと思うところに行かせてあげるのが一番だと思います。

父子家庭ということですから、ただでさえ、そのような環境でストレスを子供なりに感じているのでしょうから(小2のレベルは場合によってはそれが原因かもしれません)、それ以上のストレスを与えるのはかわいそうです。
 我が家の子達が一時期お世話になった教材もお勧めです。進研ゼミの「チャレンジ」というものですが、ご存知でしょうか。お子さんがいらっしゃる所へはよくDMが入ったりしています。我が家では、塾や家庭教師などは私が元帰国子女の関係で、あまり好まないので、やっていませんでしたが、この教材にかんしては、子供のほうから「どうしても」やりたい、というので、しばらくやっていました。やめた理由は、よくないからというよりも、小6の子は意外と勉強面で優秀なので必要がなくなり、小4の子の方は、学校の宿題がかなり多く、チャレンジをやっている時間があまり無くなったためです。漫画や絵などがたくさん盛り込まれ、とても楽しく勉強ができます。付録が必ずついていて(勉強を助けるもの)時々ビデオも入ってそれもとても分かりやすいものです。毎回、テストのようなものも入っており、それを提出すると、「赤ペン先生」が赤で添削してくれ、分かりやすく、楽しく返事と回答をしてくれます。そして、「頑張りシール」というのも帰ってきて、それがたまると賞品が選べるシステムになっており、それも子供にやる気を与える一つの原動力になっています。チャレンジのおかげで、うちの子は成績がよくなったようです。(どちらかというと、予習式なので)4年生くらいですと、月4千円弱でした。
 やめたい時は、電話ナリすれば止められ、会員番号は生きているので、再開する時は同じ番号で再び始められます。
 サンプルを見たことが無ければ、送ってもらえると思います。
 
   進研ゼミ小学講座
    フリーダイヤル:0070-800-00-7777
     (月-土 10:00-20:00)
    • good
    • 0

小学2年生というのは何を根拠にしての判断か分りませんが、


小学生の頃に多少、勉強ができないくらい深刻な問題じゃないですよ。
私自身、理系の大学院も卒業し、今は博士課程に在籍しつつ民間の研究所で
研究員してるので、それなりの学力はあるつもりですけど、
小学生の頃は学年で1、2を争う低学力でしたよ。小4までは自分の
名前が漢字で書けませんでしたしね。

んー親の影響はあるのかな?私も親から勉強を教えてもらったことは
通算で1回しかなかったので、学校ではアホだったかもしれないけど。
あんまり関係ないような気がする。

問題は学校の成績が悪いのか物覚えが悪いのかです。単にテストの点数
だけが悪いのであれば、そんなに深刻になることもないと思いますよ。
それでも、やっぱり塾に行かせたいというのであれば少しアドバイスを。

私は地方の補習塾と大手の進学塾の両方で講師の経験がありますし、
いわゆる「お受験」のクラスの担任もしておりました。実際の塾と
いうのはビジネス的な要素があります。極端に説明すると
九九算ができない高校生を地方の中堅私大に合格させる場合と
元々、慶応、早稲田レベルなら余裕の高校生を東大に合格させる場合
はるかに後者の方が塾の宣伝になるわけです。教育の成果としては
前者の方がまさっていても、塾には常連客がいないので、
「東大合格」の方へ重点が移ってもしかたがないところもあります。

したがって、一人、レベルが異なる生徒がおり、その子にも分る
ように解説したり、机前解説などをすると優秀な生徒の学力向上の
さまたげになるからと、上司からはっきりと「あいつは無視しろ」
という指示が出ました。(もっとも、それが嫌でその補習塾はやめた
んですけどね)

といっても、私は教育の結果は不平等だと思っています。
できない子を居残らせて後で補習してあげるというのが人情的かも
しれませんが、やる気がある子がここも教えてと言ってきたら
やる気がある子を追い返してまで、できない子を手取り足取りは
できません。

ただし、小学生はそれまで、まともな教育を受けていないことも
あって、塾に入るとうなぎ昇りに効果がある子もいます。
そんなわけで一概に個別がよくて集団はダメだともいえません。
とりあえす、集団に通うのがベストだと思います。

そのときは大手の塾が良いと思います。個別教室も併設されて
いるので集団が不適当であると講師が判断したら、本人を
傷つけることなく個別へ移動できますし、塾に文句があれば
本部へ苦情を寄せると、すぐに解決できます。
(現場へ言っても、無駄です。講師の暗黙の了解として、
教えるという上位の立場から簡単に謝罪してはいけない、
というのがあります。あくまで教え方についてですよ。)

あと、小学生に家庭教師はちょっと重いかなって思います。
勉強しない習慣のある子は、友達に会いに行く感覚で通塾
する方がいいと思いますよ。

ここで個別の塾名を提示するのは、よくないと思いますので、
「学習塾」で検索されることをお勧めします。
長くなりましたが、このへんで。
    • good
    • 0

まず、お父さんが早めにお仕事を切り上げて帰宅され、お子さんの勉強を見てあげることは出来ないのでしょうか?もしくは休日に見てあげるとか・・・。


確かに父子家庭で色々と大変なのは分かります。うちも母子家庭ですから。ただ、シッターさんを雇えるほどのお給料があるなら、その分を削ってでも今はお子さんの傍にいてあげて欲しいと思うのは私だけでしょうか?(転職などとなると、確かに大変なのは分かりますが)
ただただ勉強を見てもらうのならば、シッター兼家庭教師みたいな方にお願いしても良いと思います。ただ、4年生くらいの頃って、多感な時期に入る頃ですよね。私の小さい頃にも、本当はやれば勉強が出きるはずなのに、愛情不足から構って欲しいがために勉強などはせずにいた子もいました。(結局精神的に安定した高校の頃から、彼は好きな道に進み、今はその道のプロらしいです)
小学生の一番の家庭教師は「親」です。お父さんのお仕事も子供の勉強も大事かもしれませんが、もっと根本的なとこを見直す必要があるような気がするのですが・・・。
学校の学力だけがすべてではありません。お子さんが好きなことは何でしょう?その力を引き出せるような教育をしてあげては?と思います。
    • good
    • 0

小学校4年生のお子さまですか。

2年生くらいの学力しかないと言うことは
例えば算数だったらかけ算九九はなんとかなるけどわり算だと苦しくなってしまう
という感じなのでしょうか?国語の漢字などはどのくらい書けているでしょうか?
そのお子さんが勉強方法を身に付いていないとなると今後非常に学年が上がるごと
に大変になってくると思います。
そのお子さんの性格などに寄りますが、一つは少人数制の個別教室で単元の学年配当と
関係なくもう一度基礎からやり直す塾。あともう一つは高校受験塾の小学生コース
などに通うという手があります。中学受験塾はある程度学力がある子でないと入塾
出来ない可能性がありますが、公立高校受験塾の小学生コースだと勉強の仕方など
きっちり身につけさせると言うことで教科書にあることをまず身につけるという
方針になっている塾が多いです。塾によっては理科実験教室など実際に何か物を
作ったりして体験を通して学ぶというイベントがあったりします。
このようなコースだと小学生のうちは比較的少人数になるところが多いので
補習などで個別フォローもしてもらえると思います。
いずれにしてもお父さんが直接いくつかの塾で相談してみてその感触とお子さんが
体験授業など受けてみて、これなら続けられそうだな~とお子さんが反応したら
通わせるということで進めてみてはいかがでしょうか?

この回答への補足

貴重なご意見ありがとうございます。
九九や小学一年生の漢字で躓いてしまっています。
子供のテストの点数が良くなるよりは、嫌な事に立ち向かうようになってもらいたいのです。
子供達の周りには「勉強しなさい」と言ってくれる人が一人も居ません。(学校の先生も含めてですが)
楽しいゲームやテレビを見ることばかりして、嫌な事には目をそむけている生活をこのまま大人になるまで続けるのは、私はあまりいい事だと思わないんです。
一週間に1時間でも、勉強をしなきゃいけないという環境を子供達に作りたいと思います。

