封建社会とは何ですか?定義を教えてください。

A 回答 (5件)

封建社会とは君主が臣下に土地や特権を与え、臣下はそれに見合う忠誠を尽くす事を契約する社会です。


君主は臣下に対し恩恵を保証し身分などを与えます。
臣下は軍役や税金などを納めるのです。
また君主の命令に従い君主の領土を守り、命を投げ出すこともあります。

これの反対が自由社会です。
    • good
    • 12

厳密に言うと中国の「封建」とヨーロッパの「フューダリズム」にはかなり違いがあるようです。


日本で通常使われる封建制(フューダリズムの訳語)は、中世ヨーロッパと日本の武家社会だけにみられ、他の地域には存在しなかったと言われています。

中国
http://www.tabiken.com/history/doc/Q/Q320C100.HTM
ヨーロッパ
http://www.tabiken.com/history/doc/Q/Q316C100.HTM
日本
http://www.tabiken.com/history/doc/Q/Q322R100.HTM
    • good
    • 2

 封建制とは、中世に行なわれた土地を媒介とした支配体制のことです。

同じ封建制という名でも日本、支那、ヨーロッパと行なわれた場所によってその実態は異なります。
 ヨーロッパでの封建制が、民族の移動などと強く結び付いて形成されたのに比し、日本の封建制はむしろ国内的要因が主となって形成されました。
 日本の封建制の成立をめぐっては、いくつかの説がありますが、比較的有力なのは、鎌倉幕府の成立によって日本の封建制が成立したとする説です。戦前以来、殆どの概説書で採用されており、通説となっています。
 これによりますと、古代律令社会の解体から各地に形成された在地領主の発展を原動力として、領主層の独自の国家権力として鎌倉幕府が形成されたとみなします。従って平将門の乱(承平5年、935年)がその初期の現われとみなされています。
 ただし日本の領主の封建制は「税の徴収権」に過ぎず、本当の意味の封建制は無かったとする説もあります。

《封建制(日本)》
http://www.tabiken.com/history/doc/Q/Q322R100.HTM

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%81%E5%BB%BA% …
    • good
    • 0

詳しく説明すると長くなりますので簡単に。



土地(領地)を与え、主従の関係を維持する制度です。

与えられた土地を命を懸けて守る事を「一所懸命」というのは知っていますよね? これが一生懸命の語源。
    • good
    • 4

それぞれの君主と主従によって構成された社会でしょうか?



参考URL:http://www.actv.ne.jp/~yappi/tanosii-sekaisi/05_ …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q★「封建制度」を簡単に説明してください!

★「封建制度」を簡単に説明してください!

世界史の時間によく「封建制度」なる言葉が出てきます。

いろいろと調べてみたのですが、いまいちよくわかりません。

理解力を深めたいので、封建制度を簡単に説明できる方よろしくお願いします!

Aベストアンサー

封建制度とは「封」(封土=土地)を与えて家来を「建てる」と言って、つまりは
「土地をなかだちとしてむすばれた主従関係(しゅじゅうかんけい)にもとづく社会のしくみ。」
のことを言います。
御恩と奉公ですね。
もちろん日本・中国(周)・中世欧で指す封建制度とはそれぞれ少し意味が異なったりしますが、基本的には上記の意味です。

ちなみに対義する言葉は絶対王政や絶対君主制です。

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q江戸幕府は封建制?

日本の江戸幕府は歴史用語の上では封建制なのでしょうか?それとも絶対王政なのでしょうか?
江戸時代は確かに各大名に領地が与えられていて、行政や司法が委ねられていましたが、大名が己の領地に対し完全に主権を有しているわけではなく、幕府によって領地替えや取り潰しされる事がありました。
また将軍と大名は契約によって主従関係があるのではなく、完全に支配されています。
しかし大名は将軍が派遣した官僚ではありません。
こういう場合はどちらに分類されるのでしょうか?
西洋の歴史用語を日本の体制に完全に当てはめる事も難しいと思いますが。

また西洋で日本の江戸時代のような体制になっていた時期もあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 お教えするような書き方にどうしてもなってしまいますので、文章の生意気な部分はどうかお許しください。


 江戸時代こそが、典型的な封建制です。
 確かに西欧中世の封建制とは若干異なりますが、江戸時代が封建制でなかったら歴史学の根幹が揺らぎます。

>大名が己の領地に対し完全に主権を有しているわけではなく

 いえ、有していましたよ。
 そうでなければ、独自の軍隊などもてるはずがありません(家臣団=軍団)。
 主権があったればこそ、「薩英戦争」とか「薩長同盟」とかができたわけです。
 基本的に「国家主権」というのは、行政、立法、司法及び軍事がそろっていることを言いますし、他の国から内政干渉されない権利も含みます。
 その点、江戸時代の「藩」は、それらを十分以上に持っていました。

>幕府によって領地替えや取り潰しされる事が

 これは、主権が有るとか無いとかいう次元とは別で、主権を持つ大名を統括する主君(将軍家)の、臣下へのコントロール方法が強引だったというだけです。
 西欧でも、封建主義の時代に、地方領主をローマカトリック教皇が「破門する」という手段で、実質上無力化することもありました(自分で国教会を作っちゃったイギリスみたいなとこには効かなかったみたいですが。)。
 西欧では、主従関係を結ぶ対象が「世俗」と「宗教」とで分離していましたので、「世俗権力しかない日本」とは異なるのは仕方のないことです(日本の場合は、「朝廷」という別の要素もありますが、ここでは触れません。)。 

 お教えするような書き方にどうしてもなってしまいますので、文章の生意気な部分はどうかお許しください。


 江戸時代こそが、典型的な封建制です。
 確かに西欧中世の封建制とは若干異なりますが、江戸時代が封建制でなかったら歴史学の根幹が揺らぎます。

>大名が己の領地に対し完全に主権を有しているわけではなく

 いえ、有していましたよ。
 そうでなければ、独自の軍隊などもてるはずがありません(家臣団=軍団)。
 主権があったればこそ、「薩英戦争」とか「薩長同盟」とかができた...続きを読む

Q紀元前と紀元後をなぜ分けるの?

タイトル通りの疑問なのです。当たり前すぎなことなのかもしれませんが、教えてくださいお願いします。どういういきさつで分ける必要になったのでしょうか?
またいつから分ける様になったのですか?

Aベストアンサー

つまりは、西暦に関するご質問ですね?

いま現在、我々が使っている西暦は、イエス・キリストが生まれた年を紀元(はじまり。すなわち西暦1年)としています。(ところが後日、実際には何年か違うらしいことがわかった。)
この西暦を考え出したのは、数学と天文学に通じていたローマの修道院長、ディオニシウスで、6世紀半ばのことです。
それまでは、日本の元号のように、何皇帝の何年というような呼び方をしていました。
しかし、それでは年数の計算が不便なので、ディオニシウスは、キリストが生まれた年を紀元とすることにしました。
これが、現在我々が使っている西暦の始まりです。
何故西暦0年が存在しないかと言うと、西暦が作られた6世紀半ばのヨーロッパは、まだ数学が発達していなかったためか、「0」の概念が無かったのです。
そのため、「西暦0年」ではなく、「西暦1年」から始まったのです。これは平成0年がないのと同じですね。
だから、紀元1年より前の年をあらわすには、0がないので当然ながらマイナスを使えず、「紀元前」とするしかないわけです。
この西暦は、まず教会で用いられ、それがヨーロッパの一般人に定着するのはそれから数世紀経ってからで、 実際に世界的に使われるようになったのは、18世紀になってからです。
日本に至っては、明治以降、つまり19世紀に入ってから、やっと使い始めました。

つまりは、西暦に関するご質問ですね?

いま現在、我々が使っている西暦は、イエス・キリストが生まれた年を紀元(はじまり。すなわち西暦1年)としています。(ところが後日、実際には何年か違うらしいことがわかった。)
この西暦を考え出したのは、数学と天文学に通じていたローマの修道院長、ディオニシウスで、6世紀半ばのことです。
それまでは、日本の元号のように、何皇帝の何年というような呼び方をしていました。
しかし、それでは年数の計算が不便なので、ディオニシウスは、キリストが生まれ...続きを読む

Q封建制から資本主義へ変わった理由は?

西洋経済史について勉強しています。
西洋で初めて資本主義が現れたのはヨーロッパで、それ以前は封建制であった。そして、資本主義になり市場が発展したことにより、商品経済が農村の中から誕生したということは分かりましたが、曖昧でいまいちよく分かりません。
ホームページを検索しても、詳しく載っていないので困っています。

Aベストアンサー

 
  ごく簡単に述べます。
 
  封建制社会が展開して行くと、「労働には価値がある」という、価値観、倫理、エートスが生まれます。また、こういう価値観・倫理・エートスの発生がないと、封建制の高次展開はないのです。
 
  普通に、物品・商品に価値があり、それは「量」で計ることができるという考えは、西欧以外の、アジア型生産社会でもありました。小麦100キロは、小麦50キロの二倍の価値があるなどは、当然分かった訳です。
 
  西欧の封建制の展開において、労働に価値があり、労働の「量」で、価値が計れるという考え方が成立します。これは、人間の労働が「価値」だというエートスがないと成立しません。奴隷制社会や、その延長のような社会では、奴隷の労働には価値などない、ということになります。命令する主人がいるので、奴隷の労働で、作物や商品ができるので、主人の命令が価値あるなどという話になります。
 
  労働に価値があり、量で計れ、他方、物品・商品にも価値があり、その価値は量で計れるという考え、エートスが明確に成立した時、初めて、労働の量と、物品等の価値の量を、交換する式が成立するという考えになります。そして、貨幣が、この二つの価値の量を媒介し、抽象的な価値の量を測定できる道具だということになります。
 
  西欧以外の社会でも貨幣はあり、商業はあり、商人や商行為はあったのですが、抽象的な「価値の量」の換算の道具としての「貨幣」はなく、貨幣である金などは、金自身の物品としての価値で、一見貨幣の機能を持っているように見えるので、実は、物々交換の進展したものでしかないのです。
 
  西欧の抽象的な貨幣は、貨幣自身には、価値が本来ないというか、貨幣として使われるものの固有の物品価値とは、別の処に価値が設定されているのです。こういう設定は、労働の量の価値と、物品の量の価値の抽象化で、両者の交換性が考えられ、その媒介として、貨幣の概念が出てきたからです。
 
  貨幣があれば、労働も、物品も手に入れることができるので、貨幣を入手することが重用だ意味あるとなり、西欧のすべての人が、貨幣を求めるようになり、貨幣を中心とした、経済活動を、商人だけでなく、農民も職人も、王侯貴族も行うようになり、その結果、資本主義社会への移行が起こったのです。
 
  封建制から資本主義へ移行した理由は、高度封建制は、「労働の価値を認め、それを量で把握するエートス=倫理気風」を生み出した、または、そのようなエートスの成立で、高度封建制は成立し、このようなエートスを前提として、初めて抽象的な媒介である「貨幣」の交換機能が成立したからです。「貨幣の確立」が、資本主義の確立の端緒なのです。
 
  マックス・ヴェーバーは、上のような、労働には価値があるというエートスを、プロテスタンティズムと呼び、プロテスタンティズムと資本主義の発達には、明らかに関係があると云う研究を行ったのです。
 

 
  ごく簡単に述べます。
 
  封建制社会が展開して行くと、「労働には価値がある」という、価値観、倫理、エートスが生まれます。また、こういう価値観・倫理・エートスの発生がないと、封建制の高次展開はないのです。
 
  普通に、物品・商品に価値があり、それは「量」で計ることができるという考えは、西欧以外の、アジア型生産社会でもありました。小麦100キロは、小麦50キロの二倍の価値があるなどは、当然分かった訳です。
 
  西欧の封建制の展開において、労働に価値があり、...続きを読む

Q国会と内閣の違いを簡単に教えてください!!

国会・内閣・裁判所って三権分立であるじゃないですか?それで、裁判所と国会は建物もあるし、なんとなくは分かるんですけど、内閣って一体なんなんですか??内閣には国会議事堂や裁判所のような建物とかって無いですよね??(間違ってたら指摘お願いします!)
じゃあ内閣って一体どこにあるんですか?内閣で一番偉い人は首相。つまり今は小泉総理ですよね?じゃあ国会で一番えらい人って誰なんですか?今の僕の意識では国会の中に内閣がある。っていう感じなんですけど、コレって間違ってますか??教えてください!

Aベストアンサー

 簡単にいいますと、国会は法律を作り、内閣は実務(実際の行政)を担当し、裁判所は法の執行を行う
これが三権分立ですね。
どこが違うか?って全然仕事が違います。

 しかし、内閣は「こういう法律を作ってください」と言うことはできます。
法律案のほとんどは内閣提出です。
でも、それを認めるかどうかを決めるのは国会です。
今年度の予算をどういうふうに使うかを決めるのは、実際に仕事をする内閣ですが
国会はそれを事前にチェックしたり(予算審議)、
実際の使い方をチェックし、ミスを指摘する(こちらは決算)ことができます。
このように、お互い独立して仕事をしていますが
自分の担当だからといって自分勝手な行動をとらないようにチェックしあっているのです。
ですから、どこが偉いということはありません。
3つとも同じ地位にあります。
総理大臣は必ず国会議員ですから
「国会の中に内閣がある」というような気もしますが
そうすると、国会議員の中でも偉い人が総理大臣、
つまり国会より内閣の方が偉い!ということになってしまいますから
その認識は正確ではありませんね。

 内閣はどこにあるか?ですが
内閣には総理大臣のもとにたくさんの省庁がありますね。
外務省とか財務省とか、防衛庁もそうです。
その建物の一つ一つが内閣をつくっています。
仕事が膨大で職員の規模も大きいので、
まとめてどこかに置くというわけにはいかないのです。
内閣のまとめ役の総理大臣の城である首相官邸が一番小さかったりします。
紛らわしいですが、内閣府は内閣の一つの機関にすぎませんのでお間違えなく。

 最後に、国会で一番偉い人ですが
やはり衆議院、参議院の議長でしょうね。
議長は野党でも与党でもなく、中立の立場にいます。
議長、副議長になると、党を離れて無所属になるんですよ。
ですから、与党からも野党からも敬われる存在です。
とはいえ、話し合いを重んじるのが議会ですから
偉いからといって何でもできるわけではないですけど。

 簡単にいいますと、国会は法律を作り、内閣は実務(実際の行政)を担当し、裁判所は法の執行を行う
これが三権分立ですね。
どこが違うか?って全然仕事が違います。

 しかし、内閣は「こういう法律を作ってください」と言うことはできます。
法律案のほとんどは内閣提出です。
でも、それを認めるかどうかを決めるのは国会です。
今年度の予算をどういうふうに使うかを決めるのは、実際に仕事をする内閣ですが
国会はそれを事前にチェックしたり(予算審議)、
実際の使い方をチェックし、ミスを指...続きを読む

Q「幕府」と「朝廷」の違いを教えて

中学校1年生の子供からの質問なのですが、

・「幕府」と「朝廷」の違いが分からない。
・そもそも「幕府」って何?「朝廷」って何?

と言われました。
お恥ずかしながら的確に説明できません。
教科書には説明が載ってないし、「先生に聞いてみたら?」と言うと
「先生は授業が終わるとすぐに職員室に戻ってしまうし、あまり質問しやすい先生じゃないもん!o(;△;)o 」
とのこと・・・(´_`;)

どなたか教えていただけますか?
私も勉強したいです。よろしくお願いします。<(_ _;)>

Aベストアンサー

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D
これを端的にお子さんに説明するのは難しいかもしれません。
ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。(今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです)

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという...続きを読む

Q絶対王政って何ですか?

夏休みの宿題で絶対王政についてレポートを書かされています。
インターネットなどで調べてみたのですが、難しくてよくわかりませんでした。
国王が中心の政治というのはなんとか分かるのですが、何故そうなったかなどのことがよくわかりません。
ヒマな時に回答してくれればうれしいです。

Aベストアンサー

おはようございます。

絶対王政ですか。何故そういう政治形態ができあがったかなどについては、高校の世界史の教科書あたりで深くやらないと、なかなか理解しづらいですね。#1さんの紹介しているWikipediaの文章はわりとしっかりしたものなのですが、まとめて書きすぎていて初学者には理解しづらいかと。というわけで、簡単な言葉でそのあたりの流れの説明をしてみようと思いますです。

