はじめまして。
嫌な臭いがするのをみると、オリーブオイルが酸化したようです。でも、まだまだ2/3も残っていて捨てるにはちょっともったいないなと思い
その処理というか活用法があれば
教えていただきたくて
質問します。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ご質問了解しました、ガーリックオイルを作る時の温度


80度位ですが、これは本来のオリーブオイルの風味を
損ねない為に極低温で作る方法ですので、すでに
劣化してしまったオリーブオイルは低温では匂いも
そのまま残りますので、高温で作られた方がにんにくの
香ばしさだけが強調されていいでしょう、市販されている製品のなかには、そういう物もあるくらいです
オリーブオイルは色々な有機成分を含んでいますので
劣化変質の度合いにもよりますが、高温で処理すれば
食用には問題は無いと思いますが、高温にしますと
酸化しやすいので密閉して、冷蔵しておきます
前の回答では、お宅のオリ-ブオイルは劣化している為冷蔵庫へと書きましたが本来なら常温で大丈夫です
参考にサイトをごらん下さい。

参考URL:http://www.speranza.jp/houhou.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
いろいろ勉強になりました。^^:

お礼日時:2005/04/13 15:47

ANo2のガーリックオイル、ベストですね


それから、お宅のオリーブオイルは酸化したのではなく
紫外線によって変質したのだと思います、たぶん食卓や
キッチンの明るい所に置いてあったのでは?
他の油(種から採れる物)と違ってオリーブオイルは
オリーブの実を絞ったジュースなので紫外線にとても弱く、蛍光灯の光でも変質してしまうので冷蔵庫に入れて
置くか、食卓に出して置くなら黒いビンに移しかえて使えばよいでしょう。

この回答への補足

再び質問です。ガーリックオイルを作りながら感じたことですが、最初は怖くて約30分間弱火であげて見ましたしかし、嫌なにおいがずっとしてそのあと中火でやってみました。そしたら、にんにくがこげながらオリーブオイルの嫌な匂いが少なくなりました。それで、勝手に嫌な匂いをなくすためにガーリックの香りを付ける訳だなと思いましたが、変質したオイルの成分的には大丈夫なものでしょうか?
インターネットで調べてみたら、嫌な匂いがするオイルは食べることも、体に塗ることも避けた方がいいと書いてありました。ガーリックオイルにすることによって、成分的にも元に戻るんですかね?
よろしくお願いします。

補足日時:2005/04/11 09:55
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さすが、窓の隣に置いときました。
今から気をつけます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/11 07:42

ガーリックオイルにする!!!



鍋にそのオリーブオイルを全部入れちゃって、大量の生のむきにんにくをいれて、火をつけて2,30分じっくり弱火~中火で揚げます。
にんにくが濃い茶色になったらにんにくを取り出して、油も冷めたらもともとのオリーブオイルの瓶に戻します。
揚げたにんにくもそのまま食べても料理にも使えるし超便利!タッパーにいれて日持ちもかなりします。
油は炒め物焼き物、なんでも、サラダオイルの代わりに使えます。

実はこれ以前飲食店でキッチンをやってたときに教えてもらったレシピです。
剥きにんにくは業者さんが出入りするようなスーパーで大量にしかも安く売ってますよ~

いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。ぜひやってみます。^^:

お礼日時:2005/04/11 07:41

だめになった油を再生する方法を探しきれなかったので、手作り石けんにするのはどうでしょう?


http://seadragon.info/handmadesoap/index.htm
http://www.natural-life.net/aroma/cosme/soap.htm
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオリーブオイル&パスタ レシピ

オリーブオイルを使った美味しいパスタレシピがあれば教えて下さい。ペペロンチーノはよく作ります。

Aベストアンサー

ペペロンチーノがお好きならそのアレンジで膨大なレシピが作れますよ。いろいろ試してみて。
・春キャベツとベーコン
・黒オリーブ、アンチョビ、ケーパー、にんにくを細かく刻んで、これはなんていうんだったかな。娼婦のアソコという意味だそうです。
・ブロッコリ
・出来たペペロンチーニの真ん中に卵黄を落とす、それで全体にパルミジャーノと黒コショウをわんさか降りかけて混ぜて食べる。これがローマのカルボナーラだと言う説もあり。
・キノコをいろいろ使って和風だし(そうめんツユなんかを使うと簡単)、刻みねぎ、刻み海苔で仕上げる。
・変り種だと納豆。オリーブオイルににんにくで香りを移したあと納豆と醤油投入。茹で上げたスパ、スパ汁を適量絡めて黒コショウがりがり。ねぎを薬味にしても。部屋がすごい匂いになります。
あとはにんにくとトマト缶でシンプルなシンプルなトマトソース。煮込まずにさっと作るとトマトの酸味がきいてさっぱりしたトマトソースが出来ます。

Q開封したワインの酸化防止にオリーブオイル?

友人から聞いたのですが、開封したワインにオリーブオイルを少し入れておくと、ワインの酸化を防いでくれるという話を聞いたのですが、本当なのでしょうか?
どのような理由、根拠なのかがわからず、ワインの味に影響を与えてしまうのではないかと考えてしまいます。
友人曰く、イタリアやフランスでは当たり前のようにオリーブオイルを入れているとのことなのですが、このような話を聞いたことがある方、いましたら教えてください。

Aベストアンサー

pirokore さん、今晩は。

誤解が生じるといけないので一言。

ワインには防腐剤は入っていません。殆どのワインには酸化防止剤が添加されています。これはワインの醸造過程で不必要な酸化を防止するために僅かに入れるもので、長期の熟成中や抜栓後の酸化を防ぐ量は入っていません。

またオリーブオイルが表面に浮くことで酸化を防止するのはNo1さんのおっしゃるとおりですが、オリーブの香りがワインに移るので風味が変化します。油を使うのでしたら葡萄の種油が適していると思います。

抜栓後の酸化を防ぐ方法としてバキュバン等の真空にして保存する栓、小瓶に移し密栓する方法、これらを冷蔵庫に入れ保管するなどが有効です、1週間程度は持つでしょう。

蛇足ですがごく一部の若い高級ワインの中には抜栓後より1晩たったほうがむしろ美味しいという例外もあります、殆どのワインは開けたてが一番美味しいので早く飲んでください。

Qオリーブオイルを使ったパスタ

オリーブオイルを使ったパスタ
オリーブオイルを使った簡単でおいしいパスタのレシピを教えてください。

Aベストアンサー

パスタを茹でる。塩は麺に少し塩味がつくくらいたっぷり。お湯もたっぷり。

フライパンに、薄切りにしたニンニクと鷹の爪、オリーブオイルを入れ、弱火でゆっくり加熱。
ニンニクのいいにおいがして、狐色になってきたら、火を止めておく。

パスタは少し芯が残る程度(アルデンテ)で引き上げ、フライパンを強めの中火にして麺を入れ、茹で汁を大さじ2ほどいれ、フライパンをよくゆすりながら麺を炒める。
フライパンをよくゆすり、麺をかき混ぜる事で、オリーブオイルと茹で汁が乳化(混ざり合う)して、ソースになる。
味をみて、塩味が足りないようなら塩少々、皿に盛り付けて、荒引黒胡椒少々。

基本のペペロンチーノです。

あとはこのアレンジ。
ペペロンチーノにたっぷりとレモン汁を振り掛ける。
ペペロンチーノにバジルを混ぜる。
アンチョビを混ぜる。缶詰のイワシを混ぜる。
麺をフライパンに入れる直前に、イカの細ぎり(エビなど他のシーフードでもOK)や、キノコ、カボチャ等を炒めておき、混ぜ合わせる。

話は変わって和風になりますが、ボウルにみじん切りにした梅干、麺ツユ、細ぎり青シソ、オリーブオイルをよく混ぜておき、そこにゆでたパスタを入れて和える。

パスタを茹でる。塩は麺に少し塩味がつくくらいたっぷり。お湯もたっぷり。

フライパンに、薄切りにしたニンニクと鷹の爪、オリーブオイルを入れ、弱火でゆっくり加熱。
ニンニクのいいにおいがして、狐色になってきたら、火を止めておく。

パスタは少し芯が残る程度(アルデンテ)で引き上げ、フライパンを強めの中火にして麺を入れ、茹で汁を大さじ2ほどいれ、フライパンをよくゆすりながら麺を炒める。
フライパンをよくゆすり、麺をかき混ぜる事で、オリーブオイルと茹で汁が乳化(混ざり合う)して、ソースにな...続きを読む

Qオリーブオイルを買ったら酸化していました…

こんばんわ

昨日ダイソーの100均でオリーブオイルを2本買いました。
今日さっそく使ってみようとキャップを開けてみたところ
油絵の具を溶かす油のにおいがしました。
多分酸化しているのだと思いますが、匂いも悪く、味がパスタなどにも移って
とても食べれたものじゃありません。
レシートを持っていったら開けた方と未開封のオリーブオイルを返品できるでしょうか?