補足日時:2001/09/03 23:02
    • good
    • 0

「公文式」という塾が、まさにご希望にピッタリのように思います。

ご近所にも何軒か公文の教室がありますよね?
公文式は、天才児を作る教育だと誤解されがちですが、もともとはいわゆる「落ちこぼれ」の子どものための塾です。ですから、実際の学年よりかなりさかのぼった内容のプリントを山ほどさせられます。宿題も毎日分が出るので、素直に課題をこなそうという子なら、勉強する習慣が次第についていくようです。
算数は計算問題ばっかり、国語は漢字と音読・カンタンな読解力問題程度ですので、さほど負担にならないと思います。
私自身は、公文式は性に合わないのですが、ご相談のお子さんには向いているような気がします。
公文式の教室は至る所にあり、先生のタイプも色々なようですので(穏やかな人、キビシイ人、教材をやたら売りつけようとする人、etc)、充分に面談して、ご相談のお子さんのヤル気を上手に引き出してくれそうな先生を選ぶことが大切だと思います。
子どもにとって塾通いは、「とにかくイヤだ」と思う場合と、「友達が同じ塾に行っているから楽しい」「学校の勉強はつまらないけど塾には行ってみたい」と肯定的に思う場合と、色々のようです。やはり、塾での学習内容、先生のタイプ、教室の雰囲気、ほかの子ども達・・・などの要因次第です。

この回答への補足

塾に行って友達を作る事も、子供達にとっては大切な事だと思います。
何が合うかまだ分らない年齢ですから、いろんな事を試したいと思います。
ありがとうございます。

補足日時:2001/09/03 23:10
    • good
    • 0

私は、自分の経験からすると、勉強する癖がないのに補修塾などに無理矢理行かせるのはどうかと思います。


何か本人が興味を持ちやすいことで、間接的に勉強になることを探してみてはどうでしょうか?・・・といっても、それを探すのも簡単ではないと思いますが(^_^;。

この回答への補足

いくつか試してみましたが、どれも長続きしませんでした。

補足日時:2001/09/03 23:13
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学4年生の算数問題

小学4年生の算数問題です。
キャンディとチョコが合わせて90個あります。キャンディはチョコの3倍よりも10個多いです。キャンディとチョコは、それぞれ何個ですか?
(考え方)
90-10=80個
80÷4=20個(チョコ)
90-20=70個(キャンディ)
(答え)
キャンディ70個、チョコ20個
この考え方を小学4年生が理解できるようにわかりやすく説明して下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

キャンディーはチョコの3倍よりも10個多いので、もしキャンディーを10個取り去ると、キャンディーはチョコの3倍ということになります。またこのとき、両者の合計は90-10で80個です。

この80個というのはチョコと、その3倍のキャンディーの合計なので、80÷(1+3)でチョコの数が出ます。

Q僕わ勉強の仕方が分かりません。小さい頃からあまり勉強が出来てなく、小学三年生ぐらいしか分かりません。

僕わ勉強の仕方が分かりません。小さい頃からあまり勉強が出来てなく、小学三年生ぐらいしか分かりません。中学は一年生の理科ぐらいしか分かりません。高校でわ支援学校なので「普通の。」高校の勉強は学校側がやっ てないません。勉強の方法か、全教科の参考書などで一番何が一番いいですか?方法とか教えて頂ければ嬉しく思います。長文すいませんでしたが最後まで読んでいただければ光栄です。回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

高校生なのでしょうか。

前向きに勉強しようとする気持ち、本当に素晴らしいと思います。
どの様な事を学びたいのでしょうか。教科の参考書なら、なるべくうすいもの、解説と問題が同じページにある様な、わかりやすいものはいかがですか?
一冊全て読み終えたら、大きな手応えがあると思います。

私も、毎日通信教育で勉強しています。

がんばりましょう!応援しています。

Q小学4年生の算数 分数の問題です②

みなさん今晩は、質問させてください。
小学4年生の算数 分数の問題です②
②の問題で番号ごとに3ずつ増えていくのはわかるのですが、解説の
1辺にならぶ~1大きい がさっぱり分かりません。
詳しい方解説をお願い致します。
画像を添付しております。

Aベストアンサー

中を埋めずに、辺だけ石で作ってるわけですね。

1番目の三角形は辺の長さが2。これは1+1と表すことができます。
石の数は3。これは1*3と表すことができます。

2番目の三角形は辺の長さが3。これは2+1と表すことができます。
石の数は6。これは2*3と表すことができます。



□番目の三角形は辺の長さが□+1と表すことができます。
石の数は□*3と表すことができます。

石の数が102個なので□*3=102、□=102/3=34。
辺の長さは□+1なので34+1=35

Q小学生から勉強をやり直しするのですがお勧めのとかありますか? 仕事の合間に勉強するのですが。 教えて

小学生から勉強をやり直しするのですがお勧めのとかありますか?
仕事の合間に勉強するのですが。
教えてください。

Aベストアンサー

科目は、何ですか。

算数・理科・社会なら、小学五年生の教科書準拠版のテキストあたりが良いと思います。

国語でしたら、本を読むのが一番お勧めですが、やはり、小学6年程度のテキストで、文章問題を
数多く読み・解くのが宜しいのではないでしょうか。

中学入試の国語・算数などは、大人でも難解で、柔軟な理解力が要求され、良問です。

参考までに。

Q小学4年生の算数について

小学4年生の算数ですが、教科書に出てくる少し難しい文章問題に
なると、問題ができず応用できません。
公文にいかせているので、計算式などは問題ないのですが

一般的にどのレベルまで、習得すべきなのか悩んでいます、
特に私立中学を目指してはいませんがこの先わからずに授業について
いけれなくなるのではないか、心配です。

Aベストアンサー

算数数学の世界は高いビルディングだと思っています。
小学生の算数が基礎になってその上に中学生の数学を建てるので
どの問題も出来ないままで放って置くべきではないと思っています。


私の経験上で多い順に
1:文章を読み取れていない。イメージできない(絵で描けない)
 この類の子は完全に、計算問題は〇、文章問題はほとんど×になります。
2:考えることを止めてしまっている。わずらわしく思っている。面倒くさがり。
 この類は計算問題の中でも考える部分が多いもの(分数が3つある割り算とか)
 がミスで間違ったり、掛け算九九81問やらせるとなぜか数問間違ったり、
 さらに間違いを自力で探しなさい(見直しをしなさい)といわれても探せません。
3:漢字が読めない。
 希にいます。漢字テストの点が低く、特に読みも出来ていない場合疑ってください。
またこれら全てに当てはまる場合もあります。


小さな努力から始めるのがいいと思います。
1は問題の絵を描かせてみたり、小道具(低学年ならおはじきとか使いますが)
で実演してみたり。 つまり目に映る形にすべきだと思っています。
2はなかなか直りません。10歳くらいでしょうか?物心付いたときからそこまでで
身についてしまった個性は直そうと思って努力しても5~10年かかると思います。
そういう子には各問題ごとにフローチャートを作ることを勧めます。
これもまた目に見える形にするのは同じですが、進める順序もハッキリしますので。
ルールを理解し、ルール通り進め、ルールを守って答える。当たり前の順序ですけど。
3は・・・いるんですよ本当に・・・全てが読めないわけではないにしても一部のせいで
誤解したり、読めないのがイヤでそれ以上問題を続けなかったりするわけです。
もう漢字の練習しかないです。書かなければ覚えませんので。

心配なのはわかりますが、動かなければそのままいってしまうのが普通です。
いきなり出来るようになる魔法はありませんので、何か少しずつでも動きましょう。 

算数数学の世界は高いビルディングだと思っています。
小学生の算数が基礎になってその上に中学生の数学を建てるので
どの問題も出来ないままで放って置くべきではないと思っています。


私の経験上で多い順に
1:文章を読み取れていない。イメージできない(絵で描けない)
 この類の子は完全に、計算問題は〇、文章問題はほとんど×になります。
2:考えることを止めてしまっている。わずらわしく思っている。面倒くさがり。
 この類は計算問題の中でも考える部分が多いもの(分数が3つある割り算とか)
 が...続きを読む

Q小学生の勉強

以下公立学校に限ったことです。

私が小学校に入学したのがもう18年くらい前なのですが、小学校生活6年間毎日遊んでいました。
テストなんて重要なものだとも思わず適当にやって返されても机の中で終業式までためるという感じでした。
でも特に勉強に困ることなどなく(頭は悪いです)平凡な高校まで普通に行きました。
塾など行ってません。
小学校卒業時には算数はほとんど分かってなかった気がします。
足し算引き算かけ算わり算くらいはできましたが分数とか面積とかちんぷんかんぷんでした。
結局今でも足し算~わり算程度の知識しかないです。
でも生活になんの問題もないです。
こんな私だから思うことなのかもしれませんが、最近小学生に対して勉強面の取り組みが厳しいように思えてしまいます。