絶対王政の前に、「中世ヨーロッパの荘園制」について勉強したと思います。

この荘園制とは、国王と貴族、貴族と騎士などの間でかわされる、土地を介した約束関係のことです。簡単にいえば、「国王の名でお前に土地を与えよう。そしてその土地からどれだけ税金をとるか、その土地をどのように使うか、そこに何を作るかなどはお前に任せよう。そのかわりお前は私に臣下として仕え、他国から敵が攻めてきた場合には部下を引き連れて私のところまで来て、手足となって働きなさい」というものです。

しかし実際は中世の国王は、「私に従わないなら土地を取り上げるぞ!」というような強い権力をもっていたわけではありません。国王と貴族との間の上のような約束は建前上の場合が多かったのです。国の中には何人か有力な貴族がいて、彼らはその国の中に一定の領地を持っていて、その領地を治めていました。当時の国王というのは、その貴族たちの代表者にすぎなかったのです。
国王も自分の領地(直轄領)を持っていましたが、国王が勝手にできるのは自分の領地だけで、「あの貴族の領地の中の税金を重くしよう」というような、勝手なことはできなかったのです。

つまり、「土地を与えるから貴族が国王に仕えて軍隊を出す」という政治体制では、国王は絶対的な権力者というわけではありませんでした。

では、どういうことになると国王に権力が集まるのか?
その政治体制の状況が変わればよいわけです。つまり、

■まず有力な貴族が力を失うこと
■国王が貴族に頼らない、自分の軍事力をもつこと
■国王が、貴族に代わって自分に仕えて国を治める仕事をしてくれる部下をもつこと

中世の後期になってきますと、貴族が十字軍や国外に兵隊を出して疲弊したり、貴族同士の争いを続けることでお互いに力を失っていったりしました。
さらに、#3さんも書いていますが、国同士の戦いが増えて大貴族一人だけでは対処がつらくなり、誰かの下にまとまって外国の敵に向かっていったほうが勝てるだろう。で、そんな状況の下で、自前の軍隊をもった国王が軍事力を背景に国内を統一して、軍隊を整えて、外国の敵に向かっていくようになったのです。
さらに、貴族の力がなくなって国王が国内を治めようとする場合に、貴族たちに「自分の領地はよろしく」と全て任せてしまうのではなく、官僚と呼ばれる、自分の部下に国を治める仕事を任せたのです。絶対王政の時代には「宰相」や「財務大臣」などの役職をもつ有名な人が(何人か)出てきます。

その絶対王政を支えた考え方(思想)というのが、
■王権神授説
■社会契約論にもとづく絶対王政の擁護
(Wikipediaや他のサイト、本などを参考に調べてみてください)

しかし、そんな体制が長く続いていると、国王や官僚以外の人々に、だんだんと不満がたまってくることになります。
貴族は、国王が自分たちの意見を無視して自分勝手に物事を決めているということで不満をもちます。庶民は、重い税金をかけられて、対外戦争をするときには兵士として連れて行かれるわけですから、「自分たちからこんなに搾取する国王は嫌だ!」となるわけです。
それに「啓蒙思想」などの考え方も加わって、市民革命、そして絶対王政の体制の崩壊へとつながっていくわけです。


そんなところですかね。
簡単に書こうと試みたので、表現や内容などが微妙に怪しくなっているかもしれませんが、おおまかな流れとしてはこんなところです。こういう話を頭に入れた上で、もう一度#1さんのURLの文章を読んだり、いろいろ調べてみるとよいのではないでしょうか。

間違っていたら訂正に来ます。

おはようございます。

絶対王政ですか。何故そういう政治形態ができあがったかなどについては、高校の世界史の教科書あたりで深くやらないと、なかなか理解しづらいですね。#1さんの紹介しているWikipediaの文章はわりとしっかりしたものなのですが、まとめて書きすぎていて初学者には理解しづらいかと。というわけで、簡単な言葉でそのあたりの流れの説明をしてみようと思いますです。

絶対王政の前に、「中世ヨーロッパの荘園制」について勉強したと思います。

この荘園制とは、国王と貴族、貴族と騎士...続きを読む

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報