タイトルの通りです。
分かっているのは↓
・カラー映画
・民族(見た目は黒人系?)の14~17歳くらいの女の子が主人公
・↑たしか三姉妹で主人公は長女(細身でした)
・白人と結婚させて子孫の民族の血を薄めていくことを白人たちは考えていた
・三人は施設に行かされて白人と同じように生活するよう強制されるが、そこから逃げ出す

途中から見て途中までしか見ていないので断片的ですが宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

それはオーストラリア映画の「Rabit proof-fence(邦題:裸足の1500マイル)」ですね。


私も見ました。いい映画です。

スタッフ&キャスト
[監督][製作]フィリップ・ノイス 
[原作]ドリス・ピルキングトン
[出演]エバーリン・サンピ ローラ・モナガン ケネス・ブラナー 
[制作データ] 2002豪/ギャガ(GAGA) [上映時間] 94分
●舞台は1931年のオーストラリア。当時、オーストラリアでは先住民アボリジニの混血児たちを家族から隔離し、 白人社会に適応させようとする"隔離同化政策”がとられていた。その政策の対象となり、強制的に収容所に連れ去られた少女3人は、母の待つ故郷へ帰るため、2400キロに及ぶ行路を歩き始めた。執拗な追跡者と大自然の驚異にさらされながら、ありったけの気力と知恵を振り絞る少女たち。頼りは大陸を縦断する1本のフェンスだけ―。少女たちの一人であったモリーの娘、ドリス・ピルキングトンが 綴った真実の物語

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000AX …
    • good
    • 0

邦題「素足の1500マイル」だと思います。


fractusさんの出された情報に上から答えます。

・カラー映画です。
・オーストラリアのアボリジニの女の子が主人公です。
・彼女は三姉妹です。
・オーストラリアで実際に行われていた
アボリジニに対する同化政策が背景となっています。
・隔離施設に収容された女の子達が、そこを抜け出し、
遠くにいる母親に会いに行くストーリーです。

ここまで合うので、大丈夫だと思います…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一括してのお礼となりますがすいません。
御三人とも素早い回答ありがとうございました。
まさにその映画だと思います。題名だけ分からずにもやもやとしていたのですっきりしました。

お礼日時:2005/04/07 08:15

「裸足の1500マイル」だと思います。


オーストラリアにかつてあったアボリジニの隔離同化政策をテーマにした作品です。

参考URL:http://www.gaga.ne.jp/hadashi/index.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画「昼顔」の監督について

ビデオで「昼顔」をみてショックを受けましたこの映画の監督について知っている方なんでも良いので教えていただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

 「昼顔」〔66.仏〕の監督ルイス・ブニュエルは1900年スペイン生まれのシュールリアリズム映画の巨匠です。ダリと共同で脚本を書いた「アルダルシアの犬」〔28.仏〕、メキシコの非行少年たち描いた「忘れられた人々」〔50.メキシコ〕、奇想天外なトラブルが続くうちに、悪夢のような不思議な世界が生まれてくる「昇天峠」〔51.メキシコ〕、チャップリンの「殺人狂時代」というより、ロッセリーニの「殺人カメラ」を思い出させる軽妙な雰囲気の「アルチバルド・デラクルスの犯罪的人生」〔55.メキシコ〕、スペインを追放される原因となった「ビリディアナ」〔61.スペイン〕、ブルジョワへの諷刺が冴えるメキシコ時代の傑作「皆殺しの天使」〔62.メキシコ〕、現代の話なのに、キリスト・サド侯爵などが登場する奇想天外な物語「銀河」〔68.仏=伊〕、パリを舞台にしたアカデミー外国映画賞受賞作「ブルジョワジーの密かな愉しみ」〔72.仏〕、とりとめもなく悪夢のような挿話が続くとぼけた諷刺劇「自由の幻想」〔74.仏〕、遺作となった「欲望のあいまいな対象」〔77.仏=スペイン〕など数多くの代表作があり、1983年に亡くなっています。
 私が思うには、「昼顔」はブニュエル作品の中では出来の悪い方だと思います。前述のように、もっと凄いのがいっぱいありますよ。

 「昼顔」〔66.仏〕の監督ルイス・ブニュエルは1900年スペイン生まれのシュールリアリズム映画の巨匠です。ダリと共同で脚本を書いた「アルダルシアの犬」〔28.仏〕、メキシコの非行少年たち描いた「忘れられた人々」〔50.メキシコ〕、奇想天外なトラブルが続くうちに、悪夢のような不思議な世界が生まれてくる「昇天峠」〔51.メキシコ〕、チャップリンの「殺人狂時代」というより、ロッセリーニの「殺人カメラ」を思い出させる軽妙な雰囲気の「アルチバルド・デラクルスの犯罪的人生」〔55.メキシコ〕、スペ...続きを読む

QWW2前後の、都市に住んでいる白人、低所得者、郊外に住んでいる白人を描いた映画

あるアメリカ映画についての本に、
『WW2前には、高所得者は街中に住んでおりコメディ映画は都市を舞台にしたものが多かったが、
WW2後、白人を主とするミドルクラスは相次いで都市郊外に移り、コメディ映画の舞台も郊外の一軒家が多くなった。
都市には黒人、アジア系、ヒスパニックなどの移民、低所得者が残され白人たちには"犯罪の多い危険な地"と認識された。映画も、都市に足を踏み入れるミドルクラスはハンフリー・ボガードなどのタフガイばかりとなった』
とあったのですが、本当でしょうか?
もし知っていたら、WW2前の都市に住んでいる白人を描いた映画、WW2後郊外に住んでいる白人を描いた映画、黒人など低所得者が住んでいる荒れた都市を描いた映画を教えてください。
WW2前の都市に住んでいる白人といえばキャサリン・ヘップバーンとケイリー・グラントの「素晴らしき休日」でしょうか…

Aベストアンサー

時代とともに都市の一部がスラム化していくというのは、どこの国にもあります。日本でも下町が一部スラム化し、東京の西部の方がだんだん高級住宅地になっていきました。
アメリカでは、たとえば、ニューヨークは今でもセレブの住む地域と、「ウェストサイド物語」をはじめとするスラム化した地域があります。
アメリカ映画を多く見てきた私からすると、上の記述はあまりにも大雑把で乱暴に感じます。実際は、もっと複雑です。

Q映画【昼顔】30以上女子が 観に行くには 重くない??

映画【昼顔】30以上女子が 観に行くには 重くない??

Aベストアンサー

自由ですよー。楽しまれてください。
娯楽の好みは人それぞれなので、他の人の目は気にされなくてもよろしいかと。

Q謎の学校の三人の子供が主人公の映画が思い出せません

タイトルの通りです。
最近の映画だと思うのですが、謎の学校に選ばれた子供たちが通い、その子供たちのうち三人が大人になってからその学校の真実を知る、というような内容がある映画です。
予告で見たはずなんですが思い出せなくて困ってます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『わたしを離さないで』では?

Q【昼顔】て 昼間だけの 不倫映画あるけど。 結婚は→生活の駄目。 恋愛は→自由て発想。 なら 子供に

【昼顔】て 昼間だけの 不倫映画あるけど。
結婚は→生活の駄目。
恋愛は→自由て発想。
なら 子供にも 倫理は 教育すべき?

Aベストアンサー

教育すべきだと個人的には思います。

Qたしか2.3年前の洋画だったと思いますがタイトルが思い出せません

内容は子供が失踪する事件の話ですが、結局、仕事を辞めた警察?保安官?が家でその失踪した子と暮らしていて、それを発見した元同僚が通報して親の元に帰そうとしたけど、同僚の恋人が親はヤク中だし今の状態があの子の為よ、見たいな事を言われ葛藤したが結局通報してしまう。みたいな内容だったと思います、その失踪してた子をかくまっていた警察はかなり有名な俳優でした。これしか思い出せる部分が無いですが又見たいので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

その映画は『ゴーン・ベイビー・ゴーン』(2007・米)です。
http://movie.goo.ne.jp/dvd/detail/D112569563.html

デニス・レヘインのベストセラー小説を、俳優のベン・アフレックが監督した作品で、レヘインもアフレックも舞台となるボストンの街に非常にこだわりを持っているため、街の雰囲気の描写が非常に秀逸な名作ですね。(同じくレヘイン原作の『ミスティック・リバー』もよく似た雰囲気でした)
ちなみに“その失踪してた子をかくまっていた”のはモーガン・フリーマンで、そのほかにもベン・アフレック監督のもとに馳せ参じた俳優達は超豪華キャストです。どうしてこの作品が劇場未公開なのか不思議でなりません。

映画をごらんになるのなら、原作小説『愛しき者はすべて去りゆく』(角川文庫)もぜひご一読いただきたいです。ベン・アフレックがいかに原作の雰囲気を大切にして撮ったか、その意外な才能に驚かれると思います。

Q映画のあらすじや内容(ネタバレ)が豊富なサイト

タイトルのように映画のネタバレが豊富なサイトを探しています。私は理解力がなかったり、見た映画のあらすじを忘れたりすることが多いので、どんな映画だったかなと確認するためにそんなサイトがあればいいなと思っています(できるだけ映画数が豊富で)。映画でいろいろ検索しても軽い内容は書いてあってもネタバレ防止のため全内容や結果などが書かれているサイトは少ないのです。

わがままですが、こんなサイトがあるよ、という方ひとつよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちょっと違うかもしれないのですが、下記のサイトなどはどうでしょう?ストーリーが詳しく書いてあるわけではないのですが、会員(?)の方々のその映画に対するコメントがネタバレありで載っています。種類も多いです私は映画を観るかみないかを決めるためにみるのはもちろん、観終わった後もみて参考にしています。http://www.jtnews.jp/dict.html

参考URL:http://www.jtnews.jp/dict.html

Q記憶の断片に残ってしまったふる~い映画・・・

いつ、見たかも定かでなく・・・あるシーンが記憶に残って気になっています。
確か昔、おふくろと映画に連れて行かれて、なんだかわからず今日に至って
ます・・・。今となっては頭にきたんで見直せるもんなら見てみたいです(笑)

1.18年~16年位前に東京の立川の映画館で上映していたと思います・・・。

2.ハリウッドとかのアクション系ではなく仏映画系のなんだかよくわから
  ない雰囲気があったような気がします。

3.山岳地で子供が何人かいて「蟻」「アリ」「あり」!これが、結構強烈
  な演出をしていたような・・・気がします。
  BGMもなんかおどろおどろしい音で・・・

もし、おわかりになりましたら教えてください・・・。

Aベストアンサー

チャ-ルストンヘストンの「黒い絨毯(54’)」でしょうかね?これは蟻の大群で有名な映画なんですけど、蟻が印象に残って無いのであればこの映画とは全く違います。お役に立てずすみません。

Q映画のネタバレは許せる、許せない?

月1本以上、映画を観るのですが、
皆さんは、映画をみる前に結末知りたくないですか。

自分は、結末を知った上で映画を観たいのです。
結末をしっていれば、あのシーンでこんな伏線をはっていた
最後のどんでん返しのストーリーなど、凄く堪能できます。

そこで質問します。
あなたは
映画のネタバレは許せる、許せない
どちらですか

Aベストアンサー

こににちわ。
いやいや私は、断じて許しません。
確かにネタバレという予備知識を持って観れ
ば、内容をより一層理解できますし、伏線をはった
意味もわかります。
しかし、内容を知って観れば、次のシーンや映像が
わかってしまいますから、ハラハラ、ドキドキがしません。
私自身の映画を観る上での醍醐味は、ハラハラ、ドキドキと
観終わった時に、シーンとシーンの点と点とが線で結びついた
時です。
それは、ネタバレを知ってでは、あまり味わえない様な気がします。
なので、one12さんには、申し訳ないですが、ネタバレは断じて
許せません。
なので、私自身は、映画が理解できない時は、二度観ます。
そして、それでも理解できない時は、ネタバレを見ます。
まぁ人それぞれ、映画の観方は異なりますが、私は、ネタバレは
絶対に観ない派です。
ではでは。

Qこの映画(断片的な記憶のみ)を教えて下さい。

お知恵を貸して下さい。

1990年代前半にテレビ放映で観たので、1980年代後半~1990年前半の制作だと思います。

・主人公は夫婦またはカップル(白人)で、子供や他の家族は出てこない。
・港のある都市の高級ホテルのスィートで暮らしている。映画の舞台もほぼこの部屋だった。
・親?先祖?の財産を食いつぶして生活している感じだった。でも、その財産も底をつきつつある。
・部屋代を未払いで長期滞在、ホテルから支払いの督促が始まっている。
・投機商品(ゴム?コーヒー豆?)の船の到着が延びている。
・投機商品が到着すれば大金が入る状況だけど、ホテル代等の支払いをするためにヘンリー・ムーアの像(ワインのハーフボトルくらい)を売ろうか2人で議論していた。
・映画の終盤に投機商品が無事到着して、大金を得て目出たし目出たしのエンディングでした。

破産かどうかと言う瀬戸際での2人の葛藤がメインテーマだったような気がします。曖昧な記憶でジョン・マルコビッチとばかり思っていたのですが、wikiで調べてもそれらしき映画タイトルがありません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1993年の「幸福の選択」という映画には、ジョン・マルコヴィッチが没落富豪の役で出ており、ヘンリー・ムーアの像についてのエピソードもあります。これではないでしょうか?

参考URL:http://movie.walkerplus.com/mv10158/


人気Q&Aランキング