勉強したい子は自分でどうにかするので公立学校でバックアップする必要性を感じません。
自分が通った学校はある意味ちょっと特殊だったかもしれません。
普通の公立学校ではありましたが、音楽の授業では楽譜の読み方などは一切教えずとにかく色々な楽器に触れる。
とにかく先生自身が授業を楽しんでいるのが凄く分かる学校でした。
その後6年の時に転校したのですが転校先が公立ながら進学校風で全く授業に付いて行けなかったのを覚えています。
それこそみんな楽譜を普通に読めたりしてました。

中学になれば言わなくても成績を意識するだろうし高校も行けない緊張感から普通に勉強に取り組むと思う。
小学生の内からテストだ成績だと気にしなくちゃいけなくて傍観者であるはずの私でさえ退屈に感じます。

小学生にしっかりした勉強は本当に必要なんでしょうか?
そんなに必死になって教えたことの全てを理解しないといけないのでしょうか?

時代が違うと言われればそれまでですけれど。

以下公立学校に限ったことです。

私が小学校に入学したのがもう18年くらい前なのですが、小学校生活6年間毎日遊んでいました。
テストなんて重要なものだとも思わず適当にやって返されても机の中で終業式までためるという感じでした。
でも特に勉強に困ることなどなく(頭は悪いです)平凡な高校まで普通に行きました。
塾など行ってません。
小学校卒業時には算数はほとんど分かってなかった気がします。
足し算引き算かけ算わり算くらいはできましたが分数とか面積とかちんぷんかんぷんでした。
結...続きを読む

Aベストアンサー

小学校、中学校の勉強って
直接的に意味があるものって
算数と国語ぐらいだろうね
それ以外はまったく出来なくても問題はない
確かにそうだ でも役に立っていないと思うのは
直接答えが出ていないからであって
実際には勉強してきた事がものすごく役に立って
いるものだ、
物事の考え方や応用の仕方、
脳の働きを活性化させるなど、
小学校中学校は脳を訓練する時期と考えれば良いのでは無いだろうか?

Qアメリカ小学4年生算数の問題です。

日本の小学4年生にも分かるような問題に訳してください。

Mr. Yamato’s class has 18 students. If a class counts around by a number, and it ends with 90, what number did they count by?

Aベストアンサー

18人のクラスで、生徒が同じ数をたしていって最後に90になった
としたら、生徒はいくつづつたしていったことになるか?

でしょうか

Q小学生の国語の勉強方法

小さい頃から多くの本を読ませていたため、文章を読むこと、読書をすることは得意?な方だと思います。しかし、ただ読ませっぱなしにしていたためか?本を読むだけ、字を追っているのみというところがあるようです。中学受験を考えて塾にも通っているのですが、いざ、国語の読解問題となると全くできません。読者が何を言いたいのか??・・その内容のポイントなど全く判らない???・・・というような状態が続いており、本当に困っています。どのように読解問題に取り組めばよいのでしょうか? 取り組み方と、よいテキスト、本などがあればお教え下さい。

Aベストアンサー

No.3の方に賛成です。

私自身と似ている気がします。
小さい頃から読書が大好き、今でも大好きですが、
いつからか(高校くらいか?)国語の読解ができない、と感じるようになりました。

親に勉強漬けの生活を強いられていて、
小学校、中学校、大学と受験はうまくいきましたし、
成績はいつもよかった(国語も含めて)ので、
読解ができないと指摘されたことはありませんでしたが、自分の中にもやもやしたものがありました。

大人になってわかってきたのは、
人の気持ちがわかりにくい、
状況判断ができない、
自分のフィルターを通してしか考えられない、
という自分です。(自分勝手なんです。)

よく中学生くらいで、
国語の点数が、いい時と悪い時で差がありすぎ、という人がいますが、
それは、作者と自分の考えが同じ時は正解できるけれど、違う時はわからない、という場合です。
それとも共通点があるかもしれません。

読解力を身につけるためには、
活字に慣れていることは必須ですが、
やはり、書かれていることをそのまま受け入れる
(自分の考えと違っていても相手の思考をそのままたどれる)素直さが絶対に必要です。
そのためには、やはり日常生活の過ごし方、育ち方がとても大切になってくると思います。

それから、読書は楽しみのためにするものです。
「読ませっぱなし」が正解で、
(というか、人に読まされるものではなく「読みっぱなし」が正解で……)、
それ以外のことをしないでこられたのはよかったと思います。
別に、字を追っているだけではないと思いますよ。
それだったら、つまらないので読まなくなるはずです。(読書を強制しているわけではないですよね?)

……ということを私は思います。

今すぐに、読解問題の点数を上げるためにどうしたら?についてはよくわかりませんが(すみません。)
文章の読み解き方を身につけるためには、
中学受験の読解問題は実によくできている、と聞いたことがあります。解くことで自然に読解力がつくようになっている、と。
ということは、特に個別のこれ、と捜さなくても、どの問題集でもいいのかな、とは思います。
塾の先生に相談なさってはどうでしょう。

お母さんが勉強を教えたり、勉強に深く関わるのは、
かなりリスクが高いです!
あえてなさるなら、目先にとらわれないで、忍耐、温かさを持っていってほしいなあと思います。(私にはちょっと難しい。)
本当は「勉強のことはわからないわ。
私にできることは頑張って食事を作るだけ。」っていうスタンスの方がうまくいくのかもしれませんよ。

No.3の方に賛成です。

私自身と似ている気がします。
小さい頃から読書が大好き、今でも大好きですが、
いつからか(高校くらいか?)国語の読解ができない、と感じるようになりました。

親に勉強漬けの生活を強いられていて、
小学校、中学校、大学と受験はうまくいきましたし、
成績はいつもよかった(国語も含めて)ので、
読解ができないと指摘されたことはありませんでしたが、自分の中にもやもやしたものがありました。

大人になってわかってきたのは、
人の気持ちがわかりにくい、
状況判...続きを読む

Q小学4年生の算数の割り算問題です。

小学4年生の子供が、宿題で算数のプリントを持ってきました。 割り算でカレンダーの曜日を求めるような問題です。 授業で全くやっていないらしく、私も一緒にあれこれ考えたのですが、よく分からなくて困ってます。 どなたか分かる方、教えてください。

1.下は、ある月のカレンダーです。きまりを見つけて、切れてしまった30日の曜日の求め方を考えましょう。
    日  月  火  水  木  金  土
        1  2   3  4  5   6
     7  8  9  10 11 12  13
    14

(1)それぞれの曜日と余りの関係を見つけましょう。

    月・・・(  )÷(  )=(  )あまり(  )
    火・・・(  )÷(  )=(  )あまり(  )
    水・・・(  )÷(  )=(  )あまり(  )
    木・・・(  )÷(  )=(  )あまり(  )
    金・・・(  )÷(  )=(  )あまり(  )
    土・・・(  )÷(  )=(  )あまり(  )
    日・・・(  )÷(  )=(  )

(2)30日の曜日を求めましょう。

   (  )÷(  )=(  )あまり(  )   答え(    )


という問題です。  よろしくお願いします。  

小学4年生の子供が、宿題で算数のプリントを持ってきました。 割り算でカレンダーの曜日を求めるような問題です。 授業で全くやっていないらしく、私も一緒にあれこれ考えたのですが、よく分からなくて困ってます。 どなたか分かる方、教えてください。

1.下は、ある月のカレンダーです。きまりを見つけて、切れてしまった30日の曜日の求め方を考えましょう。
    日  月  火  水  木  金  土
        1  2   3  4  5   6
     7  8  9  10 1...続きを読む

Aベストアンサー

7日が日曜日である週をながめてみるとわかるかもしれません。
1週間は7日ですから、7で割ることはおわかりになるのではないかと思います。

月:8 ÷ 7 = 1 ... 1(あまりの1が重要。商の1はこの問題では重要でない)
火:9 ÷ 7 = 1 ... 2(あまりの2が重要)
水:10 ÷ 7 = 1 ... 3(あまりの3が重要)
木:11 ÷ 7 = 1 ... 4(あまりの4が重要)
金:12 ÷ 7 = 1 ... 5(あまりの5が重要)
土:13 ÷ 7 = 1 ... 6(あまりの6が重要)
日:7 ÷ 7 = 1 ... 0(あまりの0が重要)

という風に計算すると、あまりの数値が、日曜日を基準として何日後に来るか、
を示しています。

今回は30日の曜日を求めたいので、同じように7で割ります。
30 ÷ 7 = 4 ... 2(あまりの2が重要)
となって、火曜日となります。

Q小学5年生の勉強

小学5年生の家庭教師を受けもつことになりました。

小学5年生の学習内容が分かるサイトはありますか?
できるだけ詳しいものをお願いします。

また、相手は女の子なので接する際に気をつけたほうが良いことは有りますか?

Aベストアンサー

はじめまして。とある個別塾で小学校5年生の女の子の算数を受け持った経験があります。
受け持たれる科目はなんでしょうか?とりあえず算数については小数の足し算引き算掛け算わり算そして分数が登場してきます。基本的に家庭教師ということでしたら学校の授業にほぼ沿った内容でということになるでしょうが、もし出来るのでしたら教科書の設問をやってみてもらう形でいいので一度小数・分数の計算がどの程度出来るか把握された方がいいと思います。もちろん5年生の単元には図形(内角や面積など)もあるのですが円の面積などは公式を覚えていても小数の計算が苦手では答えが出せません;;。初回はお子さんといろんなお話をするのがメインになるでしょうが、その中で計算は好き?(得意?)などお尋ねになってみてそこからちょっと試してみようかということで計算力を試されてもいいかもしれません。
また分数は私も受け持ってみて初めて知ったのですが、5年生では通分。約分が出ません(6年生に登場します)。なので同じ分母の足し算引き算は出るのですが、答えが例えば6分の4でも3分の2にするのは6年生になってからになります。(相当出来のいいお子さんでしたら発展学習みたいな形で約分を教えられてもいいと思いますが)。
このように質問者さんの小学校の頃とかなり単元の配列などが変わっている可能性もあるので是非初回本人の使っている教科書を見せてもらって下さい。中学受験生で無い限り基本的には計算力などの基礎力を付けることを重視されれば問題ないと思います。また学校で使っているノートも見せてもらって下さい。ノートを見るとそのお子さんのおおよその学力と問題点が見えてきます。例えば女の子に多いのはカラフルにノートを仕上げることに集中してしまい、問題をやる時間になっても手が着かなくてそれがひいては勉強の遅れになってしまっていたりすることも。また計算ミスが多いお子さんは途中式を丁寧に書いていなくて0だの6だのごちゃまぜになって計算がおかしくなったりなど重なっていたりする場合ですと、丁寧に書かせる訓練をさせる必要があったりするのでノートを見せてもらった方がいいと思います。
国語の場合は基本的な読解と漢字をコンスタントに練習を続けることが一番大事です。特に漢字は繰り返しさせること、また読解で引っかかるお子さんにはヒントをあげて「この範囲から探してご覧」など言うと「解く」「答える」となると変に考え込んでしまいやすいお子さんでも「探す」となるととっつきやすいみたいです。
小学校の5年生となると女の子はかなり大人びてくるお子さんが多いです。計算など「えーやだ」「嫌い」などもし言われたりした場合ただやらないとダメだよというよりももうある程度理屈で「面積出すのに式を立てられても計算で答えが違ったらテストはどうなる?×にされるよね?それはとても勿体ないことだよ。○になるには何が必要だと思う?」などそれなりに「根拠」を言って納得させる方がいいかもしれません。

また、もし質問者さんが特に男性でしたら昨今いろんな事件などあっておうちの方もあれこれ心配される可能性もあるかもしれないので、おうちの間取りなどの関係上可能ならば授業をする部屋はドアは開けておく、またあまり生徒さんとくっつきすぎないようにどうしてもわからないところを図を指し示したりしながら説明しようとしているうちに無意識に近づきすぎたりすることもあって女の子に警戒心をもたせてしまうこともなきにしもあらずなのでそのあたりをまずは気を付けられる方がいいまもしれません。基本的に最初のうちは本人の力とキャラクターを把握するのがメインになるでしょうが、出来るだけ問いかけから生徒さんが話しやすい流れをつくることを大事にされれば大丈夫かと思われます。

はじめまして。とある個別塾で小学校5年生の女の子の算数を受け持った経験があります。
受け持たれる科目はなんでしょうか?とりあえず算数については小数の足し算引き算掛け算わり算そして分数が登場してきます。基本的に家庭教師ということでしたら学校の授業にほぼ沿った内容でということになるでしょうが、もし出来るのでしたら教科書の設問をやってみてもらう形でいいので一度小数・分数の計算がどの程度出来るか把握された方がいいと思います。もちろん5年生の単元には図形(内角や面積など)もあるので...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報