私は公立の中学教師を目指しています。
しかし、現役の先生にそう言うと「今はどこも大変だけど、特に中学校は大変だよ。高校の先生の方がいいよ。」と必ず言われます。
そこで質問なのですが、中学校と高校の教師の違いとは何なのでしょうか?
また、実際に先生をやられている方は、なぜ中学または高校の教師を選んだのですか?
後、非常に根本的な質問になるのですが、なぜ先生になられたのですか?
先生方の意見をお聞きしたいです。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

現役の中学校教員です。


中学と高校の違いは、義務教育か、義務教育でないか、です。極端な話「退学」があるかないか、です。もちろん、高校では極力「自主退学」としています。将来を考えてね。
進学校では授業さえやっていれば生徒指導上の問題は考えなくてもよいし、スポーツに力を入れている学校は、規律に厳しいからあまり問題もないし。

一方中学校では、14歳以下だと、ガラスを割っても、暴力をふるっても、お咎めなしですから。子どもたちもそこらへんをよく知っています。やりたい放題です。新聞報道や警察に「逮捕」されるのはまだまだ少数です。

日々生徒指導に追われ、教材研究は自宅でやるのが常識です。その上、中学校では部活動をはじめ、さまざまな雑務に追われ、優秀な人材がなかなか本来の力を発揮できずにやめていくのを見聞きします。最近は、心を病む教員も増えています。それも一生懸命な人ほど・・・・
小学校では、授業を座って聴くことすらできない子どもたちを追い掛け回して座らせることから始まり、授業参観では親のおしゃべりを注意しなければなりません。
義務教育学校では、互いの授業を参観しあって意見を交わす研修が非常に盛んです。どうしたら、わかりやすい、子どもをひきつける授業展開ができるか?どんな教材が開発されるか?という研修を一生懸命していますが、それらは表には表れないことです。
そういうことが高校はまったくないと聞きます。自分の授業は聖域なんですね。僕の友人の高校教師が言ってました。

教職員の福利厚生のための公的イベントが休み中を中心によく企画されていますが、参加しているのは高校か小学校の先生だけです。中学の教員はまずぞんなゆとりはありません。われわれも掛け金は払っているのですが・・・・

では、なぜ教師をしているのか?私の場合、中学時代の恩師の影響が大きい(よい教師との出会いは人生の宝です)のと、1年に1回でも2回でも子どもたちと心のふれあいを感じることができる瞬間があるからですね。
たとえ、毎日が、1年の99%がつらくて、裏切られ続けだとしても、その1,2回の瞬間のために、教師を続けられるんです。一種のカタルシスかな?

ま、高校は高教組がものすごい力を持っているので、授業時数はじめ労働条件としては、義務教育諸学校よりも格段に恵まれている(給与も若干高いし、あえて言えば楽できる)と、やっかみ半分で多くの義務教育諸学校の教員は思っています。日教組の組織率なんて20%ですから、何の力もありません。

あとは、高校で管理職、特に校長になるのはかなり難しい。小・中では、男の場合少なくとも教頭にはなれます。最近は女性の管理職も増えています。小学校で50%くらいかな?

以上あくまでも、公立学校について独断と偏見の回答です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
多方面から説明して頂いて、現場の大変さが伝わってきました。
やはり、中学は色々な困難があるのですね。
少し悩みますが、まだ頑張りたいという気持ちが勝っています。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/26 12:20

こんばんは。

私は現役の高校教師です。

>中学校と高校の教師の違いとは何なのでしょうか?

まず、中学校と高校の先生の違いは、授業受け持ち時間の違いです。高校では、週、一人の先生が授業を受け持つ時間が週に20時間をこえることはまずありません。
それに対して、中学では、20時間以下の授業受け持ち時間はまずありません。

次に違うところは、高校は、高校間でしか、異動がありませんが、中学校は義務教育の範囲ですので、小学校に異動ということもあります。akomoさんは中学教師を目指されているということですが、小学校に異動になってしまうことも考慮しておいた方が良いかもしれませんね。


>また、実際に先生をやられている方は、なぜ中学または高校の教師を選んだのですか?

私が採用試験を受けた時期は、今とは比べものにならないほど教員になりやすい時代でした。学生時代から塾の講師をやっていたということもありますが、なんとなくなってしまったというのが本音です。ですから、中学ではなく高校を選んだ理由は答えられないんです。ほんと、すいません。


>非常に根本的な質問になるのですが、なぜ先生になられたのですか?

上記でも申し上げましたが、大学時代に講師のバイトをしていたのは大きいと思います。
日に日に勉強ができていく生徒をみていて、とてもやりがいを感じ、先生となりました。


といっても、高校の教員も楽とはいえないと思います。最近は、教員は保護者へのサービス業だと思っていますよ(笑)


長々と語ってしまいましたが、akomoさんのお役に立てたでしょうか?
もし、お役に立てたらうれしいです~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちわ。
丁寧なご回答ありがとうございました。

まず、授業時間数が違うという事に驚きました。
中学の方が長いのが意外でしたね。
また、小学校に異動になるという事も知りませんでした。
心構えをしておこうと思います。

また、aco_michyさんの志望理由には私も同感です。
子どもたちの成長を見れるのは幸せですよね。

>最近は、教員は保護者へのサービス業だと思っていますよ(笑)
そうなんですか・・・。
現場を経験していないので、理想ばかりが先行してしまっているのですが、現実はそうもいかないのですね(涙)

様々なお話が聞けてとても勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/19 16:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教員の方教えてください。なぜ小学校(中学・高校)を志願されましたか

教員を目指している30歳女性です。

免許は中学・高校の英語1種をもっています。

現在、海外で日系の小学生と高校生を教えていて、授業はもちろんお遊戯会などの準備に携わるうちに小学生がとてもかわいいと感じるようになり、小学校の先生もいいなと思うようになりました。新たに免許をとらなくてはならないので、それを行動に移すかどうか迷っています。

しかし、上司からは、あなたは子供に手取り足取り教えるよりも、教材研究が好きなようなので、高校の先生のほうが向いているのではないかしら、と言われました。 今は担当の授業コマ数は小・高同じなのですが、小学生にほとんどの神経を集中させていて、親とのやりとりや学級運営、お遊戯など様々なことに追われるうちに、疲れた顔が見えていたのもそうアドバイスされた原因かもしれません。

一方、高校生を教えていると、彼らの知的好奇心にうれしくなり、次の授業内容を考えるのが楽しく、のめりこんでいる自分がいます。ただ、いろいろな難しさも感じます。 

小・中・高どちらを対象に教えるのが自分に向いているのか、悩んでいます。
私は教員を始めて経験したのが海外でしたので、日本での状況はまた違うとも思います。

こんな状態でまだまだ教員としての深さを知っておりませんが、教員の方に教えていただきです。 なぜ小学生(中学・高校)を教える対象として選んだか、そしてめいめい必要な適性とはどんなことでしょうか。

教員を目指している30歳女性です。

免許は中学・高校の英語1種をもっています。

現在、海外で日系の小学生と高校生を教えていて、授業はもちろんお遊戯会などの準備に携わるうちに小学生がとてもかわいいと感じるようになり、小学校の先生もいいなと思うようになりました。新たに免許をとらなくてはならないので、それを行動に移すかどうか迷っています。

しかし、上司からは、あなたは子供に手取り足取り教えるよりも、教材研究が好きなようなので、高校の先生のほうが向いているのではないかしら、と言...続きを読む

Aベストアンサー

いま大学の教員をしている者です(教育系)。最初は小学校教員志望、のち中学志望、卒業時は高校志望、結局大学院をへて今日に至りました。

小学校は、「こども」という生き物を相手にする感じですね。この生き物はピュアで、素直で、わがままで、意地悪で、要するに千変万化。いちばん「教育」の効果が出やすいと思います。仕事は、質問者さんも書かれているように何でも屋さん的な面も大きいので大変。でも自分の仕事の意味や価値を実感する瞬間も多く、幸せな経験をすることも多い。

中学校は、授業と部活と生活指導。心と心の触れあいが教師としての幸福をもたらしてくれることも多々ありますが、心身ともに変化の大きい生徒たちを前にして、自分の意に染まぬ厳しい指導が求められることも多いと思います。塾などで勉強するからといって学校でだらける生徒もいるし、何もしないで何もわからない、という生徒もいる。私の実感では、中学教員を志望する学生の最大の動機は部活を指導したいということです (^o^)

高校は、一般化できません。制服が違えば住んでいる世界が違う、と言いますが、勉強ができて生活上の問題など何もない高校と、勉強とはまるで縁がなくて、、という高校と、全然違います。公立高校に勤務する場合、当然ですがあちこちへ異動します。ある学校で人気者だった先生が、他校へ行くと役立たずの嫌われ者になり自信を喪失、なんてことはよくあります。高校志望者は、部活志向とその科目が好きだっていうのと、半々くらいでしょうか。私立校出身者には、母校に勤めたいっていうのもよくあります(現実には難しいですが)。

あとは蛇足です。現在の質問者さんの目の前にいる生徒さんたちは、たぶん上流ないしアッパーミドル・クラスの人たちでしょう。親についても子についても、一般に日本の公立の学校でその環境は望めないと思います。一番近いのは、都市部の私立の中高がくっついたタイプの、わりと出来のいい学校のように思われます。日本で教職を志望されるのであれば、そんな点も考慮されてはいかがでしょう? あまり参考になっていませんね... ごめんなさい m(__)m

いま大学の教員をしている者です(教育系)。最初は小学校教員志望、のち中学志望、卒業時は高校志望、結局大学院をへて今日に至りました。

小学校は、「こども」という生き物を相手にする感じですね。この生き物はピュアで、素直で、わがままで、意地悪で、要するに千変万化。いちばん「教育」の効果が出やすいと思います。仕事は、質問者さんも書かれているように何でも屋さん的な面も大きいので大変。でも自分の仕事の意味や価値を実感する瞬間も多く、幸せな経験をすることも多い。

中学校は、授業と部...続きを読む

Q教師になりたい理由、なんですか?

教師を目指しています。理由は、小学校の時に出会った先生の様になりたいと思ったからです。自分もいつかこのような影響を与えられる人物になりたいです。今、教師を目指している方または教師の方、教師になりたい理由はなんですか??

Aベストアンサー

私の場合、小学校の頃に出会った先生がとても良かったことかな?

でも、その前から「先生」という職業にはあこがれていました
小さい頃は幼稚園の先生など、とにかく人と接することを職業にしたかった

昔から、世話好きといわれていて、自分より年下の子供達の世話を焼くのが好きでした
そういうのも理由の一つだと思います

後は大学に入って、自分の専門教科を楽しくわかりやすく教えたいという思いも強くなりました

何か一つというわけではありませんが、色々な要素が重なって、現在教師をやっています

質問者さんも素敵な先生になって下さいね

Q志望動機の添削を...........

「私は将来体育教員を目指しています。私の目指す教師像は何かに夢中になることは楽しいことだということを体育を通して教えていくことです。日本体育大学は技術面はもちろんのこと精神面の授業も充実しており、私の目指す教師像に一番近付けると思い志望しました。」
この文についてのアドバイスをお願いします。
出来れば短くしたいのですが

Aベストアンサー

文章添削については素人ですが、気づいた点を少し。あなたの文章でもなかなか良いと思いますので、出来るだけ崩さないように考えてみました。

>私は将来体育教員を目指しています。

正確には「教員になること」を目指しているのだと思います。「私は将来体育教員になることを目指しています。」


>私の目指す教師像は~

「目指す」が前の文章とダブるので、他の言い回しに変えたいですね。それに、主語が「教師像は」に対して述語が「こと」というのはおかしいです。この文は、例えば「夢中になることの喜びを体育の授業を通して生徒に伝えることが私の理想です」のような感じに直してはいかがでしょうか? 「私は」を繰り返すのも無駄なので、適宜省くと良いでしょう。

>日本体育大学は技術面はもちろんのこと精神面の授業も充実しており、

授業というよりは教育というべきかと思います。

>私の目指す教師像に一番近付けると思い志望しました。

意味は分かりますが、「理想の教師像に近づくために日本体育大学が最適と思い、志望しました」とかはどうでしょうか?

今回は口頭で述べることを前提にして文章を考えてみました。書類に記入するとなると、さらに添削が必要になります。

ところで、出来れば短くしたいとのことなので、なるべく短くなるようにしましたが、はっきり言ってこれでは志望動機としては具体性に欠けています。面接などで質問されたときの回答として用意しておくのならば、もっと具体的な回答を用意しておいたほうが良いと思います。「生徒にどのようにして夢中になる楽しさを教えたいのか?」「日本体育大学の授業のどの点が精神面の教育として優れていると思うのか?」など。面接であれば、逆に面接官から質問されるかもしれませんよ。

ま、一番大切なのはあなたが自分の言葉で語ることです。自信を持って、がんばってください。

文章添削については素人ですが、気づいた点を少し。あなたの文章でもなかなか良いと思いますので、出来るだけ崩さないように考えてみました。

>私は将来体育教員を目指しています。

正確には「教員になること」を目指しているのだと思います。「私は将来体育教員になることを目指しています。」


>私の目指す教師像は~

「目指す」が前の文章とダブるので、他の言い回しに変えたいですね。それに、主語が「教師像は」に対して述語が「こと」というのはおかしいです。この文は、例えば「夢中になる...続きを読む

Q中学校教師と高校教師の違い 

はじめまして。

今年度、教員採用試験(英語)を受験しようと考えているものです。

大学在学中に英語の中高の1種免許を取得しました。現在は英語とは関係のない仕事をしています。在学中は教師になる気持ちはそれほどありませんでしたが、最近、今までの人生を振り返り、教員を目指そうと考えるようになりました。

しかし、中学校か高校の教師のどちらになりたいのかが今ひとつはっきりしません。なんとなく高校の方に気持ちは傾いていますが、決め手がありません。

(1)「英語」という「教科」の面からみた中・高校教師の魅力
(2)教科にかかわらず、「一教師」としての中・高校教師の魅力
に関して現役の先生方のご意見等を聞かせていただきたいと思い投稿しました。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)「英語」という「教科」の面からみた中・高校教師の魅力
専門性、高度な技術が求められるのは、高校。
英語の面白さを教えられることが求められるのは、中学校。
中学校で英語を好きになった生徒は、高校でぐんと英語が伸びるかもしれません。
逆に、中学校で英語嫌いになった生徒は、高校でも、きっかけがなければ、そのまま英語嫌いで終わってしまうこともあります。
どちらにせよ、「知っていること」と「教えられること」は別物です。
いかに興味を持てるように教えられるか。
いかにわかりやすく教えられるか。
いかに定着をはかるよう工夫できるか。

ちなみに私は、中学のころは英語が大嫌いでした。英語の先生が嫌いだったから(笑)。
中学生なんて、そんなもんです。精神的に、不安定な子が多いのです。担当の先生が嫌いだから、その先生の授業もまじめに受けない、そういうことも、よくあります。
そういう不安定な子たちに対して、いかに英語の楽しさを伝えてやれるか、いかに英語の必要性を説いてやれるか、が大切だと思います。

「先生は嫌いでもいい、でもだからといって、授業をまじめにうけないのは、結局あなたたちが損をする」
中学の先生にそう言われて、なるほどと思った覚えがあります。

私は、高校で英語を学んで、英和辞典でたくさんの英語の例文を見て、その表現の美しさに触れてから、英語が大好きになりました。
高校なら、中学のような精神論よりも、英語そのものの魅力を伝えてやることで、英語が大好きになる子たちもたくさんいると思います。

(2)教科にかかわらず、「一教師」としての中・高校教師の魅力
中学生は、思春期真っ只中の子ども、高校生は、ちょっと背伸びした大人、って感じでしょうか。
高校でも部活動はありますが、一般的に、中学の方が部活動も盛んです。
若いうちは、自分がやったことのない運動部の顧問になり、土日返上で部活に明け暮れる日々…なんてこともありますよ。
中学は、荒れている中学だと、本当にきついものがあります。
不良相手にできますか?
タバコすっている中学生に、見て見ぬふりをせず、堂々と立ち向かえますか。
高校は、最悪「退学」という手段がありますが、中学はそれがありません。

4時まで授業、6時まで部活、その後生徒指導、事務処理、夜10時に学年会…中学校では、日常茶飯事。

その代わり、卒業式で泣けるのは、中学校です。
尋常ではないほどに手がかかった分、子どもたちが我が子のように可愛く思えるのは、中学校です。

その点、高校の方が、良い意味でも悪い意味でも、ドライです。
帰ろうと思えば、定時で帰ることもできるでしょう。
でもその代わり、金八先生みたいな先生を夢見ているのだとしたら、高校では実現不可能でしょう。

(1)「英語」という「教科」の面からみた中・高校教師の魅力
専門性、高度な技術が求められるのは、高校。
英語の面白さを教えられることが求められるのは、中学校。
中学校で英語を好きになった生徒は、高校でぐんと英語が伸びるかもしれません。
逆に、中学校で英語嫌いになった生徒は、高校でも、きっかけがなければ、そのまま英語嫌いで終わってしまうこともあります。
どちらにせよ、「知っていること」と「教えられること」は別物です。
いかに興味を持てるように教えられるか。
いかにわかりやすく教...続きを読む

Q教員採用試験自己PR 

今回何とか中学校 保健体育の教員採用試験の1次に受かりました
次は二次なのですが、自己PRが苦手で煮詰まってしまいました。
何度も、二次試験には落ちているので、なんとしても今回は合格したいと思いこちらのサイトに相談させていただきました。
諸先輩方にアドバイスをいただきたいです。
私がおもうには、どうも、熱意のようなものが、伝わらないように感じるのですが、どうでしょうか?

「私は,どうしても教師になりたいという思いから,現在まで講師として小学校や中学校の担任,副担任,特別支援学級の担当を経験してきました。その中で,たくさんの子どもたちに出会い,教師としての生きがいや難しさを感じました。

 教師として1番の生きがいは子どもたちの笑顔を見ることができるということです。私は,毎日多くの子どもに声をかけ,コミュニケーションをとることを心がけています。また,授業では,私も子どもと一緒になって活動するようにしています。そうすることで,子どもたちの目線で物事を考え,今後の支援の方法を工夫するように努めています。

 私自身も毎日,子どもたちからたくさんのことを学んでいます。子どもたちの「できた」「やったぁ」という笑顔は,私への最高の贈り物です。

 逆に,難しいと感じる時は,どうしたらできるようになるのか,どうしたら意欲的に取り組めるのかなど,なかなか解決の糸口が見つからないときです。そのような時は,まず,自分の取り組みをしっかり見つめ直し,周りの先生方に相談をして,アドバイスを参考に教材研究に取り組みます。

 また,保護者から子育てをしていくうえでの不安や悩みの相談をうけることがあります。私自身も一児の母親として,試行錯誤の日々を送っています。親の立場として,教師の立場として,共に歩んでいく姿勢を大切にしていきたいと考えます。

 最後に,私はいつも明朗快活で,体を動かすことが大好きです。小学校でバスケットボール,中学校でバレーボール,高校・大学で陸上競技に取り組んできました。陸上競技では,インターハイや国体に出場し,県選手権では優勝もしました。大学卒業後も時間がある限り母校へ行き,陸上の指導をしています。運動を続けてきた理由には体を動かすことの楽しさや喜びを経験したからです。また,努力することの大切さや,やればできることの自信を教えてくれた様々な先生と,周りの人たちの励ましやささえがあったからです。

 これらの経験を生かし,子どもたちにたくさんのことを経験させ,自分への自信や周りへの感謝の気持ちを身につけてほしいと思います。そして,「学校って楽しいな」「**先生がいるから学校に行きたいな」と言ってもらえるように,私は,子どもたちと真っ正面から向き合い,気持ちをうけとめます。また,子どもと一緒に成長できる教師になります。
以上です。
添削お願いいたします。

今回何とか中学校 保健体育の教員採用試験の1次に受かりました
次は二次なのですが、自己PRが苦手で煮詰まってしまいました。
何度も、二次試験には落ちているので、なんとしても今回は合格したいと思いこちらのサイトに相談させていただきました。
諸先輩方にアドバイスをいただきたいです。
私がおもうには、どうも、熱意のようなものが、伝わらないように感じるのですが、どうでしょうか?

「私は,どうしても教師になりたいという思いから,現在まで講師として小学校や中学校の担任,副担任,特別...続きを読む

Aベストアンサー

構造分析。
あなたの自己PRは7つの段落に分かれています。

(1)「どうしても教師になりたいという思い」と
 「現在までの経歴概要」と
 「教師としての生きがいと難しさ」というタイトルの提示
(2)「教師としての生きがい」の具体例と「現状の職業的こころがけ」
(3)「子どもたちの笑顔…私への最高の贈り物」論
(4)「教師としての難しさ」の具体例と「解決への手だて」
(5)「保護者対応」と「自身の母親としての立場」との関連づけ
(6)「自己の特徴」説明と「スポーツ経歴」と「現状の関わり」
(7)「教師という仕事への決意表明」

字数は1000字ですね。
1000字にしては盛り沢山すぎです。
(2)~(4)はほぼ全ての受検者に共通する一般論。
読む側は「またか」と思うだけ。
バッサリ捨てましょう。

アナタという唯一無二の存在をアピールできるのは
(1)と(5)と(6)です。
(余談ですが私も大学まで陸上競技者でした。
現在は外国語の教員ですが。
学校教育相談も勉強しています)

(1)「講師として小学校や中学校の担任、副担任、特別支援学級の担当を経験」
アナタの教員経験の中で一番の教訓を得たエピソードをひとつだけ、
同業者に過不足なく理解して貰えるよう簡潔に描写する。
例)小4のSクンは授業に集中できず、いきなり友達を叩く癖があり、クラスの皆が
困っていたが、本人との面談や保護者面談・学校教育相談担当者との連携を通じて
本人理解を深め、学級委員の協力を得て徐々にクラスに受け入れられるようになった。
ひとりの子どもを多面的に理解する大切さを知った。

(5)「私自身も一児の母親として、試行錯誤の日々」
子育て苦労の具体例を簡潔に描写。
「親の立場として、教師の立場として、共に歩んでいく姿勢を大切に」
などと抽象論に逃げず、家庭教育と学校教育の連携方策を具体性を持って提案する。

(6)「高校・大学で陸上競技」「インターハイや国体に出場」「県選手権では優勝」
《合宿で炎天下に200mを10本》とかいう具体的体験を披露し《その成果が県選手権優勝に結びついた》などと敷衍する。その上で
「努力することの大切さや、やればできることの自信を教えてくれた様々な先生」
「周りの人たちの励ましやささえ」
という価値意識を自己の教育観として披瀝する。
また
「大学卒業後も時間がある限り母校へ行き、陸上の指導をして」
「体を動かすことの楽しさや喜び」
を自己の指導理念として主張する。

以上、
アナタの自己PRに足りないのは
アナタが言うような「熱意のようなもの」
といった抽象概念ではない。
必要なのは
「具体的事例の描写」と
「そこから得た教訓」と
「自分なりの教育観」を
借り物の一般論的表現ではなく
自前の具体的体験に基づいた自前の言葉で綴ることです。

健闘を祈ります。

構造分析。
あなたの自己PRは7つの段落に分かれています。

(1)「どうしても教師になりたいという思い」と
 「現在までの経歴概要」と
 「教師としての生きがいと難しさ」というタイトルの提示
(2)「教師としての生きがい」の具体例と「現状の職業的こころがけ」
(3)「子どもたちの笑顔…私への最高の贈り物」論
(4)「教師としての難しさ」の具体例と「解決への手だて」
(5)「保護者対応」と「自身の母親としての立場」との関連づけ
(6)「自己の特徴」説明と「スポーツ経歴」と「現状の関わり」
(7...続きを読む

Q教育実習時期について、怒られました

少し長くなりますが、聞いてください。

私はいま大学4年生です。

今回地震の影響で、就職活動が大幅にずれ込んでしまい、6月に選考開始となりました。

6月には教育実習が控えていたので、心配になりましたが、私の大学には教育実習に対応した相談窓口がありません。

そこで大学のキャリアセンターに問い合わせたところ、
企業か、実習高校に連絡して事情を話してみるしかないと言われました。

その時はまだ、3月中でしたので、就職活動は6月開始ということはまだ未定で、とりあえず採用活動は中止・延期ということだけが発表されており、いつから開始されるかは未定とのことでした。

実習高校の教育実習期間は、一年前の時に内諾書をもらいに行く段階で、6月と9月のどちらかを選べるといわれていたのですが、私は卒業論文に支障が出ると困ると思ったことに加えて、当初の予定では就職活動は4月ごろに内定が出て終了しているはずだったので、教育実習に影響はないと思い、6月を選びました。

3月中に、私の担当の先生の方に電話をかけ、
企業の採用開始時期が地震の影響で6月にずれ込んでしまい、教育実習とかぶってしまったのですがどうしたらいいかと相談しました。

その時に、できたら後日直接お伺いして、直接お話をしたいと考えていました。

すると、教科主任の先生の電話を代わられました。

その際、私はもし可能であれば、大変申し訳ないのですが教育実習の期間を9月に変えてもらえないかとお伺いしました。

失礼にあたるのはわかっていましたが、教職免許も今まで頑張ってきた分しっかり取りたいと考えていたので、お願いしました。

わたしとしては、企業と高校に、早い段階からアプローチしておいたほうが迷惑が掛からないのではないかと考えた結果でした。

その電話先でかなり怒られましたが、職員会議にかけるので、連絡を待っていてほしいと言われました。

しかし、いつまで待っても一向に連絡が来ないのでこちらから問い合わせてみたところ、
再び電話口でかなり怒られ、実習期間は9月に変更してもらえたのですが、
後日高校に来る日時を指定され、一方的に電話を切られました。

怒られた内容は、一回目も二回目もだいたい同じようなものでした。

教育実習は本来、高校のボランティアで行っているもので、実習生の都合にいちいち対応していられない

このような場合キャンセルするのが当然なのに、普通は変更は認められていない

先生になる気もないのに中途半端な姿勢で臨まれては迷惑

だいたい電話一本で済ませようとするのがおかしい

企業にもお願いしたところずらしてもらえても実習期間内でした。

私は初めの電話は、相談のつもりで電話をしました。
地震で、どうしたらいいのか全く分かりませんでしたが、相談できるところもなかったので電話をしました。

そこで主任の先生に突然電話相手が代わり、時期の変更などを聞いてみたところ話が進みました。

直接行くつもりでしたが電話だけで話がすんでしました。

連絡を待つように言われたのでかけなおしてみたところ怒られましたが、
私はキャンセルしたほうが迷惑になるのではないかと考えていたので、時期の変更意外に思いつきませんでした。地震という非常時だったので、何か措置を引いてくれるのではと、少し期待していました。

教員になるつもりはありませんが、
途中まで本気で先生になりたいと思ってきました。しかし在学中にやりたいことが見つかったので、民間企業を志望する結果となりました。
しかし今まで大変な教職課程を受講してきた身として、しっかりと免許を取りたい、という気持ちがありました。

電話一本で済ませるつもりもなかったのでとても不本意でした。

加えて高校の時の先生に怒られるというのは、とても精神的ダメージが大きく、来週に実習校に呼び出されたわけですが、とても気が重いです。

私が悪いのはわかります。
周りの友人は、この非常時なんだから高校が地震に合わせた対応をしてくれてもいいんじゃないかと言ってくれますが、本来ならば、実習期間の変更はとても失礼です。

しかし怒られている内容がなんだか腑に落ちなくてもやもやしています。
なんだか気持ちがまったく伝わっていなくて残念な気持ちになりました。

それに職員会議にかけられた以上、先生方の周知の事実なので、実習中の風当りはとてもきついのではないかと思います。

私の取った行動は間違えだったのでしょうか。
大学には相談機関がないので、いまとてもつらいです。

またこれからどうしたらいいのか、とても気持ちが落ち込んでいます。
実習に行きたくないですが、これ以上迷惑もかけられません。

来週高校に行くと思うと気が重いです。
なにかアドバイスがあればおねがいします。

少し長くなりますが、聞いてください。

私はいま大学4年生です。

今回地震の影響で、就職活動が大幅にずれ込んでしまい、6月に選考開始となりました。

6月には教育実習が控えていたので、心配になりましたが、私の大学には教育実習に対応した相談窓口がありません。

そこで大学のキャリアセンターに問い合わせたところ、
企業か、実習高校に連絡して事情を話してみるしかないと言われました。

その時はまだ、3月中でしたので、就職活動は6月開始ということはまだ未定で、とりあえず採用活動は中止・延期とい...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

…高校側の応対は客観的に見て非常に納得の行くものですね。
むしろ受け入れてもらえてよかったと思います。

あなたとしては地震や就活のことがあり
また「別に初めから電話で済ませようとしてたわけではない」という気持ちも
分かります。
ただ、相手にはそれはわかりませんよね。

社会人になるってそういうことなんですよ。

あなたの中ではやはり、色々な面で
「仕方ないじゃん」という甘えがあったと思います。
それを相手が汲んでくれてもいいだろう…という甘えです。
それは学生時代の特権です。
教育実習を迎え入れる高校も、あなたを学生としてではなく
「ちゃんとした社会人になれるか」という観点で見ています。
こういう場合に「そうだね、じゃあしょうがないよね~」という対応だったら
むしろあなたを社会人として見ていないということですから
「そういうナアナアの対応には憤慨してもいい」というくらいの気持ちで
これからはやっていかなければなりませんね。

高校側はあなたに本当に良い勉強をさせてくれたと思います。
これが社会人の一発目の洗礼だと真摯に受け止めて
言い訳はせず、非は認め、一生懸命実習には取り組む
それしかないと思います。
あなたの実習期間を見て、高校の先生方もまた色々考えられることがあるでしょう。
大丈夫ですよ。

どうか頑張ってください。

こんにちは。

…高校側の応対は客観的に見て非常に納得の行くものですね。
むしろ受け入れてもらえてよかったと思います。

あなたとしては地震や就活のことがあり
また「別に初めから電話で済ませようとしてたわけではない」という気持ちも
分かります。
ただ、相手にはそれはわかりませんよね。

社会人になるってそういうことなんですよ。

あなたの中ではやはり、色々な面で
「仕方ないじゃん」という甘えがあったと思います。
それを相手が汲んでくれてもいいだろう…という甘えです。
それは学生時代の特権で...続きを読む

Q教員採用試験不合格

今日、教員採用試験の不合格通知が届きました。

筆記テストも合格圏内に入っていたはずですし、面接も練習通りに行いました。
面接の練習時に「そのような態度・内容では危ないのではないか」などと指摘されることもほとんどありませんでしたし、本番は練習以上に笑顔ではきはきと話すよう心がけました。


しかし、総合得点は下から数えたほうが早いような順位で、面接に関しては120点中10点しかありませんでした。

インターネットでの合格発表では、前後15人ほど全員が落とされていました。
(15人全員が同じ面接官です。)

1問目の質問に答えた時点ですぐに採点される。
それ以降はメモすら取ってもらえない。
頬杖をついて、横を向いた状態で、質問を聞いている・・・など
今思うと、真剣に内容を聞いてもらっている気はしませんでした。

ちなみに、私の大学から受けて落ちた人は10%もいません。
周りの友人はほとんどみんな受かっています。


たんに私の態度が悪かったか、能力が劣っていたのでしょうか?
面接官が悪かったのでしょうか?
私の不合格は初めから決まっていたのでしょうか?

不合格という事実は受け止めなければならないことですが、腑に落ちない点が多々あります。

今日、教員採用試験の不合格通知が届きました。

筆記テストも合格圏内に入っていたはずですし、面接も練習通りに行いました。
面接の練習時に「そのような態度・内容では危ないのではないか」などと指摘されることもほとんどありませんでしたし、本番は練習以上に笑顔ではきはきと話すよう心がけました。


しかし、総合得点は下から数えたほうが早いような順位で、面接に関しては120点中10点しかありませんでした。

インターネットでの合格発表では、前後15人ほど全員が落とされていました。
(15人全員が同じ面...続きを読む

Aベストアンサー

私はいま同じような件で民事で争っています。

ただ、弁護士によると
就職は点数があっても
あなたきらいではねてもいいそうです。
そこに情状が入る余地はあるそうです。

まあ、この弁護士腹立つけど、
それはさておき、

私が争う争点は採用といっても
ずばり、採用では争っていません。
採用妨害可能か可能でないかということに
争点をおくしかありません。
それと不正が行われている事実を
間接的に証明するしか出来ません。
本当は以上のことですら
ずばりは争点になりません。

メディアを動かすことだと言われました。

そこでもはや就職するつもりのない
私は現場を押さえるしかない、
と考え、

今年はすべて同じ番号に解答し、
面接で何点がついているのか
厳密に計算することにしました。

で、口で何点取ったなんて言っても
しょうがないので、
録音、録画を残しました。

私は面接120点分の5点です。
他の県の採用試験にも合格し、
12年講師をし、
同じ学校で10年働いていました。

合格を手放したのは親の介護のため。

で、人でなしの評価は許せません。

どういうことになるか
分かりませんが、
できたら、私に便乗してもらいたい。

私も力になりたいと思います。

まずは、ビデオを見てください。

面接の模様は中途半端だったので
もう一度アップしなおします。

http://www.youtube.com/user/kikakugai1?feature=mhee

似たようなことで悩んでいる人と
交流することで
大分の時のように
何かが変わるかもしれません。

私はいま同じような件で民事で争っています。

ただ、弁護士によると
就職は点数があっても
あなたきらいではねてもいいそうです。
そこに情状が入る余地はあるそうです。

まあ、この弁護士腹立つけど、
それはさておき、

私が争う争点は採用といっても
ずばり、採用では争っていません。
採用妨害可能か可能でないかということに
争点をおくしかありません。
それと不正が行われている事実を
間接的に証明するしか出来ません。
本当は以上のことですら
ずばりは争点になりません。

メディアを動かすことだと言...続きを読む

Q教師になることのメリット・デメリット

教育学部を受験しようかと考えている者です。
工学部と迷っているのですが、どちらかというと技術者よりも教師になりたい気持ちがあります。
しかし、教師になると、大変な点、嫌な点もあるような気もしています。
できれば現役の教師の方や、かつて教師だった方に伺いたいのですが、教師になることによるメリット、デメリットを包み隠さずできるだけ多く教えてください。(デメリットも把握して、納得してから教育学部を受けたいです。)
ご回答お待ちしています。

Aベストアンサー

経験者です。
どんな職業も同じだと思いますが、他人の経験や意見を聞いても、
自分にとっては、おそらく参考程度のものでしかないと思います。
下に教師という職業の特徴を書いてみますが、メリット、デメリットのどちらに捉えるも質問者の方の自由ですよ。
なぜならあくまで私個人の感想ですから。

・今の時代、ほとんど採用がない。
・狭い世界の中で生きている。
 →失礼ながら世間知らずがほとんど。
・個人の教育観が違うため、全体の指導に一貫性を保ちずらい。
・職場環境が保守的な場合、建設的な意見は起こしずらい。
 →民間でも同じですね。
・理屈で解決できないことを理屈で解決しようとする。
 →教師の職業病かもしれない。
・他人に厳しく、自分に甘い。
 →生徒達には当然嫌われる。
 →民間では通用しませんね。
・ナルシストになってしまいやすい。
 →どこにでもいますが、自分では気づかないので、困ったものです。
 →よって他人の意見を素直に受け入れようとしない。
・世間の風当たりが強い。→警察官、議員、医者などもそうですね。
・部活動などで休日がない人もいる。
 →不平不満を言わずにやってる人もいます。
 →女性の多くや主婦の立場にある人は、理屈や権利をコネルだけでやろうともしない人が多い。
・日の丸、君が代を嫌う人、平和教育を好む人が多い。
 →個人の思想の問題でもあります。が、私はあえてノンポリ主義。
 →平和を教える必要性はあるが、過度は子供にとって暑っくるしい存在である。
・昔のエリート感覚から脱皮できない人もいる。
・権利を拡大解釈して主張したがる。
 →頭が良いのか、悪いのか・・・?
・起きてはならない職場の内部告発などが起こってしまう。
 →ノーフェアな投書などによって。
 →信じられませんが事実ですね。
 よって人間関係は希薄になりやすい。
・子供達の安全と命を守るのも、仕事の一つ。
・教師をやってて良かった。教員冥利につきる。と思うことが、たまにはいくつかある。
・毎日子供達に囲まれ、心が歳をとりにくい。
・年齢などによる上下の関係がない。
 →あるのは教頭、校長の管理職との関係だけ。
・社会的地位は確保できる。
・公務員として採用されれば、食いっぱぐれがない。
・大人になった子供達と、酒が飲める日が来る。
・人間が仕事の対象となる。
 →子供が好きなら、就いても損はしない。
・仕事の主体は自分にあるので、やりがいのある仕事といえる。
 →アイデアの実践もしやすいが、その責任も自分にある。
・良き仕事仲間も存在する。
 →どこにいても仲間はできますが。

私のアドバイスは、やってみなければ解りませんよ。ということです。人それぞれですからね。
でも、ぜひ教師になりたい。というお気持ちが一番大切ですね。

ちなみにデパートなどでの研修は、子供達のいない夏休みなどにも所属校に勤務することが義務づけられたため、教員が自分の意志と考えで、社会研修として届けを提出して行っているものですね。
評価されるべき事だと思います。
教員の世間知らずは賛同ですが、この実践に至るまでの世間の人たちの間違った解釈は、本来の定義とは違うと思われます。
まあ、どう解釈するもその人の自由ですが、経験者としては、こんな前向きな先生は擁護してあげたいですね。

経験者です。
どんな職業も同じだと思いますが、他人の経験や意見を聞いても、
自分にとっては、おそらく参考程度のものでしかないと思います。
下に教師という職業の特徴を書いてみますが、メリット、デメリットのどちらに捉えるも質問者の方の自由ですよ。
なぜならあくまで私個人の感想ですから。

・今の時代、ほとんど採用がない。
・狭い世界の中で生きている。
 →失礼ながら世間知らずがほとんど。
・個人の教育観が違うため、全体の指導に一貫性を保ちずらい。
・職場環境が保守的な場合、建設...続きを読む

Q体育の先生になるにはどうしたら良いのですか。

僕のお世話になっている方の息子さんが現在高校3年生です。
彼は体育の先生になりたいそうなのですが、今後はどういう道を
たどれば先生になれますか。

単純に日本体育大学が良いと思うのですが、高校時代にスポーツで
好成績を残さないと進学できないのですか。

彼は特にスポーツで優秀な成績はありません。

何か力になりたいと思って質問させてもらいました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、大学で教育学科のあるような大学ですが、入学試験を突破
できる学力がなければいけません。普通の4年生大学に進学でき
る程度の学力があれば、もちろんそのような大学に進んで、体育
の先生を目指せばよいのだと思います。特に教員採用試験で実績
の高い国立大学などを目指すと、よいと思います。

上に書いてあることは当たり前のことのようですが、なぜ上記の
ようなことをわざわざ書いたかというと、「体育の先生になりた
い」と言ってくる生徒の少なからずの生徒は、そもそも「4年生
の大学に進学するだけの学力」を、必ずしも備えているとは限ら
ない生徒たちなのですね。
勉強は苦手だが、運動はできる、という場合に、将来の職業を見
通して、「体育の先生になりたい」というケースが、半分以上だ
と思います。

高校時代にインターハイレベルの成績を残している生徒ならば、
推薦で合格する道も模索してよいでしょう。しかし、スポーツで
際立った成績がなければ、一般入試を受けることになります。

ご質問の日本体育大学は、実技と学力試験が半分ずつの配点に
なります。
実技に関しては、飛びぬけた運動能力が求められているわけで
はありません。高校時代のスポーツの成績も、全く関係があり
ません。だから、高校時代にスポーツで活躍した経歴などなく
ても、全く問題なく合格できます。当日の試験で、合格点が取
れるかどうか、というだけの問題です。

ただ、受験する生徒の運動能力レベルは当然高いですから、あ
る程度運動が得意なことは当然の前提です。実技試験で課せら
れるのは「100m走」「球技」「マット運動」の3つだったと思
います。100m走ならば、最低12秒台程度では走らないと、平均点
以上は取れないでしょう。当日試験が雨ならば、幅跳びになった
はずです。球技は確か競技がバスケ、バレー?などから選択がで
きたように記憶しています。難解なことが求められているわけで
はありません。マット運動は、少し独特なので、やり方や採点基
準などを知っていないと、運動が得意でもつまづく可能性があり
ます。(注:入試の詳しい情報は、数年前のものなので、最新の
情報を入手してください。それほど大きくは変わっていないと思
いますが。)
いずれも、運動がある程度得意、と思っている生徒ならば、きち
んとトレーニングを積んでおけば、こなせないものではありませ
ん。ただし、最初にも言ったとおり、集まってくるのは運動が得
意な生徒ばかりですから、レベルは低くはないことは、覚悟して
おきましょう。「井戸の中の蛙」で、たまたま自分のいる高校で
は運動が得意、で通っていても、それが全国から集まってくる生
徒たちの中に混じって、どの程度力があるのかを、客観的に数値
などで測っておいた方がよいでしょうね。

それほど運動が得意でなくても、学力がある程度あるならば、そ
ちらで挽回することはできます。試験の半分は、学力試験ですか
ら。
入試問題は、一般的な入試のレベルからしたら、非常に簡単なも
のです。国語と、数学または英語のどちらかを選択する2教科入
試です。運動が苦手でも、ある程度学力があるならば、しっかり
勉強すれば、2教科それぞれで満点近く取れてしまい、実技が多
少できなくても、合格はできます。
集まってくる生徒は、上記で言ったように、「運動はできるが、
勉強はダメ」という生徒が過半数なので、こちらのレベルは高く
ありません。本当の本当に、「勉強は全くダメ」という生徒が、
たくさんいます。問題も、普通の4年生大学の問題のレベルで考
えれば、とても簡単な部類に入るでしょう。
とはいっても、大学入試ですから、やはり勉強しなければそんな
に容易に点数が取れるわけでもないです。問題自体が簡単なので、
科目によっては満点近く取れないとまずい場合もあります(近年
は少し難化しているようですが)。また、多くの生徒にとっては
「運動ではできるが勉強はダメ」なのだから、この学力試験の方
が、突破するのに障害になるケースも、多くありますね。だから、
受験直前は、運動のトレーニングもしますが、ひたすら勉強漬け
になります(受験生だから当たり前なのですが)。

というわけで、まとめると、

1 高校時代のスポーツの成績などは関係なく当日の試験で入れる
2 実技試験は、ある程度以上の運動能力が必要
3 運動能力が際立っていなくても、勉強ができるならば、学力試
  験で突破することができる

の3点ですかね。体育の教員になる学生は多いですから、日本体育
大学は、悪くない大学だと思います。

ただ、学力にもっと余裕があるならば、他の大学を狙えるでしょう
ね。学力次第で、国立大学の教育学部が狙えるならば、当然そちら
がよいでしょうし、体育大学としてはもう少し難関の、順天堂大学
や、場合によっては早稲田大学のスポーツ科学部といった選択肢も
ありますね。
繰り返しになりますが、受験の情報は最新のものを確認してくださ
い。体育大学には、専門の予備校などがあるので、そちらで確認し
てもよいでしょう。
長くなりましたが、以上です。

まず、大学で教育学科のあるような大学ですが、入学試験を突破
できる学力がなければいけません。普通の4年生大学に進学でき
る程度の学力があれば、もちろんそのような大学に進んで、体育
の先生を目指せばよいのだと思います。特に教員採用試験で実績
の高い国立大学などを目指すと、よいと思います。

上に書いてあることは当たり前のことのようですが、なぜ上記の
ようなことをわざわざ書いたかというと、「体育の先生になりた
い」と言ってくる生徒の少なからずの生徒は、そもそも「4年生
の大学...続きを読む

Q中学教師になるか高校教師になるか迷っています

今、高校一年です。
将来は教師になりたいと思っています。
そこで質問なのですが、中学教師と高校教師の違いはどのような所でしょうか?

具体的には
・それぞれの大変なところや辛いところ
・それぞれどのような時に喜びや楽しさを感じるか
・給与や休みの日数の違い
等です

六月には文系と理系の選択が決まります。
それまでに教師という職業がどのようなものか出来るだけ詳しく知りたいです。
そのほか、教師についてどんな事でも良いので教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、いま大学で教職をとっているものです!
教師とは子どもを教育する立場であって、子どもの将来に影響する
人間だと思います。
大学では普通の科目(私は音楽学科なので音楽に関する知識)以外に
どうやって音楽を教育するか、
どうやって生徒にリコーダー合奏を教えるか、さらに教育するときに必要な知識や教育の法律、
責任、児童生徒の一般的な性質(生徒への様々な理想的対処法)も
勉強して試験もあります。
これを学ぶ前は教職だけとればいいやって思っていましたが
実際に学んで見ると生半可な気持ちでは教師はやれないと思うようになりました。
中学教師と高校教師の違いは、高校は音楽の場合だったら選択科目になるし(必要な人しかとらない)、さらに高校生は大人なので、中学生よりも踏み込んだ授業が出来ると思います。(オペラ鑑賞など)

私が高校生だったとき、体育の先生が「ぼくははじめは先生になるつもりはなくてただ教職だけって思ってたけど、教育実習に来てみて子どもが無邪気だったので教師になることを決めた」って言って
狭き門を努力した先生もいました。

こんにちは、いま大学で教職をとっているものです!
教師とは子どもを教育する立場であって、子どもの将来に影響する
人間だと思います。
大学では普通の科目(私は音楽学科なので音楽に関する知識)以外に
どうやって音楽を教育するか、
どうやって生徒にリコーダー合奏を教えるか、さらに教育するときに必要な知識や教育の法律、
責任、児童生徒の一般的な性質(生徒への様々な理想的対処法)も
勉強して試験もあります。
これを学ぶ前は教職だけとればいいやって思っていましたが
実際に学んで見ると...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報