資本金額がちがうだけなのでしょうか?

他にも多々あると思うのですが、特徴的な違いを御教授いただけますとありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

>会社に出資をして、その会社の構成員となっている者を、株式会社の場合は「株主」と云い、有限会社の場合は「社員」と云います

株式会社の場合は取締役が「社員」ではないのですか?
あと有限会社に出資すると自動的にどうしても「社員」になってしまうのですか?

実は有限会社への出資を考えているのですが、立場上「社員」になるとちょっと困るのですが。。。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/20 01:15

 有限会社は株式会社よりも設立しやすいということでしょう。

金銭的に見ても手続き的にみても。小規模な会社は資本と経営の分離といった概念ではなく、自分の資金で会社を設立するということです。
 個人事業主として事業を行うよりも、対外的な信用度があがるということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/21 12:33

下のURLをご覧になれば、一目で分かります。



参考URL:http://cocoa101.hoops.livedoor.com/index9.html

この回答への補足

ちなみに有限会社の出資者にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

補足日時:2001/09/20 20:23
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすいページをおしえてくれてありがとうございました。

お礼日時:2001/09/20 13:11

社員という言葉には、2つ有ります。


日常使っている「社員」と云う言葉は、その会社で働いている人を云います。
有限会社法では、出資者を社員と云い、働いている人とは別です。

>株式会社の場合は取締役が「社員」ではないのですか?

株式会社のばあい、取締役は役員と呼ばれ、その会社の株式を持っていなくてもなれます。
ふつう、株式会社の社員と云えば、その会社に雇用されて働いているいる人を云います。

>あと有限会社に出資すると自動的にどうしても「社員」になってしまうのですか?

有限会社法では、出資者を社員と云いますから、自動的に社員となりますが、この場合の社員とは、そこで雇用されて働く人とは意味が違います。

>実は有限会社への出資を考えているのですが、立場上「社員」になるとちょっと困るのですが。。。

上に書いたように、有限会社の社員になるということは、株式会社の株を持つような意味です。
雇用されるわけではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

御教授感謝します。

お礼日時:2001/09/20 13:10

株式会社は、株による(つまり株式の)会社で、複数の出資者がいます。

有限会社は個人の会社です。

個人の会社の場合、会社が倒産すると、借金を払い尽くすまでに無限に責任を負わなくちゃならない。けれども株式会社であれば、出資者はお金を出しているだけですから、倒産しても、出資したお金を損するだけです。したがって、出資者の責任は無限ではなく、有限です。竹中さんによると、この有限責任という株式会社の制度が、資本主義社会の一大発明らしいです。

株式会社なのに有限?とお思いかもしれませんが、株式会社の英語表記が「カンパニー・リミテッド」(社名の後のLtd.)なのは、そういうわけです。ちょっとややこしいですね。

佐藤さん&竹中さんの「経済ってそういうことだったのか会議」などを読んでみてください。わかりやすいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「経済ってそういうことだったのか会議」はありますので読んでみます
ありがとうございました

お礼日時:2001/09/20 01:11

有限会社…商行為その他の営利行為を目的として設立される社団法人。


      有限会社法(1938年制定)に基づく。
      社員がその出資額を限度とする有限責任を負うにとどまる点で、
      株式会社に類似する物的会社であるが、設立・組織は簡素化され、
      中小企業の経営に適する。

株式会社…構成員の地位が細分化された株式という形式をとり、
      株式の自由譲渡性、および構成員たる株主の有限責任などを
      特色とする企業形態。
      機関としては株主総会・取締役会・代表取締役などがある。
      物的会社の典型的なもの。

辞書より抜粋です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

株式会社も有限会社も出資者は株を購入するという形になるのでしょうか?

お礼日時:2001/09/19 14:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q資本金の額は?

商業施設の内装の設計や施工をする株式会社を立ち上げる予定ですが、
資本金の意味や役割がちゃんと理解できていないせいか、
どのくらいが妥当なのかよくわかりません。
数百万円の資本金にするつもりなのですが、
多いに越したことはないのかもしれないのと、
会社のスタンスによって決めるものだとは思いますが、
一般的なところを教えてください。

参考までに、
・クライアントは個人、法人様々ですが、
 額が大きい仕事はまだしないつもりです。
・初めの数年は1人で活動するつもりです。
・売り上げのうち、設計デザインが3割:施工請負が7割に
 なる予定です。

※そのほか必要な情報がありましたら可能な限り補足いたします。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

資本金1000万円以上になりますと初年度から消費税の申告の必要になります。ですので最近は多くて990万円です。少しなら1円でも良いですし、お金がないのであれば物(時価評価必要)でも資本金にできます。
最初は登記費用や準備資金が要りますので100万円位が妥当だとおもいます。話し出せばきりがないのでこれ位の回答にしておきます。

Q分社化における資本金の額

会社の一事業部を分社化する際の資本金の算定方法について教えてください。

Aベストアンサー

kesaryさん、こんにちは。

まず私は、コンサルタントを自分の業務内容に加えようと思い、中小企業診断士という経営コンサルタントの資格を取得するための勉強中であって、コンサルタントではありません。
専門家ではないけれども多少専門的な勉強をしている、という程度の人間からの回答である、ということをご承知置きください。


さて、分社化に当たっての資本金の額は、財務的な視点と戦略的な視点の二つの視点から決める必要があると思います。


財務的な視点については、あまり複雑な計算をしてみても意味はないように思います。
そこで、自己資本比率と総資産回転率(=売上高÷総資産額)の二つを参考にすることをお薦めします。
御社全体の自己資本比率と総資産回転率、同業種の平均値、および分社化した場合の小売部門の同業種の平均値を参考に、分社化後の資本金の目安を決めます。
指標の平均値については以下の書籍が参考になります。

『中小企業の財務指標』
http://www.doyukan.co.jp/item_043468.html



そのうえで、御社の今後の方針、
たとえば小売部門を充実させて多店舗展開をしたいのなら、その分だけ資本金を増やすとか、
生産部門に設備投資をして、生産能力を拡大したいのであるならばその分の資金を本体に残すために分社の資本金を少なくするとか・・・


もしご子息に会社を承継するに当たって、小売部門で会社経営の勉強をさせたいとお考えでしたら、
わざと自己資本比率を少なめにしておいて、『5年間で○%まで引き上げなさい』という課題を与える、なども考えられます。



これでお答えになったでしょうか。

kesaryさん、こんにちは。

まず私は、コンサルタントを自分の業務内容に加えようと思い、中小企業診断士という経営コンサルタントの資格を取得するための勉強中であって、コンサルタントではありません。
専門家ではないけれども多少専門的な勉強をしている、という程度の人間からの回答である、ということをご承知置きください。


さて、分社化に当たっての資本金の額は、財務的な視点と戦略的な視点の二つの視点から決める必要があると思います。


財務的な視点については、あまり複雑な計算をして...続きを読む

Q会社設立時の資本金の額について

現在、合同会社を設立しようと思っています。 基本的に個人経営ですので代表社員は自分のみで、会社設立時の資本金は全額自分の個人資産から出資します。

そこで質問ですが、例えば資本金を300万円にした場合、100万円にした場合に比べてデメリットはありますでしょうか? ネットで調べた結果、1000万円のラインから消費税と法人住民税のデメリットがあるということがわかりました。 

また、この額は年度末に会社の純資産として計算されて法人税などがかかってくるのでしょうか?

あまり大きく変わる額ではありませんが、対外取引など信用度などを考慮して300万円にしたほうが良いのかと考えております。
しかしながら、それに法人税がかかったり、自分の給料とした場合に所得税がかかることを心配しております。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 会社(法人)を設立するときは取引銀行を決め、法人の口座を開設し、資本金の振り込みが間違いなくその口座にされているかなど、銀行の厳しいチェックを受けることになります(それを経ないと設立が完成しません)。ですから個人の口座と法人の口座は区別され、一緒にはできません。

 法人の口座から私的な目的にお金を引き出すと、年に一度の決算で税理士のチェックを受けて納税の申告をするときに、説明がつかなくなって困ります。
 使ったお金にはすべて領収書などの裏付けがいります。それがないと使途不明金として多額の税金がかけられます。

 なお、法人税は資本金にかかるのではなく、儲けに対してかかります。儲けが出ないように自分の給料(正しくは役員報酬)に回してしまうと、不正な利益調整をしたとみなされます。役員報酬は固定額として先に決めておかなければなりません。儲けが増えたから役員報酬も増やそうではダメなんです。
 また会社の儲けを減らして役員報酬を多くすると、その役員個人にかかる所得税が増えて(ある意味で)損をします。

Q株式会社です 資本金額の違いで税額が違うって?

株式会社を設立しようと準備しています。3人で均等に出資して、資本金1000万でと思っておりますが、1000万は単純に3で割れませんので335万ずつ3人で1005万で設立しようと思うのですが、1000万と1005万では後々税金の均等割り額等が違ってくるって言う話を聞いたのですが本当ですか?もしそうだとすると私どものようなケースはどのようにして1000万の資本金にしたら良いかアドバイスいただければ幸いです。

Aベストアンサー

方法1.有限会社で会社を設立する(100万x3人=300万円)
方法2.最低資本金制度の特例を活用する
    (333万円x3人=999万円)

1000万円にこだわる理由はないような気がします。

Q資本金の額はいくらにすべきですか?

今度、個人事業から法人成りする予定です。
現金は1000万程度なら用意できるかも知れません。

特に「株式会社」という称号が欲しいわけではなく
消費税の免税業者として認可されるためです。

資本金の額により、交際費などの有利不利があったと
思いますが、新会社法ではどうなのでしょうか?

体裁を気にしない場合、税金的にお得になる
資本金額を教えてください。

Aベストアンサー

再び#2の者です。

他の方の補足の補足ですが、リンク先をきちんと最後までお読みにならないと正しくありません、「しかし、基準期間のない事業年度であってもその事業年度の開始の日における資本又は出資の額が、1千万円以上である場合は、納税義務は免除されません。」という訳ですので、資本金が1千万円以上であれば、第1期・第2期については強制的に課税事業者になる事となります。

それと、ひょっとして、課税事業者になりたいために法人にされるのであれば、他の方が書かれているように、個人事業者であっても、課税事業者となろうとする前年末までに、「消費税課税事業者選択届出書」を提出されれば、課税事業者となるは可能です。
但し、2年間は、適用しなければならない事となりますので、注意が必要です。
http://www.nta.go.jp/category/yousiki/syouhi/annai/1461_01.htm


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報