僕は歴史が好きで、特に幕末~明治にかけては大好きなのですが、大政奉還がいまいちよく理解できていません。
どうやら坂本竜馬が船中八策を考え後藤象二郎に提案したところ、後藤象二郎が土佐藩藩主山内豊重(容堂)に進言し、山内豊重(容堂)がかなりの勢いで「それやっ!!」と乗り気になった例のあれです。というのも、この当時幕府はすでに力もなく薩長の倒幕にびびっていたんでしょう。そこで大政奉還することにより、朝廷側が倒幕の密勅を出せないからです。この部分がわかりません。
山内豊重(容堂)は後藤象二郎から大政奉還について提案された直後、徳川15代将軍徳川慶喜に進言し、慶喜は悩んだ挙句大政奉還を受け入れ政権を朝廷に返しました。

徳川家終焉の歴史的な日です。

しかし、幕府としては朝廷に政権を返したところで朝廷には政治を仕切る力はないと仮定し、実質的には幕府に政権が戻ってくると考えたのでした。

しかし、そこで朝廷側は王政復古の大号令を出し徳川幕府を崩壊させました。これは幕府側にとってかなりの誤算だったみたいです。この朝廷側の決定に小御所会議で文句を言ったのが土佐藩藩主山内豊重(容堂)です。かなりのカウンターをくらったことでしょうね。
ここまでは何とか独学で学べたんですが、ひとつ理解できないことがあるんですね。さっきも書いたように、なぜ大政奉還(朝廷に政権を返す)することによって、倒幕の密勅が出せなかったのか??ということです。僕個人的な見解としては、大政奉還することにより政権は朝廷にあるのだから、その時点で倒幕をさせることはできなかったのか??ということです。

本当に気になってます。教えてください。

A 回答 (6件)

幕末のこれらの経緯については、小説での脚色や研究家の仮説、新たに見つかった文書などで諸説入り混じっているような状態なので、どのように答えてもどこからか「それは違う!」という反論を受けてしまいますが、私なりの考えを述べさせて頂きます。



「大政奉還(朝廷に政権を返す)することによって、倒幕の密勅が出せなかった」という点ですが、それは徳川家側の勝手な考え(思い込み)です。徳川方(というか土佐藩の考え方かもしれませんが)は大政奉還後の新政府にその中心として関わろうと内心考えていました。具体的な仕組みはどうにしろ、朝廷+徳川家+雄藩のようなイメージです。
それに万が一新政府に加われなかったとしても、朝廷と薩長はそこまで徳川家を無下に扱わないだろう(=倒幕の密勅まで出さないだろう)、と踏んでいました。
ところが朝廷・薩長からしてみれば(特に岩倉・大久保とされますが、詳しい主導者は不明)、新しい世の中を作り統治するのに、徳川家とその取巻きの左幕派(会津藩など)が邪魔で邪魔で仕方なかったようです。
そういった動きを察して、幕府側も「大政奉還すれば文句ないだろう。武力衝突もないだろう」と思っていたようですが、そうは問屋がおろさなかっただけのことですね(^_^)。

事実、大政奉還と倒幕の密勅は同じ日に出されていますし、倒幕の密勅の手続きは数日前から始まっていたようです。だから「大政奉還することにより、朝廷側が倒幕の密勅を出せない」などという意識は、新政府側には全くなかったと思われます。
(ただ確かに大政奉還と倒幕のジレンマは、ゼロではなかったので、一説によればこれが坂本竜馬の暗殺原因となっていますが、ここでは割愛します)

ちなみに船中八策も本当に坂本が考えたのかどうか、異論をはさむ学者さんもいますし、船中八策の存在自体もあやしいという学者さんもいます。
また後藤象二郎が考えを横取りしただとか、逆に本当は後藤が考えたのだという説もあります。

しかし歴史が好きなのは、いいことだと思います。私も好きです。人間は歴史を学ぶ事によって、失敗も成功も学ぶ事ができます。
どんどん学んだ事を日常生活にも生かしていきたいですね。
    • good
    • 18
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。あ~やっぱり何が正しいっていうのは言い切れないみたいですね。そこが歴史のいいところでもあると思います。

非常に勉強になりました。ありがとうございますっ!!

お礼日時:2005/03/25 16:32

正確には、薩摩藩(大久保・西郷)が主体となり岩倉具視などの斡旋により「倒幕の密勅」を手に入れたのではなかったでしょうか?


この動きを牽制すべく、「大政奉還」に踏み切った・・・と理解しています。(かなりギリギリの勝負だったようです。大政奉還を上申した日と同日に手に入れた・・・とか。)

そもそも、朝廷より委任された行政機関が幕府。これを放棄したので単なる「徳川家」になってしまった・・・さすがにこれを「倒幕の勅旨」でやっつけるのは世論的にも無理だったのでしょう。

従って、以後朝廷が行政機関となる王政復古を宣言し徳川家&その仲間(会津等)を「朝敵」にするべく色々と嫌がらせを始めていった・・・というところでしょう。政治的には徳川家の領地没収等。レベルの低いところでは江戸での薩摩のテロ活動等・・・。

まるで、ライブドアVSフジテレビみたいな「あの手この手」の応酬合戦ですね。
    • good
    • 5

政権というのは元々朝廷にあるもので、幕府は征夷大将軍(将軍)という位を頂いて代わりに政権を執行している。


しかし、幕末の朝廷は幕府の政治のやり方に疑問を持ち勅旨を出し幕府を倒して政権を取り戻そうとした。
ところが幕府が自ら大政奉還したため倒幕する大義名分がなくなってしまった。

ということでしょ。
そういう疑問ですよね?
    • good
    • 5

#2です。


すいません。↓の回答まちがってますね。
#1さんが正しいです。お恥ずかしい。
    • good
    • 3

大政奉還により、「倒幕の密勅」に書かれていた倒幕の理由がなくなってしまったからです。



私も大雑把にしか理解していないのですが、
政権を朝廷に返すのが倒幕の目的だったのに、その政権を幕府の方から朝廷に返してしまったのが大政奉還です。

いくら政権があっても大義名分のない攻撃はできないということです。

参考URL:http://www.spacelan.ne.jp/~daiman/rekishi/bakuma …
    • good
    • 2

王政復古の大号令で徳川幕府が崩壊したのではありません。


朝廷に政権を返す、つまりその時点で中央政府としての
幕府はなくなるのです。
無い幕府を倒せないですよね?
ですから勅を出せなかったのです。

ここで一気に倒幕できなかったので
外堀を埋めるように
徐々に徳川家の力をそいで行ったのです。
王政復古の大号令もその対策の一つなのです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答非常に勉強になりました。確かに無い幕府を倒すなんてできないですよね。その考え方が僕にはできなかった・・情けない・・ありがとうございました!!

お礼日時:2005/03/25 16:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q徳川埋蔵金について

幕末期徳川家?大老の井伊?が残したといわれる徳川埋蔵金みなさんは存在すると思いますか?また日本全体の埋蔵金伝説どう思いますか?

Aベストアンサー

そうですね。
私もないと思っていました。
しかし単にないと思うでは、質問者さんもわざわざ質問を起した意味がないでしょうね。
少なくとも出処やどうして出てきたかの話がないと。
多分それでも質問を起したのでしょう。
何かのロマンのはなしでもと思われて。
ハインリッヒ・シェリーマンの話と違って、徳川の埋蔵金の話は歴史も浅いし、神話伝説の時代ではないからいろんなことが判っているらしい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%9F%8B%E8%94%B5%E9%87%91とか。
徳川埋蔵金で検索するとたくさん出てきますね。
山師や一攫千金の人が追い求めるロマンですね。

Q山内容堂に魅力を感じるのですが、容堂を主人公にした歴史小説を知らないの

山内容堂に魅力を感じるのですが、容堂を主人公にした歴史小説を知らないので、おすすめの物がありましたら紹介してください。司馬遼太郎さんの「酔って候」はもう読みましたが、短編なので少し物足りなかったです。

Aベストアンサー

山内容堂の「小説」というくくりですと、限られているかと思います。
すでに読まれている「酔って候」
下の方が書かれている「鯨海酔候」
後は、「幕末無頼山内容堂」というものがあります。

小説ではないですが、以下のような本もあります。
「山内容堂」 /平尾 道雄
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAC52565/

「山内容堂のすべて」/山元大
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAH34042/


ご参考まで。

Q徳川埋蔵金発掘はやめたのでしょうか?

最近 徳川埋蔵金発掘をやりませんが、発掘する人はいなくなったのでしょうか?
それとももう発掘されたのでしょうか?

なお、霞ヶ関の埋蔵金の話は不要です。

Aベストアンサー

昨年秋のスペシャルで香取慎吾が掘ってましたよ。
TBSは何かにかこつけてやるとは思いますが、
制作費資金難ですから、
ブランクは空くと思います。

Q中2で習った歴史についての質問です。徳川慶喜が大政奉還をした理由はなんででしょうか?薩長同盟は、そ

中2で習った歴史についての質問です。
徳川慶喜が大政奉還をした理由はなんででしょうか?薩長同盟は、そんなに権力をもっていたんですか?そんな急に権力を朝廷に返したりして、幕府側の人は納得いったんでしょうか?

その後の戊辰戦争で、旧幕府軍VS新政府軍で、旧幕府軍は誰がいたんでしょうか?
なぜ旧幕府軍は負けたんですか?

このへんの流れがよく分からないので、お願いします

Aベストアンサー

徳川慶喜が大政奉還をした理由はなんででしょうか?
    ↑
西欧列強が虎視眈々と狙っているのに、
内戦なんかしている場合じゃない。
このままでは中国のようになってしまう。
大政を天皇に奉還して、挙国一致体制を
構築しよう、としたのです。


薩長同盟は、そんなに権力をもっていたんですか?
   ↑
ハイ、長州討伐が失敗して、薩長が強気になり
幕府側が弱気になったわけです。


そんな急に権力を朝廷に返したりして、幕府側の
人は納得いったんでしょうか?
   ↑
戦争に負けるとそうなります。
  


その後の戊辰戦争で、旧幕府軍VS新政府軍で
、旧幕府軍は誰がいたんでしょうか?
    ↑
徳川慶喜、榎本武揚 、松平容保等です。


なぜ旧幕府軍は負けたんですか?
   ↑
・武器が旧式であったことがまずあげられます。

・それから士気ですね。
 総大将の徳川慶喜が逃げ出すようでは終わりです。
 まともに戦ったのは、会津藩と新撰組ぐらいだった
 と言われています。
 
 徳川軍、特に旗本は平和ボケして、官僚化
 していました。
 馬には乗れないわ、鎧は着れないわ、刀など抜いたことも
 ない、なんて連中がゴロゴロしていたと言われています。
 つまり、軟弱な都会人になっていたのです。

 これに比して薩摩などは、ド田舎人ですから
 武士らしい武士がたくさんおりました。
 墓から死体を掘り出して、刀で斬りつけ、肝を練る
 なんて訓練を若い頃からやってきた連中です。
 
 つまり、武士が武士でなくなったのが敗因です。

徳川慶喜が大政奉還をした理由はなんででしょうか?
    ↑
西欧列強が虎視眈々と狙っているのに、
内戦なんかしている場合じゃない。
このままでは中国のようになってしまう。
大政を天皇に奉還して、挙国一致体制を
構築しよう、としたのです。


薩長同盟は、そんなに権力をもっていたんですか?
   ↑
ハイ、長州討伐が失敗して、薩長が強気になり
幕府側が弱気になったわけです。


そんな急に権力を朝廷に返したりして、幕府側の
人は納得いったんでしょうか?
   ↑
戦争に負けるとそうなります。
...続きを読む

Qキミハ・ブレイク 徳川埋蔵金大発掘

こんにちは

10月14日 TBS放送の
キミハ・ブレイク 徳川埋蔵金大発掘
の篤姫役の女優さんのお名前を教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

篤姫を演じていたのは宝塚出身の「華城季帆」(かしろ きほ)さんです。
ビデオで確認いたしました。

参考URL:http://www.oscarpro.co.jp/profile/kashiro/index.html

Q土佐 山内容堂の話す言葉は?

土佐 山内容堂の話す言葉は?

かねてから気になっているのですが、土佐藩の藩主、上士は土佐弁を使っていたのでしょうか。
ドラマなどでも「ちくと~じゃきに」とか言っている印象があります。
山内家(とその家来)は関ヶ原後入ってきて、上士、郷士の身分差別をしていましたよね。
それを考えると、下の身分と思っている土地の言葉をあえて使う必要もないと思うのですが??

Aベストアンサー

こんにちは。
NO1.のbungetsuです。

>>言葉というのは、その身分や考え方に規定されるように思うのです。
土佐入国後の経緯を考えると、家来の上士も含め、山内家が意識して「土佐っぽの言葉」に自分たちを合わせた、というのは考えづらいのですが、いかがでしょうか。

確かに、身分などによって、独特な?言葉が使われることは否定できません。
例えば、京の朝廷やお公家さんたちの言葉。
江戸を例にとれば、千代田城(江戸時代、「江戸城」とは呼ばず「千代田城」または「舞鶴城」(ぶかくじょう)と呼び、庶民はただ単に「お城」と呼んでいました)での将軍や役職者の言葉。
などと、特別な?言葉はありましたが、京も江戸も庶民は、やはり、その土地で生まれ育った環境や場所により「方言」がそなわったものと考えます。

また、容堂や家臣たちも江戸で育ったわけではありませんので、
例えば、江戸の言葉文化を「標準語」と定義したとすれば、
容堂たちは土佐が母国であり、愛着が増すのは当然ではないかと思います。
従って、江戸の「標準語」ではなく、愛着のあるその土地(土佐)での言葉になっていった、と考えます。

>>山内家が意識して「土佐っぽの言葉」に自分たちを合わせた、というのは考えづらいのですが

そうですね。その通りだと思います。
上士と下士を区別する言葉もあったかもしれませんが、やはり、日常生活の中で、また、生育の中で郷土の言葉が自然体でそなわった、と考えた方がよいのではないでしょうか。
また、容堂や家臣たちが土佐弁を使うことにより、その国(土佐)の庶民に受け入れられたのではないでしょうか。

こんにちは。
NO1.のbungetsuです。

>>言葉というのは、その身分や考え方に規定されるように思うのです。
土佐入国後の経緯を考えると、家来の上士も含め、山内家が意識して「土佐っぽの言葉」に自分たちを合わせた、というのは考えづらいのですが、いかがでしょうか。

確かに、身分などによって、独特な?言葉が使われることは否定できません。
例えば、京の朝廷やお公家さんたちの言葉。
江戸を例にとれば、千代田城(江戸時代、「江戸城」とは呼ばず「千代田城」または「舞鶴城」(ぶかくじょう)と呼...続きを読む

Q夢占い 徳川埋蔵金

おとといの夢ですが、土をひたすら掘り、徳川埋蔵金を見つける夢を見ました。
その箱に徳川家の家紋?のようなものがついていたのであ~やっと見つけた、という感じでした。
これはどういったゆめか分かる方いらっしゃいましたら教えてください!

Aベストアンサー

心理夢です、警告を含んでいます

土を掘る=努力、探求、感情を掘り起こす
箱が出る=約束、契約、子宮
達成感=価値観、損失、失う

何かを約束(成功報酬を期待)して進めている物事が有れば
表面上は成功と言える域に達するでしょうが
結局はその成功によって
貴方にとってより大切な物や人を失うかもしれない
と言ったことに貴方の心の中の叫びが警告を発している夢だと分析致します。

Q山内容堂と武市半平太の関係について教えてください。

山内容堂と武市半平太の関係について教えてください。
始めは、容堂の志を武市は隠居させられた老公(山内容堂)の志を継いでいたと思うのですが、
なぜ、途中からは敵対するようになってしまったのですか?

Aベストアンサー

これは簡単な話で、武市は容堂の駒の1つだったわけです。

悲しいかな、お国柄もあります。
長州などは、部下からの進言に対してなんでも「そうせい」といってきた
ことから「そうせい候」といわれる毛利敬親がおり、主従関係が奇跡的に
円滑でした。薩摩の島津斉彬も、部下を育てようと、国の情勢を熱く説き
ました。しかし、土佐には身分制度というものがあり、上士と下士に分か
れています。上士から見れば、下士は虫ケラ以下の存在で、対等に話する
こと自体ご法度なぐらい厳しい身分差別がありました。

容堂の考えは、基本的には公武合体派(公家と幕府が治める世の中をつくる)
です。まぁ殿様レベルで、「私は尊王攘夷派(幕府ではなく天皇が治める世の
中をつくる)です」と言う人もいないかと思いますが。しかし、この容堂公は
ズル賢い、というか狡猾というか、長いものに巻かれるのが得意な人です。
世の中が尊皇攘夷派の流れになっていれば、土佐の国で尊皇攘夷に動いている
人物を引き上げ、その人物が中心になる動きをさせます。この場合、武市です
ね。本来は、容堂に注進する上士の人がいたのですが、それを影で操っていた
のが、下士(白札郷士に格上げされましたが)である武市でした。身分上は
上士になったものの、元は虫けら以下の下士です。なかなか容堂にお目見え
する機会はありません。他の尊皇攘夷の上士と共に、何度も容堂と接する機会
があれば、あれほど妄信的にならずに済んだかもしれません。

さて、世の中が尊皇攘夷派から公武合体派に移ろっていくと、武市はもはや
価値なしと判断し、処罰の対象にします。それにより、幕府から「土佐も
不穏な輩がいたように思えるが」と問い詰められた際に、「勝手に攘夷の旗を
掲げていた下士がいましたが、すでに処分しました」と体裁よくすることが
できます。公武合体派の人物を推挙し、時流にのります。

ってことで、武市は土佐のため!と力を振るっていたのですが(容堂も好きな
ようにやれ、と言っていたし)結局のところ容堂にいいように使われていた
だけの存在ということでした。

蛇足ですが。。。
武市を処罰した後、世の中はまた尊皇攘夷派になります。これに焦った容堂は
後藤象二郎と板垣退助を用いて、長州に接しますが、盟友である武市を処罰した
土佐を信じません。そこで中岡慎太郎に接して、長州との架け橋になってもらい、
坂本龍馬に接して、薩摩との架け橋になってもらいます。その後、明治になる
前に、中岡、坂本とも暗殺され、後藤や容堂などが生き残ります。その際に、
長州の桂小五郎から「容堂公はなぜ武市を処罰されたのか?」と問い詰められ、
何も言い返せなかったというエピソードもあります。また、武市の奥さんで
あるお富に対して、後藤と板垣は「武市を処罰したのは我々の間違いだった」
と頭を下げました。明治数十年過ぎて、やっと武市のことが認められて瞬間です。

これは簡単な話で、武市は容堂の駒の1つだったわけです。

悲しいかな、お国柄もあります。
長州などは、部下からの進言に対してなんでも「そうせい」といってきた
ことから「そうせい候」といわれる毛利敬親がおり、主従関係が奇跡的に
円滑でした。薩摩の島津斉彬も、部下を育てようと、国の情勢を熱く説き
ました。しかし、土佐には身分制度というものがあり、上士と下士に分か
れています。上士から見れば、下士は虫ケラ以下の存在で、対等に話する
こと自体ご法度なぐらい厳しい身分差別がありました。

容...続きを読む

Q徳川埋蔵金の音楽

TBSで放送された、徳川埋蔵金発掘番組の中で流れていた音楽のタイトルを教えて下さい。

建設会社の人が土を掘り返す時などに流れていました。
メロディは「♪チャチャッチャチャ~ チャラララ
チャチャッチャチャ~」なんて感じでした。

コナン・ザ・グレイドとの情報があって、CDを購入しましたが違うようです。

よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

こんにちは。

下記URLで
「オーバー・ザ・トップ」の「The Fight」を
聞いてみてください。
(自信なしですが・・・)

参考URL:http://www2.ttcn.ne.jp/~tvsantora/tvsantora4.htm

Q教えてください。歴史のこと。 1.平安時代の朝廷と、鎌倉時代の幕府(武家政権)の違いについて。 2.

教えてください。歴史のこと。


1.平安時代の朝廷と、鎌倉時代の幕府(武家政権)の違いについて。
2.阿氐河荘の農民の訴えと正長土一揆の違いについて(以下の二つ)
★訴えを起こした原因
★その時代の武士たちの支配体制(政治について)


と言うような形です。一問だけの返答でも大歓迎です。どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1、について

平安時代の朝廷を代表する政治体制は「摂関政治」です。要するに、藤原氏が朝廷を牛耳っていた時代です。
摂関政治の特徴として、皇室に娘を嫁がせるなどして婚姻関係を結び、天皇との血縁関係を背景として権威をふるったことです。しかし、この摂関政治は縁戚として利用していたはずの天皇家(主に白河法皇)に権力を逆に掌握されたために衰退していきます。

鎌倉幕府の基本は「御恩と奉公」です。幕府は御家人に対して本領を安堵する代わりに幕府への忠誠を求めたのです。つまり、血縁ではなく、利害の一致によって成立した組織であると言えます。
もう一つのキーワードは「執権政治」です。鎌倉幕府の将軍は初代の頼朝以外、すべてが傀儡と言っても過言ではありません。そのため、鎌倉幕府は(一応将軍を頂点としているものの)実質的には将軍を補佐する執権である北条氏を中心とした集団指導体制を取りましたが、やがて政敵を征伐していき、北条氏の本流(得宗家)に権力を集中させるようになりました。しかし、鎌倉時代後半になると得宗家の権威も失われ、寄合衆と呼ばれる集団合議体制に再び戻っていきます。
つまり、武家政権は貴族政権と比較して組織での運営がより多くなされている政権なのです。

1、について

平安時代の朝廷を代表する政治体制は「摂関政治」です。要するに、藤原氏が朝廷を牛耳っていた時代です。
摂関政治の特徴として、皇室に娘を嫁がせるなどして婚姻関係を結び、天皇との血縁関係を背景として権威をふるったことです。しかし、この摂関政治は縁戚として利用していたはずの天皇家(主に白河法皇)に権力を逆に掌握されたために衰退していきます。

鎌倉幕府の基本は「御恩と奉公」です。幕府は御家人に対して本領を安堵する代わりに幕府への忠誠を求めたのです。つまり、血縁ではなく、...続きを読む


おすすめ情報