亡父が満州で終戦を迎えた世代でもあり中国東北部へ旅行したいと思い予備知識を入れようと満州研究しています。

満州(偽満)の起こりから終戦までの間に介入した人物(石原莞爾、甘粕正彦、皇帝溥儀、等等)と開発事業団についての文献を探していますがなかなか見つかりません、731部隊については様々な文献がありますが満映の文献は少ないですし。

良い資料と大連やチチハルなど東北部で満州の遺構をお知りの方、お教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

◆満州で活躍した人を調べるには、下記のような資料があります。


都道府県立クラスの図書館でしたら、所蔵しているものと思います。

『満州人名辞典』上巻 日本図書センター  1989.5
『満州人名辞典』中巻   日本図書センター 1989.5  
『満州人名辞典』下巻   日本図書センター 1989.5


◆あと、国立国会図書館のOPACを利用して、資料情報を収集する方法があります。

【国立国会図書館蔵書検索・申込システム】
http://opac.ndl.go.jp/

上記画面から→「一般資料の検索/申込み」に進み、検索画面の件名に「甘粕正彦」と入れて検索すると、5件ヒットします。
その中には、↓のような資料があります。

『満洲国の断面』 武藤富男. -- 近代社, 1956
『問題の人甘粕正彦』 山根倬三. -- 大空社, 1997.5. -- (伝記叢書 ; 253)


件名に「満州映画協会」といれて検索すると、3件ヒットします。

『満映』/ 山口猛. -- 平凡社, 1989.8
『満映』 / 胡昶,古泉[他]. -- パンドラ, 1999.9
『満州の記録』 -- 集英社, 1995.8


件名に「満州 歴史」といれてAND検索すると、356件ヒットします。
その中には下記のような資料が含まれています。

『満洲開拓史』 / 満洲開拓史刊行会. -- 満洲開拓史刊行会, 1966
『満洲建国十年史』 / 満洲帝国政府. -- 原書房, 1969. -- (明治百年史叢書)


件名に「満州 移民」といれてAND検索すると、109件ヒットします。
その中には下記のような資料が含まれています。

『満州移民関係資料集成』. -- 不二出版,
『満洲移民問題と実績調査』 / 日本学術振興会第二特別委員会. -- 日本学術振興会, 1937. -- (学術部第二特別委員会報告 ; 第7編)

かなり古い資料もあります。もし、興味がおありでしたら、もよりの図書館のレファレンス・カウンターでご相談ください。
所蔵しているところから、取り寄せの手続きをしてくれると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

gazeruさん、早速の回答有り難うございます!

「満州人名辞典」は知らなかったです、見てみたいな。
歴史に翻弄されて出来た鬼っ子のような国ですが事実と対峙して勉強してみたいと思います。

お礼日時:2005/04/15 10:30

国会図書館に、満洲國が布告した官報が全て保存されています。

この回答への補足

皆さん貴重な情報をお教えいただき有り難うございました、よーく勉強して秋には中国へ行こうと思ってます、中国は何回か行ってますが東北部は初めてです、反日問題で治安も取りざたされてますが親の供養と思って行ってきます。

本当に有り難うございました!

補足日時:2005/04/15 10:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

PENPENMAKKYさん、回答有り難うございます!
国会図書館はさすがですね、東京出張の際でも行ってみます、でもついでで行くには時間かかりそうですね、色んな文献に目移りしそうです。

お礼日時:2005/04/15 10:37

満州と溥儀についてなら、最近いい本が出たそうです。


岩波版では肝心のところが省略されていたと言う、「紫禁城の黄昏 完訳版」(祥伝社)の上下刊です。原著が1934年刊行の、当事者の1人が書いた本なので一級史料の訳本となり、資料的価値が非常に高いと思われます。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396650 …
アマゾンの「監修者の言葉」によると
-------------------------------------------
「『紫禁城の黄昏』が、極東軍事裁判に証拠書類として採用されていたら、あのような裁判は成立しなかったであろう。こういうだけで、本書の価値を知るには十分である。もちろん、何が何でも日本を悪者に仕立て上げたかった東京裁判所は、本書を証拠資料として採用せず、却下した」 (監修者のことば)
-------------------------------------------
ということだそうで、戦争の発端となった満州・溥儀について詳細にわたって記述されていると思われます。
自分はまだ入手しておりませんが、近々購入予定。
噂では初版、第2版が売り切れで第3版が刷り始めているそうですが……探してみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

kusakabe66さん、貴重な情報有り難うございます。

有事の際には出したくない情報なんていくらでもあったでしょう、歴史から封印された事実もいくらでも。
反日が今取りざたされてます、いつまで「戦後」なんでしょうかねぇ。

お礼日時:2005/04/15 10:34

kitayamasugiさん、こんにちは。

旧満州国について研究されているとのことですが、お住まいの地域に文学部、出来れば史学科のある大学はございませんか。大学の図書館の大半は近隣住民にも門戸を開いています。市立図書館や県立図書館よりは、はるかに蔵書数が多いですので、お探しの資料があるかもしれません。また、最近では資料や蔵書の検索をインターネット上でできるようにしている大学もありますので、お試しになってはいかがでしょうか。あまり参考にならなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

goliathさん、早速の回答有り難うございます!
そうですね、大学に行ってる姪っ子に図書館について聞いてみます、ネット検索しても良い情報が無いときは横着せずに目、耳、足使わなければアキマセンね!

お礼日時:2005/04/14 21:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q名古屋市美術館は写真撮影OKなのですか?

去年旅行で名古屋市美術館に立ち寄ったのですが、展示室の入り口に携帯の使用は禁止と書かれていましたが、写真撮影についての注意書きがありませんでした。
もしかして、撮影してもよかったのでしょうか?
それとも、当たり前のことをわざわざ書いていなかっただけでしょうか?

Aベストアンサー

 普通の美術館であれば館内の写真撮影は禁止されていると思います。
 撮影に関しての記述がない場合、美術館の職員に撮影をしてもいいか聞けば教えてくれると思います。

Q東京裁判での満州国皇帝 「溥儀」

東京裁判において、元満州国皇帝が偽証したのは知っていますが、裁判での発言全てが掲載されている書物や記録は無いでしょうか?
また、東京裁判での元皇帝の映像も見たいのですが。

Aベストアンサー

映像であれば、記録映画「東京裁判」というのがあって、その中でも証言している部分はあると思います。

次のサイトで廉価版DVDが販売されているので、一度見た方がよいでしょう。

紀伊国屋書店BookWEB 東京裁判
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=A-00065150

Q満州国に関する質問

満州国と太平洋戦争の関係を教えてください。

1.満州国は米英と戦いましたか?
2.米英は満州国に宣戦布告しなかった?
3.ソ連は満州国に宣戦布告しましたか?
4.満州国の軍事組織や戦力はどのようなものでしたか?
 関東軍とは別?それともすべて日本頼み?

Aベストアンサー

まず満州国を国として承認しているところは少ないです
満州国を国家として承認していない米英は満州国を日本支配下の植民地として見ていますから
満州国に対して宣戦布告する意味合いはないです
日本がミャンマーやインパールで戦った英軍は実質インド軍ですが
日本が英領インドには宣戦布告していないのと同じです

実際に米英軍は満州国軍と交戦してませんし、例えしたとしても日本軍と戦ったということになるでしょう

満州国軍について
《日本の》参謀本部が1933年9月に決定した『満洲国陸軍指導要綱』では
(1)兵力は最小限の6万とする
(2)戦時日本が重要とする鉄道の警備にあたらせない
(3)戦車・重砲・航空機は保有させず、作戦資材の補給は日本軍と同一にする
と日本は全く満州国軍をあてにしてもなければ、期待もしていなかったのです

関東軍が満州国軍の育成を担当しましたが
最初に取った方策は反乱防止のための日系軍官(士官、下士官)の採用(1932年11月~)で
満州国軍の幹部は日本人で占められました
また1934年には満州国軍が募兵することは禁じ関東軍が許可した者のみ採用しました

満州国軍が単独行動できたのは治安維持や対ゲリラ戦に限定され
ノモンハンなど数少ない野戦行動は関東軍の統制下に入ったのが現実です

長文失礼致しました

まず満州国を国として承認しているところは少ないです
満州国を国家として承認していない米英は満州国を日本支配下の植民地として見ていますから
満州国に対して宣戦布告する意味合いはないです
日本がミャンマーやインパールで戦った英軍は実質インド軍ですが
日本が英領インドには宣戦布告していないのと同じです

実際に米英軍は満州国軍と交戦してませんし、例えしたとしても日本軍と戦ったということになるでしょう

満州国軍について
《日本の》参謀本部が1933年9月に決定した『満洲国陸軍指導要綱...続きを読む

Q【中国】中国の満州族は満族のことですか?満州族と満族は同じですか?違う少数民族ですか?

【中国】中国の満州族は満族のことですか?

満州族と満族は同じですか?違う少数民族ですか?

Aベストアンサー

以下を読んでみてください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%80%E5%B7%9E%E6%B0%91%E6%97%8F

Q「満州国」の城市について

日本は「満州国」建国以前から「関東州」と満鉄付属地は支配していましたが、その時点で近くに点々と存在する城市は中国人の住む町で、日本の主権は当然及ばなかったですよね。
それで「満州国」建国後はどうなったのでしょう。満州国政府は城市にどのような態度をとったのでしょうか。というより単純に「満州国」建国後も城市は中国人の主権の及ぶ場所だったのでしょうか。

Aベストアンサー

満州国成立後は当然満州国の主権下にありました。
満鉄附属地も満州国成立後は満州国に返したと思いますが。

Q甘粕正彦憲兵大尉

映画[ラストエンペラー]で坂本龍一が演じた甘粕憲兵大尉

[満州は、昼は関東軍が支配し、夜は甘粕が支配する]とまでいわれた人物なのですが、なぜ彼はそんなに権力を持っているのですか?

[虹色のトロツキー]というマンガをよんでも、石原莞爾より偉そうなのですが、憲兵というのは位が高いのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#4です。
甘粕正彦について詳しく知りたければ以下の本をお勧めします。
割と安くて簡単に読めるので通勤通学でも読破できますし、なにより甘粕さんの事だけに特化して書かれた本は珍しいと思います。

「甘粕大尉」角田房子・著 ちくま文庫 ¥882税込 2005年刊
(アマゾンのURLは長すぎて表示できないので、ここに書きました)

大杉事件のこともフランス留学中のことも、東条との関係についても触れられています。

Q満州国の国際的承認について

満州事変をへて満州国が建国されたとき、バチカン市国はじめ23カ国が満州国を承認したと聞きます。しかしながら国際連盟の総会では、満州国の承認は日本1カ国のみで、他国は全て反対。日本は連盟を脱退したと聞きます。
承認したという23カ国は、国際連盟の採決ではどのような行動を取ったのでしょう?わかる方がいたらば教えて下さい。

Aベストアンサー

当初、国連総会では、リットン調査団の報告書があったにも関わらず、満州を承認しようという国は結構ありました。アメリカでさえ承認しようとしていたのです。

ところが、この総会中に、これらの国々が態度を一変させた事件が発生します。
熱河作戦です。既に満州の東三省を手中に収めていた関東軍でしたが、新たに長城を超えて華北へと侵攻したのです。
この国連への挑戦ともとれる新たな侵攻で国連加盟国は態度を硬化させ、満洲を承認しようという国はなくなりました。
かくして日本は国連を脱退する事となります。

Q甘粕正彦はピストル自殺?

電子辞書のブリタリカには「ピストル自殺」とあるのですが、
殆どの本には服毒と書いてあります。一体どういうことなのでしょうか。

Aベストアンサー

映画「ラストエンペラー」の影響かな?
この映画では甘粕はピストル自殺してますから。
本当は、この映画の監督は甘粕を切腹させようとしたんですが、甘粕の役を演じた坂本龍一が、この時代の日本人はもう切腹なんかしない!と日本人=ハラキリと思い込んでいる馬鹿なアメリカ人監督に猛抗議。
すったもんだの挙句、ピストル自殺に落ち着きました。


正しくは、甘粕の死因は青酸カリによる服毒自殺です。

Q満州国を作ったことに中国は感謝すべきでは?

ロシアは日露戦争に負けるまで満州を勢力下に置いていました。日露戦争で日本は遼東半島の203高地に陣取るロシアと戦いました。

中国は日本が作った満州国を非難しますが、もし日本がロシアを追い払い満州国を作っていなかったら満州はロシアの領土となっていました。しかもロシアは第二次大戦の勝利者ですからあのスターリンが領土を返す筈がありません。
結果的に中国は日本のおかげで戦後、満州を再び手に入れることができました。中国は日本が満州国を作ったことに感謝すべきでは?

Aベストアンサー

>…ロシアを追い払い満州国を作っていなかったら満州はロシアの領土となっていました。

   目から鱗!         で、面白い!

大戦が終了するまでは、日本軍がソ連の侵略を防いだことは事実ですね。

  当時は、侵略とみなされたわけですね。日本軍の露骨な占領政策がなければ、満洲国は妥当であったかもしれません。侵略(植民地)政策に初なために節制がなかったと思います。

  そして、それがためかどうか、満洲国は瓦解しました。

 中国からみれば、日ソどちらも侵略軍であったと思います。その上、その中国が台湾に追い出され、親ソ派の中華人民共和国が大陸を支配するようになったため、nishikasai様のお考えは消えたようです。

台湾に逃れた中国(中華民国)の蒋介石さんは、日本の分割を拒否した為に、日本は欧米列強による分割統治が避けられて、ドイツや朝鮮のように対立することなく発展できたようです。

蒋介石さんは、わが町に別荘を持っていたので、親日的な方と承知しています。

 中国国民の多くが、世界史を普通に学習するようになったら、           W(*^。^*)/
   確実に評価される考え方だと思います。                
 


    
  
 

>…ロシアを追い払い満州国を作っていなかったら満州はロシアの領土となっていました。

   目から鱗!         で、面白い!

大戦が終了するまでは、日本軍がソ連の侵略を防いだことは事実ですね。

  当時は、侵略とみなされたわけですね。日本軍の露骨な占領政策がなければ、満洲国は妥当であったかもしれません。侵略(植民地)政策に初なために節制がなかったと思います。

  そして、それがためかどうか、満洲国は瓦解しました。

 中国からみれば、日ソどちらも侵略軍であったと思います。...続きを読む

Q満州国皇帝 溥儀

溥儀は何故満州国の皇帝になったのでしょうか?
満州は実質関東軍の支配下だったのでわざわざ傀儡皇帝を立てる必要も無かったと思うのですが

Aベストアンサー

 azuki-7さんが最初に挙げていらっしゃる「満州は実質関東軍の支配下だったのでわざわざ傀儡を立てる必要もなかった」との見解は、日本側からの見解であって、溥儀が求めたのは清朝の再興でした。
 ラストエンペラーとして中国の歴代王朝に幕引きしたのですから、その手で新たな王朝を打ち立てるとの野心があっても不自然ではありません。
 そして溥儀は日本を利用したつもりであったかもしれませんが、実際には日本に利用され捨てられた形で人生の幕を閉じることとなりました。


人気Q&Aランキング