流動パラフィンのなかである特定の粘度のものをヌジョールと呼ぶらしいのですが、それってどんなものですか。
化学構造式や化学構造はどうなっているのでしょうか。
遠赤外線分光測定(FT-IR)のなかにヌジョール法というのがあります。
FT-IRでヌジョールを測定すると4つのピークがでるのですが、それらのピークがどんな構造によって出るのかがわかりません。
どなたか、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、FT-IRですが、分かってると思いますが、IRは赤外線を物質に照射して、スペクトル(縦軸→吸収強度、横軸→波長)を出します。


それを使って、定性をしていきます。
その時、スペクトルの線を記すためにFT(フーリエ変換)が使われますという意味です。ただ、フーリエ変換はどういうものなのかは知りません。まず、これが前知識です。
で、ヌジョールについですが、これは試料をセルにぬって、IRの機械に入れてはかる方法のひとつです。
液体を測るときは液膜法を使います。
ただ、固体のときには何かに溶かさなくてはならないので流動パラフィンに溶かします。(ヌジョール)
で、ヌジョールで何を測ってるのか知りませんが、
たぶん4本の線は2800^3000(CM-1)のピークだとかていすると、それはヌジョールのC-H伸縮振動によるピークなので、試料のピークではないので間違えないように・・・。
    • good
    • 0

たまたま流動パラフィンについて資料(日本薬局方解説書など)をいろいろ持っていたので回答します。



流動パラフィンは簡単に言うと、高沸点の常温で液状の飽和炭化水素の混合物です。ヌジョールはもともと商品名だったものが、流動パラフィンを指す普通名称化したものと思いますが、詳しい由来はわかりませんでした。

製法は次のようです。
原油の蒸留によって沸点330~390℃のスピンドル油からエンジン油の留分をとり、溶剤抽出や水素化によって不飽和炭化水素と芳香属炭化水素を除き、発煙硫酸で繰り返し精製し中和後、活性アルミナなどで吸着処理する。

構造は原油の産地によって異なり、パラフィン基原油を原料とするものは鎖状アルカンが主成分、ナフテン基原油を原料とするものはシクロアルカンが主成分になるようです。アルカンの炭素数は15~20くらいです。文献によっては流動パラフィンは「アルキルナフテン炭化水素の混合物」としてあります。アルキルナフテンはおそらくアルキル側鎖をもつシクロアルカンと思いますが、ちょっと意味が不明瞭です。

用途は化粧品や医薬品、潤滑剤としての用途など。国内の製造業者は松村石油研究所(参考URL)、中央化成、ユニオン石油。

IRのピークの帰属は、参考書を見ればすぐわかると思いますが、一応書いておきます。4本のピークということですが、細かく見ると2890cm^-1付近のピークは2本に分かれているので5本ピークがあります。

720 CH2面内変角横揺れ
1380 CH3面内変角はさみ
1460 CH2面内変角はさみ
2860 CH伸縮対称
2920 CH伸縮非対称
波数の単位は[cm^-1]。JIS K9003流動パラフィン(試薬)記載のスペクトルを元にしました。

参考URL:http://www.moresco.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく調べていただいて本当にありがとうございます。
とても分りやすかったです。でも、私は、有機化学が苦手なので、ナフテンとかアルキルといったものについて良くわからないので、anisolさんのを参考にして、もう少し詳しく調べてみようと思います。

お礼日時:2001/09/05 12:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q流動パラフィンの利用でなぜ!?

大学生です。
この前、実験で用いた恒温槽の中に「流動パラフィン」というものが入っていました。
今までは、水を使っていましたが、今回は初めて油でした。

実験は電気伝導度法によるイオン対の解離度を測るものです。
なぜ、流動パラフィンを用いたのでしょうか?
そもそも流動パラフィンとは、特別なものですか?

水より粘性がある分、何かメリットがあるのでは!?と考えます…

お願いします。

Aベストアンサー

流動パラフィンは高沸点の常温で液状の飽和炭化水素の混合物です。
原油の蒸留によって高沸点の留分をとり、精製し中和処理して得られます。
パラフィン基原油を原料とするものは鎖状アルカンが主成分です。
原油を原料とするものはシクロアルカンが主成分となり、アルキル側鎖を
持つシクロアルカンを多く含みます。分岐が多いモノとは限りません。
炭素数は20個程度、沸点は300℃以上です。

無味、無臭、無色、中性で安定。水に不溶で、アルコール類に可溶です。
化粧品の添加物としても使われます。取扱い易い液体です。

温浴に流動パラフィンが使われるのは、水が泡立ち始めるような温度、
盛んに蒸発する温度、例えば70℃以上で水の沸点周辺の温度で主に
使われます。長時間の温調実験では温浴媒体の蒸発減少を防止する
効果も有ります。

疑問を持たれたのは、水の温浴でも大丈夫な温度で使われていたからでは
無いでしょうか。温浴の性質上、流動パラフィン温浴もそれほど高い温度では
使われていないと思います。

QFT-IRのピークの見方

FT-IRの測定結果で伸縮振動の吸収ピークがブロードになっているらしのですが、
このピークがブロードになっていく(いる)と結合状態がどうなったことを意味しますか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

FT-IRのピーク位置はすなわち原子間の結合の持つエネルギーを反映します。そのため結合の種類(C=OやC-Oなどといったもの)と、原子の重さ(つまりはどの原子であるのか)が調べられるわけです。

質問に対する回答ですが、一般的にはピークに該当する原子の結合が消失した(例えば何かの化学反応により、C=O結合がCl-C-Oになったとか)ことが原因と考えられます。

下記のサイトでFT-IRについて非常に分かりやすく説明されてるのでご参考ください。

参考URL:http://www.jeol.co.jp/technical/ai/ir/ft-ir/ft-ir-02.htm

Q流動パラフィンの流動点と曇点について

流動パラフィンには流動点はあるようですが、どうして曇点がないのでしょうか。
測定方法も同じJIS規格に示されているようですが、なぜでしょうか。

Aベストアンサー

あなた様のお仕事が分りませんので、一体どのレベルで話したら良いのか分りません。
ご質問の内容から、化学屋ではない技術者だと言うことと勝手に解釈しました。
何故か?それは、化学屋ならそんなおぞましい事は拒否するからです。
流動パラフィンはその名の通りの物だからです、つまり石油成分のうち減圧蒸留されて、
得られるA重油は燃料に使えますが、いやC重油だって使えることは使える、
その差はA重油は内燃機関で使えるが、C重油はボイラー行きイヤラシイ物満載。
だからB重油辺りが流動パラフィンの原料で名に反してオレフィンを含むので流動出来ます。
そのためサンプル毎に成分が異なる、だからイヤラシイ、
化学屋は嫌だなーと思うがこれが無いと困る。
オレフィン含量は比較的少ないので流動はするが大気中の酸素では容易には酸化されない。
つまりパラフィンだが多枝型が多いパラフィンです。
既に述べたがサプライヤーがJIS規格に基づいて造るから中身がいつも同じとは限らない。
だから便利だが嫌われる。
データが無いのは多分JIS規格に示されている部分以外訳が分らないからだと思う。
お答になっていないが、もっと詳しい方が「運が良ければ」来る。

あなた様のお仕事が分りませんので、一体どのレベルで話したら良いのか分りません。
ご質問の内容から、化学屋ではない技術者だと言うことと勝手に解釈しました。
何故か?それは、化学屋ならそんなおぞましい事は拒否するからです。
流動パラフィンはその名の通りの物だからです、つまり石油成分のうち減圧蒸留されて、
得られるA重油は燃料に使えますが、いやC重油だって使えることは使える、
その差はA重油は内燃機関で使えるが、C重油はボイラー行きイヤラシイ物満載。
だからB重油辺りが流動パラフ...続きを読む

Q短鎖型塩化パラフィンと塩素化パラフィンは違うものですか?

短鎖型塩化パラフィンと塩素化パラフィンは違うものですか?

Aベストアンサー

以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「化学物質評価専門委員会(第5回)議事録」

塩素化パラフィンを3つに分類しているようです。
・短鎖:炭素数10∼13
・中鎖:炭素数14∼17
・長鎖:炭素数18∼30

ご参考まで。

参考URL:http://www.env.go.jp/council/05hoken/y052-05a.html

Q流動パラフィンの除去について

流動パラフィンの除去についてお聞きします。
金属の酸化を抑えるのに流動パラフィンを使用すると思うのですが、
これを除去するにはどうすれば良いのでしょうか?
また、そのような会社はありますでしょうか?
教えていただければ幸いです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

高温のヘキサンなどを噴霧して洗浄すれば容易に除けます。
それでもダメな場合、ベンゼンでの洗浄になりますが、発がん性がありますので、大尺物では設備が大変です。
一応、小さなサンプルを、室温でヘキサンで洗ってみて下さい。その後必要に応じ洗剤洗浄します。
小物でしたら自分の現場に適切な内径の超音波洗浄器と口のしっかり締められるポリ容器、ないしステンレス容器があれば誰でも出来ます。
大量に処理する場合、排液は燃料油として産廃業者に引き取って貰って下さい。

Q未知試料のFT-IRでの分析

とある会社が作製している未知試料の分析をFT-IRで
できるところまでしてみろと言われて行いました。
その試料は水溶媒に無機の粉末が分散されているゾルで
分散剤として界面活性剤が含まれているようです。
つまり、何種類かの物質が含まれている試料なのですが、
こういう混合物の分析にFT-IRのみでどこまでできるのでしょうか。
実際のスペクトルもノイズも多く、水分のみを蒸発させて粉末状で測定してもピークが鮮明ではありませんでした。
それでも、何とか陰イオン系の界面活性剤かも、程度まで絞り込みました。
しかし、あくまで推定としてピーク解析を行ったので、
上の者には、わたしの力量不足と言われました…。

やはりわたしの力量不足できちんと測定ができなかったのでしょうか?
それともFT-IRの性能としてそこまで分析することはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ 再び#2です。

>上司曰く「FT-IRのエキスパートになってほしい」とのことでした。
>今はUV-visの装置が導入されたので、そちらでもエキスパートになってほしいそうです。

すばらしいですね。有望視されているということだと思います。
それならばなおのこと機械の操作、データの見方も重要ですが、サンプルの扱いと分析の予測と計画の立て方を習得することが大切です。
そうなるには、かなりの期間が必要になるかもしれませんし、いろいろ勉強もしなくてはいけませんけども、必ず身に付くことですし、良い仕事をするための自信にもつながります。

今回のIRの件はスタートとしての失敗には最適だったかもしれません。ぜひとも努力してエキスパートになってください。あきらめなければ必ずなれます。

Q流動パラフィンの捨て方

以前、水に溶けずに色が付けられる液体を探しており、
あるお店で流動パラフィンをすすめられ購入いたしました。

そこまでは問題なかったのですが、400ml程度残ってしまい、
捨てようにも火気厳禁・危険物第4類などの表記が気になって
どうやって処理してよいか考えあぐねています。
ネット上で検索もしてみましたが今ひとつ明確な答えが解りませんでした。

流動パラフィンを処理した経験のある方、専門の方から
正しい捨て方をご教授頂けると幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>危険物第4類
の表示だけ、変な物が含まれていないのであれば、重油と同じとして
金属性容器に少量(0.1-0.5cc)をとって火をつけてみます。
うまく燃える様(たとえば、チェンソーオイル等の油は燃えません)ならば、焚き火のじょ燃材に使います。