それとも100円なので返品などは受け付けていないでしょうか??

回答お願いします。

Aベストアンサー

100円だろうが行くべきです。

Q香りづけ以外にオリーブオイルを使うのは何故?

私は香りづけにオリーブオイルをかけることがよくありますが香りが飛ぶ感じがして
炒め油に使うことはありません

よくイタリアン料理などで「フライパンにオリーブオイルを大さじ一杯を…………」
とレシピによく書いていますが安いサラダ油を使ってもそんなに変わらないように思いますが
炒め物にオリーブオイルを使うメリットは何ですか?

Aベストアンサー

#1です。
>揚げ物にオリーブオイル何て贅沢!!
いやいや、その代わり使いまわしてますから。
揚げ物に吸収されて段々量が減ってくるので、その分足して、次第に更新されているはずですが、
全部取り替えることは滅多にありません。
もう何十回使っているかわからないです。

オリーブオイルも安いものです。
サラダ油よりは高いですが、米油よりは安いものを使っています。

Qバージンオリーブ油とそうでないオリーブ油の違いを教えてください。

オリーブ油について、教えてください。
バージンオリーブ油で鶏肉を焼いたら、泡だってしまいました。(これは失敗??)
バージンオリーブ油は、ソテーに使ってよいのでしょうか?

バージンオリーブ油とオリーブ油の違いとか、よくわからないので、教えてください。

Aベストアンサー

バージンオリーブ油は、一番絞り?みたいなものをさすと思います。
オリーブ油の成分が豊富に含まれているのでしょう。

ソテーに使っても問題ないと思いますよ。

Qオリーブオイルについて

料理初心者です<(_ _)>

レシピを見ながら 作ってるのですが
普段 炒め物をするときはサラダ油を使ったりしてます。
しかし時々、レシピでオリーブオイルで炒めるときがあります。
これは どういう効果があるのでしょうか?
味は そんなに変わらないような気もするのですが・・・。
ゴマ油とかだと すごく違うのでわかるのですが
オリーブオイルを使うとき、使わないときって
どう違うのかなと思ったりしたのです。

どういうときにオリーブオイルを使うのか教えてもらえると
嬉しいです<(_ _)> 

Aベストアンサー

トルコ在住で、兼業主婦です(^^)
No.1の方も書いてらっしゃるとおり、健康的だということももちろんですが、風味が断然良いので、私はサラダ油(トルコではヒマワリ油かコーン油が主流)以上に多用しています。サラダ油は和食と揚げ物の時しか使いません。トルコ料理を含め、洋食にはほとんどすべてオリーブオイルを使います。

例えば、サラダにドレッシングとして。
魚をオーブンで焼く時に上からまわし掛けて。
野菜やきのこ類をさっとグリルしてオリーブオイルに漬けて前菜に。
肉をハーブや香辛料を混ぜたオリーブオイルでマリネしてオーブンで焼いて。

カレーや肉入りのシチュー系のもの、ポトフやミネストローネのように野菜をことこと煮込むもの、くたくたに煮込むトルコの野菜料理、など煮込み全般に。

No.2の方が書いてらっしゃるように、オムレツにも美味しいですよ。スペインのトルティージャ風にジャガイモを入れたオムレツとか、玉ねぎ、ピーマン、トマトを細かく刻んで炒めたトルコ風オムレツとか。

いわゆる地中海料理との相性は抜群で、特にトマト、玉ねぎ、ナス、ズッキーニなどの夏野菜を料理される時、試してみてください。そこにニンニクを最低1~2かけ、みじん切りにして加えると、もっと美味しくなります。また、オレガノやバジルなどのハーブとの相性もぴったりです。

まずは、どんどん試されてみてください。そのうち気後れもなくなると思います。
なお、炒め物や煮込みに使う時は、それほど上質(エクストラ・バージンとか)でないもの、普通のバージン・オイルくらいで十分です。

トルコ在住で、兼業主婦です(^^)
No.1の方も書いてらっしゃるとおり、健康的だということももちろんですが、風味が断然良いので、私はサラダ油(トルコではヒマワリ油かコーン油が主流)以上に多用しています。サラダ油は和食と揚げ物の時しか使いません。トルコ料理を含め、洋食にはほとんどすべてオリーブオイルを使います。

例えば、サラダにドレッシングとして。
魚をオーブンで焼く時に上からまわし掛けて。
野菜やきのこ類をさっとグリルしてオリーブオイルに漬けて前菜に。
肉をハーブや香辛料を混...続きを読む

Qバージンオリーブオイルと、2番絞りオリーブオイルの違いはどこにあるので

バージンオリーブオイルと、2番絞りオリーブオイルの違いはどこにあるのでしょうか?

香りや味は明らかに違いますが、栄養価・健康効果はどうでしょうか?
それさえ問題なければいいんです。オリーブオイルのシンナー臭さが大嫌いなので、、、。

Aベストアンサー

バージンオリーブオイルと2番絞り以降のオリーブオイルの違いは酸価の違いで、この値がバージンオリーブオイル以降になると高くなるようです。 酸価とは、オリーブオイル中に含まれる脂肪酸(リノレン酸)が遊離している度合いをいうそうで、酸価が高いほど一般的に味が悪くなるそうです。 詳しくは下記サイトにて。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Foodpia/1024/syokuzai/oliveoil.html

Qオリーブオイルについて

イタリアン系の料理を作るときって結構オリーブオイル使いますよね。


うちにはバージンエキストラのオリーブオイルがあります。
(高価なものではなく、スーパー等で売っているような手に取りやすい品です)


ほとんど使う機会は無かったのですが
パスタを炒める際に

レシピにオリーブオイルでとあったので

作ってみたら

炒めているときから、結構オリーブの匂いが鼻についてくさいなとか思っていて

食したら、やっぱりオリーブの匂いが口の中に広がって
パスタの味は美味しかったものの
オリーブのせいで美味しさが半減してしまいました。


その後は、オリーブオイルを使う際は
オリーブ1に対してサラダ油8ぐらいの量を入れて

炒めたりしています。


それでも、炒めているときはオリーブの匂いがくさく感じます。
ただ、サラダ油をオリーブより多く入れることで
食べるときにはオリーブの匂いは気にならなくなりました。


で、前にテレビか何かで見聞きしたのですが
オリーブオイルは
エキストラバージンとそうじゃないのがあって

エキストラバージンのほうがオリーブの香りがするとありました。


エキストラバージンとそうじゃないのの違いはオリーブの香りだけですか?

エキストラバージンじゃないやつのほうがオリーブの香りがそんなにしないのであれば
今度オリーブオイルを買うときはそっちを買おうと思っているのですが

教えてください。

イタリアン系の料理を作るときって結構オリーブオイル使いますよね。


うちにはバージンエキストラのオリーブオイルがあります。
(高価なものではなく、スーパー等で売っているような手に取りやすい品です)


ほとんど使う機会は無かったのですが
パスタを炒める際に

レシピにオリーブオイルでとあったので

作ってみたら

炒めているときから、結構オリーブの匂いが鼻についてくさいなとか思っていて

食したら、やっぱりオリーブの匂いが口の中に広がって
パスタの味は美味しかったものの
オリーブのせいで美...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

先の方も書かれているように、オリーブオイルは原産国、製造元によってかなりの違いがあります。

エキストラバージンオイルは生で使うことが多く、またパスタに使うときも炒めるのではなく
絡めるためのものと思われたほうがいいと思います。

我が家は主人も私もオリーブオイルはどのようなものでも平気なのですが
友人などを招いたときは気をつけます。
加熱したオリーブオイルの香りは苦手だという人は多いです。

質問文からはかなりオリーブの香りが苦手な方のように思われました。
エキストラバージンでなくとも、加熱すればかなり香りが立ちます。

サラダオイルと混ぜなければならないほどであれば、同じように健康に良いとされる
グレープシードオイルに変えられたほうが良いのでは?と思います。

Qもち粟10kgに虫がついてしまいました。 捨てるのはあまりにもったいな

もち粟10kgに虫がついてしまいました。 捨てるのはあまりにもったいないのですが、、虫をのぞけば食べられますか? 楽な取り除く方法はありますか? おしえてください、おねがいし

Aベストアンサー

基本的にはお米に虫が発生した場合と同じように、底の平たいザル(粗め)に1合ずつ入れて軽く振って取ったり、庭やベランダに新聞紙を敷いてもち粟を広げ、太陽の光にあてるなどして殺します。

また予防法として、もち粟を入れている袋などに、鷹の爪をお茶パックなどに入れておくと、虫が匂いを嫌がり寄りつかなくなります。にんにくやミントなどの香草も効果的と言われていますが、もち粟に匂いがつく場合もありますので気をつけ下さい^^

ご参考までに♪


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング