dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

最近の日本って本当に完璧主義です。

みんな、高い精神性と絶対に失敗は許さないという
強い成功への執着心をもっているようです。

にも拘わらず、社会人勉強量は先進国で最下位レベルで
技術力が衰え、国際的競争力が落ちてきているのは何故でしょうか。

そんなに完璧を目指し、成功のために日々努力を惜しまない国民が
「結婚したいけどできず、子供欲しいけども作れない」
という貧困状態になっているのはなぜでしょうか。

今の国民の態度を見ると、もっと凄い国であってもよさそうなものなのに。

A 回答 (12件中1~10件)

まず、「最近の」日本人ではなくて、伝統的に日本人はずっと完璧主義だと思います。

私はいろいろな国で暮らしてきましたが、こんなに完璧が当たり前だと思っている国民はほかに知りませんですね。

「社会人勉強量が先進国で最低」というのは、どこから引き出されたデータでしょうか?というのは、私にはとても本当とは思えないからです。
満員電車の中でも、時間を無駄にしまいと、イヤホンをつけて英会話やビジネスを勉強している日本人(そうでない人は疲れてぐっすり眠っている。日本の電車に乗った外人が皆驚くのは、多くのサラリーマンが疲れ切って、電車で熟睡していることです。海外では電車で眠っている人は、深夜か早朝以外ほとんどいません)。海外では電車で勉強している人なんて、ほんとに見たことないです。最近ではほとんどの人がゲームしてます。

成人学級みたいなのが世界で一番発達しているのも、日本だと思います。学ぼうと思えばなんでも学べるし、また、みな嬉々として学んでいる。だから、日本人が超一級の努力家であることは確かです。

>そんなに完璧を目指し、成功のために日々努力を惜しまない国民が
「結婚したいけどできず、子供欲しいけども作れない」
という貧困状態になっているのはなぜでしょうか。

結婚したいけどできない、子供が作れないというのが、なぜ「貧困状態」なのでしょうか?結婚や子づくりと、完璧を求めて努力することにはなんの関係もないと思いますが?

結婚したいならすればいいし、子供がほしいなら作ればいいのです。
今はオンラインでいくらでも相手を探すことができます。昔、仲人さんに頼って相手を探していた時代よりも、ずっと相手を探しやすくなりました。自分の欲しい条件をインプットすれば、その条件に合った人がずらりとあらわれ、そこから相性のいい相手を選べばいいわけです。昔は20代半ばを過ぎたら、もう女性は売れ残りなどと言われたものですが、今はこういう方法のお陰で、いくつになってもチャンスはありますよね。離婚率も増えて、2度め、3度めの人も、気後れする必要がなくなってきました。
こんなに結婚しやすくなったのに、それでも結婚したい相手が見つからないというのでしたら、それほどには結婚したくないということでしょうから、しなくていいのではないでしょうか?

結婚は終点ではなくて、出発点ですので、「完璧な相手」というものは存在しません。「一人でも幸せだけど、二人でもっと幸せになってみようじゃないか。」という気概のある二人が一緒に始めるプロジェクトです。
先になにが待っているかは、まったく未知の世界。相手の会社が倒産するかもしれないし、戦争が起こるかもしれないし、相手が浮気して家を出て行ってしまうかもしれないし、相手が半身不随になって、一生面倒をみなければならなくなるかもしれない。子供がいっぱいほしかったのに、蓋を開けてみたら、二人とも不妊症だったということも。とにかく、なーんにも先のことはわからないのです。だから、もっとびくびくしなさいということではなく、結婚だって絶対ではない。やってみて、こんなはずじゃなかったと思ったら、引き返せばいいわけですし、なにもしがみついている必要もありません。人生はいつからでも引き返せますし、挽回できます。人間が完璧な存在でない以上、結婚も子育ても完璧にはなりえません。それを分かった上で、なんでも決断すればいいのだと思います。つまり必要なのは、フレキシビリティーであり、気概であり、ガッツであり、完璧を追い求めることではないですね。

100%ハッピー、もうなんの心配もないわー!という事態は、人生にはありえないわけです。そういう幻を追い求めている以上、実際には存在しない「完璧」という蜃気楼を負いながら、時間だけが過ぎていくということになるのだと思います。
    • good
    • 3

20年前から、どこの政党が与党なのか考えれば見えて来ますわ

    • good
    • 3

世界最強の軍隊とは「日本人の兵士、ドイツ人の参謀、アメリカ人の将軍」という小話があります。



完璧主義で強いのは、末端の兵士です。
日本はトップの大判断がダメなんです。最近でも、統一協会に汚染された安倍、東京五輪汚職の森元首相と電通、台湾に売ったら業績が急回復したシャープなど、枚挙にいとまがありません。

日本では市民革命が発生しなかったので、上層部に封建体制が残ってしまい、無能な世襲がのさばっているのが原因です。
    • good
    • 3

>みんな、高い精神性と絶対に失敗は許さないという強い成功への執着心をもっているようです。



それが事実なら、GDP、経済成長率、円の価値が少しづつ上向くはずだけど、実際はどれも毎年下降していってます。あらゆる面で落ちぶれていってる証拠です。

>「結婚したいけどできず、子供欲しいけども作れない」という貧困状態になっているのはなぜでしょうか。

アベノミクスが日本経済を破壊し、自公の議員が売国し、日本人は政治経済に無関心だから。
絶対に上向かないことが確定している日本経済、深刻な少子高齢化、限界突破した政治腐敗、常態化している与党の統計偽造、政府の捏造偽造、マスコミの崩壊、日本人のモラルハザードなどで、あと20~30年もすれば日本はスラム化するといわれていますから、まっとうな人は日本を救うようなことをせず、日本を捨てて海外脱出をします。
日本の大手家電メーカーは次々と拠点を海外に移しています。

日本の経済状態はこんな状態になってます。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/13241526.html

>今の国民の態度を見ると、もっと凄い国であってもよさそうなものなのに。

ナチスドイツ、北朝鮮、タリバン政権、いずれも内部に抱える負のエネルギーは凄まじく、市民の結束力もぴか一ですが、国として栄えていたでしょうか?
そしてこの3政権は現在どういう状態になっていますか?

日本の場合は、海外からカルト指定・過激派指定された創価学会・統一教会や、独裁的といわれていた自民党などが結託して国家転覆をはかり、テロリズムや敵対者の殺傷をし、ファシズム体制やナチズムに酔いしれた気狂いの日本人がテロに便乗しているので騒がしくはみえますわな。

ほんの少し前まで、韓国人を火病と笑い、中国を見下し、ロシアを独裁者と罵ってましたね。
今の日本人をみてください。
創価学会や仲間のカルト、自民党および支持者、在日などが結託してテロを起こし、ネットに釣りネタや合成写真などをアップロードすると、その情報に触れた人は火病を起こしたみたいに激高し、足を踏み鳴らし、顔を真っ赤にして憤怒し、面白いぐらいに釣られています。

そして、釣られた人を煽って、犯罪集団(創価学会、公明党、自民党、在日、その他カルトなど)にとって邪魔な人を攻撃するよう誘導し、誹謗中傷、名誉棄損、冤罪でっちあげ、暴力犯罪をやらせています。
国家権力を行使して「2ちゃんねる」もどきをやらせているカルトマフィアといったところか。

自公政権を批判したり、テロ犯罪をやめるよう声をあげると、同調圧力、政治的圧力をかけ、警察などを動かして弾圧をしているから、中国やロシアと変わらないのでは。

やっていることはバカバカしいのですが、与党が犯行の中心となり、国家までもが犯罪にかかわっている時点でNGでしょう。

自公政権と支持団体がテロや内乱をしていても警察は一切動きません。市民団体や政治系団体が、創価学会はストーカー、国家犯罪、ジェノサイドをするなと駅前で街宣やデモをやっているんだから、少しは仕事をしようよ。
内閣府からの指示で犯罪捜査ができないって? それじゃ独裁国家と変わらないね。

何が言いたいのかというと、かつての日本人がバカにしていた姿が、今の日本そのものだということ。

日本人に「恥」や「内省」という概念があれば、ここまで変質化しないと思います。

警察が機能しなくなり、「与党が犯罪をやろうと呼びかけているから」「みんながやっているから」などと集団心理を用いて煽動すると、ここまで異常になれるんだな、というデータは取れたと思います。
日本の戦争犯罪は世界の歴史に残るでしょうし、あらゆる証拠資料は裁判所、海外諸国、ネットなどに公表され、日本終了の引き金になるでしょう。

反日勢力によって国家が自滅するよう誘導され、まんまとそれに乗っかってしまった脳タリンな民族ですから、今後確実に起きる少子高齢化、財政難、感染症の拡大、大地震など難しい局面を乗り越えることは不可能です。
国家も国民もテロ犯罪を起こしたという致命傷を負ったまま、日本が沈没する可能性が極めて高いということだけお伝えします。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほど

お礼日時:2022/12/30 14:06

まあ自分に対して完璧主義なら、ここまで窮屈にはならないでしょうね。


その完璧主義はあくまで他人に対してであって、自分には
当てはまらないのでしょうから。

>完璧を目指し、成功のために日々努力を惜しまない
これは違うんじゃないんですか?
これをやるべきなのは自分以外の他人全てであって、
自分は完璧を求めているだけ。
自分自身は別に何もやらんできれいな成果だけ欲しい。

そりゃなんもしないです。まあ企業自体がそんな感じですよね。
下っ端が安くこき使われ、上は成果と金だけいただく。
オリンピックなんかまさにそんな感じ。
金だけ動いて、実務はボランティア。コロナの件はあったものの
終わってみたら、もう誰もオリンピックについて
一言も語らなくなりました。

まあ自分はなんもやらんで、他人から成果をかすめ取るのが
一番おいしい立ち位置だからね。みんなそうなりたいのよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

そうそう。
それそれ。

「完璧主義」
っていうよりも
「他人に対して完璧を求める主義」
「世の中が自分に都合よくないと我慢ならない主義」
って感じ。

すげえ偉そうなこと言っておいて、
年収400万・・・
お金がなくて結婚できません・・・
子供欲しいけど作れない・・・
ってどういうこと?って感じ。

いやいや、他人に完璧を求める前に、自分の人生見てみなよ?
って言ってやりたい。

お礼日時:2022/12/26 20:59

貧困状態になっているのはなぜでしょうか。


  ↑
日本だけです。
ここ30年間、GDPが増えていない
先進国は。
だから、貧しくなっているのです。

この原因は少し景気が上向くや
増税、社会保険料増、利率アップをしては
その芽を摘んできた政府日銀の政策に
あります。

岸田内閣になって、今又増税、利率引き上げ
をやろうとしています。

これでは失われた40年60年になり
其の先は途上国です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ですね。

お礼日時:2022/12/26 21:00

>みんな、高い精神性と絶対に失敗は許さないという


>強い成功への執着心をもっているようです。

ちょっと違う。強い執着心は「成功」ではなく「失敗しても責任が自分にかぶってこない」ことに対してでしょう。

「失敗は許さない」も、「失敗するくらいなら最初から何もしない方が良い」みたいな感覚だと思います。

そうであれば、「社会人勉強量は先進国で最下位レベルで技術力が衰え、国際的競争力が落ちてきている」のは当然ですな。

ちなみに、今の世界的なトレンドは、「少々失敗しても小さなトライアルを何度も素早く回して、成功に近づいていく」だと思います。頭でっかちで延々と説明資料を作って、さんざん議論した挙句に結局失敗を恐れて何もしないと言うのが日本は多すぎるような気がする。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なんなんですかね、この
「失敗は効率が悪い。しっかり準備して一発で成功せよ。
失敗したら責任取らせるぞ?わかってるな?」
みたいな雰囲気。

「失敗は成功の母」
というのはみあらゆる挑戦に必須だし、みんなわかっているはずなのに、
他人に対しては
「失敗は効率が悪い。しっかり準備して一発で成功せよ。」
なんですよね・・・
なんでなんですかね・・・

「失敗を恐れるな、俺は責めないよ」
みたいな人も、結局、何か理由をつけて責めるんですよね。

今の行政も色々やっているけど、
「試行錯誤してどんどん試せばよい」
なんて雰囲気は皆無です。
「来年までに景気回復する完璧な案を狂いなく実行せよ」
って感じ。
まあ、
「税金を使う場合は別」
とか言うのでしょうね・・・
税金とか規模とかに関係なく「成功には失敗が必須」は
真実なのが理解できていないのだと思います。

お礼日時:2022/12/22 12:18

昔からそうでしたよ


でも完璧主義の方がいいですよ
    • good
    • 3

私は、先ず、「最近の日本って本当に完璧主義です」というご意見に賛成できません。

歴史的に見れば、匠の技までいかなくても市井の職人がいなくなりました。幕末から明治期に来日した西洋人の多くが、当時の日本人の日常品のレベルに驚愕。それらは彼らからすると「工芸品」「芸術品」に見えました。
当時の職人には、生活のなりわいとしての仕事よりも、作り手の拘り・職人としての誇りがありましたから、作品は高度なものが多かった。
今は、あなたのおっしゃる「みんな、高い精神性と絶対に失敗は許さないという強い成功への執着心をもっている」のではなく、「金を稼ぐ」「利益を上げる」事が最優先となりました。完璧主義の人が減り、適当な収入があればそれ以上の努力をやらなくなったのだと思います。

だから、「社会人勉強量は先進国で最下位レベルで技術力が衰え、国際的競争力が落ちてきて」いるのです。社会人だけでなく、日本の子供達の学力も半世紀前は、どの科目も世界トップレベルでしたが、今はずいぶん落ちてきました(PISA調査)。
要するに、世界で相対的に見ると、「まじめで勤勉な日本人」から「勉強せず・努力せず・頭も身体も汗をかかなくなった」のです。

日本衰退の根本は、政治家も経営者も一般国民も「日本全体が低レベルの国になっている状態を自覚していない」事にあると考えています。
まじめでひたすら努力する人を揶揄するような風潮、軽薄なテレビ番組などを見ると、あなたの言う「もっと凄い国」になるわけがありません。
凄い国になるには、世界のどこの国よりも向上心を持って努力するしかありません。
(私の後輩に、JAXAで最初の「はやぶさ」を成功させたチームの一員がいましたが、幾多の困難を克服したのは、死ぬほど考え・限界まで追求する事と、「最後は『根性』だった…と)

私は、後期高齢者の、元サラリーマンですから、日本の高度成長期に仕事観を身につけ、バブルの伸長と崩壊で浮かれた状態からの急落(仕事上では地獄だった)、そしてその後の失われた30年を経験しました。会社経営の一端も担いましたが、言い続けた事は「もっと勉強しよう・もっと工夫しよう・もっと考えよう」でした。
(最後に「もっと稼ごう」とも言いましたが…)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

まあ、皮肉で言っていますからね。

お礼日時:2022/12/22 11:29

国際競争力や技術力の低下は数字が示す事実


従って質問者さんの言う「日本人は完璧主義者」が間違っているのだと思われます
    • good
    • 3
この回答へのお礼

質問にはそう書きましたが、
「日本人は完璧主義者」
なんて思っていません。

実際には、
「他人に完璧ばかりを要求し、欠点がわずかでもあると、
責任を追及し、バカにして優越感に浸りストレス解消したくて
たまらない」
というところだと思います。

一方、自分に対しては
「俺はこれでいいんだ。俺の価値観と矛盾している奴らは間違っている。いつかきっと不幸になる。」
と思い続けて、結局向上しない人生を歩む、というのが現実だと思います。

低年収と思われるアンチがゆたぼんを否定する構図だと思います。

お礼日時:2022/12/22 11:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!