社会人&学生におすすめする色彩検定の勉強術

とても不思議に感じる事があるのですが、鏡などで自分自身のスタイルを見たら普通の体型で別に足が短く無いのですが、写真で見ると変な体型で死ぬほど足が短いです。どちらが真実なのですか?

教えて!goo グレード

A 回答 (4件)

人の脳は真実を曲げている。

都合のいいようにね。距離や大きさ、長さを変えてしまう。なので写真が真実。
    • good
    • 0

どちらも真実と言えますが、鏡に映る像は反転しているうえに自分で見る角度や姿勢を調整してしまうので不自然なものになっていることがあります。


写真は自分で自分を確認しない状態で撮影しているため自然に近い姿が写っています。つまり他人の目から見たあなたは写真のイメージに近いはずです。
    • good
    • 0

鏡は左右が逆ですし自分の姿を必要以上に良く受け止めようとする自意識の補正が入るからです。

そりゃ写真のほうが現実ですよ。
    • good
    • 0

後者だと思います。

私も短足なので、写真を見るとなんともいえない気持ちになります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング