最近、某テレビ番組でアミノ酸の効用がとりだ立たされて、アミノ酸がブームになっているようですね。自分はその番組を見ていなかったので、詳しいことはわからないのですが、そんなに効き目があるのでしょうか。
アミノ酸に構成されているタンパク質を摂取することとは違いがあるのでしょうか。タンパク質は摂取されると体内で消化され、結局アミノ酸という形で吸収されます。アミノ酸を摂ることと、タンパク質を摂ることとに違いはあるのでしょうか。単にアミノ酸の方が吸収しやすいため、スポーツ時にすすめられているということなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

質問から1ヶ月近くたっているので、役に立つかわかりませんが、


(しかもアミノ酸がブームになっていたのも、その某テレビ番組も私は知らなかったのですが)
確かにタンパク質は体内で、アミノ酸に分解されます。
けれど、アミノ酸にもいろいろなアミノ酸があって、摂取する食品のたんぱく質によってそのアミノ酸構成も異なります。
特に体内で合成されにくく、栄養上不可欠なのが必須アミノ酸の、メチオニン・スレオニン・フェニールアラニン・トリプトファン・リジン・イソロイシン・バリン・ロイシン(幼児にはヒスチジン)があります。

タンパク質を摂取することと、アミノ酸を摂取することの違いは、摂取したいアミノ酸を確実に摂ることができることじゃないでしょうか?

スポーツ時に薦められているというのは、アミノ酸は筋肉をつくるという意味で薦められているのか、体を動かすエネルギーとして使うために薦められているのか、
私にはわかりかねますが、後者の意味ならば、
体を動かすエネルギーは糖質→脂質→タンパク質(アミノ酸)の順で体内で燃焼されて使われるので、糖質を摂ることをお薦めします。
もし運動中に糖質、脂質、エネルギー用にストックされているタンパク質(アミノ酸)が体内で足らなくなったら、身体は筋肉を分解してエネルギーに換えてしまいます。
それを防ぐためにスポーツ時にアミノ酸を摂るのかもしれませんが、
それなら、糖質を摂った方が効率が良いのではと思います。

何年も前に少し勉強したことで、あやふやな情報ですいません。
    • good
    • 0

回答者bessonさんの説明の通りです。

少し補足します。
スポーツを行うとき、糖質を制限すると、脂質や蛋白質を燃焼します。脂質を燃焼するとケトン体、蛋白質を燃焼すると尿素や尿酸という有害成分ができます。これらを処理するシステムがありますが、その能力以上に摂取すると、健康にとって不利になります。
アミノ酸は身体を構成するために重要な成分ですが、アミノ酸という純粋な形で摂取すると副作用が出るリスクがあります。肉や魚、卵という食品の形で摂取する方が安全です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Aベストアンサー

kawakawaさんが回答されていたように、タンパク質はアミノ酸(正確にはα-アミノ酸)が複数結合したものです。ちなみに、アミノ酸の結合数の少ないものはタンパク質と言わずににペプチドといいます。タンパク質を構成するα-アミノ酸は約20種類で、それ以外のアミノ酸はタンパク質の原料にはなりません。さて、本題にはいりますが、タンパク質を摂取すると、消化器官で一度アミノ酸に分解され体内に吸収されます。吸収された後に、体内で必要なタンパク質を合成するというわけです。なお、吸収されたアミノ酸の一部はタンパク質にならずにエネルギー源として利用されたり、脂肪に変換されたりします。したがって、「タンパク質はアミノ酸の素」というのは、タンパク質を摂取して体内で利用するときにはまずアミノ酸が出発点ということを指しているのだと思います。

Qアミノ酸とタンパク質の関係がイマイチ理解出来ません。

アミノ酸とタンパク質の関係がイマイチ理解出来ません。

・「アミノ酸」と「タンパク質」とは、そもそも別の栄養素なのですか?
・以前販売されていた「アミノバイタル」という商品の栄養成分表示では「製品3g中、タンパク質2.2gアミノ酸2.2g」となっていました。ということは、アミノ酸とタンパク質は同一の栄養素?
・一日に必要なタンパク質が仮に「50g」だとします。これは、一日に必要なアミノ酸は50gと置き換えることは出来ますか?

Aベストアンサー

> 一日に必要なタンパク質が仮に「50g」だとします。これは、一日に必要なアミノ酸は50gと置き換えることは出来ますか?

蛋白質とは、いろいろなアミノ酸が結合した物質です。
結合のしかたによって良質の蛋白質だったり、良質でない蛋白質だったりします。
次の割合でアミノ酸が含まれている蛋白質が良質で、この割合をアミノ酸スコア100として表わします。

イソロイシン 250mg
ロイシン 440mg
リジン 340mg
含硫アミノ酸 220mg
芳香族アミノ酸 380mg
スレオニン 250mg
トリプトファン 60mg
バリン 310mg

もしも、このような割合のアミノ酸であれば、置き換えることができます。

> 「アミノ酸」と「タンパク質」とは、そもそも別の栄養素なのですか?

蛋白質は胃でアミノ酸に分解されてから体内に吸収され、体内の各組織に必要な蛋白質に再合成されます。
ですから、サプリメントなどでないかぎり、アミノ酸と蛋白質は同じ栄養素といえます。

>「製品3g中、タンパク質2.2gアミノ酸2.2g」となっていました。ということは、アミノ酸とタンパク質は同一の栄養素?

たとえば、イソロイシン 2200mgが含まれている製品は蛋白質2.2gであり、アミノ酸2.2gでもありますが、
アミノバイタルに含まれているアミノ酸は疲労軽減が目的のアミノ酸に限定されているので、
このアミノ酸を身体に必要な蛋白質と同一の栄養素と考えることはできません。

> 一日に必要なタンパク質が仮に「50g」だとします。これは、一日に必要なアミノ酸は50gと置き換えることは出来ますか?

蛋白質とは、いろいろなアミノ酸が結合した物質です。
結合のしかたによって良質の蛋白質だったり、良質でない蛋白質だったりします。
次の割合でアミノ酸が含まれている蛋白質が良質で、この割合をアミノ酸スコア100として表わします。

イソロイシン 250mg
ロイシン 440mg
リジン 340mg
含硫アミノ酸 220mg
芳香族アミノ酸 380mg
スレオニン 250mg
トリプトファン 60mg
バ...続きを読む

Qタンパク質、アミノ酸など

本に書いてあったことについて質問します。
知識がない私にとってこの文章はとても難しいです↓
タンパク質の栄養的役割は熱量素としての役割より保全素として体タンパク質を構成することである。
したがって食品タンパク質の栄養価はそのタンパク質の構成素材であるアミノ酸をいかに効率よく供給し得るか否かによって左右される。すなわち人の体内における利用度の高いタンパク質ほど栄養価が高いということができる。

熱量素とか保全素とか…
タンパク質って何?アミノ酸って聞いたことあるけど何なんだろう…?栄養価って?涙。。。

小学生にも分かるように教えてください。

Aベストアンサー

以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「蛋白質」
◎http://www.ajinomoto.co.jp/ajinomoto/A-Life/aminosan/ippan/amino.html
(アミノ酸とは)
●http://www2.health.ne.jp/library/0300/w0305008.html
(必須アミノ酸とは?)
●http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/aruaminosan/ami_1.html
(あるある大事典)

ご参考まで。

参考URL:http://www.zakkaya.com/eiyou/tanpaku.htm, http://www.dog-web.com/iams/protein.html

Qタンパク質をとらずにアミノ酸を食べていたら不都合?

肉や魚を食べてタンパク質をとるのではなく、それらを拒絶し、アミノ酸として直接食べていたら、どんな問題があるのでしょうか。

高くつくとか、ビタミンなどがとれない、胃腸が能力低下していく、まずい、食事が楽しくなくなるなどが考えられますが・・・

Aベストアンサー

アミノ酸はとってもおいしいのですが
・・グルタミン酸、イノシン酸はうまみ調味料の成分ですし、味噌や醤油のうまみはタンパク質が分解して生じるアミノ酸の味ですから。

 しかしサプリメントに含まれるアミノ酸が人間の正常な生命活動に必要なアミノ酸をすべてバランスよく含まれているわけではありません。
 アミノ酸の桶 - Google 検索( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%83A%83~%83m%8E_%82%CC%89%B1&biw=1024&bih=613&sei=0zB6UdnlKIGq2gWZqYBg&tbm=isch )にたとえられるように、必要なアミノ酸のひとつでも足りないと水をためることは出来ません。

 肉や魚にはアミノ酸以外の栄養素も含まれています。例えば必須脂肪酸( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%85%E9%A0%88%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8 )とかビタミンなど。

 要は、様々な食品をバランスよく摂取するのしかないということ。

アミノ酸はとってもおいしいのですが
・・グルタミン酸、イノシン酸はうまみ調味料の成分ですし、味噌や醤油のうまみはタンパク質が分解して生じるアミノ酸の味ですから。

 しかしサプリメントに含まれるアミノ酸が人間の正常な生命活動に必要なアミノ酸をすべてバランスよく含まれているわけではありません。
 アミノ酸の桶 - Google 検索( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%83A%83~%83m%8E_%82%CC%89%B1&biw=1024&bih=613&sei=0zB6UdnlKIGq2gWZqYBg&tbm=isch )にたとえられるように、必要なアミノ酸の...続きを読む

Qジュースのアミノ酸と調味料のアミノ酸の違い

科学調味料として入ってるアミノ酸は
あまり体に良くないものだと聞きましたが、
最近ジュースとかによく入ってる
『アミノ酸健康飲料』みたいなのは、
体には問題ないんですよね?

というか、この二つの違いとは何でしょうか・・・

Aベストアンサー

この2つの違いはありません。
いずれも,化学的に作られたアミノ酸が入っています。
グルタミン酸は発酵法とか言いましたかしら・・

ですので,どちらかが体によくて片方が体に悪いという事はありません。

今の世の中加工食品には,ほとんどアミノ酸が使われています。パッケージの裏側をみるとわかりますが,
「調味料(アミノ酸等)」って,具合です。
また,保存料としてグリシンというアミノ酸も使われています。
他の方もおっしゃるようにほどほどがいいと思います。
(アミノ酸は体に害を及ぼす物質ではありません)

最近のアミノ酸入り飲料についてですが,
アミノ酸も1gで4kcalあります。(たんぱく質の構成成分ですから。)摂取して,運動しないと,ただカロリーを摂取しているだけになってしまいます。
普段食事をしている食品にもアミノ酸は沢山入っていますので,特に気にして摂取するべき栄養素ではありません。

ダイエットについてですが,
アミノ酸=ダイエットに効く。というわけではなさそうなのでご注意を。

参考URL:http://www.ajinomoto.co.jp/amino/??head053=aminoIndex

この2つの違いはありません。
いずれも,化学的に作られたアミノ酸が入っています。
グルタミン酸は発酵法とか言いましたかしら・・

ですので,どちらかが体によくて片方が体に悪いという事はありません。

今の世の中加工食品には,ほとんどアミノ酸が使われています。パッケージの裏側をみるとわかりますが,
「調味料(アミノ酸等)」って,具合です。
また,保存料としてグリシンというアミノ酸も使われています。
他の方もおっしゃるようにほどほどがいいと思います。
(アミノ酸は体に害を及ぼす...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報