私は東野圭吾さんの作品が好きです。
ネットで調べると結構ドラマ・映画化されていますよね。

だいぶ前ですが「探偵倶楽部(依頼人の娘)」の中の「依頼人の娘」をやっていてそれは偶然見ていていました。
その時はまだ本を読んでいなかったので東野圭吾さんの作品とは気づかずエンディングの時に気づいたり、
その後同作品の再放送も偶然テレビをつけてたらやっていた(ラストだった…)とかがあり、
「前もって知っていればビデオを撮ったり、最初から見たり出来たのにー!」
と悔しい(?)思いをしました。
(「宿命」もヤフーのトップかに載っていたのを偶然見て知りました。でもWOWOWに入ってなかったので見れませんでした。)


しかし私はせっかく放送される事になっても見逃しそうです・・・。
なので、テレビや映画や新作の最新情報を教えてくれる(更新)東野圭吾さんのファンサイトはありませんか?プログでもいいです。
または、昔「TVガイド」で自分の入れたキーワードで番組を探してくれるサービスがあったのですがそのようなサイトはありませんか?

私が探したのは東野圭吾さんの個人サイトは(ヤフーで「東野圭吾」と入れ検索すると出る所)2000年前後の更新だし、テレビ情報は載っていません。
(掲示板も古い投稿、レスも時間がかかってそう)
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

参考URLの掲示板はどうでしょうか。



ここをこまめにチェックしていれば、東野圭吾氏の最新の連載、出版、ドラマ・映画化等の情報はもれがないと思います。まだ確定していない噂の段階の情報も出ているぐらいです。

なにかと話題にのぼる掲示板ですが、ここは東野圭吾氏の良い読者の方たちが集まっている板だと思います。

参考URL:http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/11113 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなり申し訳ありません。
おぉー2CHがあったのですね。
ちょっと怖いですが質問してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/12 12:08

東野ファンの一人です。



参考URLにファンサイトがいくつか紹介されてます。ご覧ください。

参考URL:http://www.mystery-z.com/special/003-5.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

「東野圭吾を読もう!!」の方はヤフーでも出てきた一つで、作品紹介が「トキオ(2002年)」以降更新がされてないようなんですよね。
ちなみにGOOに投稿する前に「東野圭吾を読もう!!」のリンク集から探したのですが、閉鎖かアドレスが変わったのか開かないサイトが大半、2000年前後で更新が終わっているサイトが多いです。
東野圭吾倶楽部の方も同様でした。

よくネットで「こんなサイトどうやって調べて来るんだ?」と皆さんの検索の腕前に感心する事が多いのでお力をお借りしようかと思ったのですが、
うーん作家さんなのでテレビでの放送は論外、興味ないものですかねぇ?
私のように本とテレビ版を比べてみたいと思われHPなど作っておられる方がいらっしゃったら是非のお邪魔してみたいのですが・・・。
他によく見ているのは
「東野圭吾本の薦め。http://homepage2.nifty.com/takatti/」は
知っていて、そちらと公式はHPにはお邪魔しています。
その他でご存知な方お願い致します。

FWDFさんの載せてくださったサイトは知らなかったので読んでいて面白かったです。ありがとうございます。
そう言えば検索時に見つけたのですが4/26(予定)に「黒笑小説」というのが集英社より出版されるとあるHPにありましたよ。ご存知な事余計な事ですいません。

お礼日時:2005/04/06 16:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東野圭吾

東野圭吾
こんばんは
東野圭吾さんの作品は好きですか?
嫌いですか?
教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は好きです。
全部持っています。
でも、彼の作品は、ガリレオを代表するように「理系」のミステリー本なので、理系出身者の私でも読んでいて、「???」って思うことはあります(笑)
そんなこと、素人わからないから、そんな!!!っていう問題解決があるのでそれは残念だけれど、でも人間のいい所も引き出せている作品もあるから、好きですよ。

でも、本当に、理系的解説のページは、読んでいて「???」になることは多い(笑)

Q東野圭吾 「卒業」について

恋人の藤堂が祥子の部屋に頻繁に出入りしていたのなら、
祥子の事件の時に部屋から藤堂の指紋が出ると思うのですが、
警察は調べなかったのでしょうか?

出さなかった遺書に指紋の事を気にした記述がありましたが、
部屋に出入りしてたなら、いろんな所に指紋が付いていたと思うのです。
(指紋が出ていたら、もっと強く容疑がかかっていた)

ここだけ気になってすっきりしません。
どなたかすっきりさせて下さいませんか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1、捜査が杜撰だった
2、藤堂か祥子が極度の潔癖だった

どちらにせよ、あえて触れなかったしょうね


もしあの時点で藤堂に容疑がかかれば
波香は死なずに済み
加賀恭一郎は教師になり紗都子との恋も実っていたかもしれません


そうなると
赤い指も麒麟の翼も迷宮入りするところでした。
あぶないあぶない。

Q東野圭吾さんのおすすめの本

私は東野圭吾さんの『悪意』を読んで、内容がかなり凝っているので、とても面白かったですが、東野圭吾さんの本はその本しか読んだことがなく、氏の本でおすすめの本があれば紹介してください。
何卒よろしくお願いします。

Aベストアンサー

東野作品は30作以上読んでいます。
悪意がお好きなら「殺人の門」をおすすめします。

系統はことなりますが、以下もおすすめです。
・白夜行
・幻夜(白夜行を読んでからお読み下さい)
・さまよう刃
・赤い指
・容疑者Xの献身
・手紙

Q読み始めたばかりのミステリ本のネタバレを偶然見てしまいました。。

読み始めたばかりのミステリ本のネタバレを偶然見てしまいました。。
しかも最初の一行目に書いてあるという非情さです。
とても楽しみに読んでいたのに、悔しさいっぱいで正直読む気力が落ちてしまいました。

ミステリ本=ネタバレ厳禁は常識だと思うのですが。
ここでお訊きしたいのですが、犯人が既に分かってしまったミステリ本でも楽しめる事ができるでしょうか?

ちなみに横溝正史の『仮面舞踏会』です。


どなたかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

困った「解説」ですね。「ネタバレ」をする場合には、「ネタバレ注意」等と記載するとか文頭にその旨記載してからネタバレをするのが常識だと思っていましたが…。とんだ事でした。

横溝正史の作品でしたら、犯人やトリックを知ってしまっても、それはそれなりに楽しめると思います。
横溝正史は作者の晩年幾つの作品がテレビドラマ化され、それを見てから原作を文庫本で読んだと云う経験があります。「本陣」などテレビでは今一つだったのが原作を読んでああ作者はこれを狙っていたのかでした。横溝正史は自身、ストーリーテーラーを自任しており、少々文章が古いかも知れませんが、読者を読ませるものがあります。再読しても良い位の作品もあります。逆に読者をどこで騙そうとしているのかな位の積りで読むとそれはそれで又楽しめると思います。

余談。「仮面舞踏会」は、はぢめ書下ろしの全集の一冊として企画されたもの、中々出来ないので当時の探偵雑誌「宝石」で連載と云うかたちをとったものの中絶。その後かなりの期間を置いてから、改稿して後半は書下ろしのかたちで完結をみたというものです。E.D.ビガーズのある作品がヒントに成っています。(当時未訳)

困った「解説」ですね。「ネタバレ」をする場合には、「ネタバレ注意」等と記載するとか文頭にその旨記載してからネタバレをするのが常識だと思っていましたが…。とんだ事でした。

横溝正史の作品でしたら、犯人やトリックを知ってしまっても、それはそれなりに楽しめると思います。
横溝正史は作者の晩年幾つの作品がテレビドラマ化され、それを見てから原作を文庫本で読んだと云う経験があります。「本陣」などテレビでは今一つだったのが原作を読んでああ作者はこれを狙っていたのかでした。横溝正史は自身、...続きを読む

Q東野圭吾 ミステリー

東野圭吾さんの加賀恭一郎シリーズみたいな作品が好きなのですがオススメのミステリー作者や作品を教えてください。東野圭吾さんのようにシンプルな言い回しでストーリーで勝負するミステリー小説が好きです。宮部みゆきさんなどのように情景描写や言い回しがくどいのはあまり好きではありません。

Aベストアンサー

東野さん、ほとんど読破しました。
その後に宮部みゆきさんに触手を伸ばして、数冊読みましたが違和感があり断念しました。

その後はネット上で評判のミステリー作家の作品を何冊か読みましたが、やはり違和感が消えません。

そんな中で巡り会い、今でも読み続けている作家さんが、横山秀夫さんです。
お勧めは、「第三の時効」「臨場」「動機」の警察物の短編小説、および「半落ち」警察物の長編小説、「クライマーズハイ」報道物の長編小説です。
どれも皆、ストーリーが秀逸です。

お試しください。

Q悪魔について載っている本

ソロモンの鍵やソロモンの小さな鍵という様な魔術書みたいなもので、悪魔について詳しく載っているものってありませんか。

別に黒魔術のやり方とかではなく、ライトノベルに出て来る悪魔について詳しく調べてみたいのですが。できれば72柱魔神とか言われているものや、魔界の生物が載ってるのが良いです。

できれば日本語訳されているのが良いです。

Aベストアンサー

 ファンタジー小説の解説でよければ、以下の本がおすすめです。

http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=19578351

 また、ご紹介するサイトは、神話全般について詳しいページですが、悪魔や天使なども解説していますのでおすすめです。

 その他にも、以下のサイトも天使及び堕天使(悪魔)の解説が詳しいです。

http://www.angel-sphere.com/index.html

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。

参考URL:http://www.pandaemonium.net/

Q東野圭吾の作品について

東野圭吾の本はよく売れていると思いますが、東野圭吾が他の小説家と違うところはどこですか?僕的には読みやすさが全然違います。ほぼストレスなく読み進めることができます。

また、あれだけの読みやすい文章を書くコツはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

質問主様の書いてある通り読みやすさが一番ですね。
また、トリックの意外性もあると思います。

ちなみにですが、自分がこれを始めたきっかけは東野圭吾の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を読んで、自分も何かしようかなと思い回答し始めたのが最初ですね。(^_^;)

未来のことは分かりませんが・・・。

Q問題集に載った文章は・・・

数年前、センター試験に向けてたくさんの国語の現代文問題を解いたのですが、その時に読んだ評論(?)と物語が気になっています。問題集に載った文章は本として売られていたり、図書館に置いてあったりするものなのでしょうか?

評論の方は、カリフォルニアと日本の違いを空や季節で説明していたような話だったと思うのです。

物語の方は余計に記憶が曖昧で、男と子どもが登場人物で、風と石(岩?)、太陽の描写が印象的でした。登場人物の名前は出てこなかったと思います。こちらは私の記憶があまりに曖昧すぎるので、もう一度読むのは殆ど諦めていますが・・・。

どちらか一方でも、心当たりのある方がいらっしゃいましたら是非タイトルと作者を教えていただけないでしょうか。物語の方は、多少違っても似たような感じであれば念のため教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

残念ながら、その評論分は知りませんが
通常は「本になっているから問題にする」という形式を取ります。(通常、問題文の最後に「出典」というのが記載されています)

Q加賀恭一郎と湯川学以外の東野圭吾作品

加賀恭一郎シリーズと湯川学シリーズ以外の東野圭吾作品で良いもの(皆さんが読んで何かを感じたもの)を教えてください。

東野圭吾のすばらしいところは終盤でのどんでん返しや衝撃的な終わり方だと思っています。

最近ではトキオや秘密などがとても印象に残ってます。

Aベストアンサー

私も東野圭吾作品が大好きですが

やっぱり百夜行が一番の傑作だと思います。

かなり長編ですが、あっという間に読めると思います。

ドラマ化もされましたが、原作のほうがおすすめです。

Q同人誌原稿作成:ゲスト依頼のデータ形式について

今度身内だけを読んだアンソロジーを発行したいなと考えています。
しかし、当方本の作成経験は何度もあるものの、実際人を呼んでの作成は行ったことがありません。よくアンソロジーなどを拝見すると、色々な方から原稿を寄せ集めていますよね。最近は特に、データ原稿も珍しくありません。

そこで質問なのですが、当方アナログだったら合作や合同誌を出したことがあるのですが、データは一度もありません。個人誌でのデータ入稿は何度もあります。フォトショップ形式(PSD)、もしくはEPS形式で保存して印刷所のフォルダへFTPで入稿する方法を利用しています。

この場合、全てデータでフォルダに一まとめにして送るのですが、たとえば誰しもがPSD形式に対応しているとは限りませんよね?全ての人がフォトショップを持っていないですから、ゲスト依頼などをされる方はどの拡張子で原稿の受け渡しをしているのでしょうか。
多分フォトショップを所持していない方から受け取る場合、別の拡張子で作った原稿を受け取り、こちらで形式を変換する…のでしょうか。

当方はフォトショップで原稿作成をしております。


ゲスト経験のおありの方や、複数人を対象にしたアンソロ経験の有る方など、アドバイスいただけましたら幸いです。よろしくお願いいたします。

今度身内だけを読んだアンソロジーを発行したいなと考えています。
しかし、当方本の作成経験は何度もあるものの、実際人を呼んでの作成は行ったことがありません。よくアンソロジーなどを拝見すると、色々な方から原稿を寄せ集めていますよね。最近は特に、データ原稿も珍しくありません。

そこで質問なのですが、当方アナログだったら合作や合同誌を出したことがあるのですが、データは一度もありません。個人誌でのデータ入稿は何度もあります。フォトショップ形式(PSD)、もしくはEPS形式で保存して印刷...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんも書かれていますが、ゲスト全員がフォトショップを持っているとは限りませんし
今時珍しいかもしれませんが、パソコン自体を持ってないという人もいるかもしれません。
アンソロ本でしたら、データ入稿ではなくアナログ入稿のほうが良いと思います。

知り合いの話ですが、普段はデータ入稿をしていても、アンソロ本の場合は
原稿用紙で原稿を集め、アナログ入稿をしていましたよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報