ただ、焚き火が可能かどうかの問題があります。屋外にかまどがありますので、私は可能ですが、都市部の場合にはできないときがありますので。

ガソリンなどは引火しやすくじょ燃材に使えませんので販売店であるガソリンスタンドにもって行きます。

QFT-IR分析について(初心者です)

まったくの素人ですので文章におかしな表現がありましたら、お許しください。

仕事でFT-IR分析をすることになりました。
内容は製品に混入した微小な異物が何かを同定することです。
私はこの装置を使ったことが無かったんですが、このたび使うことになり、初めて操作しました。中級レベルの担当者に操作を教えてもらいましたが、時間的に余裕も無くじっくり教えてもらえませんでした。

さて、反射法という方法で測定したのですが、測定する試料はなるべく平らなものがいいと言われました。高さがあったり段差があると正確に測れませんか?
ためしに薄いフイルムのようなものを測るとそれらしい波形が出ました。(教えてくれた方が測定してもそのような波形でした)

そこで担当者が帰ってしまったので一人測定したのですが・・・。
メインの異物を測定したら、波形が変なんです。具体的には波形が横一直線だったり、ギザギザが激しい波形だったり・・・。
明らかに何かが違う?様な波形です。
ちなみに、試料はゴム片の塊をカッターで出1ミリ角ぐらいに切った物を測ってみました。当然手でカッターで切ったわけですから断面も多少ガタガタしています。やっぱり、もっと専門的な道具を使って薄く平らに切らなければいけないのでしょうか?
そもそも変な波形が出るのは、何がいけないのでしょうか。ちなみにピントが合いにくいので多少ピンボケ気味で測定してます。ピンボケが原因でしょうか?

まったくの素人ですので文章におかしな表現がありましたら、お許しください。

仕事でFT-IR分析をすることになりました。
内容は製品に混入した微小な異物が何かを同定することです。
私はこの装置を使ったことが無かったんですが、このたび使うことになり、初めて操作しました。中級レベルの担当者に操作を教えてもらいましたが、時間的に余裕も無くじっくり教えてもらえませんでした。

さて、反射法という方法で測定したのですが、測定する試料はなるべく平らなものがいいと言われました。高さがあ...続きを読む

Aベストアンサー

> ちなみにピントが合いにくいので多少ピンボケ気味で測定してます。

「ピント」ということは顕微FT-IRでしょうか?

> ちなみに、試料はゴム片の塊をカッターで出1ミリ角ぐらいに切った物を測ってみました。

この「ゴム片」はひょっとして「カーボンブラック入りの黒いゴム」のことでしょうか?

もしそうだとしたら、表面の段差やガタガタやピンボケ以前に、カーボンブラックによる
吸収が大きすぎて、そもそも測定は非常に困難です。

Q流動パラフィンについて

入院中 流動パラフィンを 処方されていましたが、退院後 希望したら 入院時のみで 退院後は もらえないといわれました。 市販など どこかで 手に入れる方法は ないですか?

Aベストアンサー

流動パラフィンは局方品(専門用語かもしれませんが、これ何って言わんといてください)ですから、薬局で買えます。近くの薬剤師のいる薬局に聞いて見てください。(薬剤師のいない薬局はないと思いますが)
書き込みする前に、インターネットで「流動パラフィン」で検索をかけると売っているところがありましたよ!

QFT-IRのチャートの読みかたについて教えてください

ある分析機関に分析してもらい、チャートをもらったのですが、どのように解釈したらよいのか困っています。
縦軸:%T(透過度)
横軸:cm-1(波数)
というのは調べたのですが、縦軸の透過度の数値はどのような場合、変化するのでしょうか?

勉強不足で申し訳ありません。
回答宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

私自身の言葉ではなかなか説明しにくいので、下記のURLを参考にしてみてください。

原理やチャートの見方が書かれていて、非常にわかりやすいと思います。

参考URL:http://www.jeol.co.jp/technical/ai/ir/ft-ir/ft-ir-01.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報