教えて!gooグレードポイントがdポイントに!

クルマ、バイク、リフト、ロープウェイなどで登山するならラクで楽しくていいのですが
何時間も歩いて登るなんて疲れて面倒でやってられませんよね。
しかも重たいもの背負わなくてはならないし
そんなの楽しいですか嫌になりませんか。

教えて!goo グレード

A 回答 (8件)

> そんなの楽しいですか嫌になりませんか。



辛く感じる事はあるけれど嫌にはならないよ。
それも楽しさの内ですし。
別に押し付ける事はしません。
嫌いな人は嫌いでイイし、好きな人は好きですから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうです。
クルマやバイクでラクして登っても恥でも何でもありません。
クルマやバイクで登ろうが脚で徒歩で登ろうが所詮は遊び、レジャー、レクレーションてことには何も変わり有りません。
どのように楽しもうが個人的な自由勝手で有り何も制限なんて無いでしょう。

お礼日時:2022/03/26 17:45

だから人それぞれと言った。

価値観の違い
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。
地道に時間と労力かけて歩いて登ってもそれが楽しくて良いならそれがいいのでしょうね。
そう思わない者から見たら単なる徒労にしか見えないのでしょうね。

お礼日時:2022/03/26 21:52

お礼に対して


その場合車やバイクでの機械を使っての場合は
景色など堪能するのはいいですが
そもそも登山ではないですよ?
山を登るのが登山であってそれは自分の自力で登るのであって
登山ってスポーツの一種でもあって自力で登るのが登山ですので
バイクや車をつかって移動するのは登山を無視した移動であって
ドライブになりますね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何で有れ
レジャーで山を登っていることには何も変わりは無い。

お礼日時:2022/03/26 20:00

考え方の違いです。

自分の脚で歩いて登ると言う達成感を味わいたい。楽してゴール地点に着きたい。など考え方は人それぞれです。例えば、【富士山の頂上に行く】と言う目的が有ります。①麓から荷物を装備して登る②ヘリコプターで頂上まで行く③飛行機で上空を通過。それぞれその人の考え方ニーズによって違います。登山は味わった事が無い人には理解出来ない行動ですが一度味わえば意外と、じゃあ次は……となるのが不思議なトコです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一度味わえば意外と、じゃあ次は
となる人もならない人もいると思いますよ。

お礼日時:2022/03/26 19:57

登山道を歩いて楽しむのと目的地に別の乗り物で移動するのは


目的が違います
ドライブが楽しいのか その目的場所に旅行に行くとかなので
登山が嫌いな人は 車と同じで早く着くような電車を使いますので
登山ではないです
山を堪能するのが登山であって頂上の景色を見るのは景色が目的です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

山頂まで車道が有ってクルマやバイクで行けるなら乗って行くのは自由なのでは。
それでも山を堪能出来ると思います。

クルマやバイクでラクして登っても恥でも何でもありません。
クルマやバイクで登ろうが脚で徒歩で登ろうが所詮は遊び、レジャー、レクレーションてことには何も変わり有りません。
どのように楽しもうが個人的な自由勝手で有り何も制限なんて無いでしょう。

目的が違っても山頂まで遊びに行ければやってることは同じことだと言えます。
経過時間と労力の違いでしかなくどちらが優劣なんてことは無いのでは。

お礼日時:2022/03/26 17:58

楽しい


楽しく無いは
人それぞれでは。

少なくてもインドア生活よりかは
人生豊かかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです。
クルマやバイクでラクして登っても恥でも何でもありません。
クルマやバイクで登ろうが脚で徒歩で登ろうが所詮は遊び、レジャー、レクレーションてことには何も変わり有りません。
どのように楽しもうが個人的な自由勝手で有り何も制限なんて無いでしょう。

お礼日時:2022/03/26 17:51

そういう考えがあってもいいと思う。


命がけでエベレストに登っても、生活の役に
立たない。
歯を食いしばってマラソン走ってなんになる。40キロも
離れた所へ行くなら車でしょう

それはいいんだけど、登山、冒険、スポーツなんかを
する人が理解できないというのは、さびしいな
    • good
    • 1
この回答へのお礼

理解したい者だけが理解してりゃいいんですよ。
理解したくない興味も無い者は理解する必要は無いでしょう。

クルマやバイクで登ろうが脚で徒歩で登ろうが所詮は遊び、レジャー、レクレーションてことには何も変わり有りません。
どのように楽しもうが個人的な自由勝手で有り何も制限なんて無いでしょう。

お礼日時:2022/03/26 17:49

汗をかいて山頂に辿り着いたときの、達成感と満足、挫折しないで来られたという自信。

平地で考えていた以上の未知なる能力があふれ出てきたと言う自慢などがまた登ろうと言う気にします。
苦労の上に築いた物は宝です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうですか。
それでは登山列車のケーブルカーや
富士山も何合目かまでクルマで行けますが
そんなの利用しないで下から徒歩で行くべきなのでは。
そもそも
現地へも電車やクルマなんか乗らないで徒歩で行くべきなのでは。
所詮は都合に合わせてラクしたいから電車やクルマで行くのですよね。

お礼日時:2022/03/26 17:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング